20191229105200

斉藤一人さん しあわせを呼ぶ振動数の話

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200413121545j:plain

 

 

 

だからみんなにも、振動数を下げないコツを教えるからね。

新幹線に乗るとか、ちょっと足早で歩くとか、それからちょっと仕事を早くするとか、早いことをすると振動数が上がるの。

それから、から元気でいいから、嘘でもいいから強気なことを言うんです。

 

 

 

振動数が下がると悪いことが起きる!?


私が何を言いたいかというと、人間だけが振動数を変えられるんだよ。

だからワクワクしたり、楽しかったりすると振動数が上がるんです。

この振動数の高い人間は、何をやっても成功するんです。

それから振動数を下げちゃうと変な試合ができるだとか、良くないことが起こります。

悪いことが起きたり、病気をしたり、怪我をしたり、女に逃げられたりとか、とんでもないことが起きるんだよ。

要するに、嫌なことが全部起きるの。

よく、「部長に怒られた」とかって”落ち込む”人がいます。

この”落ち込む”っていうのは「振動数が落ち込む」っていう意味なんです。

振動数が高い時っていうのは、オーラの見える人はわかるけど、オーラが外へ向くんです。

だから、イエス・キリストとか、お釈迦様の絵には必ず、後ろに光輪が描かれています。

ところが落ち込んでくると光が内巻きになって、中に入っちゃうの。

だから、オーラがすごくちっちゃいように見えるんです。

例えば部長に怒られて落ち込んだとするよね。

他には、近所の人に悪口を言われたとか、なんだっていいの。

「何も悪いことをしていないのに、あんなこと言われて」って落ち込むとするじゃない。

問題は、落ち込んだ本人に悪いことが起きるの。

部長が怒ってようが、部長に起きるんじゃないんだよ。

落ち込んで自分に悪いことが起きるの。


振動数の上げ方を教えます


性格は悪いのに、なぜかうまくいってる人っているんです。

そういう人を見ていると、振動数が高いのが分かります。

声がでかいとか、やたら派手な服を着てるとか。

成功するためには、性格より振動数の方が大事なんだよ。

私の仕事はバブルが終わっても、不況が続いても、ずっと調子が良いんだよね。

なぜかというと、私はずっと振動数を下げたことがないんです。

だからみんなにも、振動数を下げないコツを教えるからね。

まず、上げる方法は、ちょっと早い乗り物に乗るとか、自分の行動を早くするの。

例えば新幹線に乗るとか、ちょっと足早で歩くとか、それからちょっと仕事を早くするとか、早いことをすると振動数が上がるの。

それから、から元気でいいから、嘘でもいいから強気なことを言うんです。

例えば「あんた部長に怒られて落ち込んでない?」って聞かれても「全然、落ち込んでませんよ!」って言う。

さらに「だって落ち込んでるんじゃない」って言われたら「あぁ。今、飛び上がろうと思って、沈んでるんですよっ!」て言う。

つまり、「落ち込んでるんでしょ?」って言われた時に「そうだ」って言っちゃだめなんだよ。

それで、言ってどうなるかというと、この世は、この地球っていう星は「行動の星」なんだけど、振動数が下がると行動ができなくなっちゃうんだよ。

だから、家から出られなくなっちゃうとか、部屋から出られないとかってなるんです。

要は、行動できる範囲が狭くなってきちゃうんだよ。

多くの人は嫌なことがあった時に、自分の振動数を下げちゃう癖があるんです。

だから、私は人に機嫌をとらせたことがないんだよ。

いつも機嫌がいいから、振動数が高いんです。

落ち込んでいても人より高いんです。

もちろん落ち込むことはあるんだよ。

波はあるの。

波はあるんだけど、波の低い時でも普通の人より高いんだよ。

多くの人が私に会いたがるのは、私と会うと振動数が上がるんです。

だから、みんな私と会いたがるの。


トップが落ち込むとみんなの振動数が下がる


「嫌われる人」っていうのは振動数を下げる人なんだよ。

人のことを「綺麗だね~」とか褒めていると、褒められた方は振動数が上がります。

だけど、人から貶されると下がるんだよね。

だから、「嫌な人」っていうのは振動数を下げる人だと思っていればいいんだよ。

ところが、私と会ってせっかく振動数が上がったのに、家に帰ると下げちゃう人がいるんです。

それで、なぜ下げちゃうかっていうと、下げることがどのくらい損しているかを知らないんです。

振動数は絶対に下げちゃダメなんだよ。

例えば、私が振動数を下げると「まるかん」全部が下がっちゃうんだよ。

だから、ここの「はなゑ隊」なら、はなゑちゃんが下げたらだめ。

ピラミッドの上と同じで、主任が下げたらその下の人が、店長が下げたらそこで働いている人全員の振動数が下がります。

だから上の人が振動数を下げるのは絶対にダメなんだよ。


人につられて振動数を下げてはダメ


色々な人が相談に来た時でも、相手に合わせて落ち込んじゃう人がいるんだよね。

それで落ち込んじゃだめなの。

よく私も人の相談に乗ります。

「一人さんファンの集まるお店」に行って、落ち込んでる人がいたら「どうしたの?」とかって聞きます。

すると「旦那がガンなんです」とか「親が癌なんです」っていう人がいるんです。

身内が重い病気にかかって辛い気持ちはわかるけど、だからといって自分の振動数を下げちゃだめなの。

これからお金もかかるし、看病しなきゃなんないし。

それに、あなたが振動数を下げたからといって、その人の病気が治るわけじゃないんだよね。

人につられて振動数下げちゃダメなの。

この前は、娘さんが受験でナーバスになってて、っていう話を聞きました。

それで、一生のうちに受験なんていうのは、高校受験と大学受験と就職とか、3回くらいしかないんだよ。

そんな時にナーバスになるのは当たり前なの。

娘さんがナーバスになるのは仕方のないことなんだよ。

問題は、あなたが振動数を落としちゃだめだよ、ということなんです。

娘さんは娘さんの問題なの。

それを家族の中で誰かが振動数をあげてないと、家ごと暗くなっちゃうんだよ。

今日もこの会場に1700人か1800人くらいの人がきてるんだけど、私は1800人全員が暗くても平気なんです。

それに、私がみんなにつられて一緒に暗くなったってしょうがないの。

それより、みんなを私の方に近づけて、振動数をあげて帰らせなきゃいけないんです。

 

言った人ではなく、下げた自分に悪いことが起こる


では「振動数を上げれば成功できるんですか?」っていうと、人間界では成功はできます。

だって、嫌われていたって成功してる人はいるから。

それでね、これから話すことが良い話なんです。

とにかく、振動数を上げればいいんだよ。

うちのパーティーでもそうだけど、なんであんなにでかい声を出してるとかっていうと、でかい声を出すと振動数が上がるんです。

それに、おしゃれをすると上がる。

美味しい料理食べると上がるんだよ。

だから、「みんなでパーティーは何のためにやってるの? 何で余興やってるの?」っていうと、みんな振動数を上げるためにやっているんだよ。

そのことが分かっていれば、「ひとりさんって、振動数が上がるようなことを一生懸命に考えてるんだ」ということが理解してもらえると思います。

でも一番大切なのは、私たちがやらなきゃいけないことは「家に帰ってすぐ下げない」ことなの。

「でも、あの人がこう言ったんです」とかって言うけど、言った人に悪いことは起きないんだよ。

そのことで振動数を下げた自分に起きるんだよ。

「小学校の時に先生に言われた」って言うけど、先生は何を言ったかなんて忘れてるよ。

それを、何十年そのことで落ち込んでるんだよ。

損するのは全部、自分なんだよな。


こうすれば「人に好かれる成功者」になれる


私は中学校しか行ってないんです。

だけど、「中学校しか入ってないから」って落ち込んで振動数下げると、そのことで私に悪いことが起きます。
だから、私の場合は「早く社会に出て得した」と思ってるの。

自分の振動数が下がる”思い方”はいけないんだよ。

英語が悪いのでも「英語ができない」って思っちゃうんだよね。

でも私は「英語はいらない」っていうことを”見抜いた”んです。

それだけで、振動数が全然違うんです。

「できない」と思うか「いらない」と思うかで全然違うんだよ。

そうやってとにかく振動数を上げて、ここからが本当の成功のコツだからね。

だって、せっかくみんないい人なのに、成功したって「嫌な奴」じゃしょうがないじゃん。

でも「人に好かれる成功者」ならいいよな。

あのね、人ってね、振動数を上げて「素敵な自分」になればいいの。

素敵な人になるんだよ。

素敵な人って価値があるんです。

価値ある人間になったら、絶対にうまくいくんだよ。

サラリーマンだったら、自分の時間で売ってるんです。

働いてお給料をもらうってことは、1時間にいくらって計算できるよね。

1日いくら、一か月いくらとかで、会社に売ってるんだよな、自分の能力を。

それなら、自分がもらっている給料以上の価値を会社に与えたら「価値ある人」になれるよね。

ラーメン屋だとしたら、「価値あるラーメン屋」になれば、近所からだけじゃなくって、電車に乗ってまで来るっていうことになるんです。

「自分の価値を高めないで高く売ろう」っていうのは、詐欺に等しいんだよ。

車を運転しているときに、交差点でこっちも止まって、向こうも止まったとします。

親切な人っていうのは「先行っていいよ」って手を振って合図してくれるんだけど、その時に手のひらを上に向けて、「どうぞ」って感じでやるといいよ。

犬を追っ払ってんじゃないんだから、ただ手を振られるより、「どうぞ」ってやった方が気持ちいいし、相手も嬉しいんだよな。

だから、素敵ってそういうことだよね。

会社でいつも5時までかかる仕事を5時10分前までに終えようとして、朝からちょっとスピードを上げて仕事をする。

そうすると振動数が上がるんです。

それで、10分早く終わったら上司に「あと10分あるので、何かやることありますか?」って聞く。

それから同僚に「俺が手伝うことあるかい?」って聞いてあげるの。

そうすると、振動数が上がった上に、素敵な人になるんだよ。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村