コンクラーベ

斎藤一人さん リストラされない人

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20190911175249j:plain



 

いつも笑顔でいて、ありがとうと言われる人を、 リストラしようとは思わないんです。

 

 

 

 

世界のお母さん

 

世界のお母さんという話をします。

日本だから、日本のお母さんで良いんですが、 あえて、なぜ、世界のお母さんと言うのかといえば、 これからは、女性の社長が増えてくるんです。

どうしても女の人は、お母さん経営になるんです。 お母さん経営になっても、構わないんですが、 どうせなるなら、世界のお母さんに、ならないといけないですね。

どうしてかといえば、日本のお母さんだと、過保護になるんです。 心配する。それからもう一つは、謙遜する。

これが、日本の美徳になってるんですが、 これで経営やっていけば、少し経営が難しいんです。

それはなぜかと言うと、過保護になると、最初は、なかなか難しくてできないんです。 どんなことでも慣れです。

最初できないと、この子はできないからと、思ったりするんですが、 練習すればできるんです。

 

f:id:shiho196123:20190909230554j:plain

 

信じること

 

練習させるというのは、信じているということです。心配とは逆問題です。 大丈夫だよ、最初できなくても、すぐできるようになるんです。

心配すること、謙遜することというのは、 ついつい、うちの人達はダメなんですよ。 極端なことを言うと、うちのオペレーターは、 ダメなんですよ。

そう言ってしまうんです。 それが謙遜であり、美徳なんです。 それが日本のお母さんなんです。

自分の組織というのは、自分たちのものですから、 うちの組織は日本一なんです。 だから、絶対に大丈夫、あなたたちを、信じてるから。

そういう風に言わないと、強い組織にはなっていかないんです。

だから、信じてあげること、褒めてあげること、 どんどんやらせること、 日本では、日本記録は出ますが、 世界に行けば、通用しないんです。

世界のお母さんにならないと、世界に通用する人間を、作れないんです。 いやが応でも、日本は世界と競争しているんです。

世界の大国なんです。 うちは、日本の商売だからといっても、お米でも外国から、たくさん入ってくるんです。

カリフォルニアのお米も入ってきます。 そういう時代に、大切なことは、世界のお母さんになることなん です。

子供を教育する時も、会社を作る時も、 お母さん経営は、全然構いません。

ただ、日本のお母さんでは、いけない時が来るんです。 世界のお母さんになった時、みんなも助かるし、その人も助かるんです。

そういう時代が来ることを、少し頭の中に入れといて欲しいんです。

心配するよりも、信じることです。 それから、なんでも最初からは、うまくいかないんです。

難しいものはないんです。 よちよち歩いていた子が、やがては駆け出すようにもなるんです。

飛んだり跳ねたりするようになるんです。 よちよち歩きを心配して、歩かせなかったら、絶対に歩けないんです。

人は初めてやることは、最初からうまくいかないんです。 斎藤一人さん達もそうなんですよ。

人がうまくやってるのを見ながら、 自分もちょっとしてみて、自分は、才能がないからと言いますが、 だいたい最初はそうなんです。

カール・ルイスも、最初から駆け出していたわけではないんです。ハイハイしていたんです。

そのことだけは確かなんです。そのうちに、つたい歩きをしながら、 なんでもそういうことですから、それを見てあげるんです。

世界のお母さんにならないといけないんです。まるかんは、女の人が多いですから、 でも、これは、お父さんも同じかもわからないです。

経営において、男も女もない時代です。 その中の自分が目指す時、 日本のお母さんより、世界のお母さん、 でも日本は世界の一つなんです。

だから日本のお母さんでは、苦しい時も来ます。

 

f:id:shiho196123:20190909231103j:plain

 

「はい」

 

ありがとうと言えば、良いことが、たくさん来るんですね。中には、もっと良いことを、教えてくださいという人も、いてるんです。

例えば、歌が上手いと、宇多田ヒカルさんでも、食べて行けますよね。 歌は難しいんですよ。

ところが、誰にでもできて、歌が上手い人以上に、自分に良いことがある方法があるんです。

それは「はい」という返事が、見事に出来れば良いんです。 人に何かを言われて、返事もしない人は、論外です。

仕方なくした「はい」も駄目ですよ。 気持ちよくなるような、人が明るくなるような「はい」が言えれば、 ものすごく、運勢が良くなるんです。

大変なことなんです。子供に教育するとすれば、 「はい」だけで良いんです。

躾も何もいらないんです。例えば蕎麦屋さんなんかで、何か食べた時に、 座った椅子を、戻せれば大したもんです。

食べ終われば、そのまま出て行くのではなくて、椅子を戻すんです。

 

三十歳までには

 

「はい」と椅子が戻せれれば、大したもんです。 教育するならば、これだけで十分です。

三十歳までには覚えましょう。

30年間時間をかけて、それで社会に出せば、 まず大丈夫です。

間違いなく出世します。返事の良い人で、出世しない人はいません。 歌は実の事を言えば、相当、上手な人がいてるんです。

歌が上手いからといって、迂闊に歌手になったらといえば、レコード出すのは、2千万円かかるんです。

最初は自分で払うんです。売れなければ、大変なことになるんです。 必ず歌の上手い人は、人の歌を歌ってるんです。

自分がもらった歌は、大概はろくでもない歌なんです。 それを、歌わなければならないんです。

それより、「はい」の方がいいんです。日本中どこでも、通用します。

「はい」が多いとどうなるかといえば、次に起きる現象があるんです。 「はい」が多いと、そこの会社で、1番ものを頼まれるようになるんです。

頼まれごとが、多くなるんです。 頼まれごとが多いと、必ずありがとうと言われるのか、多くなってくるんです。

そうすると、巡り巡って良くなっていくんです。返事をすれば、何倍も頼まれるんです。 いつも笑顔でいて、ありがとうと言われる人を、 リストラしようとは思わないんです。

公平に色々あったんですが、あなたには、辞めてもらうことになりました。 本当は分かってるんですが、この野郎、やめさせたいなと思ってるんです。

リストラを機会にして、是非辞めさせたい人は居てるんです。 その時に、残したい人も、いてるんです。

もし、返事のいい人が、リストラされたにしても、自分で商売したりしても、 返事のいい人のところに、お客さんは、来るんです。

返事はものすごく大切なんです。 だって、「はい」から始まるんです。

「拝」という字は、手を合わせてる姿なんです。 絶対なる神に対してとか、大いなるものに対して、 手を合わせてる姿なんです。

謙虚な姿なんです。手を 合わせるという形が、 「はい」の形なんです。

言葉に出した時、「はい」というのは、 神様に対する返事が「はぁ~い」では、「はい」ではないんです。あなたの返事は、「はい」ではないんです。

「はい」になっていないんです。 今頃、うちの弟子は、感心してるんです。何度も教えてるんです。うちの弟子は、楽なんですよ。

 

f:id:shiho196123:20190909231607j:plain

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村