コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斉藤一人さん 許せない人がいる自分を許すと、人も許せるようになる

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200628131619j:plain

 

 

何を言いたいのかと言うと、「許せない人がいる」と悩んでいる人は、「許せない人がいる自分を」許していないのです。

 

 

 

許せない人がいる


「どうしても許せないんです」

という人がいたとしても、いるんだから仕方ありません。

「嫌な奴がいる自分」を許すことです。

だって、あなたが「許せない」と思うんだから、

その人は本当に嫌な人に違いないんです。

嫌だと思っていい。

それを「いい人だと思おう」「良いところを探そう」

そう思うから、自分を否定することようになってしまうんです。


「許せない人がいる自分」を許すと、人も許せるようになる


あなたはもう大人で、立派な人格なんだから自分を否定することはありません。

自分を許すことを学んでください。

誰だって、許せない人、嫌いな人の一人や二人はいる。

許せない人間がいる自分、未熟な自分を許してやると、相手に対しても「あいつも未熟なんだからしょうがないんだ」と寛容になれます。


何を言いたいのかと言うと、「許せない人がいる」と悩んでいる人は、「許せない人がいる自分を」許していないのです。


自分を許せば、人も許せるようになります。


愛するとは何か


人を愛するって、どんなことなんでしょう?

私の考えている愛は、相手のことを考えてあげることなんです。

自分のことしか考えないのはエゴです。

本当の愛は相手のことを考えてあげること。

でもそうするためには、自分のことを上手に愛せないとダメなんです。

人を愛するには、まず自分を愛することが先なんですね。

 

追伸 自分を愛して、他人を愛します

 

人を愛せなかったり、ストーカーのように屈折した愛情表現しかできなかったりする人が増えている。

なぜ、きちんと人を愛することができないのだろう?

その答えは明確です。

自分のことを愛していないからなんです。


自分を愛して、他人を愛します


は、自分を愛せなくなった人への誓いの言葉。
この言葉を言っていると、自分を大切にする気持ちが生まれてくるんです。


ダメな自分、できない自分、どうしたって好きになれない部分もひっくるめて自分なんです。

この自分を愛することから始めることです。

嫌な人や許せない人がたくさんいればいるほど、もっともっと自分の味方をしてあげて、愛してあげるんです。


未熟な自分を許すことに努力してみてごらん。

それができるようになった時、許せない相手のことも、「このままでいいんだよ」って、心から言ってあげられるようになるからね。


自分を好きになるためには、自分の好きなことを探してみると良い。

何をするのが好きなのか、食べ物は何が好きなのか、自分に問いかけてみてください。

自分のことを分かっているような気でいたけれど、子供のように好きなものを「好き」と言えなくなっている自分に気づくでしょう。

もう一度自分の「好き」を見つけて、好きなものを食べたり、好きなことをしたり、好きな映画やお芝居を観に行ったりすることが大切なんです。


自分を愛して、他人を愛します


自分を可愛がって、優しくしてあげると、心が豊かになるんです。

心が豊かになると、他人にも優しい目を向けることができるようになる。

他人を自分のように大切にし、愛することもできるようになるんです。

 

 

www.shiho196123.net

 


自分の絶対的な味方になることが、自分を愛するということ


じゃあどうやって自分を愛するのかと言うと、自分本位にわがままに動けってことじゃありません。

それだと、ただのエゴになってしまいます。


自分を愛するとは、自分の味方になってあげることです。

絶対的な味方になってあげる。


例えば嫌な上司が会社にいたとする。

普通だったら自分を責めてしまうかもしれません。


「ちゃんと仕事ができない自分がダメなんだ」

とか。

でもそういう時、自分を愛するためには自分の味方をしてあげるんです。

自分の心の中で自分に言ってあげる。


「本当に嫌な奴だね。わかるよ」

と。

他の人に分かってもらえなくていい。
自分にわかってもらえればいいんです。


「優」しいという字は、「憂」に「にんべん」の自分が寄り添うこと


自分を愛するとは、もっと簡単な言葉で言えば、自分に優しくすることなんです。

優しいという字をみましょう。

「憂」に「にんべん」が付いていますね?

憂えている人のそばに人が寄り添うのが「優しい」ということなんですが、その場合の寄り添う人は他人じゃなくて、自分なんです。

まずは自分に寄り添って、優しくする。

そうしないと、優しさがわからないんです。

自分が英語が得意でないと、人に英語を教えられないでしょ?

それと同じで、自分に優しくできないと、人にも優しくできません。

たとえ自分が人からずっといじめられてきたとしても、あるいは親から優しくされたことがなかったとしても、

「そうだったよね。つらかったよね。でも大丈夫だよ」

と自分に寄り添ってあげる。

そうやって自分に優しくしていると、次の答えが見つかるようになっています。

そういう仕組みなんです。

コンピューターはデータを打ち込めば、答えが出る仕組みになっています。

人間にも優しさを打ち込めば、答えが出るんです。

人が優しくしてくれないなら、まずは自分が自分に優しくすればいい。

そうすれば道は開けます。

人にも優しくできるんです。


そして優しい人がいっぱい集まった時、やさしい勢いができてくる。
これを「優勢」と言うんですね。


うちの会社は優しい人が集まっているから優勢なんです。

常に優勢を保っていられるのは、やさしい勢いがあるからです。

今まで憂えていた人間が、優しい人間に変わり、その優しい人間が集まった時、優勢な人間関係とか、優勢な組織ができあがる。

愛より強いものはない、というのはこの事を言っているんですね。


お金の意味とは


私たちが神様から与えられた最大の修行が、

「人間関係」と「お金の事」です。

お金についての修行は、だった二つだけです。

そのことを最後にちょっとだけお話ししますね。


お金の修行は神的に言うと、たった二つだけ


私たちが地球というこの星に生まれてきた最大の理由は「人間関係」と「お金のこと」の二つの修行をすることだと私は考えています。

これは私が勝手にそう思っているだけなので、信じなくても構いません。

私は未熟な人間なので、間違っていることがたくさんあるかもしれませんしね。

お金の修行は神的に言うと、たった二つだけなんです。


お金がなくても、くじけない。

お金があっても、威張らない。

この二つですが、「お金があっても、威張らない」ことはそんなに難しくはありません。

ただ、「お金がなくても、いじけない」のは、かなり高度な修行です。

この二つが出来れば、魂は成長できますよ。


お金持ちになりたくなったら


もし、あなたがお金持ちになることで、魂が本当に成長すると思っているのなら、思いっきりお金持ちになることに挑戦してみてください。

きっと道が開けます。

ただ、我欲だけでお金持ちになりたいのだとしたら、相当な苦労を覚悟した方がいいですよ。

そこまで苦労して、お金を求めるよりも、心の豊かさを求める方が幸せな人がたくさんいます。


死んであの世に行った時は、お金持ちだったか、貧乏だったかは全く関係ありません。

あんなたがどういう風に生きたか、神様から聞かれるのはそれだけです。


ある時私は、こんなことに気がつきました。


人間の心の中には愛か恐れしかない。


人間が行うすべての行動は、愛から出発しているか、ほそれから出発しているか、究極、このどちらかに分けられるのだ、と。


そして、Iから出発したものは愛を呼ぶので、絶対に良い結果にしかならない。

でも恐れから出発したものは、同じことでも満足に行く結果にならないのだ、と。

この講演会があなたの生きる指針になってくれれば、私にとってもこれほどありがたいことはありません。

 

追伸 お金持ちになりたかったら”お金がある人”に聞け”

 

景気の良いときは、みんなのところにお金が行き渡ります。

それで、景気が悪くなってもお金がなくなるわけじゃないから、お金がある人のところにはあります。

その「ある人」っていうのがお金持ちなんです。

お金持ちになる人っていうのは「お金持ちになる方法」を知っています。

だから、お金持ちになりたかったら、その人に教わればいいんだよね。

ところが日本って、お金持ちを悪人みたいに言うところがあります。

でも実際、本当に知恵のある人は悪いことをしません。

知能犯っていうけれど、あれはおかしな言葉で、本当に知恵のある人は犯罪がどれだけ割に合わないかを知っています。

だから知能犯といったところで、行き当たりばったりで強盗するような人に比べると知恵があるほうかもしれませんが、本当の意味での知恵はないよね。

だって、犯罪者でビルが建てた人なんかいないでしょう。

犯罪で真のお金持ちになった人がいないのに、お金持ちになりたくて罪を犯すのは間違いなんだよね。

税金をごまかさずに払うのも、社会にはルールというのがあるからです。

私たちはこの日本で暮らしているんだから、日本のルールを守らないとだめなの。

サッカーには「手を使っちゃ駄目」っていうルールがあります。

それを、手を使って反則して勝てるかって言うと無理だよね。

だから、ルールを守りながらどうやって勝つかが大切ですし、それが面白いの。

だってルールもなく、守る人もいないゴールに、いくらでもボールを蹴っていて言われても、そんなの見てる側もやっている側も面白くないよね。

ルールを守って、みんなに喜ばれるような経営をする。

それこそが神が望む、「神的経営」なのね。

ルールを守りながら知恵を出していくほうが絶対に得なんです。

それを、ごまかす方が得だと思うのは幼稚なんだよ。

税金をごまかす人がいるけれど、税務署は「税金のごまかし」を見破るプロなんです。

プロの目を逃れるほど巧妙に税金をごまかすには大変な苦労が必要なんだよね。

同じ苦労するなら、自分の得意なことをや儲けることに力を使った方がいいよね。

 

 

www.shiho196123.net

 

 

追記 自分を許します


「成功したい」「お金を稼ぎたい」と思ったら、悪口や愚痴は決して人前では言わないことです。

人の悪口や愚痴を言い始めると、自然と人間関係が悪くなり、そうした環境からはお金も人も離れていくものです。


しかし、それが分かっていながら、

「上司のことが大嫌い」

「親のことがどうしても許せない」

「とてもムカつく人がいる」

他人が許せなくて、悩むこと、あるよね。

そんな時、自分を責めちゃだめだよ。

完璧な人間なんていないんです。

嫌な人がいたって、仕方ないこと。

あなたが「許せない」って思うんだから、その人は本当に嫌な人に違いない。

嫌だと思っていいんだよ。

誰にだって、嫌な人は一人や二人いるもんです。
それを「実はいい人なのに、私の味方が悪いんだ」

「嫌いだけどいいところを探そう」とか思うから、自分を否定することになってしまうんです。


自分を許します。

そのままの自分を許します。


そう言ってみてください。

相手を許すんじゃない。

許せない人がいる自分、未熟な自分を許してあげること、ありのままの自分を認めてあげることなんです。


「許す」という言葉の語源はね、「ゆるます」から来ています。

「許せない、許せない」と思っていると、自分をぎゅうぎゅうに縛っている状態になってしまう。

許せないでいると、ちょっとしたことでイライラしたり、悲しくなったり、傷ついたり、いろんなことが起こります。


自分を許します、許します

そう言っていると、心が緩まって、本当の自分自身を取り戻すことができるんです。

自分を認めて許してあげるとね、「あの人も未熟なんだ」

「仕方なく私にひどいことを言ったんだ」と理解できる様になります。

自分を許すと、他人にも許せるようになるのです。

でもね、まずは自分からだよ。

自分を愛してあげることから始めてください。

 

 

www.shiho196123.net

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

www.youtube.com https://youtu.be/9arBgGTxkWU

 お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

 

我が儘勝手で申し開きも御座いません。

 上記の赤色のボタンを押してくださいね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村