コンクラーベ

斉藤一人 謙虚のお話

スポンサーリンク

 

 

         目次

 

 

 

天上天下唯我独尊

修業の中で

人間は対人関係です。

 

お釈迦様は

天上天下唯我独尊といって

この世の中で自分より偉い人はいない。

 

そういうふうに思っていると

どうなるかというと

別に褒めて貰おうとは思いません。

 

ところが自分が

偉いのか偉くないのか

不安で仕方がない人は

貶されると落ち込んで

褒められると喜んでいますね。

 

 

でも心の中が

天上天下唯我独尊なら

我より偉い人がいないんだから

我より偉くない人に

褒めて貰おうとは思いません。

 

我より偉い人がいないとなれば

みんなのことを慈しんで

愛することが出来るようになるんですね。

 

人間が出来ていないと

暴君になりますね。

 

自分より偉い人は

いないんだと思って

修業する人間は

誰にでも慈しみの心が

有るんですね。

 

人に対して

謙虚でなければいけないというお話です。

 

貴方がドンドン

上り詰めたとき

人に対して傲慢であってはいけないですね。

 

修業するということは

上に行くということですね。

 

だからどうなるかといえば

人生がツイテルと思えます。

 

人生で分かれ道が来た時に

正しい方に向かい、

貴方は会社でも何でも

役職に就いたときに

人に対して思いやりがあって

なおかつ傲慢にならないんだとしたら

そんな人は滅多にいないんだから

人間は誰かを上に担ぐんだから

そういう人は上り詰めますね。

 

上にいくときに

偉くなったような気がするんです。

 

その時に傲慢にならないと

アドバルーンのように

上に行きます。

 

f:id:shiho196123:20190129171748j:plain

傲慢

 

あの人あんなに頭が良いのに

これは出世しないという理由が有りますね、

みんなが頷きますね、

傲慢さが極めつけなんです、

世の中は本当にそうなんです。

 

自分が上に行けば行くほど

気をつけないといけませんね。

 

「気をつけるとはどういうことですか」と

言えば

信号が黄色になるように

ここのところ気分が良くないときに

自分は傲慢になっていないか

問いかけますね。

 

正しいかどうか

分かりませんが

けっこう上手く行きますね。

 

ここんとこが傲慢になっていたと

気づいたときに

気分が良くなりますね。

 

いろいろしてきた中で

どうも心の中が楽しくないときに

「どこか傲慢になっていないか」と

問いかけると

こういうとこなんだと

見つかるんですね、

これの繰り返しなんですね。

 

三途の川を渡るのに

六文銭がいるように

上に昇るために

謙虚が必要ですね。

 

神様は凄い人を作りませんから、

だけどみんなで楽しくしましょうね。

 

f:id:shiho196123:20190129172027j:plain

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読有り難う御座います。 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村