コンクラーベ

母なる大地

スポンサーリンク

 

f:id:shiho196123:20190919133902j:plain

 

私は、会社で過剰の要求をしてくる人がいて、ウンザリしています!!

 

こんにちは、Greenです。今回は人間関係の悩みについて、少し考えてることがあるので、ちょっとお話をしたいなと思っています。

 

 

テーマは母なるものについて話したいと思います。

私たちが抱えてしまう悩みのほとんどは、やはり何をおいても、社会的生物ですから、やはり人間関係に関するものが多いんです。

人間関係とは言っても、他人との人間関係で悩む時もあれば、自分自身の内側で起きてることに悩みもあったりするんです。

何かと人間関係に悩みを抱えやすい人は、共通する特徴はあります。

その共通する特徴は、何かと言うと、母なるもの、母なるものの愛情を感じられる環境で育っていないんです。

 

そいうものがあるのではないかと思っているんです。

 

 

f:id:shiho196123:20190919134735j:plain

 

母なるものの愛情

 

ここで誤解をして欲しくないのは、例えば虐待とか、物理的な力によるものによって、愛情が感じられないみたいなこともあれば、何等かの行き違いで、勘違いで愛情を感じられていないこともあるんです。

この母なるものを言った時、全てお母さんが悪いんだ。毒親だ。そういう話をしたいわけではないんです。

母なるものの愛情と言った時に、これはお母さんそのものを、母親を指してるわけではありません。

あくまでもここで言っているのは、お母さんのように、大きな心で受け止めつつ、包んでくれる存在ですね。

 

そういうものを指しているんです。そういう風に捉えて欲しいんですね。

 

何らかの理由で、自分の中に母なる愛情が欠けていると、欠けていると思い込んでると言った方がいいですね。

 

過剰な欲求や期待

 

欠けていると思い込んでいると、大人になっても、まるで子供のように、他人に対して、過剰の要求、期待をしてしまうんです。これが凄く多いんですね。

過剰な欲求や期待を、他人にしておきながら、その欲求がそもそも満たされないんです。

過剰な要求ですから、満たされることの方が、多分少ないと思います。

その満たされないことに対して、不満を抱えて、いつもイライラしてるんです。

傷ついたり、いじけてみたり、そういうことをやってしまうので、人間関係が悪化するんです。

大人になっても、子供の時と同じように、他人に同じ欲求をしてしまうんです。つまりわがままを言ってしまうんです。

 

そういうことをやってる自分に、全く気づいてなかったりするんです。

 

これが何かと悩ましいところなんですが、自分で気づいていないので、「なんで」みたいなことが起きてしまって、すごくイライラするんです。

それではどうして、大人になっても、他人に対して過剰な欲求をしてしまうのか?

それはどうしてかといえば、幼い頃、本来ならばしっかりと満たされる。しっかりと感じておけばよかったんですが、味わうことができなかったんです。

味わうことのできなかった母なる愛情、そういうものを他人を使って、その時には満たされなかったので、今も実際問題は、物理的に満たされることができないと思い込んでいるんです。

それゆえに、他人を使って、満たそうとしているわけなんです。いわゆる補償行為と言っても、多分良いんじゃないかなと思います。

 

f:id:shiho196123:20190919135432j:plain

 

インストール

 

とわいえ、母なるものの愛情が、自分の中にインストールされていると、少しでもどこかにあったりすると、他の人にクレクレとやっていたとしても、どこかのタイミングで、何かが違うと思うんです。

自分はやりすぎたかなと、気づけたりするんですが、母なるものが決定的にないと、決定的にないんだと、そんな風に思い込んでいれば、そんなふうにに思い込んでいれば、自分ではなかなか気づけません。

みじかな関係性の近い人に対して、まるで幼い子供のように、大人なのにですよ、まるで幼い子供が期待するかのように、過剰に欲求をつけつきるんです。

そのせいで、最初の頃は良いと思いますが、まだ関係性が深まってないときや、可愛いと受け取ってくれるかもしれないですが、それがどんどん繰り返されれば、やはりうざくなってくるんです。

相手もいい加減、こいつめんどくさい。こいつといると疲れると、そういう風になってしまって、やはり人はどんどん離れていくんです。

やはり周りが近くなれば、、近くなるほど、やはり最終的には、周りの人は去っていくんです。

そういう体験をどんどん積み重ねていくと、人のことが信じられなくなったり、怖くなったりするんです。

あるいは自分を責めてしまったり、私は人付き合いが下手なんだ。そんなふうに思ってしまいます。

やはり自分を責めてしまったり、あるいは、自分の元から、去っていってしまった人に対して、あいつが悪いんだ。

なにも言わないで、自分の元から去っていってしまった。一生恨んでやる。私には怒る権利がある。

そんなことを言って、怒りに執着してしまったりするんです。そういうめんどくさいことが、多分続くと思います。

相手に対して、過剰な要求とか期待をしているせいで、相手をものすごく疲れさせてるんです。

相手に面倒をかけていることに、気づいてなかったりするので、自分の中に母なるものをインストールしていかないと、めんどくさい人間関係というものを、何回も何回も繰り返してしまうと思っています。

 

それではどうすれば自分の中で母なるもの、母なるものの存在、愛情どうすればインストールできるんでしょうか?

 

一番いいのは、自分の実の親との関係性を、一から見直して欲しいんですね。

それが一番良いとは思っています。とはいうものの、親が亡くなってしまったり、物理的に会うことができないんだとか、あるいは、あんな奴とは喋りたくないんだ。

そういう関係性もあるとは思いますので、親との関係性を一から見直すというのは、少し難しいという方もおられます。

 

それではそういう方をどうしましょうか?

 

f:id:shiho196123:20190919135949j:plain


 

 

惜しみなく愛を与える

 

是非母なるものの愛情を、自分が得たいと思うのであれば、周りの人に対して、周りの人に対して、たぶん母なるものの愛情を、たぶんこういう感じだろうということで、与えていきましょう。

母なるものの愛情をインストールしたいなと、そういうふうに思うのであれば、まずは周りの人に対して、母なるものの愛情を、多分こういうものだろうなというものを、どんどん与えていきましょう。

なおかつ、与えることに対して、何の見返りも求めずに、ひたすら与えてみましょう。

クレクレとやっていてはだめだということです。クレクレと言う前にあなたは何を差し出すんですが?

まずは、差し出して下さいということです。どんどん相手に何の見返りも求めずに、差出し続けていると、なぜかいつのまにか、自分の中に周りの人に、差し出せるのものがあるんだということに、気づくんです。

気づけるんです。差し出していかないと、気付けないんです。気づけないから、周りの人に、もっとこれをしてくれとか、もっとクレクレとか、なんでやってくれないんだ。

 

クレクレ攻撃

 

クレクレ攻撃をするんです。そこをこらえる必要はないとは思うんですが、怒られると余計に抑圧してしまって、余計にストレスをためるんです。

クレクレしたいんでしょ。それは分かりました。クレクレしたい自分がいることが分かったんです。

それは横に置いといて、私は今日から、与える側の人間になってみるんだ。そういう決断をして、まずは与えてみるんです。

どんどん与えてみるんです。それで与えて、人間ですから、やはり期待はするんです。

期待した通りのアクションが戻ってこなかったにしても、仕方がないんです。自分が与えたくて、したことなんです。

別に見返りはなくても良いんです。ちゃんとしている私は、すごいわねみたいなという風に自分でねぎらうんです。

どんどん与えてみてくださいということです。与え続けていると、いつのまにか気づけるんです。

私は、クレクレとこれまでずっとやってきてましたが、こんなにも与える力があるということに気づくことができるんです。

つまり、何が起きているかというと、自分の中に既に母なるものの愛情みたいなものが、あるんだ。ということに、はたと気付けるわけなんです。

 

伝わっていますでしょうか?

 

一番手っ取り早いのは、自分に本当に一番近かった母なるものの愛情を感じさせてくれなかった。あるいは感じることができなかった。

その時の環境にいる方々、親もしくは兄弟、学校の先生という方もいるかもしれませんが、そういう人との関係性を、もう一度一から再構築してみるんです。

 

そういうことが一番良いかと思います。

 

でもそうではない環境にいる方は、自分がしっかりとまずは周りの人に与えてみるんです。

 

最後に

 

与える側になってみるんです。かなりハードルが高いです。

かなりハードルは高いですが、与え続けていくと、ビックリするぐらい自分の中にはあるんです。

あるということに、すごく気づけます。そっちの方が結構変わるんじゃないかと思っています。

ハードルは高いと思いますが、ハードルを乗り越えた暁には、すごく良いものが待っていると思います。

 

いかがでしたでしょうか、さらっとめんどくさい話をしたんですが、私自身は大切なことだと思っています。わからなかった方は、何度か読んでみてください。

 

f:id:shiho196123:20190919140459j:plain


 

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村