コンクラーベ

たかが勇気、されど勇気

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20190909194110j:plain


 

 

私は、現実を見ないで、人に八つ当たりする癖が、あるんです!!

 

こんにちは、Greenです。今回は、今は目の前で起きている現実と向き合って、行くには、どうすれば良いか。それについて、少しお話ししてみたいと思います。

 

 

今、目の前でいろんな問題が起きるとします。例えば夫婦関係の問題だとか、職場の人間関係の問題だとか、あるいは、ご自身の心の問題だったりします。

 

 

f:id:shiho196123:20190909194653j:plain

 

疑似発散

 

その問題に、直視することではなくて、真正面からぶち当たることではなくて、別の手段で、解決しようとすることが、非常に多いんですね。

そのせいで、本来解決したい問題が、何年も何年も長引いてしまうんです。そういうことが、非常に多いんですね。

例えば何らかの関係で、ご主人との関係が、非常によろしくないんです。なおかつ、よろしくないばかりか、ご主人に敵意を持っているんです。

敵意を持っているのにも関わらず、その敵をご主人にぶつけてしまうと、自分が社会的に不利になってしまうんです。

不安定になってしまって、自分だけが、家から追い出されてしまう。そういう風になってしまいかねないので、その敵意を、旦那さんに向けるのではなくて、といえばお姑さんに、向けてみたりするんです。

あるいは、職場の誰かを捕まえて、その人を、いじめたりするんです。あるいは、お子さんが、いらっしゃる方であれば、お子さんに、敵意をぶつけるんです。

そういうことをすることで、疑似発散するんです。本質的には、発散されていないので、一回やってしまうと、癖がついてしまうんです。

 

何の解決にもならないのに、そういうことを、してしまっているんです。

 

疑似発散をしていて、何の解決もされていないので、ご主人に対する敵は、深まる一方なんです。

いつまでたっても、解消はしません。ここでは話は終わりではなくて、ご主人と向き合いましょう。

話をしましょう。旦那さんとの関係性に、色々向き合っていくと、実はご主人への敵意ではなくて、掘り下げていくと、実は、自分のお父さんに、対する敵意だったんです。

お父さんに対する敵意を、ず~っと抑圧していたせいで、ご主人に敵意をむき出しにして、そのご主人にも、敵意を向け出せなくなったんです。

今度は別の人に、敵意をむき出しにして、そういうことを、ず~っと代理人を立てて、攻撃しているんです。

そういうことをやっているせいで、問題が長引いてしまうんです。

 

そのせいで悩んでいる方は、結構、少なくないんです。

 

f:id:shiho196123:20190909195242j:plain

 

抑圧されている怒り

 

抑圧されている怒りは、いろんなものを、生み出すんです。悩みというか、そういうものを、生み出す原因になったりするんです。

そこには、目を真っ正面から向けずに、本質的な部分ではなくて、別のところで頑張っても、根本的なところが、解決しなければ、悩みというのは、リピートするんです。

例えば、不登校のお子さんがいたとします。

いわゆる、お母さん自体が、対人恐怖症なんです。学校までは行けるんですが、教室には入れないんです。

保健室登校をしていたんです。お子さん自身の不登校の原因は、実は学校のいじめとかは、全くないんです。

実は、両親が不仲だったということなんです。子供が家に帰れば、両親が子供の前で、大喧嘩をするんです。

物をぶつあう程度なんですが、さすがに殴る蹴るはないんです。物をぶつけるとか、全く一言も会話をしていないとか、そういう状況で、「お前はどっちの味方なんだ」。

子供に対して、ジャッジされるみたいなことも、何度もあったんですね。両親が互いに攻撃しあってる。何らかのフラストレーションが、最初は両親同士で、ぶつけ合ってるんですが、子供にぶつけてくるようになるんです。

そこを修正しないまま、お子さんの不登校を、何とかしようとしても、それは無理な話なんです。

 

 

子供さんが大きくなって、ある程度体力がついてくれば、「お前達ふざけるな」と言って、家出するなり、別の解消方法はあります。

 

まだ状況が、そういう状態ではありません。本来向き合わなければならない問題から、目をそらして、別の手段で解決しようとしても、それは無理なんです。

とはいえ、現実を直視することは、ものすごく嬉しいことだったり、ものすごく怖いことだったりするんです。

ほとんどは勘違いなんです。怖いとか、もっと苦しいことになるのではないか、大体勘違いだと思うんです。

現実を見ないから、イライラしていたり、とても苦しかったり、そういうことに気づいてしまえば、直視するということは、そんなに大変でなかったりするんです。

本来対処しなければならない現実を無視して、違う方で頑張るとか、大騒ぎとかすれば、誰かが優しく手を差し伸べてくれるのは、赤ちゃんの時ぐらいです。

大人になったのであれば、自分の悩みの本質は、いったい何なのか、自分が怒っている相手は、いったい誰なんだろうか。

自分は誰に怒っているんだろうか。今もう、現実が起きてしまっているので、この現実を変えるために、自分にできることは何なんだろうか。

自分が頑張っても、どんなに頑張っても、変えられないことは、何なんだろうか。

そういったことを、ひとつひとつしっかり考えながら、自分自身で答えを出すんです。答えを出して、その答えに則って、新しい行動に、チャレンジするんです。

 

それをやっていかなければ、現実世界は、なかなか、変わっていきません。

 

逆に言えば、それをしっかりとやり続けていけば、少しずつ、悩みの世界から、抜け出せるのではないかと思っています。

にもかかわらず、あれさえあれば、私の人生はうまくいくんだとか、あれができれば、私は幸せになれるんです。

自分にはこれが欠けていて、これがないからダメなんだと、思ったりするんです。自分のを何かかけているところに、すごくフォーカスを当てるんです。

これがないのは、あいつが悪いせいだ。そういう風に、責任転嫁をするんです。目の前に起きている現実を、直視することなく、別の代替物で、心の中に溜まっている欲求不満を、解消をするんです。

 

そういうことをしていれば、余計に、不幸のスパイラルに陥ります。

 

例えばなんですが、自分は婚活をしているんですが、なかなか、パートナーができません。

自分にパートナーが出来ない理由は、こんな容姿に産んだ親が悪いんだとか、自分がもう何歳になったから、もう無理なんです。

自分はバツイチだから、ダメなんです。自分は学歴がないから、ダメなんです。自分はこういう家庭環境があるから、ダメなんです。

何と比較して、そういう風に思い込んだのかは、横に置いときましょう。

これがないとダメなんだとか、誰かのせいにしていて、問題は解決するかどうかなんです。

 

それをしていても、何も問題は解決しないんです。

 

まずは、思い込みを取り除いて、今の自分にできることを、ひとつずつ、コツコツと、一気にすべてを解決しようと思っても、なかなか、無理な話なんです。

 

f:id:shiho196123:20190909195841j:plain

 

ステップ バイ ステップ

 

一つ、一つ階段を上っていくように、小さな問題から、解決していくんです。これは解決できた。ここの部分はクリアできた。

それが自分の中で、自信に繋がっていくわけです。

自信がついていけば、もう少し、大きなハードルを飛び越えるんです。そっちの方に行けるので、自分が望んでいたゴールを、手に入れられるんです。

そういう風になっていくように、私は思っているんです。

元々、あれもできる。これもできる。なんでも手に入れることができる。そういう人がいれば、それは神様です。

人は誰かと比べると、何かしら、欠けてるところがあるのです。三浦春馬にしたって、バスケット選手と比べれば、20CMぐらい背が低いんです。

つまり、言葉は悪いんですが、三浦春馬はチビなんです。これは、誰と比較するかの話です。

何とどこを比較するかだけの話なんです。劣等感とか、ただそういうもので、決まってしまう話だけです。

 

つまり、思い込みなんです。

 

思い込み

 

現実と向き合うことが怖いとか、現実と向き合うことで、余計に苦しくなるんですね。

それも、元も子もないんですが、ただの思い込みなんです。一つ自分の目の前で起きていることは、何が起きているんだろう、いつから起きているんだろう。

そういうことを、一つ一つ丁寧に掘り下げて、考えて、自分なりの答えを見つけて、その答えに則って、それを改善するために、自分にできることは何かを、考えるんです。

 

その通りに、まずは行動してみるんです。

 

行動した結果、いろんなフィードバックを得られますから、そのフィードバックから、新しく自分が考えて、また次の行動をとってみるんです。

 

最後に

 

なんとなく積極的だったんですが、自分の中で思い浮かんだので、紹介してみました。

今回のテーマは、自分の前で起こっていることに、まずは、しっかりと向き合ってみませんか、そういう話をテーマにして伝えてみました。

何回か読んでいただければ、自分に当てはめれば、ヒントになるのではないかと思います。

 

いかがでしたでしょうか、勇気の要ることですが、現実を直視して欲しいんです。繰り返す以外は、方法がないように思います。

 

f:id:shiho196123:20190909200413j:plain

 

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村