20191229105200

斉藤一人さん 心に灯がともるんなら1万円は安い

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200821170132j:plain

 

 

一生のうち一回でも『美味しいね』と誰かに言ってもらえたら、あの人の心に灯がともるんだよ。

心に灯がともるんなら、1万円は安いだろう

 

 


人に気を使わせない、それが大切なんだよ


一人さんはまるかんでは、「大(おお)社長」と呼ばれています 。

弟子である私たちはそれぞれの会社を持っていて、そこの「社長」ということになるので、師匠の一人さんはこう呼ばれるわけです。

大社長である一人さんがまるかんに現れると、どこでも大喝采が上がります。

もちろん、これは私たちがそうするように言っているわけではなく、みんなが一人さんに会いたがっているので、自然にそうなるのです。

一人さんが現れると、その場が明るくなります。

それに、一人さんはどんな人にも気を使わせるようなことがありません。

そのため、みんなが会いたがるわけです。

一人さんは本当に気を使わせない人です。

例えば、私たちの会社に一人さんが来て、みんなでカラオケをやることがあります。

よその会社などでは、「まずは社長からどうぞ」ということになり、社長優先させるのでしょうが、マルカンでは違います。

それどころか、こんな声が上がります。

「大社長は後回し。

だって、さっき歌ったでしょう」

「一人さん、2曲続けて歌っちゃダメ。

一曲ずつに決まってるんだから」

一人さんになら、平気でこんなことを言ってもいいとみんなが思っているわけです。

もちろん、こう言われた一人さんもみんなのその態度を当たり前だと思っていて、いつもニコニコしています。

また、まるかんの宴会には独特のルールがあります。

それは、まず、人を待たなくてもいいというルールです。

誰か遅れてくる人がいても、先に来た人が飲み始めても良いということです。
これは、後から来るのが大社長も同じことで、一人さんが来る前に、みんな飲み始めてしまいます。

そして、誰かが来るたびに乾杯をするので、1回の宴会で10回以上乾杯することもしばしばです。

このようにすれば、先に来た人もあとから来た人も、双方が余計な気を使わずに済むわけです。

もう一つは、お酌を禁止していることで、みんなが手酌で飲むことになっています。

お酌をしていると、一番下の人はお酌ばかりしなくてはいけなくなります。

それがかわいそうだと言うので、いつのまにかこれがルールになったわけです。

もちろん、一人さんも私たちと同じように手酌です。

一人さんはこのようにみんなから気を使われないようにしているのです。

それどころか、気を使われなかった事を喜んでいるようです。

こんなことがありました。

ある時、旅行から帰ってきた一人さんがやってきて、嬉しそうに言うのです。

「すごい自慢話をしていいかい?

俺って顔が利くんだよ」

一人さんが、自分の自慢をするというのはまずないことです。

あまりにも珍しいことなので、少し驚いて尋ねました。

「一体何があったんですか?」

すると一人さんがこんな話を始めたのです。

「北陸の方へ行ったんだよ。

その時に、海岸へ行って、焼きハマグリとか焼きそばとか売っている浜茶屋みたいなのに入ったんだよね。

その店はここ数年、その海岸へ行くたびに寄っているの。

俺はここで、すごく顔が利くんだよね。

そこのおばちゃんに言ったの。

『俺、去年もおととしもこの店に来たんだよ』

すると、おばちゃん、なんて言ったと思う」

「さあ?」

『ごめんね、忘れちゃった』

どうだい。

このくらい顔が効くようにならなきゃいけない」

そう言って、 一人さんは大笑いするのです。

つられて、私たちも笑ってしまいました。

それにしても、いつも行く店で顔を忘れられていたと言って喜ぶ人も珍しいものです。

きっと、一人さんは、自分がそのお店の人に気を使わせずに住んでいたと思い、それを喜んでいたのでしょう。

人に気を使わせない。

そうするために、自分は皆に気を配る。

そんな一人さんを、私たちは「かっこいい」と思うのです。


「去年の俺はバカだった」と言えなきゃだめだ


一人さんを見ていて、私たちが「かっこいい」と思うのはその生き方です。

その中でも特に、一人さんの向上心はすごいと思うのです。

一人さんは、自分より弱い相手を倒そうとはしません。

必ず、自分より強い相手、勝てるかどうかわからない相手に挑もうとします。

一人さんはこう言っています。

「初めから勝てるとわかっている相手を倒すのは戦いじゃないの。

それはいじめだよ」
一人さんは、あらゆる面で常に挑戦しています。

ここまで来たからもういい、ということがないのです。

これは、一人さんと知り合ってから20年以上も変わっていません。

例えば、一人さんはいつも機嫌がいいのですが、これは大変な努力が必要なことです。

一人さんの場合、このことについても、向上しているようなのです。

何年か前まではたまに機嫌の悪い日もあったのですが、だんだんそのような日が減っているのです。

まだ未熟な私達のような人間ならば、もっと向上しなければと考えることはさほど難しくありません。

でも、一人さんのように商人としての成功を収めていて、なおかつ向上心を失わないというのは、実は大変に難しいことなのではないかと思うのです。

それには、本当に謙虚な心が必要なはずです。

よく一人さんはこう言います。

「去年の俺はバカだったよ。

こんなこともわからなかったんだ」

この言葉は、本当に自分のことを謙虚に見つめていないと、いつのまにか言えなくなってしまうものだと思うのです。

ひとりさんは自分にできることを全て運と思い、 それに感謝しているのです。

そして、できないことを謙虚に見つめているから、努力することを楽しいと思えるのでしょう。

このような一人さんの生き方が、私たちには「かっこよく」見えるということなのです。


心に灯がともるんなら1万円は安い


一人さんと、津軽三味線を聞きに行ったことがあります。

その時の演奏が素晴らしかったので、私達は演奏者の方が他に心ばかりのご祝儀を渡していたのですが、この時、一人さんがある仲間の耳元で何か言っているのです。

演奏が全て終わり、外から出てから、その人に、ひとりさんが何を言っていたのかを尋ねたところ、こんなことを言われていたのだそうです。

「ご祝儀を渡しているだろう。

いいかい、もらっていない人がいないか、よく見てな。

もらっていない人に、次の演奏のあとで、必ずご祝儀を渡すんだよ。

もらっていない人は、自分だけ演奏が下手だったのかと思って、必ず悲しむからね。

さっきもらえなかったからだと、絶対に気づかれないように、うまく渡すんだよ」

また、こんなこともありました。

一人さんと旅をしている時、途中で定食屋さんらしきお店を見つけて、食事をしたのです。

私達の他にお客さんは誰もいません。

食事を終えて、お勘定を払う時、一人さんは、お店の人と話し始めたのです。

「おばちゃん、ごちそうさま。

美味しかったよ。

おばちゃんの笑顔もいいしさ。

ところで、この店って何年くらいやってるの?

へえ、もう10年かい。

すごいね、今時10年もなかなか続かないよ。

おばちゃんの料理のおかげだね。

あやかりたいね」

一人さんは、お勘定の他に「これは10年続いたお祝い」と言って、1万円札を置いていったのです。

正直に言って、そのお店は味は大したことはなく、ご主人である中年女性の愛想のほうも、お世辞にも良いとは言えませんでした。

怪訝そうにしている私たちを見て、一人さんはこう言ったのです。

「あの人な、今まで働いてきて、何も良いことがなかったんだよ。
だから、ぶすっとした顔してるの。

でもね、きっと子供を立派に育てたりして、頑張ってきたんだ。

一生のうち一回でも『美味しいね』と誰かに言ってもらえたら、あの人の心に灯がともるんだよ。

心に灯がともるんなら、1万円は安いだろう」

一人さんがお店でよくご祝儀を渡していたのは、こんな理由があったのです。

一人さんは私たちの未熟さを心配してこう言ってくれます。

「お金を人に渡して、それで人に嫌な思いをさせるようなことがあっちゃいけない。

お金持ちになって威張っちゃいけないよ。

お金持ちになって威張るくらいなら、お金を持っていない方がマシ。

もっと馬鹿になるために勉強するんじゃないだろう。

勉強は人の役に立つためにするんだよ。

お金を持つのも同じ。

お金を持つのは、持っていない人を馬鹿にするためじゃないよ。

人に嫌な思いをさせないためにもつんだよ。

威張っちゃいけない。

人間には、威張れる奴ほど偉い奴なんかいないの 」

こんな一人さんを見て、私たちはこれからもずっと、「弟子」としてついていきたいと思っているのです。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村