コンクラーベ

ビリーフへの挑戦というより戦い!!  否、分解

スポンサーリンク

 

f:id:shiho196123:20190917162150j:plain



 

私は、会社で理不尽に感じることがあって、ネガティブな感情を引きずってるんです!!

 

メロンちゃん、具体的に話してみて。

 

会社でAさんと、人間関係が上手く行かないんです。

 

 

こんにちは、Greenです。今回は、理不尽に感じることがあって、「どうして」という嫌な感情を、引きずっている時に、立ち止まってみて、ここだけはチェックして欲しいんです。そういうお話をしたいと思います。

 

「どうして」みたいな理不尽な体験をした時、心がモヤモヤして、悶々として、終わったことなのに、引きずっているんです。

自分が体験した出来事、いわゆる、客観的な事実です。いつ、誰と、どこで、何を、こうしましたという事実と、後はその事実に対して、どのような解釈をしたかです。

 

 

歪み

 

ここが、きちんと切り分けられていないせいで、いつまでも、モヤモヤしていることが、結構多いんです。

事実と事実に対する解釈、これをきちんと切り分けておくのが、すごく重要な事なんですね。

事実に対する自分の解釈、これが、解釈に少し変な解釈をしたということを、認識するんです。

そんなふうに気づくことができると、起きた事実は、何も変わっていませんが、悶々としたことが、すっとなくなるんです。

そういうことが、普通に起きるんですね。心が整理整頓される状態に、なるわけなんです。

普通に起きますので、事実と解釈を分解して、きちんと丁寧に整理して、改めて見直すことが、とても大切なことなんですね。

 

f:id:shiho196123:20190917162414j:plain



 

ビリーフ

 


自分の中でどのような解釈をしているかを、気づく一番早い方法は、無意識にしている「べき論」です。

「べき論」に気づくことが、とても重要なんですが、例えばどんな「べき論」があるかといえば、たくさんあって、困りすぎるぐらいなんです。

 

         自動思考
「思い込み」→「出来事」→「解釈」
 べき論①         ↓べき論②
       「行動」←「感情」
       べき論③

 

まず出来事が起きる前に、私たちは、何か勝手な思い込みを持っています。期待という表現でいいかもわかりません。

期待するというのは、こういう場面では、こうなるはずですという期待です。

せっかくこうなったんだから、普通はこうしてくれるはずです。

こうするはず、こうするべきという思い込みの期待「べき論」を持っています。

これが「べき論①」です。その次に、いざ出来事を体験すれば、事実として体験するんです。

この時に、事前に期待していた「べき論」と違う事実を体験してしまうんです。

その次には「何」と来るんです。「何」と来る時にも、「べき論②」があるんです。

本来はこうなるはずなのに、こういう出来事が起きたということは、こうするはずなんだという「べき論②」があるんです。

「べき論①」と「べき論②」を通過して、感情が動くわけなんです。悲しいとか、この野郎とか、感情が動いた結果、こういう感情になったのだから、こういう行動をとるのは当然だというふうに思うんですね。

こういう感情の時には、こういう行動をすべきという「べき論③」になるわけです。

ここでも「べき論」が出てくるんですね。ということで、私たちはいたるところに「べき論」を持っているんです。

しかし「べき論」というのは、自分でほとんど意識していないんです。

どんな「べき論」があるということに、気づくだけで、どんどん感情が変化してきます。

感情が変わってくれば、当然ですが、行動が変わってきます。

問題なのは、どこに、どんな「べき論」。ビリーフと言ったりするんですが、それを持ってるかということについて、普段は中々気付けていないんです。

気付けていないので、悶々とした時が、チャンスなんです。こういうことに気づいていないと、別に似たような事例が起きた時に、また悶々として、また引きずるんです。

それをず~っと繰り返すんです。

 

「なんでだ」とという理不尽を感じた時に、「畜生、なんでだろう」という感情を引きずっている時に、一旦そのネガティブな感情を、脇に置いて欲しいんです。

 

f:id:shiho196123:20190916194835j:plain

 

フレーム

 

まず分解するんです。「べき論①」でどんなことを期待していたのか、もう一度振り返れば、どんな出来事が起きていたのか、そういう出来事を体験した時に、また、どんな「べき論②」でどういう風に解釈したかです。

分解していき、小分けにしてみて、丁寧に考えてみるのが良いですね。

 

私は、それがすごく大切なことだと思ってるんです。

 

ここまで伝わっているでしょうか? 少し面倒くさいんですが、ノートなんかに、書いてみるのが良いと思います。

例えば職場の人間関係が、どうもうまくいかなくて、なんかストレスが溜まっていて、こんな会社は辞めてしまうか、そういふうに思っていて、いつ辞めようか、でも辞めても、そういうことをずるずるとやっていたとします。

そういう時に、まず出来事は何なのか、その次に何を期待していたのか、そういうことを、どんどん、分解していくと、例えば、全員と仲良くしなければいけないみたいな、全員から愛されるべき、私は全員から愛されるべき人間なんだ。

そういう「べき論」を持っていると、たまたまある特定の人、Aさんとしますね。

そのAさんと、関係が悪化してるんです。しかしその他の人とは、全員OKなんです。

Aさんとだけ関係が悪化した時に、前提として、全員から愛されるべきなんだ。そんなことを思っていると、一つでもルールが破られたりすれば、会社全体が嫌になってしまうんです。

そういう解釈をするんです。一人からでも嫌われたりすれば、自分はもうこの会社にいられない存在と考えるんです。解釈ですね。

もうやめる「べき」だと考えて、感情が沈んで、今度は上下して、よし辞めるぞということになるんです。

自分の存在価値を、ないがしろにする会社なんて、辞めてやるみたいなことを考えて、そして行動するんです。

そんなふうに思ったりするんです。丁寧に、思い込みとか、事実を見直していけば、「なんだ、たかだかAさん一人じゃないか」。

他の人とは、全員と仲良くやれてるんです。自分は全員から愛される存在だと、思い込んでいたことに気付くんです。

冷静に考えれば、無理があるんですね。そういうことに気づければ、Aさん一人ぐらいなら構わないと、改めて考え直すんです。

 

私は、そういう風なことが起きていくと思っています。

 

ちょっと大変なんですが、ノートでフレームに分けて、少しずつ整理しながら、自分の中で何が起きているのか、客観的に書き出してみるというのは、引きずることを、防ぐんですね。

改めて自分を見つめ直すことに対して、ものすごく有効なんです。見つめ直すことによって、心が軽くなるんです。

明日も明後日も明々後日も、同じことを繰り返して、悶々とすることを防ぐことに対して、すごくに役に立つことだと思っています。

 

まとめ

 

少し面倒なんですが、慣れてくれば結構簡単なんです。頭の中でも、全然できますよ

 

この場面に対しては、どんな期待をしていたのか、ちょっと考えてみるとか、客観的事実に対して、今何が起きているのか、少しは考えてみてほしいですね。

この客観的事実に対して、今自分はどんな解釈をしているのか、その解釈しかないのか、少し考えてみれば、別にこれは、引きずる問題ではないと、結構出来たりするんです。

少し時々で変わらないと思うので、何か引きずってるものがないのであれば、時々で構わないですから、練習をして欲しいんですね。

 

何かにとらわれそうになった時に、すぐに出来るように、事前に練習しておかれると良いんじゃないかなと思っています。

 

いかがでしたでしょうか、今回はこういうお話でした。

 

 

f:id:shiho196123:20190916195523j:plain

 

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村