20191229105200

斉藤一人さん 飛行機ブーン

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200627125743j:plain

 

 

仙台の駐車場でね、駐車場広いから、足が疲れたからね、飛行機ブーンての、やってたの。

で、その飛行機ブーンっていうのはね、今、やって見せてあげるね。

あのね、手をこう広げてね。

で、飛行機ブーンて行ってたの。

飛行機ブーン、こうやってずっとやってたらね、品のいい奥さんがこうやって見てるの。

ずっと見てるの。

 

 

 

「人間、生きていれば必ず悩みがある」は大嘘


司会 それではお待たせしました。

皆さん、お待ちかねの斎藤一人さんのお話をたっぷり聞いていただきます。

それでは斎藤一人さん、お願い致します。


はい。皆さん、こんばんは。

えー、聞こえるかな? 聞こえるね。

はい。私はテレビ、出ません。週刊誌も出ません。

えー、おおよそ人前には顔、出しません。

出さない場合には出さない理由があります。

今日も「写真、どんないでください」とかね、心の狭いことを言いまくってます。

私、あの、車で旅するんです。

どこでも行きます。

沖縄以外は。

車で行きます。

そうするとね、足が疲れちゃうんです。

10時間ぐらいね、平気で車乗ってるからね。

大体、私の車ね、一年で10万kmぐらい、乗っかっちゃう。

1000km点検の時にね、一番すごいんです。

なんか3ヶ月で「1000km点検」とか、なんかあるのね。

そん時、3万km、乗ってたの。

話、分かんなくなっちゃった。

それでね、この前、仙台行ったらね。

仙台の駐車場でね、駐車場広いから、足が疲れたからね、飛行機ブーンての、やってたの。

で、その飛行機ブーンっていうのはね、今、やって見せてあげるね。

あのね、手をこう広げてね。

で、飛行機ブーンて行ってたの。

飛行機ブーン、こうやってずっとやってたらね、品のいい奥さんがこうやって見てるの。

ずっと見てるの。

俺も、「暇そうな人だな、この人」と思ってたらね、飛行機ブーン、終えて帰ってきたらね、その人が、私んとこ、来てね、

「斉藤一人先生ですね?」

って言うの。

「斎藤一人研究会のものです」って。

「そんな研究会、いつできたの」みたいな話でさ。

で、今ね、色んな所にあるの。

「斎藤一人研究会」って。

ニューヨークにもあるしね。

パリにもあるの。

まあ、いいんだけどさ。

それで、急に「一人さんですか?」って言われると「ビク」っとしちゃうの。

だから、あんまり、何て言うの、有名人に向かないんだな、体質がな。

1回ね、地方でコンビニ、行ったの。

でね、コンビニでこうやっていろんなものを買おうと思って見てたらね。

本が並んでるから、俺、本、好きだから、ずっと見てたら、一番最後にエッチ本があったの。

で、これ、見てて、「こういうところでこういうのを売ったらね、青少年の教育に良くないんじゃないか」って。
まあ、一冊、買ってみようと。

で、それ、一冊、買って、

「お勘定、お願いします」って言ったらね。

そこの人がね、じっと顔を見てね、

「斎藤一人さんだ!」

って言うの。

それでね、

「ちょっと待ってください」って言ってね、

電話したら家から家族が来て、親戚の人も来て「一人さんファンだ」っていうのがまた集まってきたから、お店、いっぱいになっちゃったの。

その間にエッチ本はずっと出てるの。

前に。

それでね、こんなにね、人前に顔を出さないようにしてもこんなことがあるんだから、人前には顔出ししてはだめなんだって、まあ、しみじみ思ったんですけど。

で、この話をしたらね、問い合わせがすごいの。

で、その問い合わせが、またね、どうでもいいような問い合わせなんだけど、「で、結局、その本は買われたんですか?」って問い合わせなの。

で、もちろん、私、買いましたよ。

それ。

で、買ってね、袋に入れてくれたの。

で、それがね、ビニール袋で透けてるの。

その透けたビニール袋を下げて、今度、握手会になったわけね。

で、ビニ本下げて、握手大会ですよ。

えー、修行は続きますよ。

そんなことで、私、テレビ、出ません。
このことはマスコミの人には言ってません。


では、ただ今から講演を始めます。

よろしくお願いします。

本当に、私、ちょっと今日、風邪気味だからね。

ちょっと声が聞きづらいかも分かんないんだけど、体の方は気にするほどのことはないんです。

ちょっと声が枯れてる程度です。

この前ね、

「そろそろ全国、まわってみんなの顔、見たいな」って言ったら、

「本当ですか」って言うから、

「本当だよ」

って言ったらね、講演の予定、ずっと入れられちゃって、ほぼ毎日だよ。

風邪引いても休ませてくんないんだから。

えらいこと、いっちゃったと思ってるんだけど。

私、中学しか出てないんです。

知ってますね。

で、実はその中学校もほとんど行ってないんです。

だから、中学でだって言うだけで学歴詐称になるんじゃないかと思って心配してるぐらい行ってません。

ただ、学校嫌いとか、今、流行りの登校拒否とか言うんじゃないんです。

私の場合は学校が大好きなんです。

ただ、起きると昼だったんです。

で、私ね、目、覚めるとね、すぐ学校行くんです。

良い子の特徴らしいですね。

良い子は目、覚めると学校らしいですよ。

それで、行くと皆が集まってくるんですよ。

それでブワーっと盛り上がるんです。

で、盛り上がると帰ります。

大体、そういうような明るい学校生活を送っておりました。

それでね、

「一人さんって幸せでしょ?」

「幸せだよ」って。

「悩み、ありますか?」って。

ないの。

よく「人間、生きてれば悩みは絶対ある」って言うけど、嘘だよ。

ない人はないんだよ。

悩んでるやつをずっと悩んでるんだよ。

それで、私ね、悩みないんだけど、人生で一回だけあったの。

人生最大の悩みか一回あったの。

それは本当に壮絶だった。

その悩みに比べたら、もう、みんなの悩みは悩みのうち、入らない。

もう、みんな、自分の悩み、最高です。

「それでどんな悩みなんですか?」って。

幼稚園から小学校に上がる頃。

早いでしょう。

その頃に人生最大の悩みにぶつかったの。

それでね、
「どんな悩みなんですか?」

って言うと、「人間って死んだらどうなるんだろう」「人間って死んだらどうなっちゃうんだろう」

そんなことばっかし考えちゃうの。

親にも会えないのかなとかね。

友達にも会えないのかな。

大体、なくなっちゃうっていうのがわかんないの。

真っ暗になっちゃうのかなとか、真っ暗で。

なんか最初は真っ暗なところに落っこっていくような気がしたの。

でも、それもないのかなあと。

何もなくなっちゃうって、なんだろうと。

何か妙に怖かったの。

また、そういうことを思わせる事件があったの。

飼ってた猫が死んだだけなんだけど。

俺としては可愛がってたからね。

ショックですよ。

大きいです。

それで、これから先、信じられないような話なんだけど、私の話、信じられない話、多いです。

信じられない人は自分が普通だと思ってください。

俺は正常だと。

普通よりちょっといっちゃってるほうが楽しいかも。

普通って普通だからね。

日本人って普通、大好きだけどさ。

普通って真ん中だからね。

百点満点で言えば50点だよ。

きっとお母さん、50点だったら怒ると思うよ。

子供だったらね。

自分は普通でいい、普通でいいって言ってるけど、普通よりちょっと上の方がいいよ。

で、今、俺が話してる話、普通よりちょっと上の話ししてるんだよ。


揉め事は「私、変ですから」の一言で防げる


それでね、自分が正しいと思った時が正しいいって言っちゃだめだよ。

よく覚えておきなよ。

自分が絶対、これ、正しいって言った時、

「私が正しいんです」

って言うと必ず喧嘩になるからね。

そういう時は必ず、

「自分は少し変わってますから。私、変ですから、こういう考えもあるけど気にしないでください」

って言わないと、その前にいろんなこと、言ってた人から全部、反感買うからね。

精神論って喧嘩しないってことだよ。

敵を作らないっていうのが精神論だよ。

だから、精神論で喧嘩してるやつ、おかしいんだよ。

宗教どうして喧嘩してるとかっていうのはね、「右の頬を打たれりゃ、左の頬を出しなさい」とか言いながら、宗教買ってすぐ喧嘩するんだよ。

ここでいろんなことを聞くとね、普通の人より頭、よくなっちゃうから。

頭良くなったら、頭いいふりしちゃ、ダメなの。

「私、少し変ですから」って言わないとね。

ダメだからね。

だから、精神論でさ、揉めたら馬鹿馬鹿しいからね。

揉めないことです。

それで、ある日ね、悩んでたらね、光の玉が出てきたの。

その光の玉が出てきたら、死ぬとどうなるか教えてくれたの。

ああ、こういうことかって。

人間って死ぬとこうなるんだ。

たいした話じゃねえじゃねえかと。

そんな心配することないなってわかってたの。

その光の玉、ちょくちょく出てくるようになったの。

いろんなこと、教えてくれるの。

ただ、大した話はないよ。

神様が教えてくれる話ってたいした話、ないの。

今まで言わなかったのは、言うほどの話じゃないから。

ただ、私はその通り生きてる。

で、すごい効果は絶大なの。

大人ってさ、「この光の玉からなんかいろんなことを教わりながら大人になるのかな」と思ってたの。

みんなに出てくるのかなと思った。

でも、親にも出ないの。

友達にも出ないのね。

その光の玉って。

俺にしか出てこないの。
今、聞いている人で、一生懸命メモしてくれてるけど、メモするほどの話はないんだ。

まあ、メモしないとね。

くせの人、いるからさ。

帰ってみないんだってね。

ただ、書くとわかりやすいのかな。

書いていいですよ。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村