コンクラーベ

斉藤一人さん 難波村の仇討ち

f:id:shiho196123:20190511081309j:plain


人の心に灯をともす

 

 


 

新製品

Y・Sさん47歳女性

<私は非常に髪の毛が少なく、分け目の部分はハゲに見えます、まるかんで商品として髪の毛が生えてくるものはないのでしょうか>

斎藤一人さん

今実験しているのが、良い結果が出ているみたいだから、楽しみに少し待っていてください。

魂の修行

K・Hさん36歳女性

<私は看護師ですが、仕事をしていて働きづらさを感じたり、プレッシャーを感じたりします、人の命や体を預かる責任感で押しつぶされそうになるときがあります。仕事が向いていないからやめたいと思う一方で、魂の成長のためなのだから逃げてはいけないという自分がいます、自分にとってどちらが正しい考えなのでしょうか>

斎藤一人さん

これは自分しか決められないですね、逃げていけないということではなくて、そこで魂の修行があるので、どこでも修行ができるんです。これは向いてないなと思えば、やめればいいですし、結構言っている人の中で意外とそのまま勤める人が多いんですね、ということはそこに居場所があるということですから、仕事はどこに行っても大変です。どこに行っても大変ですよ。病気の人とか、死にそうな人は見ていると大変なような気がしますが、誰でも病気はするんです。そして誰でも死ぬんです。誰でも死ぬから、貴方も死ぬから、特別なことではないです。こういうことは誰かに決めてもらうことは出来ないんです。あんまり重く感じるようだとやめて次に行けばいいんです。どこでも修行はあります。

 

シジミのバター焼き

M・Fさん

<ひとりさんが今までに最高の幸せだと思ったのは何ですか>

斎藤一人さん

青森に行った時にしじみのバター焼きというのがあって、それを食べた時が幸せでしたね。あれが一番です、しじみのバター焼きです。しじみ定食なんだけどそれに感激したんです。

 

f:id:shiho196123:20190511081353j:plain

まずは自分の幸せ

J・Nさん50代女性

<中学生になる息子は重度の自閉症で、言葉も発語がないです、私にとってはかけがえのない子供ですが、将来を思うと絶望を感じる時があります。また夫は10代から躁鬱病で、薬を取っていないと大爆発することもあり、こちらも大変です。私はフルタイムの仕事を二十歳からずっと続けています、そうでなければ家庭が成り立たないということもあります。なんとか二人とも成長して、身の回りができるようになり、私ももう少し自分の時間が持てればと願っています、アドバイスをよろしくお願いします。>

斎藤一人さん

そういう風に生まれて、旦那さんもそういう人だし、子供さんもそうで、私がいなくなると大変なことになるといいますが、ある日いなくなると大変なことにはなりません。あなたが心配するようなことは本来は起きないし、だから自分の時間が少し欲しいとか、自分の幸せ考えたいとか、まず自分の幸せを考えて、自分の時間を作ったり、自分の幸せを優先して考えると、自分の幸せを優先する波動が出るんです。お子さんだろうが、旦那さんだろうが、人のことを考えすぎて壊れたんです。少し自分のことを考えた方がいいですね。誰か一人でもやれる人から考えないと、これはドツボですから、抜け出せなくなってしまいます。抜け出せる貴方からするんです、旦那さんにこうなってほしいとか、子供にこうなってほしいというのは無理ですから、人のことはどうにもならないんです。貴方がすることをすれば、周りが変わってくるんです。電球でも一個つけば、部屋中明るくなります。全員が暗いんです。貴方だけでも明るくなれば、周りの人が照らされて明るくなります。

 

 

 

自分の花

Y・Pさん40歳女性

<ある日、斎藤一人さんと会ったと言うおばさんが、ウキウキして一人さんって、ジェームス・ディーンみたいな感じなのよ、知ってる、すごく素敵なんだから、私好きになっちゃった、そういう風に話していました。そんなに夢中にさせる一人さんって、すごいなと思いました。一人さんはご自分をいかしてると感じますか、またそれにはどんな努力をされてきましたか>

斎藤一人さん

努力はしてません、ジェーム・スディーンみたいな素敵な人だと言うんだけど、全くその通りです。今も似てるんですが、若い時はすごく似ていたんです。たんぽぽの花やバラの花は別に努力して咲いてるわけではありません。ただタンポポはひまわりを見て羨ましいがありません、バラの花が百合を見て、百合が良いとは言いません。誰かが良いとは言い出さないで、自分が一番いいと思ってればいいんです。自分の良さに気づくことです。

 

 

f:id:shiho196123:20190511081433j:plain

 

難波村の仇討ち

D・Mさん40歳男性

<今までたくさんの書物を読まれてきたと思われますが、一番読み返した書物は何でしょうか>

斎藤一人さん

司馬遼太郎先生が書いた本で、大阪侍というのがあるんです、その中に難波村の仇討という短編小説なんですが、あれ以上のものはないです。読んでみると分かるんですか、おかしくて腸捻転になるぐらい笑えます。

 

転ばぬ先の杖

A・Sさん46歳女性
<一人さんは保険に入ることをどう思われますか、何か起こるかも、どうなるかもわからない未来に起こる恐怖を元に、入るのは必要なのかと思ったりもします。一人さんのお考えをお聞きしたいです>

斎藤一人さん

斎藤一人さんは良いことしか起きないと思っていますから、保険とかに入ったことはないんです。ただ入りたい人は入ればいいんです。もしそのことで安心感が得られるならば、安いものです、だから自分で決めるしかないです。個人の考え方でどちらが正しいというのはないです。入りたくなければ入らなくていいんです。

 

 

 

尊敬してるのは自分

A・S18歳女性

<一人さんの尊敬している人は誰ですか>

斎藤一人さん

斎藤一人さんです。この人大好きです、ああいう風に生きたいです。自分の好きな人が人気があるんです。

 

魂の叫び

S・Nさん43歳女性

<私は20年近く家族に仕送りをしたり、お金の援助をしています。みんな病気になったので仕方なくです。最近妹の夫が大病を患い、私が援助することになりました。自分を犠牲にして今まで頑張ってきましたが、もうそんな生活は嫌です。自分の欲しいものや、やりたいこともあるのに、そんな思いを殺して生きていくのはもう嫌です、しかし自分を優先すると家族は生きていけず、路頭に迷います、行政の援助を受けることを家族にお願いしていますが、本当にそれでいいのか悩んでいます。>

斎藤一人さん

嫌ならばやめたほうがいいです、それで私がお金を送らないと家族が生きていけないと言いますが、もし今日、貴方が死ねば、家族が死ぬかどうか考えるのがいいですね。それよりも、貴方がお金送るのが嫌なのは、魂の叫びですから、それを送らなくなるとどうなるかといえば、大体みんな病気が治るんです。そういう風になった時に、心はもう病気ではないんです。体は後からついてきます。嫌だという叫びがあるならやめてください。この人ずっとお金を出してきて、1回目から断っているのではなくて、何十年も出し続けているんですね。今嫌だと心から思ってるんです、それが正しい答えですから、長年かけて出した正しい答えです。薄情で出してる答えではないです。薄情な人が言ってるわけではないです。これだけ情のある人が言っている答えなんです。その魂に従った方がいいです。だからそのことで悪いことはまず起きることはありません。

 

 

 

アベノミクス

K・Mさん37歳女性

<今日本経済が破綻の危機を迎えていて、2020年の東京オリンピックを境に円が暴落し、アベノミクスは完全に破綻すると言われています。これは本当でしょうか、日本一のお金持ちである斎藤一人さんにこれからの日本経済はどうなるか、お話を聞いてみたいです>

斎藤一人さん

世の中は少しずつ少しずつ良くなっていくんです、悪くなるというのはまず当たらないです。だから今不景気だとどうのこうの言いながら、うちのお袋が生まれた戦前に比べればはるかに良いんです。戦後に比べてもはるかにいいんです。大正時代よりも良いんです。どんどん良くなっていって、斎藤一人さんが子供の頃、21世紀の初めには、日本人の半分は餓死すると言われていたそうです。今なっているのは糖尿病とかデブですね。日本の経済が駄目になって、日本円が駄目になって、暴落すると言うとすれば、もし日本円が本当に暴落すれば、日本製品はものすごく売れるんですね。日本円が高いから、この技術が売れなくて困ってるんですね。日本円が暴落して下がるとすれば、たちまちものすごいバブル景気以上になります。そうなれば景気が良くなるんです。よく聞かないといけません、このままいきません。原始時代は人間は前かがみだったんですね、それがだんだん計算上に伸びているんですね。このままいくとあと何年かすれば後ろにひっくり返るんですね。そんなことは起きません。このままは行きません。悪い方に行く悪い方に行くと、植え付けてる奴が居てるんです。そういう事言ってる奴は本気で言ってるのではなくて、自分のとこに保障が欲しいとかで言ってるんです。その人の都合で言ってるんです。その人はその人なりの都合を考えて、自分の党に一票でも欲しいから言うんですね。神様は年々良くしてくれてるんです、先に不安を感じる人は歴史を知らない人なんです。100年前、200年前、300年前、調べていくと人類は年々良くなってるんですね。そのことに気が付かないと先に不安を感じます。各家庭にクーラーが入っていたり、冷蔵庫があったり、すごい時代なんです。福祉が大してしてくれないと言いますが、昔は福祉は0です。年金が少し少ないといいますが、年金は0だったんですね。確実に良くなってますね。もっと良くなるよ、もっと良くなるよと言えば自分の党が成り立たないんです。だからケチをつけて一票でも集めたいんです。だからアベノミクスがいいとか悪いとかではなくて、世の中が良くなるもんなんです、それが本当なんです。良くなるといえば盛り上がらないんです。悪くなるといえば盛り上がるんです。ホラー映画が流行るのと同じです。怖いのが好きなんです。日本経済はじわじわよくなるんです。ますます良くなるときは貧しいときなんです。一旦豊かになったものがじわじわしか良くなりません。小さい丸だと一センチ大きくなればすごく大きくなるんですが、大きい丸だと1mmでも2mmでも体積がすごく大きくなるんです。これからバブルの時みたいなことは起きません。じわじわ良くなります。

 

f:id:shiho196123:20190511081512j:plain

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村