コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斉藤一人さん Oリングテスト

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20191231121857j:plain

 

 

人差し指と親指に、ギューッとすごい力が入って、なかなか外れません。

これは、「Oリングテスト」と言います。

 

 


質問1 我


一向にお金も貯まりません。

家庭サービスも、仕事も一生懸命しています。

でも、なぜかうまくいかないのです。

原因は何なのでしょうか?

運を良くする方法はありますか?

立て続けで申し訳ないんですが、成功する方法も教えていただきたいです。

斎藤一人先生のお力添えをお願いいたします。


斎藤一人さん


一生懸命やっているつもりなのに、「なぜか物事がうまくいかないとき」があります。

それは、大抵、自分の中にある、「あること」が邪魔をしています。

その「あること」とは.....「我」です。

自分の中に、「我」があるんですね。

では、「我とは、何ですか?」というと、こういうことです。

「私は、がんばっているのに、何であの人の方が認められちゃうの?」とか。

「あの言葉は、いい言葉と思うけど、私は、恥ずかしくて言えない」とか。

「あのやり方はすごいと思うけど、私は、真似できない」とか。

こういう「私は」「私が」という思いは、「我」なんです。

幸せになりたければ、「我」を捨てて、幸せになっている人の真似する。

お金持ちになりたければ、「我」を捨てて、お金持ちになった人の真似をする(ちなみに、その人が、お金がなかった頃から、どうやってお金持ちになれたのか、その過程<考え方や努力>に注目して、真似しましょう)。

運が良くなりたければ、「我」を捨てて、運がいい人の真似をする。

これしかないんです。

幸せになる邪魔をしているのは、あなたの中にある「我」なんです。

これを捨てた時、あなたは、あっという間に幸せになれるのです。

もし、自分の中に「我」があると気づいたら、できるだけ早く捨ててしまいましょう。

それが、あなたが最速で幸せになるための方法です。

運が上がらない原因は

心の中に「我」があるから。

「我」を捨てた人から、幸せな成功に近づくんだよ。

 

 

 


質問2 Oリングテスト

 


「ツイてる」という言葉は、どうして有効的なのか分かるのでしょうか?

 

教えていただければ幸いです。


斎藤一人さん


「私は、何をやっても、運が良くならない」なげいている人がいます。

そういう人の場合は、「ある原因」が考えられます。

それは「否定的な言葉をしょっちゅう使っていること」。

「私って、ツイてないのよ」

「私って、運が悪いのよ」

「また、きっと悪いことが起こりそう」

このようにして的な言葉を使っていると、あなたの体中の力は抜き取られていきます。

そのことが、よくわかる面白い実験をご紹介しましょう。

手の人差し指と、親指で、「O」の字を作ってください。

その「O」の字がずれないように、指にぎゅっと力を入れます。

そして「ツイてない、ツイてない、ツイてない.........」と、「ツイてない」という言葉を連発しながら、人差し指と親指を誰かに引っ張ってもらいます。

すると、人差し指と親指は、「パッカン」という感じで、いとも簡単に外れてしまうでしょう。

次に、「ツイてる、ツイてる、ツイてる.........」と「ツイてる」という言葉を連発しながら、人差し指と親指を引っ張ってもらうと、どうでしょう?

人差し指と親指に、ギューッとすごい力が入って、なかなか外れません。

これは、「Oリングテスト」と言います。

その人が口にする言葉によって、体の力が強くなったり、弱くなったりするのが、簡単にわかるのです。

「ツイてる!」と言うだけで、人差し指と親指に、ギューッとすごい力が入るのは、どんなことを示しているのでしょう?

「ツイてる.......と言うだけで、体中に不思議なパワー(ツキのパワー)がみなぎってくる」ということなのです。

その反対に「ツイてない.......という否定的な言葉を言うだけで、体中の力が抜けて、やる気がなくなる」ということも示していますね。

わかりますか?

「否定的な言葉を言いながら生活する」ということは、体中の力が抜けた、一番に弱い状態で生きている」ということなのです。

こういった弱い状態で、ちょっと誰かに気になることを言われたり、ちょっと不安そうになるようなことを聞いただけで、自分の気持ちがすぐに折れてしまいます。

そして「否定的な思い」だけが、どんどん増幅していきます。

だからこそ「言葉」は大事なのです。

落ち込むことがあった時、「ツイてないな」ということは簡単ですね。

でも、そう言った瞬間、ますます体中の力が抜けていき、「一番弱い状態」になることを忘れないようにしたいものです。

その反対に、「ツイてる」という言葉を言うだけで、体中にパワーがみなぎって、心が強くなる。

そういう状態の人には、まさに「ツイてる」ことだけが、どんどん起こるようになっているのです。

何気なく使っている否定的な言葉は

体中のパワー抜き取っていく。

「ツイてる」というだけで、体中にパワーがみなぎって、

心が強くなるんだよ。

 


質問3 類は友を呼ぶ

 

私は斎藤一人さんの本を読んでいて、明るい言葉を話したり、元気が出ることを考えるのは大切だと思いました。

でも、どうしても、落ち込むようなことがあると、そのことを暗く捉えて、いじいじといつまでも考えてしまう癖があるのです。

それで、運勢がちっとも良くなりません。

どうしたらいいでしょうか?


斎藤一人さん


実は、「暗いこと」は誰でも考えます。

大切なのは、「暗いことを考えている時間」なのです。

今から話すことは、信じられないような話でしょうから、信じられない人は、信じなくて結構です。


読みたい人だけ、読んでくださいね。

暗いことを長く考えていると、「見えない世界」では、とんでもない事が起こっています。

どういうことかというと、実は、私たちの周りには、いろんな「霊」がいます。

「霊」というと、すぐに「幽霊」を思い浮かべる人もいるでしょう。
「霊」には「良い霊」と「悪い霊」の二つがあるんです。

「守護霊」や「指導霊」のように、私たちを幸せな方向に導いてくれる。

「愛と光の霊」もいます。

その反対に、私たちの足を引っ張ったり、私たちを悪い方向に陥れようとする「悪い霊」がいるのです。

この「悪い霊」のことを、「浮遊霊」と言います。

浮遊霊とは、なくなっても霊界に行かず、肉体を失ってもまだ、この世にとどまり続ける霊のことです。

この世や人に対して強烈な「うらみ」であったり、悲しみを持っている「霊」なのです。

この浮遊霊というのは、自分と同じ思いを、長く放っている人に取り付きます。

斎藤一人さんが今まで本やCDで、「いつも笑顔で、機嫌良くしているのがいいですよ」とか、「明るい、愛のある言葉を話すといいですよ」とか、「ピカピカした光ものをつけているといいですよ」とか、色々言ってきたのは、この「浮遊霊」に取り憑かれないためでもあったのです。

ちなみに、「浮遊霊に取り憑かれやすい人」の特徴は、こうです。

  • 妬み、そねみが強い人
  • 心配性の人
  • 「自分さえよければ」という気持ちの強い人
  • 「地獄言葉」の多い人
  • 誰かのことを「許せない!」と思っている人
  • 笑顔が少なくて、表情の暗い人
  • 食べ物のバランスが偏っている。(野菜だけしか食べないとか、肉だけしか食べないとか)
  • 明るく、波動の良い場所に行きたがらない人

部屋の中がごちゃごちゃで、埃だらけの人

  • お風呂に入りたがらず、自分を清潔にすることを嫌がる人
  • 服装が地味で、「光りもの」をつけることを嫌がる人


こういう人が、悪い霊に取り憑かれやすいようです。

「浮遊霊」に取り憑かれると、まず、その人の心に変化が起きてきます。

例えば、いつもイライラして、おこりっぽくなったり。

ちょっと肩がぶつかっただけで、殴りかかりそうになったり。

「みんなが自分の悪口を言っている」というような被害妄想が出たり。

年がら年中ぼーっとして、やる気がなくなったり。

とにかく、起こる出来事を、悪い方へ、悪い方へと考えるようになります。

「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、浮遊霊が一体ついていると、その浮遊霊が、さらに仲間を呼び寄せるようになります。

たくさんの浮遊霊がついてしまうと、その人の人生は悪循環を繰り返すようになります。

そして、ちょっとしたことをきっかけに自殺してしまったり、取り返しのつかないような事件を起こしてしまうこともあるのです。

暗いことを長く考えると

「悪い霊」を引き寄せてしまう。

暗いことをいつまでも考えていると、

「見えない世界」では、とんでもないことが起きるんだよ。

 

 


質問4 社会性

 

頑張るにはやる気も必要だと思うのですが、胸の奥や腹の底から湧き出てくるやる気を出すコツはありますでしょうか?


斎藤一人さん


人間は自分のためだけだとがんばれないんです。

自分のしていることが世間の役に立つとか、周りの人の役に立つとか、そういう気持ちになると自然と力が湧いてきます。

自分のこと以外、例えば家族でも良いですし、広く人の役に立つんだという目的をもってすると、ふつふつと力は湧いてくるものなんです。

 

質問5 顔晴る方法

 

働くのは大好きですが、たまにめげてしまって、顔晴るのが辛い時にすぐに気合が入って、また顔晴る方法はありますか?

斎藤一人さん

これも同じなんですが自分以外の人に役に立っているんだ。

会社の役に立ってるんだ。

同僚の役に立っているんだ。

社会の役に立っているんだとか、そういう気持ちになるとやる気が出てきます。

 

 

 

質問6 奉仕の気持ち


顔晴っているけれども、なかなか仕事で成果の上がらない場合は、顔晴る方法や顔晴る方向性が間違っているのでしょうか?

どのようにすればよいかヒントをいただければ幸いです。


斎藤一人さん

 

これは本当に社会の役に立っているとか、会社の役に立っているのか、同僚の役に立っているのだろうか、そういう風に周りが良くなるということを考えれば、うまくいきますからやってみてください。

人間はいつも働きながらでも、奉仕の気持ちを忘れずに、そうするとうまくいきます。

 

 

質問7 分け御霊


リーダーや経営者が周囲の人の顔晴る力、魅力を引き出したい時に勧めの方法があれば、お教えいただければ幸いです。


斎藤一人さん


自分の中にも神がいる。

相手の人にも神がいる。

お互いの中に神様がいてると見た時に、斎藤一人さんは自分を愛して他人を愛しますという話をよくなさるんです。

自分を愛するとはどういうことですか?

自分の中に神様がいてるということが分かる、相手の中に神様がいることがわかる。

そうすればお互いに魅力のある人間なんだ、魅力がない人間だと思うと何をしてもうまくいかないんです。

もともと私たちの中には分け御霊という神様がいてるんです。

そういうつもりですると、相手に接すると良いふうに見えてきますから、魅力を引き出せると思うんです。

 

質問8 同じ波動


自己中心的な友人を見て不公平に感じます。

不妊治療中です。

最近41歳バツイチ知人が交際3ヶ月で結婚をしました。

彼女は昔から計算高く、他人の気持ちを考えない自己中心的な人で、私自身何度も嫌な思いをしました。

交際している彼がまだ結婚する気持ちがないと分かると計画的に妊娠をして結婚に至りました。

なぜこのような人が自分の思い通りになっていくのか、他人に嫌な思いをさしても平気な人が幸せになっているようなので、世の中不公平だと思います。

因果応報とは本当なのでしょうか?

41歳主婦。


斎藤一人さん


その人の問題なのになぜあなたは付き合ってるんですか?

なぜ性格が悪いと分かってる人と付き合ってるんですか?

なぜ何回も嫌な思いをさせられた人と付き合ってるんですか?

そういうのは因果だと言うんです。

世の中を見渡すと人間だらけなんです。

なぜその人を選ぶんですか?

あなた同じ波動なんじゃないですか?

波動変えてください。

付き合ってる人を変えなさい。

わかりましたか?
人間は良い友達と付き合うか、それともなかったら、誰とも付き合わない方がマシなんです。

変なものと付き合ってはだめです。

彼氏でもなんでも変な男ならいない方がマシです。

友達もそうですよ。

変な友達ならいない方がマシです。

しっかり腹をくくって人生を生きていってください。

 

 

 


質問9 おどおどびくびく

 

人見知りですが、人の輪に入るにはどうすればいいのですか?

いつも人間関係で悩んでいます。

すごく人見知りをするので、みんなの輪の中に入っていけず、お昼休みも一人でご飯を食べることが多いです。

挨拶をしても無視されたり、陰口を言われたり、そういうことが原因で会社に行くのが嫌になりやめてしまいます。

会社が変わっても人間関係が同じで楽しくありません。

楽しく仕事の出来る人間関係にしていきたいです。

どうかお知恵をください。

40歳無職


斎藤一人さん


これは何度も言ってるんですが、あなたはなめられてるんです。

なめられる人は、意地悪されたり、なめられたりする人の特徴は、おどおどびくびくしているんですね。

それをやめろと言ってるのではなくて、おどおどしてないふりをするんです。

演技でいいですから、カッと構えてニコッとしてるとか、それからしてください。

いばっちゃいけない、なめられちゃいけないというのは1日100回ぐらい言って、堂々としてる訓練をしとくんです。

それだけで人生変わりますから、問題を他にずらしちゃ駄目です。

あなたの「おどおどびくびく波動」を止めなさい。

みっともないですから、誰も幸せになりませんから、その波動を出してはいけません。

羊でもなんでも、おどおどビクビクしている一番弱そうなのから食べられるのです。

人間だけが波動を変えられるんです。

せっかく斎藤一人さんと勉強しているんですから、なめられてはだめですよ。

意地悪する人もいけないですが、どこの会社に行ってもやられる人はあなたが出してる波動です。おどおどびくびくは駄目なんです。

可愛らしさを装ってるのかなんだか分からないですが、15、16の小娘ではないんですから、そんなことしていれば不幸になるだけですから、しっかりと生きてください。

なめられてはダメなんですよ。

わかりましたか?

 

 

 

 

 追伸 Oリングテスト


(舞台に上がったら来場者に向かって)

人差し指と親指で輪っかを作ってみてください。

「OK!」って言う時の、あの形です。

人差し指と親指の輪っかが外れないように、ぐっと力を入れてください、いいですか。

これから、「Oリングテスト」というのをやります。

「ツイてる、ツイてる」って、言ってください。

(舞台の来場者「ツイてる、ツイてる」という。斎藤一人さん、輪を外そうとするが、輪が崩れない)

いいですか、これだけ力が入ってます。

では今度は、「ツイてない、ツイてない」って言ってください。

(舞台の来場者「ツイてない、ツイてない」と言う。斎藤一人さんが輪を外そうとすると、輪が崩れる)

後で、隣同士の人で、ちょっとやってみてください。

「ツイてない」って言うと、どのぐらい体から力が抜けちゃうのかが分かると思います。

言葉は「言霊」とも言うんですが、強い力があるんです。

肯定的な言葉を言っていると、身体にエネルギーがみなぎるし、自分が発する波動もよくなっちゃう。

ところが、この前、Oリングをあるところで行ってあげたら、疑り深い人がいて、

「それは最初にツイてるって言ったから、くたびれたんです」

って言われたんです。

それで、

「ちょっと順番を逆にしてみましょうよ」

って言うことになったんですけど・・・・・・。

最初に「ツイてない」って言っても、ぽこって、外れちゃったんです。

だから、「ツイてる」って思って生きるか、そうじゃないかって、ずいぶん違うんだよ。

ということを、私は仲間たちに教えているだけなんです。

それで、今からいろいろ話しますけど、その中で一個だけでも役に立つことがあったら、

「今日は良い講演会を聞いたな」と思ってください。

本でも、最初から終わりまで読んで、一つでもいいことがあれば、それは、いい本なんです。

中にはね、本を読んでて、

「あそこのあの部分、私は納得いかない」

っていう人がいるんだけど、その本は、あなたのためだけに書いたわけじゃないから。

全部は、納得いかないんです。

そして、全部納得したい人は、自分が書けばいいんです。

それで、誰かにそれを読ませてみると、きっと、その誰かはどっかしら納得いかない。

人はね、等しく個性を持って生まれているから、人と全く同じ考えではいけないんです。

だから、どっか違ってて、いいんです。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

www.youtube.com

https://youtu.be/0HsVcdFiPmA

お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

我が儘勝手で申し開きもございません。

上記の赤色のボタンを押してくださいね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村