コンクラーベ

斉藤一人さん 掃除は最高の神事

スポンサーリンク

 

f:id:shiho196123:20191017112350j:plain

 

 

神事は神社に行くことではないんです。最高の神事を一つ教えます。最高の神事とは掃除なんです。

 

 

 

 

神事

今日は摩訶不思議なことを言います。

信じられない人は普通の人です。

ただ普通は辛いんです。

神事は神社に行くことではないんです。

最高の神事を一つ教えます。

最高の神事とは掃除なんです。

お掃除なんです。

お掃除をきちんとしないと駄目なんです。

神様は汚いのが大嫌いです。

汚いところは嫌なんです。

ものには限度がありますから、一日中掃除をしてろという話ではないです。

良い神社というのは、埃も何もないんです。

埃だらけの所に、神様は絶対に来ません。

自分のところを国褒めして、最後に自分のお店が最高だとなった時、掃除をしないと駄目なんです。

これから非常に摩訶不思議なことを言います。

 

玄関

 

何をしても途中から失敗する人。

邪魔が入る人。

何かうまくいきかけたけれど、どうもうまくいかない人。

自分の所の玄関を掃除してください。

自分の所の玄関を思い出して、いろんな物がごちゃごちゃしてませんか。

家族が3人なのに、靴は何個出てますか。

靴10個出てませんか。

下駄箱にしまってください。
スッキリさせてください。

できれば靴もその都度を出す方が良いんですよ。

家族3人で三つ出ているのはいいですよ。

ごちゃごちゃしている家は、そうするとなぜか、うまくいかないことが起きるんです。

床が汚い部屋は、先祖の加護がないんです。

だからこれもダメなんです。

あと壁とかです。

まるかんの商品を宣伝して悪いんですが、大好きクリーナーというのがあるんです。

3500円と安いんです。

本当に綺麗になるんです。

別に他の製品を使っても良いんですよ。

一言、言いたくなるんです。

掃除しない人の特徴があるんです。

 

 

f:id:shiho196123:20191017112808j:plain

掃除しない人の特徴

 

注意されると、そろそろないそうしようと思ってるんです。

そういうふうに答えるんですね。

斎藤一人さんは、掃除の話をしてるんです。

古くたっていいんです。

神社なんか古くったって、神様がいてるんです。

斎藤一人さんは、あくまでも掃除の話をしてるんです。

掃除をしてください。

テレビでも何でも、いろんな良いものを宣伝しています。

壁を拭くと、汚れが浮いてくるような製品もあるんです。

後は天井だとか、上を見ると、蜘蛛の巣だとか、そういうのがあるお店があるんですね。

埃が溜まっていたりして、中には家で羊飼ってるんですか。

そういう家があるんです。

モンゴルではないんです。

それをきれいにすると、天の加護があるんです。

それから先の見通しのきかない人は、そういう人の家に行くと、必ず窓が汚いんです。

先の見通しができなくなってるんです。

この会社がダメというところは、だいたい窓が汚いんです。

信じなくてもいいんですけど、流し場がごちゃごちゃして、茶碗が置いてあったりするんです。

そういう家というのは、胃腸を悪くします。

体の中を水が流れないんです。

おかしな病気になったら、家の中は綺麗だろうか、いらないものは捨てるんです。

使えるものはあげるんです。

家か物置か分からないほどごちゃごちゃしているでしょ。

ああいうとこの人は、だいたい神経をやられるんです。

うつ病です。

ノイローゼです。

そういう人の家は、大概は家がごちゃごちゃしているんです。

仕事机だとか、ごちゃごちゃしている人がいてるんです。

そういう人は企画がたてれません。

ちゃんとした計画を立ててますか?

できないんです。

本は横にしては駄目です。

本は立てるものです。

斎藤一人さんが本を立てるんだよといえば、逆さに立てる人がいてるんです。

トイレが汚いと、お金が入ってこないと言うんです。

それを言えば、トイレばかり掃除しているんです。

他のところも掃除してください。

綺麗にしてください。

服をやたら積み上げる人は、旦那さんの体が重くなってくるんです。

どうも最近体が重くてと言うと、家の中をずっ~と見ていると、使っていない新聞紙が山ほどあったりするんです。

みんなで綺麗にして、綺麗が好きなんです。

神様は綺麗が好きなんです。

人間だって同じです。

髪の毛をごちゃごちゃにしてるより、綺麗にしたほうがいいんです。

心だってそうなんです。

恨み言、泣き言をずっ~と言ってるより、普通よりちょっと上が好きなんです。

 

天国言葉

 

愛しています。

ツイテル。

嬉しい。

楽しい。

感謝しています。

幸せ。

ありがとう。

許します。

 

f:id:shiho196123:20191017113601j:plain

 

難行苦行

お釈迦様が悟りを開く時に、人を導く時に難行苦行をしたんです。

滝に打たれるとか、食事をしないとか、座禅してずっと座ってるとか、トラのいるようなジャングルに座ってるんです。

難行苦行だったんですが、難行苦行では悟れる人がすごく少ないんです。ほんの一握りの人しか、悟りの道の船に乗れないんです。

それを小乗仏教というのです。小さくしか乗れないということです。そういう教えだったんです。

 

遊行

 

それを法然という人が出てきて、南無阿弥陀仏を唱えなさい、南無阿弥陀仏を唱えなさいと言った時に、唱えればいいんです。

昔から南無阿弥陀仏はあったんですが、心に浄土を描かなければだめなんだそうです。

浄土を描きながら口で言う、貴族の家の庭やなんかは、浄土のように池があったり、中に観音様が飾ってあったりして、そうなってくると貴族しか悟れないことになるんです。

見なくてもいい、口でさえ言えばいいんだ。

これが法然が教えた遊行というのです。

難行苦行に比べて楽ですから遊行というんです。

これが親鸞やなんかに受け継がれるんです。

昔は男しか成仏できない。

女性は不浄であるから成仏できない。

比叡山だろうが高野山だろうが女人禁制なんです。

ところが浄土は天国なんです。

男性しか成仏できないなら、天国は男性しかいません。

そこは地獄です。

それで女性も成仏できるようになったんです。

親鸞は結婚したんです。

お坊さんで結婚したのは初めてなんです。

結婚したのは嘘で、結婚を発表したんです。

昔のお坊さんは隠れて奥さんはいたんです。

比叡山には女性がいっぱいいたんです。

正式発表はしないですが、隠れて奥さんはいたんです。

それを親鸞は発表したんです。

なぜかと言うと、結婚すれば成仏できないのならば、ほとんどの人が成仏できないということになるんです。

これはおかしい話じゃないかということで、それで結婚発表をしたんです。

遊行というのは難行苦行に比べると遊んでるくらい楽だということなんです。

ただそれで救われる人はもう残ってないんです。

何百年もしていて、それを受け入れられない人がたくさん入ってるんです。

 

f:id:shiho196123:20191017114011j:plain

 

楽行

 

斎藤一人さんが教わった教えは楽行というものです。

楽で楽しければする人はたくさんいてるんです。

斎藤一人さんが仏の話をしようが何をしようが、聞いてる人はCDだけ聞いてればいいんです。

別に口で唱えなくてもいいんです。

それから面白くて笑って、楽しくて仕方がないんです。

楽しければ聞くんですね。

斎藤一人さんの世界は楽行の世界と言うんです。

新しい世界なんです。

尚且つ斎藤一人さんは働いていますから、みんなに賽銭よこせとは言いません。

CDなんか配って、もらってタダで聞いてればいいんです。

楽ですよね、寺院とかありませんから、寄付とかいらないで、ただで聞けて楽しいんです。

だから楽行の世界に入ってきたんです。

斉藤一人さんの教えは楽行なんです。

楽行というのは、楽で楽しく学んだ時、斎藤一人さんが一人で天国に行っても仕方がないんです。

だから周りの人も一緒に天国に行くんです。

ともに往生するんです。

この楽行で往生した人には一つのお役目があるんです。

みんなであの世に行って、よくもう地球には生まれてこないとか、解脱するとか、解脱されると困るんです。

また戻ってくるんです。また戻ってきて今度、また仲間を増やして、ともに天国に行ける人を増やすんです。

極楽浄土に往生する人間を増やすんです。

それでまた戻ってくるんです、落語の人は楽ですが、解脱をされると困るんです。

私たちは楽しく行ったんですから、また戻ってくるんです。

苦しんで行った人はもう地球には戻ってきたくはないんです。

私たちは楽しく地球を出た人間ですから、地球に行くのは嫌ではないんです。

またみんなで楽しく戻ってきたいんです。

私はロシアに行きたいとか、私はアメリカに行くとかです。

この楽行を広めて、往生する人でみんなで行くんです。

斎藤一人さんが天国に行っても誰も知り合いがいなければ寂しいですね。

楽しくあの世に行けるのが楽行の世界なんです。

楽で楽しくて出かけて行って、それもみんなで行ける。

それもまたみんなで帰ってくるんです。

解脱してはいけないんです。

難行苦行より遊行というのは、楽ですが面白くないんです。

一日中壁に向かって座っているとか、念仏を一日中唱えてるとか、それはよっぽど辛抱強い人間でないと出来ません。

私たちは、楽で楽しく出来ない人を救いに来ているんです。

あと1000年もすれば、楽行の世界が分かってくるんです。

今までがいけないのではなくて、難行苦行から遊行に移り、難行苦行は苦しいんです。

遊行はつまんないです。

今度は楽しくて悟りを開いて往生する世界が来るんです。

 

魂の夜明

 

それの夜明けなんです。

それが魂の夜明けなんです。

元々天国は楽で楽しいところなんです。

あんまり苦労して解脱すると、二度と地球には行きたくないとか、そういう話になるんです。

私たちは楽しんでいるから、何回も地球に来たいんです。

楽行の良さが分かるんです。

難行苦行をすればするほど、楽をしてはいけないと思っているのは、成功は苦労の後にあると思っているんです。

苦労というのは間違ってるんです。

神様が苦労は間違ってるよと教えているんです。

立ち止まって間違いを正すんです。

それから行わなければいけないんです。

そうすると楽に成功するんです。

本田宗一郎が一生懸命にオートバイを作りましたが、苦労して作ったわけではありません。
楽しくて仕方なかったんです。

本当に真の成功に向かってる道はわくわくとして楽しいものなんです。

辛くて苦しいんだとしたら、絶対にそれはおかしいんです。苦労の後に苦労の道は苦労に続いているんです。

我慢の先には恨みが待ってるんです。

そこの前にストップして、何かが間違ってるんです。

正しいかったら苦労するわけではないんです。

正しい人が大変な思いをするわけがないんです。

楽行の道に戻らないといけないんです。

楽で楽しく行ける道、サボレと言ってるんではなくて、人間は台風が来たって、ゴルフを真剣にしていれば楽しいんです。

本当に嫌なんだとすれば、その人はゴルフに向いてないんです。

水泳やるか何か別のことをすればいいんです。

 

 

f:id:shiho196123:20191017114346j:plain

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村