コンクラーベ

自己肯定感とは、御飯と梅干しです!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20190907192059j:plain

 

私は、分からないんです。自己肯定感とは、どういう感情なのでしょうか?!

 

こんにちは、Greenです。今回は、自己肯定感という感覚を、伝えたいと思っています。

 

自己肯定感というのは、自分が存在しているだけで、価値があるよねと、思える感覚なんです。

極端に言えば、息をしているだけで、たとえ死んだって、自分には価値がある。そういう風に思える感覚のことです。

これは、なかなか伝わりにくいんですね。そもそも、感覚なので、人それぞれに、感じ方の違いがあるんです。

 

 

自己肯定感

 

息をしているだけで、価値があるというのは、何を馬鹿なと思われるんです。そういう話に、感じられるでしょう。

表現が難しいのですが、仕方がないんです。感覚は感覚なんです。

私たちはオンギャと産まれてくる時に、両親とか、お姉ちゃんとか、お兄ちゃんとか、おじいちゃんやおばあちゃんに、面倒を見てもらうわけです。

それを、迷惑かけたな、申し訳ないなと思うとすれば、いわゆるこれを、罪悪感と言うんです。

それはなくて、私が生まれたおかげで、両親は、本当の意味で親になれたんだ。

これは極端すぎました。おじいちゃんやおばあちゃんは、私が生まれたおかげで、孫の顔を見れて、嬉しいんだろうな。

例えば、私がご飯を食べるをかけて、農家の方とか、農林水産省の方に貢献できると、そういうふうに思ってください。

自分がしていること、寝ているだけでも、自分がこの世にいるだけで、恩着せがましく感じるのではなくて、何となく感じるんです。

だから、自分って、良いとなんとなく感じるんです。意識しなくても、全てが自然に思える感覚です。

例えば、自分が死んだとしても、佐藤さんという人がいて、こういうことがあったよなと、それで何か気づいて、その人自体も、成長していくんです。そういう風に、自然に思える感覚です。

ということは、私には価値があるんです。そういう風に、自然に思える感覚です。これが、自己肯定感だと思います。

そういう自己肯定感の部分が、心の土台の部分にあるからこそ、たとえ何かうまくいかなくても、大丈夫かなと思うことがあっても、チャレンジをすることができるんです。

いわゆる、そういうことができる人を、自信がある人と言います。

 

別の角度から、少し自己肯定感について、考えてみたいと思います。

 

f:id:shiho196123:20190907192959j:plain

 

ポジティブイズム

 

例えば、上司の人に、職場で怒られたとします。怒られるわけですから、落ち込むこともあると思うんです。

そういう時に、自分は、どうしてダメなんだろう。また、上司に迷惑をかけてしまった。周りの人にも、迷惑をかけてしまった。

普通の人ならば、これぐらい、普通にできるのにと思うんです。なぜ、自分はダメなのかと、そういうふうに考えてしまうんです。

どんどん、落ち込んでしまって、現実逃避してしまうんです。そういうことしてしまうのが、いわゆる劣等感とか、罪悪感が強ければ、そっちの方に、流れてしまうんです。

被害者意識とかが、強ければ、どんどん、そっちの方に流れるんです。やっぱり自分は、ダメなんだ。あんなにも上司の人も、怒る必要もないんです。

どんどん、そういう方向に行ってしまって、新しい改善の方向に、結びつかないんです。

だから、自己肯定感が高い時は、例え同じような怒られた場面でも、ありがたいと思って、次はうまくいくように、上司の人は、しっかりと自分に、伝えてくれようとしたと思うんですね。

上司の人も怒りたくなかったのに、自分のために、言ってくれたなと思うんです。ありがたいと、自然に思えたりするんです。

この上司が自分のことを、考えていていてくれて、ラッキーだと思える感覚なんですね。

 

これは、ちょっと違うんです。ポジティブ思考というか、ポジティブイズムなんです。あえて、変な表現をすれば、ナルシストなんですね。

 

上司の方に、迷惑をかけた事実があるので、申し訳ないなと思うんです。そういえば、ここを注意するように、上司に言われたばっかりだったんです。

うっかりやってしまって、大変申し訳なかった。そこで終わるのではなくて、ぐずぐず落ちていくのではなくて、僕のことを期待してくれているから、あえて、忙しい中を、耳の痛い話をしてくれたんです。

次は、どのようにして挽回しようか、上司の人に喜んでもらえるように、こういう風にチャレンジしてみようかと考えるわけです。

行動を制限してみたり、なんだあの上司、あんなこと言いやがって、そういうことを、押し付けてみたりするんです。

あるいは、怒られたということは、成長するチャンスだと、そっちの方だけを考えるんです。

 

f:id:shiho196123:20190907193615j:plain


 

 

存在価値

 

というのではなくて、迷惑をかけた事実は事実なんです。迷惑かけられたからこそ、上司も怒ったんですね。

そういう側面もあって、そこはそこで受け取って、それをどういう風に次に生かすか、前向きに改善をするんですね。

実際に行動するんです。考えてるだけではなくて、行動をするんです。自己肯定感の高いところが、あると思うんですね。

たとえミスしたとか、たとえ何かうまくいかなかったとか、振られたとか、何かよろしくない出来事が、起きたにしても、出来事は出来事として、起きるわけなんです。

私という人間そのものに、存在意味というか、存在価値というか、そこを失敗したわけではありません。

よし、次はやってやるぞ。そんな風に前向きな方向に改善できるんです。そのベースになっているのが、自己肯定感ということになるんです。

自己肯定感を感じるためには、特別な理由とか根拠はないんです。

例えばお金、実績、役職、地位、名誉とかは、全く何の関係もありません。

 

まさに素っ裸の状態で、自分に対してはOKなんです。そういう風に思える感覚なんです。

 

 

ナルシスト

 

ですから、不必要なまでに落ち込んでしまったり、拗ねてしまったり、言い訳するのは、自分の身を守ろうとする行為なんです。

OKが出ていないから、自分の身を守ろうとして、言い訳とかを、いろいろしたりするわけです。

時々、自己愛とか自信とかを、自己肯定感と一緒にしてしまうんです。それこそ、本に書いてあったりもするんです。

自己肯定感が低くても、過剰に自己愛が、強いというのもあるんです。そういう人はたくさんいます。ナルシストです。

変なプライドの塊に、なって行ったりするんです。自己肯定感が低くても、過剰に自信が高いというのもあるんです。

過剰に自信が強ければ、他者を傷つけたり、極端な自己中心にに走るんです。そういう人は、世の中にはたくさんいてるんです。

 

少し健全ではない方向なんですね。

 

 

f:id:shiho196123:20190907194324j:plain

 

心の土台

 

自己肯定感が、普通に健全に高い時は、健全な自信もあるし、健全な自己愛もあります。

そもそも、根拠は要りません。ただ、根拠はないんですが、自己肯定感というのは、心の土台なんです。

家でいえば、基礎の部分です。外からは見えないんですが、しっかりと地面の中に、ぐさっと入ってるんです。

これが自己肯定感なんです。

和食系の定食で例えるならば、ご飯と梅干しみたいなものです。とりあえず、それがあればOKなんです。

後は生姜焼きだとか、味噌汁だとか、そういうのがなかったにしても、ご飯と梅干しがあれば、なんとなくホッとするんです。

そういうのが自己肯定感なんです。不思議な感覚なんです。誰かに非難されたり、誰かに承認をもらえなくても、自分はやれる範囲でOKなので、そんな風に思える感覚です。

 

これは感覚なので、伝えるのが難しいんです。伝えることができれば、良いと思っています。

 

自己肯定感が低い方は、根拠とかは入らないんですが、そもそも、自分には自己肯定感がどうして低いのか、そういうことを、うっかり考えてしまって、自己肯定感の低い原因探しを、ず~っとやられてる方もいてるんです。

そんなことしていれば、余計に自己肯定感が下がってしまうので、であれば、真逆のことをすることを、お勧めします。

どういうことかといえば、いろんな場面で、結構貢献できてるんです。そういうことを、ノートにでも書き出してみるんです。

あくまでも、誰かと比べるのではなくて、自分なりに自分のやれる範囲で、こういうことは貢献できています。

 

とにかく書いてみてください。

 

例えば蛇口をひねって水を飲めば、これで、水道業者の方に、少しは貢献できたんです。そういうレベルからで構いませんから、コンビニに行って、缶ジュースを買えば、コンビニの店員さんの時給に、少しは貢献できたんです。

そういう風に思える感覚のことなんです。

これは感覚なので、伝わるかといえば、なかなか難しいんです。

 

 

最後に

 

そういうレベルで構いませんから、どんどん、毎日、毎日の暮らしの中で、練習から、始めてみれば良いんです。

最終的には、別に何か問題があるんですか。これでいいんです。

そういう感覚を自然に持てるので、小さなことから、当たり前だと思わないで、一旦、意識にのぼらせてみてください。

 

いかがでしたでしょうか、自己肯定感とは、どんなことですかということなので、自分なりに思っていることを、記事にしてみました。

 

 

f:id:shiho196123:20190907194821j:plain

 

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村