コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斉藤一人さん 神代の昔から

スポンサーリンク

 

f:id:shiho196123:20190927043302j:plain

 

 

そういうふうに日本の言葉って、できてるんです。

神代の昔から、そういうすごいものに、我々は包まれて生きているんです。

 

 

質問1 神代の昔から

 

私は腰痛持ちなのですが、どうすれば治るでしょうか?

 

斎藤一人さん

 

腰が痛いとか、腕が痛いとか、首が痛いとかというのがあります。

腰が痛くても、首が痛くても、これは脳がいたずらしているんだ。

本当は脳の指令でそうなっているんだ。

自分は見破ってるぞということで、脳に「もうやめな」と言い聞かせてください。

私はもうわかってるよ。

後は強気、強気、強気と言霊で言っていると、脳はだんだんおとなしくなってくるんです。

ただし、顕在意識でよく理解したという人がいても、潜在意識に入るのは、すとーんと聞いてその日に入る人もいてるんです。

ただ普通は2、3週間かかるんです。長い人だと、2、3ヶ月かかる人が居てるんですが、やり続けていれば、誰でも同じように、潜在意識に入ります。

ただし、ここが面白いところですから、2、3ヶ月やってみればいいんだという気持ちですれば、脳はそれを聞いてますから、2、3ヶ月以上痛めつければ、この人はすぐに止める人だと思うんです。

だから、脳にそう思わせないように、自分は一生でもやり続ける。

紺瀬ダメだったら、来世でもやり続ける。

これくらい強気にならないと駄目ですよ。

試しにちょっと行ってみましょうぐらいでは、脳が潜在意識には何の影響も与えられないんです。

そのことをしっかりと、覚えていないと駄目ですよ。

それから腰の痛みなんですが、目下の人と擦れ合う、子供とか、会社で使っている人とか、目下の人と擦れ合うと、腰が痛くなるんです。

そういうことが多いんです。

なんでこういう話をするかというと、日本という国は、昔はそういうことを研究していた人が居てるんです。

目上の人を嫌うと頭が痛くなるとか、目の上に腫れができるとか、使っている人のところ、手先で使っている人を、その人にすごく腹を立てると、手に膨れができてきたりするんです。

目上を嫌うと目の上が痛くなるんです。

何を言いたいかと言うと、本当にこの国は言霊の国なんです。
目上と言うと、目の上が痛くなったりというすごく言霊に関連した国なんです。

だから強気になりたかったら、「強気と言いなさい」と言うと、「たったそれだけで治るんですか」。

言霊ってそういうものなんです。

試しに弱気、弱気と言ってみてください。

なんか心が弱気になってくるから、ところが強気、強気、強気と言っていると心の中がコピーされてくるんです。

そういうふうに日本の言葉って、できてるんです。

神代の昔から、そういうすごいものに、我々は包まれて生きているんです。

だからそのことをしっかり頭の中に入れて、潜在意識に強気、強気と全部入れて、弱気を追い出すくらいにならないと駄目ですよ。

それを昔は、迷信だと言っていたのが、はっきりと、だんだんわかってきたんです。

この最高にすごい情報を、例えばまるかんだとしたら、「歩く元気」というサプリを買いに来てくれる人というのは、真剣に治したいんです。

だから、わざわざ来てくれるんです。

こういう記事を読ませるとか、うまく説明するとか、そういう風にすれば良いんですが、他人ごとと思っては駄目です。

サプリを買いに来たんだから、売っただけでサヨナラをしてはだめです。

ものを売るのではなくて、治して欲しくてきてるんです。

相手は「歩く元気」が欲しいんではないんです。

健康が欲しいんです。

真剣になってあげなさい。

我が子のことであれば、真剣になるでしょ。

お客さんに真剣にならないというのは、薄情なんです。

それはいけないんです。

自分も見てるし、神様も見てるんです。

このことから、また魂の勉強が、いっぱいできると良いですね。

 

f:id:shiho196123:20190926212411j:plain

 

質問2 守護霊

 

自分が死んだら、あの世で守護霊さんに会うことはできますか?

なぜ自分に守護霊として付いて来てくれたのか聞きたいし、お礼を伝えたいと思います。

 

斎藤一人さん

 

今でも会えるから、お礼を言えばいいんです。

「なぜ私についてきてくれたんですか」と問えば、「あなたが未熟だから」と答えてくれます。

だからいつもついていてくれてるんですから、「ありがとう」と感謝してください。

 

 

 


質問3 魂の成長

 

魂の成長に終わりはありますか?

魂を成長させたその先に何があるのでしょうか?

斎藤一人さん

魂が成長するだけで、何千年とか何万年とかかかるんです。

だからその後がどうなるかを研究するよりも、今の魂を成長させることを考えないと、先のことばかり研究していても何にもなりません。

今、魂を成長させることを考えてほしいです。

 

 

 

 

質問4 麻疹

 

私はどうしても、人の目を気にしてしまいます。

気にしすぎるのは良くないと思いつつ、年齢も50近くというのもあってか、なかなか直せません。

何かアドバイスをいただけると嬉しいです。

 

斎藤一人さん

 

たぶんこの人は、反抗期をちゃんとやってなかったんです。

全員に反抗期があるということは、神事ですから必要なんです。

麻疹と同じです。

親の意見で最初は生きていくんですが、1度は親を全否定するんです。

全否定をすると、意見がないと生きられませんから、自分の意見を作ったり、人の意見をもらったり、いろんな組み合わせをするんです。

ところが反抗期がないと、これができないんです。

そうなってくると今度は、親元から離れると、世間の目が気になってくるんです。

要するに自分の考えが無いんです。

世間というのは、いろんなことを言いますから、そのたびにあっち向いたりこっち向いたり、そういうことをしなければなりません。

もう1回やり直すために、親に罵声を浴びせることを、毎日やっていると、自分が出るようになってるんです。

心の中でもいいかもしれませんが、口に出しても良いです。

してみることです。

そうすると、ちゃんと反抗期を迎えたのと同じ状況になります。

それで少しずつですが人の目が気にならなくなります。

自分の意見がないから気になるんです。

 

 

 

 

f:id:shiho196123:20190926212334j:plain

 

質問5 愛

 

私はゲイで男好きです。

親にはカミングアウトしておらず、結婚しろと口うるさく言ってきます。

「彼女はいないのか」と聞かれたら、「モテないから」と答えています。

親はがっかりしています。

このままごまかし通すのは、少し罪悪感があります。

言わないことは因果作りになりますか?

正直に言った方が良いですか?

 

斎藤一人さん

 

言うのが一番いいですね。

言わないのはどこかに罪悪感があるんです。

ゲイだろうがレズだろうが、そんなことはどうでもいいんです。

一番肝心なのは、人を愛するということです。

愛がないということが問題なので、それをどこへ向かおうが、人をちゃんと愛しているんですから、問題はないんです。

お母さんはそういうことを聞く定めですから、そういう子が生まれるんです。

別に問題はないから、言ってみるとすっきりします。

 

質問6 テレない言霊

 

斎藤一人さんは二十歳ぐらいの時、帝国ホテルで美女を連れてお茶をしてたんですね。

そういうことを聞いたことがあります。

その美女とはどのようにして出会ったのですか?

また私たちはどうやったら出会えますか?

テレないための言霊があったら教えて欲しいです。

 

斎藤一人さん

 

どの様にして、出会ったかは覚えてないです。

それと誰だったかも覚えてないですね。

出会いは、女が惚れればいいんです。

自分が惚れるからうまくいかないんです。

女性に惚れて、どうして一生懸命にこっち向いてもらうかを、考えるよりは、どういう男になったら、女性が惚れるかを考えた方が良いです。

テレないための言霊ということですが、すごい人でテレてる人はいてません。

テレてる西郷隆盛とか、テレてる坂本龍馬とか、そういうことをしません。

すごい人はテレません。

「すごいやつはテレない」と1日100回ぐらい言ってください。

 

f:id:shiho196123:20190926212507j:plain

 

質問7 常識

 

私は3人姉妹の末っ子です。

1年前から次女が、それまで疎遠だった長女の肩をを持ち、私への猛攻撃が始まりました。

メールで誹謗中傷を送ってきたり、電話に出るまで何回も鳴らしたり、私がしてもいないことを、真実のようにして責めてきます。

どうすれば治りますか?

 

斎藤一人さん

 

やっつければいいんです。

「そういうことはやめなさい」「なんでそういうことするの」と言えばいいんです。

ともかく嫌なことしてくる人に対しては、嫌なことで応酬するしかないんです。

だから愛をもらえば、愛を返さないといけないです。

嫌味をもらったら嫌味を返すんです。

それでお互いの魂が成長します。

そういうことされるということは、あなたが嫌われてるんです。

なぜ嫌われたかと言うと、いちいち常識的な事を言いまくったんです。

常識というもので、相手を攻撃したことがあるんです。

その根拠があなたの思いではなく、常識というので攻撃したんです。

だからやったことをやり返されてるだけなんです。

 

質問8 離婚

 

離婚を決めました。

離婚を決めた日は、気分がすっきりで、よかったと思えたのですが、翌日彼が心因性失調症になり、会社を一か月休むことになったんです。

その話を義母から聞いて、優しくて真面目な人だっただけに、私と結婚したことで、そうなったかと思うと、どうして良いのか分かりません。

私は今何を学べば良いのでしょうか?

 

斎藤一人さん

 

離婚して病気になる。

そういうことが嫌で離婚したんですよね。

だから、あなたの考えは正しかったんです。

正しかったということを、学べばいいと思います。

普通は女に離婚と言われたぐらいで、病気にはなりません。

あなたの判断は正しかったんです。

 

 

 

 

質問9 紺瀬の使命

 

斎藤一人さんが紺瀬の使命を果たされ、天国へ帰られた後、斎藤一人さんの教えは、どのように後世に伝わっていくのでしょうか?

もう、まるかんの新商品は出なくなるのでしょうか?

 

斎藤一人さん

 

神様が必要だったら、次の人を出してくれます。

神事というのは、心配するためにあるわけではありません。

安心するためにあるんです。

だから神事を考える時に、心配事で神様を使ってはいけません。

 

f:id:shiho196123:20190926212547j:plain


 

 

質問10  家系

 

うちは癌の家系なんですが、私はどういう心構えでいれば良いのでしょうか?

 

斎藤一人さん

 

本当に癌の家系というのがあったら、はるか昔に死に絶えているんです。

ずっ~と先祖代々自分の命が続いているということは、癌の家系であれば、とっくに存在しなくなっているんです。

因果でいうと、頑固か頑張りすぎなんです。

そういうことになっているんです。

食事も似たようなものが好きなんです。

同じ考えで同じようなものが好きだとすれば、同じ体質になって、同じ病気になる確率が非常に高いんです。

だから親というのは、命をくれてありがたいもんなんですが、親って、親でも兄弟でもそうですよ、身内って、死ぬときに命をかけて、例えば親が癌で死んだとき、「お前は頑固だとか、頑張りすぎはやめな」。

偏食をして肉が大好きだとか、「野菜も食べなよ」「こんな食事していたらいけないよ」

そういうのを、自分の体を使って、見せてくれるんです。

だからそういうのも見ながら、自分はそういうことをしてはいけないな。

例えば肺がんの人というのは、意外と心配症なんです。

いろんな場所に行って、親のことを見ていると、いろんなことがわかります。

自分ああいう考え方をやめよう。ああいうものばかり食べているのはやめよう。

何かを改めるべき何かを、教えてくれるんです。

親というのは死ぬまで、命をくれて、死んで行く時まで子供に教えてくれるんです。

その教えは、命をかけた教えなんです。

そういう風に捉えないで、家系なんですと言えば、親が命をかけて教えてくれたことを、何も学んでいないんです。

家系ですよで済ませば、魂の向上もありません。

何にもないんです。

だから親が命をかけて教えてくれたこと、兄弟が命をかけて死んでいったこと、そのことをじっ~と見ていて、自分のところは肺が弱いんだとか、そういうことをよく覚えながら行くと、食べ物と考え方なんです。

それを変えるんです。

大体癌が増えてきたのは、戦後なんです。

戦前は本当に癌は少なかったんです。

せいぜい家系といっても、戦後の話です。

戦前はだいたい癌はあまりいないんです。

昔は胃癌が多かったんですが、肺がんとか、欧米型って、肉とか食べ過ぎると、肺がんと腸癌になるんです。

漢方で、肺と腸はつながっているんです。

兄弟だと言うんです。食べ過ぎるとそういう風になるんです。

栄養があまり足らないと、昔は肺がんになるとか胃がんになるとか言ったんです。

それが食べ過ぎになると、今度は変わってきたんです。

親が死ぬかおじいちゃんは死ぬか、ちょっと前までの話をして、家系というのは原始時代から続いているんです。

縄文時代、その前からずっ~と続いているんです。

それが人間です。

食べ物なんです。

考え方なんです。

命をかけて教えてくれたんです。

「ありがとうね」と受け取ります。

家系の責任なんかにしません。

本当にそういう気持ちになれば、死んだ人も浮かばれると思います。

 

追伸 病気は家系や遺伝で避けられないのでしょうか

 

これは避けられます。

まずはあなたの家系を調べてみてください。

すると、その運命を避けられる一番の手がかりとなるものが分かります。

3代遡って、先祖が何が原因で亡くなった彼を家系図に書いてみるのです。

例えば小俣家は脳卒中の家系で、心臓病、肝臓病で死んだ人は家系図の中には出てきませんでした。

ということは、脳卒中の家系なので、血管の病気になったらまずいだろうな、という予想が立てられるわけです。

当たり前ですが、そういう家系、傾向があるならば、それにならないようにすればいいのです。

要するに、重要強化ポイントがわかるということです。

実はこれも一人さんから教わった事なのです。

「これはご先祖からのメッセージだと受け止めて、自分にプラスにすればいいんだよ」

ですから、何も自分が元の家系だと分かったからといって、しょんぼりすることはありません。

3代遡れば、自分が何で死ぬ可能性があるのか大体分かるので、死は避けられないけれど、なるべく遅くする、あるいは軽くすることはできるはずなのです。

避けられないということは、逆に言うと、必ずそれに気をつけていれば、なりにくいということです。

例えば糖尿病の家系ならば、遺伝の問題もありますが、それよりも重視すべきは食習慣の問題と言えます。

そういう家系に限って、甘いものの好きな家系だったり、揚げ物の好きな家計だったりすることがあります。

だから、家計の食習慣を調べてみるのは重要でしょう。

それは、気を付けるべきところが分かる一番の参考書になると思います。

テレビや雑誌には家計や遺伝の呪いから逃れるための情報が氾濫していて、結局、中途半端になってしまうのですが、家系図と家計の食習慣に絞って注意すれば、自分の健康法が間違いなく見えてきます。

後は家系図を調べてためになることは、自分もいつか死ぬなということが薄々分かってくることです。

これだけ先祖代々がみんな死んで、みんな病気になっていて、自分だけがならないなんてありえないのですから。

 

 

www.shiho196123.net

 

 

f:id:shiho196123:20190926212649j:plain


 

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

www.youtube.com

https://youtu.be/GAyZhwwXiCk

 お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

 

我が儘勝手で申し開きも御座いません。

 上記の赤色のボタンを押してくださいね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 


 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村