コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斉藤一人さん 自分を可愛がってうつ病を克服

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20210617142854p:plain

 

 

だって自分のために楽しいことをしている人が、ノイローゼだのうつ病だのって、そんな病気になるはずがないよね。

 

 

 

一個楽しみが増えると、一個悩みが消える


斎藤一人さん

この前、ある人からこんな質問を受けたんだけど。

「自分の弱点を棚に上げて、他人を攻撃ばかりする人がいます。どう対処したらいいですか?」

あのね、そういう嫌な奴は俺の周りにいたことがないから、よく分からないんだよ。

嫌な奴がいないから、対処する必要もないんだよね。

要は、自分を愛して神様と友達になれば、嫌なことは起きなくなるの。

嫌な奴だって現れなくなる。

自分の好きなことを楽しんでいたら、本当に俺みたく、周りにいい人ばかり集まってくるようになるんだ。


みっちゃん先生

人って波動ですからね、自分が良い波動で生きていると、同じように、良い波動の人しか集まらなくなります。

私も、昔は人間関係で悩んだこともありますが、ひとりさんから楽しく生きることを教わってからは、いい人だけに囲まれて幸せな毎日です。


斎藤一人さん

結局、人に嫌なことをする人も、される人も、どちらも遊びが足りないんだよ。

もしあなたの周りに一人でも嫌な奴がいるんだとしたら、「私に足りないのは遊びだな」って思えばいいよ。

で、なんでもいいから楽しいことをする。

嫌な奴をどう追い払うかってことに神経を使うより、自分が楽しんじゃった方が確実に効果的だし、よっぽど簡単だもの。


みっちゃん先生

そうですよね。自分が楽しんでいると、人から何を言われようと、そんなに気にならなくなるというメリットもありますから。


斎藤一人さん

人間ってね、一個楽しみが増えると、一個悩みが消えるようになっているの。
運がいいって、そういうことなんだよ。

なんでもいいから遊べばいい。

お小遣いの範囲でできることだったら、競馬だろうがパチンコだろうが、麻雀しようが自由なの(一人さんはギャンブルをしませんよ)。

ギャンブルなんて馬鹿馬鹿しいとか、人に言えなくて恥ずかしいとか、そんなこと思う必要はない。

だって自分のお金で、無理のない範囲で楽しむのであって、確かに迷惑をかけるわけじゃないからね。

何をしてもいいんだよ。


存在するだけで助けてもらえる人になる


みっちゃん先生

世の中には、すぐに短気を起こす人がいますよね。

例えば、電車で飛行機で子供が泣くと、イライラして怒っちゃう人とか・・・・・・。

そういう人も、私は「遊びが足りないんだろうな」って思います。

一人さん、十分に楽しんでいる人は、些細なことでイライラしませんよね?


斎藤一人さん

そうだね。ちょっとしたことですぐイライラするって、自分を可愛がっていない証拠だよ。

神様と友達になっていないの。

自分に我慢ばっかりさせているから、人にも我慢を求めちゃうんだ。

親兄弟、友達、会社の同僚・・・・・・って、みんなに我慢させようとする。

そうすると、周りにも嫌な波動を出し始めるから、不幸の連鎖なの。

あなたが自分をいじめると、周り中みんなが大迷惑する。

わかるかい?

自分の中にいる神様をいじめる。

他の人の中にいる神様もいじめる。

そんなひどいことをしながら、「神様はちっとも願いを叶えてくれない」って、それは無理な話だよって。

でね、すぐ怒る人って、普段の顔からもう怖いんだよ。

ものすごく不満を抱えているような顔になっちゃってるの。

どんなに顔立ちが綺麗でも、そういう人はおっかないから、俺は近づきたくないね。


みっちゃん先生

確かに、遊びが足りている人って、みんな観音様みたいなお顔。

誰が見ても幸せそうで、本当に優しい穏やかな表情です。

そういう人は顔だけじゃなく、心も優しくて温かいから、みんなに好かれる。


斎藤一人さん


みっちゃんが、まさにそういう人だよね。

どこへ行っても相手に好かれるし、誰とでもすぐ親しくなれるの。

ご飯を食べに行けば、お店の人がキャベツだの大根だのって、帰り際にいろんなものをくれるんだよね。

みっちゃんって、行く先々でお土産をいっぱいもらうの。

それって、みっちゃんが自分を愛しているからだよ。

だから人からも愛されて、みっちゃんが顔を見せに行くとみんな喜んじゃう。

もしみっちゃんが全財産を失ったとしても、みんなが放っておかないよ。

道を歩くだけで、「これ食べな」「あれ持って行きな」って、いくらでもみんなが助けてくれるから、全然困らないだろうね。

みっちゃんはここに存在するだけで、みんなが助けてくれるんだ。

f:id:shiho196123:20210620154458j:plain


自分を可愛がってうつ病を克服


みっちゃん先生

私は20代の頃、うつ病から拒食症になってしまい、15kg近く体重が落ちてしまったことがあります。

心も体もどん底の状態で、今振り返っても、あの時ほど辛い経験はありません。

死にたくないから、何とかしてご飯を食べたい。

それなのに、どうしても食事が喉を通らないんです。

どうしたらいいのかわからず、このままじゃ本当に死んじゃうかもしれないと、恐怖に震えるばかりでした。

そんなある日、ふと一人さんに会いたいなって思ったんです。

一人さんは、昔から私のことをすごく可愛がってくれて、いつも元気づけてくれました。

言ってみれば、私の元気の源みたいなお兄さん。

一人さんに会ったら、この苦しい状況から抜け出す道が見つかるかもしれない。

そう思ったんです。

でも、今みたいに携帯電話なんてありませんから、なかなか一人さんに連絡がつきません。

どうしたものかと考えあぐねていると、偶然にも、いとこが結婚するという話が耳に入ってきたのです。

その瞬間、光が差し込んだ思いでした。

何故って、結婚式には一人さんも出席すると聞いたから。

お式は数ヶ月後です。

その日までは、何とか生き延びなきゃいけない。

とにかく一人さんに会うことだけを望みに、その一縷の光を見ながら私は生きながらえました。

そして無事に一人さんと再会し、私は命を救われたんです。


斎藤一人さん

あの時、みっちゃんは全然遊びが足りてなかったよね。

自分のために、何一つ楽しいことをしてあげていなかった。

だから俺は、ステーキ食べな、買い物しなって、毎日のようにみっちゃんを連れ出したんだよな。


みっちゃん先生

そうそう。一人さんが「分厚い肉をジャンジャンバリバリ食べてる人って、うつ病のイメージ全然ないだろ?

だからステーキ食べな。

病気なんて吹っ飛んじゃうから」って。

それから、「東京靴流通センター(リーズナブルな大型靴店)」ニモ通いつめて、しこたま靴を買い込んだ。

あんまり買いすぎて、家に置ききれなくなっちゃったから、車のトランクにまで入れていたくらいです。

他にも、ブローチに凝って買い集めたりもしました。

靴もブローチも、買ったのはお安いものばかりでしたけど、あんなに買い物をしたのは初めてでした。

そうやって自分のためにうんと買い物をしたり、美味しいステーキを食べたりしたことで、私はどんどん元気になっていったんです。


斎藤一人さん

みっちゃんは、あの時ようやく自分を可愛がれたんだよ。

自分を可愛がりだしたから、みっちゃんは変わることができたんだ。

だって自分のために楽しいことをしている人が、ノイローゼだのうつ病だのって、そんな病気になるはずがないよね。

自分にいっぱいご褒美をあげるって、自分の中にいる神様を大切にするのと同じことなんだ。

みっちゃんが美味しいものを食べて、買い物をしたことで、神様が喜んだの。

うつ病を克服することができたのは、神様とお友達になれたからなんだよ。

 

みっちゃんは「褒めの達人」になりな


みちゃん先生

私は子供の時からずっと自分に自信がなくて、「私はダメな人間だ」って思い込んでいました。

姉がオールマイティなタイプでしたから、いつも姉と自分を比べてため息ばかり・・・・・・。

そういう自信のなさを打ち消してくれたのも、一人さんでした。


斎藤一人さん

今のみっちゃんって、いつもキラキラ輝いている。

みっちゃんに憧れている人、すごくたくさんいるよね。

だけど昔のみっちゃんは、よくこんなことを言っていたんだ。

「あの人すごいよね、それなのに私は・・・・・」

自分を人と比べる癖が染み込んじゃってるから、何かあるたびに、自分の不憫を投げて落ち込んでいたの。

でもね、人は皆そのままで完璧なんだよ。

誰もが、神様と同じだからね。

みっちゃんが自分で、要領が悪いとか、どんくさいとか思っていようが、そのままのみっちゃんでいいの。

悪いところなんか一つもない。

要領が悪いって、じっくり物事に向き合える長所だよ。

どんくさいんじゃなくって、慎重なだけ。

自分で自分のことをだめだなんて思っちゃいけないの。

もし駄目な所があったとしても、そこがまたかわいいんだよ。

だってあなたという人間は、意味があってそういう風に生まれてきているんだから。

そういうあなただから、素敵なの。


みっちゃん先生

一人さんって、私がどんなに人と自分を比べて落ち込んでいても、絶対に呆れたり叱ったりしないんです。

それどころか、こんな風に言ってくれました。

「みっちゃんは優しいね。

そうやって相手の良いところが見えるって言うのは、ものすごい宝だよ。

それだけ築けるんだから、本人を直接褒めてあげな。

みっちゃんは、褒めの達人になれるよ」

この言葉に、どれだけ救われたかわかりません。


斎藤一人さん

だって本当のことだからね。

物事は、一面しか見ないから「ダメな人間だ」とかって思うの。

反対側から見てみたら、ダメだって思っていたところは、実は自分の強力な長所になるんだよね。

みっちゃんは、人のいいところがよく見える。

だったら、相手に「あなたはここが素晴らしいね」って伝えてあげたらいいんだ。

褒めてあげるの。

そうしたら相手はものすごく喜んで、みっちゃんによくしてくれるようになる。

それが嬉しくて、みっちゃんはまた相手を褒めると言う、プラスの連鎖ができるじゃない。

それってみんなが幸せになれる、最高の方法だよね。

みっちゃんは、米の達人になって幸せになる定めなんだよ。

 

 

追伸 成功の花を綺麗に咲かせるコツを教えるよ

 

「自分が本当に好きなもの」を見つけることが、自分だけの成功の花を咲かせていく秘訣だよって話したけど、ここで、綺麗な花を咲かせるコツを教えます。

それはね、自分の花を否定しないこと。


「いいね」

「素敵だね」

「可愛いね」

「かっこいいね」

「愛らしいね」

「がんばってるね」

「大好きだよ」


あなたが自分に言ってあげる度に、ますますあなたの花が美しく咲くの。

自分の花を愛でる人は、人の花もちゃんと褒められるようになっていくよ。

「人を褒める」っていうのも、とっても大事なこと。

どんなに地味で素朴な花だって、「あなたらしくて、素敵だね」って言ってあげられる人になろうよ。

たんぽぽに向かって、「どうして、あなたは胡蝶蘭じゃないの?」なんて言っちゃだめなの。


あのね、恋愛関係でも、親子関係でも、「理想と違った」っていう人がいるよね。

「理想の恋人」「理想の結婚相手」「理想の親」「理想の子供」・・・・・・。

あるのは、「自分の好み」だけなの。

だから、自分の好みをグイグイと押し付けて、人の花を踏みにじるようなことはやめなよ 。

もしも、あなたがそんなことをされたら悲しいだろ?

その人は、ちゃんと神様にお墨付きを頂いた、綺麗な花を咲かせているのに「貧乏たらしい花だ!!」なんて言うもんじゃないよ。


それから、あなたの好きな人を誰かにけなされたら、頭にくるよね。

相手も同じなんだよ。
「変な顔の人が好きなのね」なんて、絶対に言っちゃダメなんだよ。

「いいね、とっても幸せそうだね」って、褒めてあげるんだよ。

人によって、好みってそれぞれだものね。

みんながみんな「一人さんがいい」って言ったら、今以上に泣かせる女性が増えて、とんでもないことになっちゃうよ。

みんな好みが違うから、うまくいくんだな。

 

 

www.shiho196123.net

 

 

斎藤一人さんの話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとうございます。

 

www.youtube.com

https://youtu.be/kt-9lFbSfU0

お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

我が儘勝手で申し開きもございません。

上記の赤色のボタンを押してくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村