20191229105200

斉藤一人さん 礼儀正しい人で、幸せにならない人はいない

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200428103022j:plain

 

 

礼儀って、挨拶することだけじゃないんですよ。

みんなが楽しんでいるような席に来て、自分が嫌なことがあったからって、ブスっとしていたり、人に当たったりしたら、「礼儀違反」なんですよ。

 

 


礼儀正しい人で、幸せにならない人はいない


笑顔にすることと、天国言葉を話すことと、もう一つ大切なのは「礼儀」。

人間っていうのは、「礼儀の生き物」なんです。

「おはようございます」とか「いつも、ありがとうございます」とか、人に会ったら声をかけるの。

礼儀って、挨拶することだけじゃないんですよ。

みんなが楽しんでいるような席に来て、自分が嫌なことがあったからって、ブスっとしていたり、人に当たったりしたら、「礼儀違反」なんですよ。

礼儀違反の人って、「あなた幸せですか?」って聞いてみると、絶対に不幸せです。

この世っていうのは、「笑顔」で「礼儀正しい人」は、幸せになっちゃうような法則があるんですよ。

昔、オードリー・ヘップバーンが演じた『マイフェアレディ』っていう映画がありました。

綺麗な言葉や礼儀を知らなかったスラム街の女性が、礼儀を覚えて、綺麗な言葉を話して、微笑みを絶やさないようにしていたら・・・・・・。

どんどん幸せになって、奇跡のような出来事が起こった・・・・・・という話です。

この映画が、何を言いたいかわかりますか?

「礼儀と微笑みを絶やさない人は、幸せになる」

この世には、そういう法則があるということです。

神がそういう風に作ってあるんです。

だから、幸せになりたかったら、その法則を犯しちゃいけないの。

いつも自分が「幸せだな」とか「ありがたいな」とか、機嫌良くしていて、礼儀を重んじている人は、幸せになっちゃうんです。

「礼儀や微笑みを絶やさない人は、幸せになる」という法則があるんだから、その法則通りにやれば、誰でも奇跡は起こせるんですよ。

その法則と逆のことをやると、どんなことをしていても不幸になっちゃいます。

心配そうな顔、おっかない顔、人を睨みつけるような態度とか、人を不愉快にさせるような態度をとりながら、幸せになる事ってできないんですよ。

礼儀や微笑みを、やり慣れていない人は、最初はぎこちないかもしれません。

でも、練習をすれば、必ずよくなります。

これはダンスと同じでなんです。

ダンスは、いくらステップを覚えても、躍ろうとすると最初はぎこちないものです。

でも、だんだん慣れてくると自然と優雅に踊れます。

それと同じように、礼儀や微笑みも、最初はぎこちなくてもいいんです。

慣れてくると、さらっとできるようになるんです。


「自分の礼儀」を人に強要したとたん礼儀ではなくなる


礼儀は大事だけど、「自分の礼儀」を人に強要してはダメなんです。

どういうことかというと、例えば「私は、年賀状を書くのが好き」っていう人がいます。

「年賀状を書くのが好き」っていうのは、「自分の趣味」なんだよね。

だから、年賀状を楽しく書いていればいいんです。

でも、人から返事が来なかった時に、「あの人は何で返事をよこさないのかしら」って言った時に、礼儀じゃなくなっちゃうんです。

「自分の礼儀」というのは、自分がやるべきものなの。

年賀状を書いている人は、自分が書きたいんだよな。

だから「これは私の趣味ですから」って言って書いていればいいんです。

それを「なんであの人、年賀状出してもよこさないのかしら?」って言ったら、それって礼儀じゃなくて「嫌味」なんですよ。
そう言った途端に、自分の気持ちが、もう幸せじゃなくなるの。

人のことをあれこれ言った途端に「上気元」では、いられなくなるんです。
                (斎藤一人さんは「上機嫌」を「上気元」と書きます)

ちなみに一人さんは、生まれてこのかた、年賀状は一度も書いたこと、ありません。


礼儀で大切なのは葬式で「バカ笑い」をしないこと


もう一つ礼儀で大切なことを言います。

いくら楽しいことがあっても、お葬式に行ったらバカ笑いしちゃいけないんです。

「なあんだ・・・・・・」と思うでしょう。

でも「葬式で笑うこと」と同じような事をしている人が、結構いるものです。

例えば、うちの姉さんが「一人さんファンの店」というのをやっています。

私のファンの人が集まって、楽しく話をしたり、私の話のテープを聴いたりする場所です。

ところがそこに来て、愚痴や泣き言を言っている人がいる。

みんながテープを聴いて勉強している横で、みんなに聞いてもらおうと思って、ずっと愚痴や泣き言を言っているんです。

私のテープを聴いたり、本を読もうっていう人は、「自分が幸せになろう」とか「人を幸せにしよう」っていう人なんです。

そういう目的があって、勉強しに来ているんですよね。

それをいつまでも「自分が幸せにしてもらおう」という受身でいるから、愚痴や泣き言を言ってしまうんです。

そういう人に、「いま愚痴言ったよね」って言うと、たいていい「僕、そんなつもりで言ったんじゃないんです」って言います。

あなたがどんなつもりで言ったかどうかは知りません。


でも人が「愚痴」だと聞こえたら、十分愚痴なんです。

人生って、そういうものなんです。

「朝、嫌なことがあったから、それをそのまま話しただけなんです。何で本当の事を言ったらいけないんですか?」っていう人がいます。

じゃあ、ブスな人を見たら、「あんたブスだね」って、言うんだ?

ハゲている人を見たら、「あんたハゲてるね」って、言うんだ?

「なんでも正直に言うのが、私の個性なんです」っていう人がいます。

個性っていうのが、神がつけてくれた、その人の特徴です。

個性だって言うけど、個性を生かせる人は、人に嫌われることを言わない人です。

人に嫌われることを言う人は「我」が強いんです。

私も個性的に生きていますが、別に人に嫌われません。

人に嫌われるようなことは言わないからです。

人に嫌われるようなことを言う人って、必ず「場違いなこと」を言ったり、行ったりするんです。

葬式で笑えば嫌われます。

みんな悲しんでいるんだから。

それは少し極端ですが、そういう人は、葬式で笑っているのと同じくらい失礼なことを、あっちこっちでしてるんですよ。

自分のことばっかりで、周りの人の気持ち、心に、気が回らないんです。

それは「礼儀違反」なんです。

愚痴や泣き言を聞いても、その結果、何かいいことがあるのでしょうか?

幸せな人や人生がうまくいっている人は、あなたからどんどん遠ざかっていくだけです。

そして、あなたの人生は、さらに最悪な方向に向かっていくだけ。

嫌なことがあっても、それをそのまま話してはいけないのです。

人に話すなら、笑い話にでも交えて話してください。

「今日は面白いことがあったよ」と言って、笑い飛ばすぐらいのユーモアセンスを持ってください。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村