20191229105200

斉藤一人さん 四方良し

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200107091243j:plain

 

 

それを社会に活かすときは、この直感を活かせば、自分のためにもなるし、人のためにもなるし、社会の役にも立つし、神様の役にも立つんだということが四方良しと言う。

 

 

 


質問1 器量は弱いところで試される

 


最近増えているのは、ボランティアや福祉をうたった投資話です。

こうしたことに対処するためにはどうすればいいですか?

教えていただければ幸いです。

 

斎藤一人さん

 

人がお金を持った時って、その人の器量が問われるんだよね。

それがどんな形で現れるかというと、その人の一番弱いところに現れるの。

例えば地位や名誉に弱い人には、そうした心をくすぐるような投資話が来るんです。

それで、見栄をはったりすると、その見栄に転ぶんです。

男性で女に弱い人は女で失敗したり、芸能人に弱い人芸能人にはまって引っかかったりするの。

こうやって天の試練は必ずその人の一番弱いところに現れて、その人の器量を試すんです。

人生はそうやって、弱いところを強くするという修行なんだよね。


質問2 四方良し


閃きを受け取っていかす方法について教えてください。

斎藤一人先生は神様からの閃きや直感をいろんな時に受け取ってるいらっしゃいとのことです。

知りたいことがあれば、光の玉が現れて教えてくれることもあるとのことです。

人生の選択、銀座まるかんさんのサプリメント、商いなどで閃きを受け取っておられることだと思います。

私たちが自分と周囲の幸せや豊かさのために、閃きや直感を受け取る力を高めるためにはどうすればいいでしょうか?


直感や閃きを仕事や人生に活かすためのコツや注意点があれば、教えていただければ幸いです。


斎藤一人さん


私はどういうことをして、こうゆう直感を得たというのはなくて、生まれつきそうなんです。

だから他の人がどうすれば直感を得られるかというのは、実は分からないんです。

答えにはなっていませんが、自分のことはわかりますが、実は人のことはわかりません。

皆さんには皆さんの直感がきっとあると思うんです。

それを社会に活かすときは、この直感を活かせば、自分のためにもなるし、人のためにもなるし、社会の役にも立つし、神様の役にも立つんだということが四方良しと言う。

全員にとって良いものだとすれば、してみてまず正解です。

自分だけに得だとか、愛人にだけ得だとか、そういう一方良しだけのことはしない方がいいですね。


質問3 アンチエイジング


単刀直入にお聞きしたいのですが、年を取らない方法は何ですか?


斎藤一人さん

 

年齢を重ねると、肌のハリやツヤが失われたり、体力が低下したり、病気がちになったりして、老いていく自分と向き合わなきゃいけなくなります。

魅力的な人を見ると、

「あの人は年をとっても、若い時以上にモテるな。私もあの人みたいに魅力的になりたいな!」

そんな風に、誰だって思うよね。


あのね、一番のアンチエイジング法は、「なんとかなる」って思うことだよ。

「なんとかなる」と思っている人には、その人に必要なものが与えられるんです。

それが化粧品なのか、サプリメントなのか、運動なのか、恋愛なのか、仕事なのかわからない。

とにかく、あなたが若々しくあるために一番必要なものを、神様が教えてくれるんだよね。

 

年をとっても、素敵な人っています。

そういう人の真似をしたら、自分も綺麗になれますかって、そうしたいんだったらすればいいの。

でもね、「絶対なんとかなるはずだ」っていう思いが伴っていなければ、いくら真似しても難しいよ。

本気で「なんとかなる」と思っていない人は、「どうせ大した効果はないんだろうな」とか、そういう思考になってきて、効果が出る前に間に真似することを諦めちゃったりするの。


宇宙の摂理では、「なんとかなる」と思っている人は、人の真似をしようがどうしようが、理想の自分になれるんです。

「なんとかなる」と思っていれば、必ず何とかなるような行動に導かれる。

だから何歳になっても、今の自分が一番好きでいられるんだよ。

 

質問4 楽しい修行


主人を褒めると馬鹿にされてるみたいと言われ、アドバイスをするとどうせ自分が正しいと思ってるんだろうと言われます。

受け取り方がとてもネガティブなのです。

自営業ですので、いつも一緒で逃げるわけにはいきません。

夫婦は最高の修行相手だということですが、楽しい修行をするのはどうしたらいいですか?


斎藤一人さん

 

こういう風に褒めたら、こういう風に言われたとか、その日に言わなくて、次の日にゆっくりとした口調でしゃべるんですよ。

早口で喋ってはだめです。

落ち着いてゆっくりした口調で、私はあなたのことを褒めたよね。

そうすると馬鹿にしているのかとか言うけど、私はそれがすごく傷つくから、「やめてください」と言うんです。

自分がそう思ってるのを、斎藤一人さんに言うのではなくて、旦那に言うんです。

斎藤一人さんに言っても絶対に解決しません。

物事は落ち着いて言うんですよ。

喧嘩腰ではなくて、「これこれこうなんだけど、別の言い方がないのとか、私そういう風に言われると根に持つから、すごく傷つくから、やめてください」と言うんです。

そうしないと楽しい修行になりません。

修行は我慢ではありません。

相手に言うんです。

相手に言えば喧嘩になると思われるかもしれませんが、喧嘩にならないような言い方をするんです。

ともかく旦那のことを、隣の奥さんに言っても、斎藤一人さんに言っても、絶対に解決はしません。

そのことは不変の定理です。

そういうこと言うとうちの旦那は怒り出すんです。

それでは怒らないムードとはどういうものだろうか、怒り出さない言い方とはどんなんだろうか、それを研究するのが紺瀬の修行なんです。

伝えて旦那が怒り出したとすれば、もっと怒らない伝え方を勉強するのです。

怒らないで聞いてとか、これが本当の修行なんです。

 


質問5 必要なもの

 

中間管理職をしています。

苦しい立場にいます。

一刻も早く解放されたいんです。

日常は自分のできることはしているつもりです

それでいて、お金持ちにもなりたいんです。

いつになったらお金持ちになれるのかと、焦りも生まれてきます。

どういう心構えでいれば、苦しい心から解放されて、お金持ちになれますでしょうか?

教えていただければ幸甚です。


斎藤一人さん


わかるよ。

でも、焦らなくていいからね。


よく、物事には順序があるから手っ取り早く成功を望むのはいけないとか、地道に努力して一歩一歩じっくり前に進まなきゃいけないとか、そういう人がいるけど、いっぽ一歩進まなくたっていいんです。

大切なのは地道な努力なんかじゃなくて、あなたの豊かな心です。

心が豊かになれば、間違いなく、あなたにもたらされる現実も変わってくるんだ。

良い方にワープしてしまうんだよ。


斎藤一人さんはね、昔から、こんなことをずっと考えていたんです。

天は、どういう人の味方をするだろう。

神様は、どんな人間にチャンスをくれるだろうかって。

で、分かったんです。


威張ってるやつ、人の揚げ足を取るやつは、神様にも嫌われるよね。
反対に、心が豊かな人、優しい人とか、笑顔の素敵な人って、神様にも周りの人にも好かれる。

だから斎藤一人さんは、このルールに従って生きてきました。

そして、ものすごい成功を手にしたんだよね。


質問6 唯一無二

  
この度接骨院を開業しました、どうすればまたお客さんが来てくれるか、どうすればお客さんが満足してるかを考えながら、毎日ワクワクして過ごしています。

僕も斎藤一人さんのように億万長者を目指しています。

アドバイスをもらえたらありがたいです。


斎藤一人さん


よく斎藤一人さんみたいになりたいという人がいるんですが、それが出来ないんです。

斎藤一人さんに似たような幸せにはなれます。

この世に同じものは二つないんです。

斎藤一人さんがローレックスをしてても、あなたが買ったローレックスとはなぜか違うんです。

波動も違いますし、斎藤一人さんが持ってたということも違いますし、手作りの品物でしたら何か微妙に違うんです。

例えば斎藤一人さんが連れてる彼女をあなたがとるとします。

斎藤一人さんのとこにいた時はニコニコしているかもしれませんが、あなたの所にいるときはふてくされてるかもしれません。

だから同じものは絶対に手に入りません。

だから斎藤一人さんと似たような幸せを求めるのが良いんです。

斎藤一人さんみたいになりたいと言っても、あなたは絶対になれないんです。

それはあなたはあなたですから、似たようなものは手に入ります。

何か手に入れたい時は似たようなものを手に入れればいいんです。

同じものは地球上に2個ありません。

似たものはありますがないんです。

「同じもの」と言った時に、脳がそれはありえないという答えを出します。

脳が動かなくなるんです。

脳はそれぐらいのことは知っているんです。

同じものを求めた時に脳はもう動きません。

似たものを探してください。


質問7 僕の味方


人を愛するって、どんなことなんでしょう?

斎藤一人先生が、自分を愛するとおっしゃっていますが、「自分を愛する」という意味はどういうことですか?

またどのようにして愛せばいいんですか

もしいただければ幸いです。


斎藤一人さん


じゃあどうやって自分は愛するのかというと、自分本位にわがままに動けてことじゃありません。

それだと、ただのエゴになってしまいます。


自分を愛するとは、自分の味方になってあげることです。

絶対的な味方になってあげる。

そうです。

僕の味方になってあげてください。


例えば嫌な上司が会社にいたとする。

普通だったら自分を責めてしまうかもしれません。

「ちゃんと仕事ができない自分がダメなんだ」

とか。

でもそういう時、自分を愛するためには自分の味方をしてあげるんです。

自分の心の中で自分に言ってあげる。


「本当に嫌な奴だね。わかるよ」


と。

他の人にわかってもらえなくてもいい。

自分にわかってもらえればいいんです。


「優」しいという字は、

「憂」に「にんべん」の自分が寄り添うこと


自分を愛するとは、もっと簡単な言葉で言えば、自分に優しくすることなんです。

優しいという字を見てみましょう。

「憂」という字に「にんべん」がついていますね?

憂えている人のそばに人が寄り添うのが「優しい」ということなんですが、その場合の寄り添う人は他人じゃなくて、自分なんです。

まずは自分に寄り添って、優しくする。

そうしないと、優しさがわからないんです。

自分が英語が得意でないと、人に英語を教えられないでしょ?

それと同じで、自分に優しくできないと、人にも優しくできません。

たとえ自分が人からずっといじめられてきたとしても、あるいは親から優しくされたことがなかったとしても、

「そうだったよね。つらかったよね。でも大丈夫だよ」

と自分に寄り添ってあげる。

そうやって自分に優しくしていると、次の答えが見つかるようになっています。

そういう仕組みなんです。

コンピューターはデータを打ち込めば、答えが出る仕組みになっています。

人間にも優しさを打ち込めば、答えが出るんです。

人が優しくしてくれないなら、まずは自分が自分に優しくすればいい。

そうすれば道は開けます。

人にも優しくできるんです。


そして優しい人がいっぱい集まった時、やさしい勢いができてくる。

これを「優勢」というんですね。


うちの会社は優しい人が集まっているから優勢なんです。

常に優勢を保っていられるのは、やさしい勢いがあるからです。

今まで憂えていた人間が、優しい人間に変わり、その優しい人間が集まった時、優勢な人間関係とか、優勢な組織ができあがる。

愛より強いものはない、というのはこの事を言っているんですね。


質問8 神的


子供が四人います。

子供達の素晴らしいところを潰さないで、母親としての基本的な心構えを教えてください。

斎藤一人さん


基本的にいうと魂の成長とか、人に接する方法は愛なんです。

ところが愛というものを知らないで愛しているんですね。

誰かを愛するというのは愛ですよね。

愛とは何ですかということは、人間は魂の成長に来てるんです。

斎藤一人さんにも神がいます。

柴村恵美子さんにも神がいます。

だから同等なんです。

親の価値観と子供の価値観とでは違うんです。

そうするとドラッグする人とか、覚醒剤する人とか、だけどその人は覚醒剤を打ちたいんですね。

だけど親は認められないんです。

例えば万引きを認めている親とかありませんよね。

でも子供が万引きをするとしますよね。

万引きをすると捕まるし、精神的にも良くないですし、相手も被害を受けます。

それでも貴方はしたいのですか、この世の中は自分で選択をして結果の責任を取ります。

お母さん、学校に行きたくないんです。

本当に行きたくないんですか?

いかないのは構わないですが、就職できなかったり、彼女も出来ないとか、すごい困難にに遭うんです。

それでも行きたくないんですね。

だとすればそれはあなたの選択ですから、選択をして責任を取るんです。

だから魂が成長するにはこの世の中には、難しく言うと失敗がないんです。

神的には経験をしただけなんです。
こういうことをすればこうなるという経験をしただけなんです。

経験をしてダメだったら、また新しい決断をして経験をする。

これの繰り返しです、親はこれをしても駄目だから、経験をさせたがらないんです。

例えば昔は赤いスイカと黄色いスイカがあったんです。

親は赤いスイカじゃないと美味しくないからダメだと言います。

でも子供が黄色いスイカを食べたいんですね。

親はだめだと言ってても、子供が食べたいんです。

一回食べてみれば気が済むんです。

それを食べさせないで、正しいとは言ってますが、子供が正しいことを求めてるのではなくて、経験をしたいんです。

経験の結果、責任を取るということがこれが神的なんです。

余分な事をさせないのが神的ではないんです。

失敗をさせたくないというのは人間的なんです。

そうするとだんだん爆発するか、急に暴れだすか、どうしたのこの子とは言いますが、ずっと抑圧してたんですね。

だから暴れだすんです。

だから急にとは言いますが、貴方がやりたいことを全部やめさせてきたんです。

その代わり体験してきた結果、多分こういうことが起きますよ。

気が付いたらやめなさい。

体験しに来たわけですから、悪いところがいっぱいあるなら、直すところがいっぱいあるんです。

だからその人は愛という名で支配をしようとしているんです。

それは自分の方が上だと思っているんです。

この子は劣る人間だと思っているんです。

だから人間というのは互いに神様の子供ですから、平等なんです。
一人一人の中に神様がいてますから、こっちも神様ですが向こうも神様なんです。

この神様は今は何々を学びたいんです。

経験したいんです。

経験させてあげればいいんです。

その結果、結果に対する責任は自分が取るんですよと教えればいいんです。

親はそれだけを教えればいいんです。

あなたがしたことはあなたが責任を取るんですよということが、神的なんです。

どんな教育よりも、それが最高の教育なんです。

 

質問9 間違った教育


心が軽くなる、重くなるといいますが、何が起こってるんでしょうか?


斎藤一人さん


重くなるというのは、この世の中がだんだん良くなってると思う人、だんだん悪くなってると思う人、暗くなるというのは、本当はだんだん良くなるのに、悪くなると心が抵抗しているんです。

心の抵抗なんです。

間違った観念が抵抗しているんです。

この世の中はどんどん良くり、あなたの生活もどんどん良くなります。

本当は良くなるんです。

100年前と比べれば全然今の方がいいですし、200年前に比べてもずっといいですし、世の中どんどん良くなってるんです。

それを良くなっていくのを抵抗しているんです。

良くなったと思う人は、空が晴れたように明るくなるんです。

親の教育なんです。

世の中そんなに甘くないとか、そんなんではダメになるとか、その子を誘導しようとしたんですね。

間違った誘導なんです。

このままで大丈夫だと教えていないんです。

無理やり勉強させようとしたり、嫌なことをさせようとしたんですね。

世の中どんどん良くなる時に、自分も良くなるんです。

良くなると思ってる人が、心配事があるわけがないです。

 

 

 

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村