20191229105200

斉藤一人さん 掃除好きな奥さん

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200111083703j:plain



 

 

掃除好きな奥さんが来てくれるかもしれない。

 

 


質問1 親の七光り


今すぐ必要なお金があるのに、それを用意できません。

どう対処すれば良いのでしょうか?


斎藤一人さん


どうしてもお金が必要な時はね、まずは落ち着いて、自分の周りを見渡してごらん。

今の自分にできることはないだろうかって、冷静に考えてみるの。

で、例えば親御さんに借りるという選択肢を思いつくてする。

ところが、みんな次の瞬間、こんなふうに思うんだよね。

「親にお金を借りるなんて恥ずかしい」

あのね、それは違うよ。

頼れる人がいるのは、ものすごくありがたいことなんです。

そういう人がいてくれること自体、「この人に頼ってもいいんだよ」ってことなの。

よく、親の七光りが嫌だって言う人がいるけれど、親としては、親の七光りも利用できない子が一番困るんです。

お金だろうと、七光りだろうと、あるものは使っていいの。

親がお金を出せる人は、出してもらったらいいんだよ。


親というのは、お金を出したくてしょうがないんです。

結婚式でも、若いのに何百万円とかける人がたくさんいるでしょう?

同人達はまだ若くてお金を持っていないのに、豪華な結婚式ができるのは、親のおかげなんです。

もちろん、全員がそうだとは言わないよ。

中には自分たちで支払っている人たちもたくさんいると思いますので、一つの例え話として受け取ってくださいね。

それとか、振り込め詐欺やなんかが多いのも、親は子供がお金に困っていたら、何が何でも助けてやりたいって思うからだよ。

その親心を犯罪に利用するなんて、とんでもない話だけどね。


親は、子供に頼って欲しいものなんです。

肩肘張らないで、困った時は親に甘えていいんだ。

親だって、あの世まで財産を持っていけないんだから、自分が生きているうちに子の助けになりたいの。

わかるかい?

快く貸してくれる人がいるというのは、あなたが持っている財産と同じだよ。

で、自分も必ずお金持ちになると思っていれば、いずれ導かれていく。


じゃあ、親に経済的な余裕がない場合はどうするんですかって、そういう時は、あなた自身が何とかできるきる器量を持っているということです。

いずれにせよ、「なんとかなる」んだよ。

 

質問2 掃除好きな奥さん


斎藤一人さんはいつも、「家をきれいにしようね」とおっしゃっています。

しかし、私はものが捨てられず、掃除も苦手です。

アドバイスを頂ければ幸いです。


斎藤一人さん


斎藤一人さんは、「家に綺麗にしようね」と言っています。

なぜかと言うと、家の中にはいろんな神様がいて、私達を守ってくれているからです。

綺麗に片付いた部屋は居心地がいいですから、神様が喜んで、ご褒美をくださる。
だから、うんと幸運が舞い込んでくるの。


そうすると、

「私はモノが捨てられず、掃除も苦手です」

っていう人が必ずいるの。

あのね、もし掃除が苦手だとしても、絶対に「私はダメな人間だ」とか、自分を責めちゃだめだよ。

掃除ができなくても、なんとかなります。


「なんとかなる」と思っている人は、そのうちに何かのきっかけで掃除が楽しくなるかもしれない。

掃除好きな奥さんが来てくれるかもしれない。

クリーニングサービスで利用できるくらい、経済的にゆとりが持てるようになるかもしれない。

とにかく、何らかの形で解決しますからね。


ただ、汚れた部屋に住んでいる人に、ひとつだけお聞きしたいんです。

ひょっとしてあなたは、自分の中に許せないものを抱えていないかい?

自分を責めていないかい?

部屋が散らかっているのは、自分は綺麗な部屋に住む資格がないっていう心の表れだったりするんです。


同じように、お金がなくてずっと苦しい状態が続いている人も、何か自分を貧しい環境に置いておかなきゃいけない理由があるんだよね。

ある意味では、心の病なんです。

その病を治すのも、

「なんとかなる」

って言う言葉だよ。

1日に何回言っても構いません。

気が付いた時に「なんとかなる」と言ってみてください。

そうすると、だんだん自分が許せるようになってくるからね。

で、本気で「なんとかなる」と思えた時、現実はガラッと変わるよ。

 


質問3 解決しない悩み

 

少しのことで悩みます。

なぜ神様は、人間に悩むという行為はつけたのですか?

お教えいただければ幸いです。


斎藤一人さん


神様は、幸せになることを私たちに課しました。

私たちは今世、絶対に幸せにならなきゃいけないんだよね。

なのに人は、ちょっとしたことですぐに悩んでしまいます。

悩んで苦しんで、幸せとは真逆の方向へ進んでしまう。

幸せにならなきゃいけないんだったら、神様はなぜ、人をこれほど悩み深い生き物に作ったのだろう。


そう思うの、よくわかるよ。

だけどね、悩んじゃいけないわけではないの。

神様が「悩む」ことを人間にくっつけたのは、意味があるんです。

悩むって、学びの一つなんだ。

悩みから始まって、どうしたら悩まないでいられるんだろうかって。

そこへたどり着くまでに得るたくさんの学びのために、神様悩むことを授けてくださったのです。
人は、だんだん利口になるの。

悩むことで、魂を成長させていくんだ。


あなたがこの本を手にとってくれたということは、もしかしたら、何か悩みを抱えているのかもしれませんね。

あるいは、今もそこそこ楽しくやっているけれど、十分な幸せを感じられていないとか?

いずれにしても、もっと自分を成長させたいという思いは共通しているんじゃないかな。

だとしたら、その思いを満たすには、

「なんとかなる」

これしかないよ。


あのね、あなたの抱えている悩みが、あなた自身の力でどうにかできることなら、とうに解決しちゃってるの。

ところが、未だに解決していないということは、

「これはあなたに解けない問題だから、神様にお任せしなさい」

という合図なんだよね。

わかるかい?

どうにもならないことは、悩んでいてもしょうがない。

どれだけあなたの貴重な時間を費やして悩んでも、たぶん解決しないよ。

だったら、そんな厄介な問題は神様にお任せして、あなたは自分の好きなことをして笑って過ごすの。

みんなが悩み苦しむのは、「なんとかなる」という言葉の使い方を知らないからだよ。

「なんとかなる」という言葉の凄さを知らないからなんです。

いつでも使える宝物が目の前にあるのに、それがまったく見えていないし、見えていても使い道を知らない。

だけどあなたはもう、この宝物を手に入れて、正しい使い方も知りました。

使わない法はないよね。

 


質問4 子供がキラキラ輝き始める

 


子育ての真っ最中です。

子供にはどんな言葉を伝えてあげれば良いのでしょうか?


斎藤一人さん

お子さんにはこんなメッセージを伝えてあげてください。


「生きているといろんなことがあるけれど、

何が起きても、絶対なんとかなるからね。

心配しなくても大丈夫だよ」


テストの点数が悪くてもいいの。

悲観することはありません。

本当ですかって、じゃあお母さんが子供の頃、テストで100点ばかりとっていたクラスメイトがどれだけ出世したか見てごらん。

学校の成績が良いかどうかなんて、将来の幸せにはあまり関係ないんです。

もちろん、勉強が好きな子だったら、勉強が幸せにつながる場合もあるけれど、勉強が嫌いな子に無理やりさせたって、余計勉強が嫌いになるだけだよね。


人生はなんとかなるから、好きなことをやりな。

親御さんがそう言ってあげると、子供はキラキラ輝きはじめるんです。

なんとかなるって信じている子は、好きなことに夢中になれる。

罪悪感なしに、好きなことに没頭できるんだよね。

そうすると、好きなことで上手く人生を切り開いていっちゃうの。

すごく幸せな人生を送れるんです。


親御さん自身も、そういう姿勢をお子さんに見せてあげてください。

親の口癖が「なんとかなる」っていう家の子は、絶対になんとかなると思えるようになります。


それと、もしお子さんが学校でいじめられたリした時は、親として気が気じゃないと思います。

でもね、そういう時こそ、

「なんとかなる」

「なんとかなる」

「なんとかなる」

って言ってみてください。


1日に5~6回でいいから(もちろん、もっとたくさん言えば言うほど効果が高くなりますよ)、とにかく「なんとかなる」って言うの。

自分でどうにもできない時は、神頼みをすれば、必ず神様がうまく解決してくれるからね。

 


質問5 人と比べる

 


どうしても人と比べるのを止められない時には、どうすればいいですか?

 

斎藤一人さん

やめなければいいんです。

人と比べるのを止められなければ、やめなければいいんです。

そういう性質ですから、性質を直す必要はないんです。
自分はそういう性質なんだから、その中で自分が幸せになる方法を見つけてください。

比べてはいけないというのは、斎藤一人さんの幸福論です。

出来ないんですから、その中から貴方が幸せになる方法を考えてください。

出来ない人はたくさんいますから、そういう人に教えてあげてください。

あなたはお師匠さんになります。


質問6 褒める

 


斉藤一人さんはお弟子さん達が人前で喋れなかった時に、なぜ褒めたり励ましたりしてくれたのですか?


斉藤一人さん

出来ない人に褒めないとやらなくなってしまいます。

うまいから褒めるのではなくて、出来ない人を褒めなかったら、やりません。

そうすると永久に出来なくなってしまいます。

上手くなれば、褒めなくても平気なんです。

うまいのはわかってることですから、出来ない人を褒めるのは、お師匠さんの仕事です。

出来ないからするんです。

出来ないから、うまいわけがないんです。

人前に立てただけで、褒めてあげないと、今まで出来なかったんですから。

ドギマギ人前で喋るということは大変なんです。

それを褒めて褒めているうちに、だんだん出来るようになってくるんです。

人を慰めなければいけない状態には、持って行かないんです。

最初のボタンを掛け違えると大変なことになってしまうんです。

だから最初から褒めるんです。

 


質問7 本

 


斉藤一人さんはこの本を読みなさいと、他の人の教えも進めてくれるんですか?


斎藤一人さん


それは当然なんです。

良い本は世の中にたくさんあるんです。

自分が本を書くからと言って、自分の本しか進めないのはむちゃくちゃです。

自分の本だって、良くない本は人に薦めません。

これは恵美子さんにとって良い本だと思うから、読みなさいと言うんです。
それと同じように、どこの誰が書こうが良いものが良いんです。

良い本を勧めて、恵美子さんが成長すればいいんです。

斎藤一人さんも読んで成長すればいいんです。

私たちは魂の成長のためにこの世に生きてるんですから、誰の本だからといって薦めなければ、魂の成長が止まります。

 

質問8 一宮


まるかんさんの一宮駅伝について、斎藤一人さんの会社まるかんさんでは、全国各地の一宮は参拝する一宮駅伝というものがありますが、勉強不足で申し訳ありませんが一宮駅伝についてお教えいただければ幸甚です。

またまるかんさんが一宮駅伝を始めた理由について教えていただければ幸いです。


斎藤一人さん


一宮というのは、例えば奈良の都があった時に、阿波の国に長官として派遣される人が居てるんです。

その派遣された人が一番最初にお参りに行くところが決まっているんです。

1番目に行くところを一宮、2番目に行くところ二宮、三宮という風になっていくんですね。

地名で残っているところもありますが、そういう形で残っているんです。

今斎藤一人さんがなぜやってるかといえば、なぜかやりたくなったんです。

こういうものって、あんまりわけないんです。

理由は後でくっつければいろんなことをがくっつくんですが、やりたいなと思ったからやったと言う、そういうことです。

 


質問9 神棚

 

 

神棚を作るにあたって、先日、高津理絵さんのルームをお尋ねする機会がありました。

神棚が丁寧に整えられているのを拝見し、大変感銘を受けました。

そして私もできる範囲で自宅に神棚を作りたいと考えました。

神様が大好きな斉藤一人さんならば、神棚の作り方やポイントがありましたら、お教えいただければ幸いです。

 


斎藤一人さん

 


斎藤一人さんは全くそういうことは知らないそうです。

だからこれは理恵先生に聞いた方がいいですね。

あんまり堅苦しくやらない方がいいですね。

苦しくなってきますから、日本の神様はもっとおおらかですから、斎藤一人さんたちは神主とかの仕事ではないです。

もっとおおらかに楽しくやって、いい神社があったから行く、また行きたいから行く、3回でも行きたいから行く、呼ばれて行く、そんな感じで一番いいと思います。

 

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村