コンクラーベ

斎藤一人さん 大霊

スポンサーリンク

 

f:id:shiho196123:20190519103407j:plain

 

大霊とは宇宙の自然法則のことです。 物的世界と霊的世界の区別なく、全宇宙の生命の背後ではたらいている創造エネルギーです。 皆さんが知るに至った小さな部分だけでなく、まだ地上人類に明かされていない大きな部分も含めた全宇宙に、くまなく行きわたっております。

 

 

指導される力

これを読めば難しい話だと思う人がいます、まず自分が人を指導する立場に全然立ってない人は、よくわからないということがあります。
逆に言うと人に言わなければいけない立場の人は、自分が言ったら聞いてくれるだろうか、こういう風に思う人はいます。
ところで皆さんがよく勘違いしていることがあるんですが、指導力という言葉があるんです。
指導力はすごく大切ですから、私は人をああいう風に指導する、こういう風に指導する、そういう本は山ほど出ているんです。
ところが指導力の他に、指導される側の力というのがあるんです、最初のマスターの家の中で何を教えているかと言うと、ああいうのを読んでいると、指導される側の力がつくんです。
指導される側の力がないがゆえに、ほとんどの人が困っているんです。だから会社でうまくいかない人も、出世できない人も、君こういうところはこういう風にした方がいいよと言われた時に、いいづらくて、お説教をしづらい人、それから言うとブスッとする人間とありがとうございます、私の気がつかないことを教えてくれてどうもありがとうございます。
これから気をつけます、もっとあれば教えて下さい、教えてくださいねともし言ったとすれば、その人間はどんどん出世するんです。
それと言う方も言いやすいんです、だからこの世の中は、指導力だ、指導力だと言いますが、優秀な指導者が出てくるのを人は望みますが、その前に優秀な指導される側の人間になるんだと少し考えれば、ものすごく話が分かりやすいです。
最初は指導される側の人が、指導する人もこれだけ大変な思いをしているんだ、それをどうしてこんなに細かい事ばっかり言うんだという気持ちと、細かいことを僕のために言ってくれるんだと思う気持ち、ありがとうございますという人間とでは全然違いがあります。
指導する側の心構えも分かりますが、指導される側の心構えもわかるんです。
一番大切で忘れられているのは、指導力ではなくて、指導される側の力がなさすぎるんです。
人間は指導する側の人間になる時もあれば、指導される側の立場になる時もありますよね、その時に自分は指導力はあるけれども、人に言われるとブスっとしたり、怒ったりする人がいますが、それは指導される側の立場になった時に、指導される力がないんです。
だから貴方は立派なことを言ってても、そこまでしか行かないし、それから良い話を聞いてても受け入れられないんです。
指導力を磨くことは結構ですが、指導される側の力という受け入れる力、しっかり磨かないと絶対にうまくいかないです。
皆さんがうまくいかない理由は、指導力以前に指導される力がないのかも分からないです。
そうなんだそれを気づかせてくれる記事なんだ、お互いがくだらない指導をしなくて済むような人間になるんですね。
言う方も言われるほうも、ものすごく問題ないですね。指導力の他に、指導される側の力があるんです。
ありがとうございます、良いこと聞きました。そういうのとブスっとしてうるさいこと言いやがって、そういう風に言うのとは全然違います。
もし貴方が会社の社長だとすれば、誰を出世させようと思いますか、そういう風に言った時、自分が言う方の立場になって考えてみてください。世の中ってそういうものです。
これも100回読んでくださいということなんですが、一か月以内に100回読んでくださいということなんです。
あんまり間隔をあけると忘れてしまいます、集中的に読んでもらわないと駄目ですね。

人に注意されて、ありがとうございます、細かいこと言ってくれて、私もまだまだ未熟で1回ぐらい聞いたぐらいでは、忘れてしまうことがあるので、その時は何回でも注意してください。
よろしくお願いしますと言うこの一言を言えば、大した人だな、口でばっかりはい、はいとは言っていますが、同じ過ちを何回も繰り返していると、あなた返事ばかり良いけど、全然駄目だねと言われる可能性もあります。
だから指導される力ははいとか言えばいいんではないんです、何回でも言ってください、つい癖になっていて、やってしまうことがあるんです。
その時はよろしくお願いします、何回でも言ってくださいね。すると相手は貴方のことをしっかりしてると思います。
だからうまい指導の仕方もありますが、うまい指導のされ方もあります。だからうまい指導のされ方を磨いていくと、素晴らしい人間になってきて、お説教されるたびに、相手が感心して、周りで聞いてる人間も素晴らしいという指導のされ方があるんです。
指導力の本はこれほど山ほど出ているのに、見事に指導のされ方の周りの人までもが感心する指導される本がないので、余計なことですがこの記事を読んで参考にしてください。

 

f:id:shiho196123:20190519103524j:plain

因果

人間って、神様はしたことは絶対に許さないんです、悪いことをすればですよ。因果として出てくるんですよ。いいことをしていればいいことが起きるんです。
度々、思っていなくてもいいから言いなさい、そういう風に斉藤一人さんはおっしゃいます。それは出来ない人に言ってるんです。
本当は思った方がいいんです、感謝していますと口だけでもいいから言ってみなさい、そういう風に言うのは、両方いっぺんには出来ないからです。
入りやすい方から入ればいいんです、心から入るのは難しいんです。だけど本当は心から思う方が良いんですよ。
感謝していますと思ってなくても言いなさいというのは、脳は感謝していますと言えばなぜか感謝するんです。
感謝という言葉が入っていますから、だから事実上は言うことは良いことなんです。だからお釈迦様が、2500年前から因果の法則を説いていってるんです。
それで因果とは何ですかと言った時、貴方がしたことを貴方が刈りとるんです。ここで知らない人は、良いことをすれば良いことが起きます、悪いことをすれば悪いことが起きます。
残酷な話ですが、誰かが誰かの手を切り落とすと、自分の手が切り落とされたりします。そういう風に考えると、神様が罰を与えてるように思うんですね。
神様は罰を与えません、これも信じなくていいんですか、信じるか信じないかはお願いするようなものではないんです、信じられる人は読めばすぐわかります。

天之御中主様

分からない人が分かる必要はないんです。神様は、みんなが思っている神様は神様ではありません、神様というのは天の中心に一人しかいません。
一人といっても人間の形ではありません、これは天之御中主様というんです。日本的な言い方なんです。
仏教的に言えば、来日如来、盧遮那仏、だけど天の中心に一個の絶対的な神が居てるんです、それのお使いがいるんです。
お役に立っている人がいるんですけども、それと接しているからそれを神と呼んでいるんです。
フランス料理や日本料理を食べに行くと、料理が美味しくて嬉しいですね。思わず仲居さんにチップはあげるんですね。
ありがとうねとチップをあげるんですが、しかし仲居さんが作ったわけではありません。お料理はコックさんが作ったんですね。

 

 

 

愛と光

運んできた人が作ったわけではありません、その点の中心の天之御中主様は愛と光なんです。
愛と光で出来ているんです、だからはっきり言って、みんな今でも未熟なんです。今でも未熟の私たちが、1000年ぐらい前の私たちはどれだけ未熟だったかを考えると、大変なことなんですね。
なぜ痩せられないか知っていますか、食べ過ぎですか、それもあります。ところでまるかんのダイエット食品は何でもどんどん痩せる人と、痩せない人がいますね。
痩せない人には痩せない人の因果があるんです。
ある女性が綺麗な顔をしていて、顔は小さいですが、体がでかいんです。アンバランスなんです。
その女性が前世で自分が綺麗だったとき、自分が痩せてた時に、太った人を見て嘲笑ったんです。
そういうことをすると、自分が太って生まれてくるんです。人を嘲笑うというのはすごくいけないんです。

美とは才能

簡単に言うと、美とは才能なんです、例えばイチローが野球をしてますよね、天才ですよね。
バイオリンの天才がいてますよね、それは10代も20代もやってるんです。その子は生まれた時から天才なんです。
うちの子もといっても3歳からさしても駄目です、そういう天才の子は昔から葦笛を吹いたりしてるんですね。
だんだんそれをやりながら磨いてくるんです、美とは才能なんです。足なんか太くて短くても、マッサージなんかをしていると来世は格好の良い足になるんです。
だから今、美に関心を持ってしていると、来世はもっと綺麗になります、才能というのは努力で伸びますから、例えば自分が何かをして、才能があまりないと思えば、やめるというのも一つの手段です。
だけど、来世も再来世も何世代かやれば上手くなると、思っていれば間違いないです。天才を見て羨ましがって、彼は運が良くて、自分が運が悪くて、そういう風に言いますが、等しく努力をしてるんです。
神様は正当なる努力を求めるんです、ただ1代では出来ないんです。なぜかといえば、才能も磨かなければいけないですが、因果も消さなければならないです。

 

f:id:shiho196123:20190519103634j:plain

因果消滅法


因果の消す方法は、色んな嫌なことが起きますよね、私たちは魂を成長させるために生まれてきていますから、自分の魂が一番成長する親を選んでくるんです。
だからあの親じゃないとだめなんです、あの兄弟が必要なんです、あの親戚がいてるんです。
それからさらにあの奥さん、あの旦那さんでないと成長しないんです、だから元々が魂の成長のために結婚するんです。
ちょうど修行になる人と結婚しますし、そういうとこに生まれます。一つの無駄もないんです、会社も一番自分の魂が成長する会社に呼ばれるんです。
自分で選んでいるように思いますが、呼ばれているんです。そこに修行になる部長とか課長が待ってるんです。
なんであの人は私ばっかり怒るのか、自分が前世でしたんです。してないことは起きません、だからやられても仕方がないという話ではないです。
これは魂の成長のために、だから人の足を踏んでいるときは、そんなに痛くないです。地面に足を置くよりも人の足に足を乗っけてるほうが気持ちがいいですよね。
でもやられてる人はたまんないですね、そういうのは今度自分が足を踏まれることで初めてわかるんですね。
足を踏まれて、どうしてあの人が自分の足ばかり踏むのか、紺瀬は踏んでないんです。前世に行ってるんです。
前世は一個前ではないです、なぜかと言うと、ある方がものすごい体の悪い状態になり、ものすごく悪くなると、1000年ぐらい前に、人が動けなくなるほどひどいことをしたとか、次には出ないんです。
次の次の次とか、1000年ぐらい経ってから出てくるんです。何で出ないんですか、理由は一個です、耐えられないからです。
魂が成長して、耐えられるようになると出るんです。人生は全部決まっているわけではありませんが、大きく旦那になる人だとか、大きい事件が起きるんです。
例えば五つぐらい持ってくるんです、自分に越えられそうな問題しか持ってこないんです。あなたは過去にこんなひどいことをしたから、それは勘弁してください。
だから魂は必ず乗り越えられるんです、なぜかといえば、乗り越えられることしか持ってきていないんです。
だからもう耐えられないと言って、死んでしまう人がいますね、少し知らんふりをしていると解決するんですね。ただ死ぬほどの問題ではないんです。
斎藤一人さんが安心しなさいというのは、私たちが死ぬと、あの世に生まれるんです。あの世で何をしているかと言うと、成長するんです。
成長するには勉強するしかないです、戻ってくると勉強するんです。斎藤一人さんは勉強嫌いですから嫌だと言っています。
そんなことは知ったことではなくて、魂は勉強するというよりは成長するんです。それを繰り返すんです。
向こうで魂が成長しますよね、向こうで魂が成長しますよね、今度は大丈夫です、任せてください。

 

 

分け御霊

この前自殺した人も、今度は大丈夫ですから、もうそろそろ魂の時代で、21世紀は魂の夜明けです。
魂の夜明けは自分の心の中にいる魂というのは、天の神様で一番大きいの大霊というんです、私たちはそこから分け御霊をもらってるんです。別にこの話は信じなくていいんです。
変わった話だと思ってればいいですから、針の先ほどの分け御霊というのが体の中に入ってるんです。心臓のところに入ってるんです。
それは死なないんです、最近になってきてそんな嘘をと思っていたんですが、昔は信じられていたんですけども、だんだん人間が擦れてきたら、信じなくなったんです。
ところがなぜかと言うと科学的じゃないから信じなかったんです、そうすると退行催眠をすれば、過去を知っている子供たちが生まれてきたんです。
それを追っかけ調査すると、私は三つの時に死にました、なんとか村の何々ちゃんですとか言うんですね。
それをまた追っかけ調査すると、その人はいたんですね。ここのおじさんはなんて人ですとお子さんの名前も言うんです。

 

f:id:shiho196123:20190519103733j:plain

輪廻

それが世界中に出てきて、退行催眠をすると喋り出すんですね。キリスト教の国というのは輪廻を認めないんです。
それがハリウッドでもそういう映画を作り出してきたんです、生まれ変わりの映画とか、昔のことを知ってるとか、キリスト教してる人はごめんね、信仰していてください。
良い教えだと思っています、斎藤一人さんも幼稚園の時はキリスト教の幼稚園に通われてたそうです。
一生懸命に人を救おうと思ってしているんですが、段階があるんです。魂は段階があるんです。
21世紀になってくると、本当の話の方が受け入れやすいんです。キリストはあなた達の罪を背負って死んだと言うんですね、ありがたいなとは思いますが、ただ人の罪は背負えません。
太ってる人の代わりに、誰かが断食をしてくれれば、太ってる人は痩せるんですか。魂が耐えられないんです、日本でも20世紀までは先祖のせいにするとか、誰かが自分を救ってくれるとか、自分を救えるのは自分しかいないんです。
斎藤一人さんは毎日、本の構成をしてるんですね、お弟子さんが本を出版するたびに、本の構成をするんです。
初めてそれを読んで、直しているんです。何を直していくかというと、この本のテーマは何ですかと聞くんです。

上機嫌

テーマからずれてるものを修正するんです、皆さんは一冊の本を自分の人生だと思ってください、これからいろんなことが起きてくるんです。
だけど私たちは、魂の成長のために生まれたんだとすると、神様の分け御霊ですから、起きた問題を、愛と光、要するに光は明るさです、上機嫌で愛のある解決は何だろう、気に入らない人が出てきた時は、前世で自分がしたんです。
何か愛があって明るい解決の仕方をしようというのとみんなで待ち伏せして袋叩きにするというのもあるんです。
解決の仕方はいろいろあるんですが、神様が合格をくれる解決の仕方は愛と光がありますか、自分の人生で起きることを愛と光、とても愛では解決できない、光では解決できない問題があるんですね。
だけど急にそんな問題が起きるわけがないんです、だから前世でやってるんです。才能とかは別です、野球の選手とかをやっていると、来世もやりたいんです、再来世もやりたいんです。
だけど私たちはダイヤモンドと同じで何面もあるんです、そうするとそこばっかり磨かれても困るんですね。
何も悪いことしていないのに、名ピッチャーとか言われていたのに、ちょっと肩を痛めるんですね。
痛めると肩が動かなくなってきて、普通は治るんです。ところがなぜか神の配慮で治らないんです。
そうするとそういう人が営業に回ったりすると、営業で部長に怒られたり怒鳴られたりしてるんですね。
なぜかと言うと野球は上手いですが、人間関係が下手なんですね。あんまりスポーツばっかりやってると、はいこっちと移動させられるんです。
だからピアノでも到達してしまうと、来世もしようとするとなぜか手が動かなくなったりするんですね。出来なくなるんですね。
ダイヤモンドでも一面ばっかり削っていると、なくなってしまうんですね。一個一個磨く場所が違うように、磨いていかなければだめなんですね。
そういう目で見てそういう解決の仕方をしていくと、ものすごく楽に解決出来ます。
何か問題が起こったとき、自分のしたことですから、愛と上機嫌の解決の仕方は何だろう。そういう風に思っただけで合格です。
未熟な私達でもそういうことをすると、いくらかましにはなります。いくらかマシな考え方になってくるんです。
そうするとそれが少しずつ少しずつ良くなってくるんです。交通ルールってありますね、スピードを出すと罰金を取られますよね。
だから違反はしないですよね、神の罰は行動で起きるんではないんです。昔首切り役人と言って、首を切る人がいたんです。これは仕事なんです。
仕事で犯罪者の首を切るとすれば、今でも絞首刑と言っても、誰かがボタンを押すわけです、自動装置と言っても誰かが入れたわけです。
未だに電気椅子といっても誰かがスイッチを入れるんです。その人が犯罪者を憎んでいて当然の気持ちで、ボタンを押したりすると、次生まれ変わってくる時はちゃんとした人生を送ってくださいよと合掌している人には、起きないんです。
だから人を嘲笑うのが物凄い罪なのと同じように、逆に言えば電気椅子のボタン押す人も、ちゃんといえば冥福を祈ってしていると来ないんです。
だから罰ではないんです、人殺しだから人殺しになるという話ではないんです。いろんなことが起きますが、起きた事柄を愛と光で解決する方法、前世の因縁とか言いますが、ある男性が太ったのは今世の因縁なんです、ただの食べ過ぎです。
前世の因縁で太ってるわけではないんです、これも自分の問題です、なんでも昔のせいにしてはいけません。
しかし大体は昔が多いんです、昔からやってることがすごく多いんです、だから私たちは交通ルールを犯すと捕まります。
だからしませんよね、悪いことすると悪い因果がおきます、人のことを見て嘲笑ったりすると、歩けなくなったり、目の見えない人が出たりするんです。
今そういうことを聞けば、やらなくなりますよね、やらなくなれば、この話を聞いて誘ったようなつもりになっては駄目です。
やっと0点になったんです、マイナスだったんですね、怒られるからしないというのは、魂的には良いも悪いもなくて、0点なんです。
交通ルールでも何でも、斎藤一人さんがスピード違反をすると、みんなが迷惑します。事故を起こせば斎藤一人さんも困りますし、相手の家族も困ります。
そういうことをしない方がいいんです、それでも車に乗ってるとよくあるんですが、60kmだと思って、気がついたら80km出てる時があるんです。
目が慣れてしまうと不思議なもんなんです、そういう時に捕まれば、なんだ捕まってしまったという思いもありますが、良かったんです。
そこで捕まったおかげで、次から用心するので、大きな事故が起こりません。だから捕まらないからしないのではなくて、してはいけないからしないんです。
弱い者いじめもそうですよ、そのうちいじめは逮捕されるようになります。今逮捕されないのがおかしいんです、以前はストーカーは良かったんです。
何もしなければついて歩いていてもよかったんです、警察にいくら言っても、おまわりさんは被害がないでしょと言うんです。
だけど付け回されること自体が被害なんです、だから今はそういうのはいけなくなりました。
学校でいじめにあうと、その子は学校に行けなくなるんです。社会的に、斎藤一人さんみたいに中学校さえ出れば十分と言ってる人は、少ないです。
みんな高校も行きたいし、大学も行きたいし、あんまりいじめられるといけなくなるんです。
人の定めを変えるほど意地悪しといて、罪にならないのはおかしいですね。一人さんが急に女性の手を握れば、斎藤一人さんは逮捕されます。
手なんか洗えばいいと思いますが、それが罪になるのに、学校で雑巾の水飲ませていても平気なんですね。

 

 

 

神の愛

ところで因果的に言うと、いじめられている子は、自分が強い立場の時にやってあるんです。だからいじめられる子は、逆の立場になればするんですね。
子供虐待する親はいますね、前世で自分でしているからする性格なんです。だから不思議なんですが、その人がお母さんになればするんです。
やられて泣いていた子がやる立場になるんです、ところでみんなで私達は何のために何回も生まれてくるんですが、おどろおどろしい因果のせいにして、ご先祖のせいにして、それしかやりようがないんです。
貴方がこうなってるのは、貴方の先祖が地獄で苦しんでいて、やりようがないんですね。人のせいにするのもいい加減にしなさい。
地獄に落ちてる人がいるんです、落としとけばいいんです。神様が100年といえば100年いればいいんです。
そこで反省して、いじめてるわけではないんです、魂の反省なんです。ある男性が怒りん坊で、血圧が上がって倒れたんです。
知らない人は、怒ってばかりいるからバチが当たったと言うんです。そうではなくて、これ以上ほっとくともっと罪を犯すから、神の愛なんです。
神の愛で怒るともう1回ひっくり返るから、やめようと考えます。だからこれ以上罪を犯させたくないんです。
いろんなことが色々あります、私たちは未熟です。その男性のことだけではなくてみんなが未熟なんです。
この世に出てきて立派なことを言っていますが、私たち全部がやり直し組なんです。敗者復活戦なんです。
過去の指導者は魂に合わせて指導していただけなんです、貴方のせいなんですよと受け入れるだけの魂の成長がなかったんです。
斎藤一人さんの言ってることがおかしいかどうか、自分の頭でよく考えてみてください。魂は不滅なんです。不滅ですから仕方ないんです。
斎藤一人さんは津波も地震も怖くないんです、今ここで地震が来ても、斎藤一人さんは死なないんです。
もし死ねば寿命なんです、人は寿命が来るまで死なないんです。死ぬとどうなるんですか、魂は死なないんです、魂が向こうに行くだけなんです。

 

f:id:shiho196123:20190519103829j:plain

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村