20191229105200

斉藤一人さん 白光の誓い

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200513143306j:plain

 

 

「白光の誓い」

自分を愛して、他人を愛します

やさしさと笑顔を絶やさず

人の悪口は決して言いません

長所を褒めるように努めます
             南無白光観世音

 

 

白光の誓い


お金や幸せなど、自分自身の心が豊かでないと豊かなものを引き寄せることはできません。

そのことを知っていた一人さんはまず私に、こう言いました。

「恵美ちゃん、これから二人で心を豊かにする会を結成するよ」

そして1枚目の紙をくれました。

それが白光の誓いです。

私にとってこの白光の誓いは大いなる引き寄せの始まりであり、「上気元」へと続く道への入口だったのです。

非常に簡単でわかりやすい文章ですが、実践してみるとなかなか難しく、さらにその意味の深さも感じます。


まずは最初の「自分を愛して、他人を愛します」ですが、私はこれを初めて読んだ時に「なぜ、自分を愛してが先なのかな?」と疑問に思いました。

私は小さい頃から「人のために尽くしなさい」とか「自分を犠牲にしてでも、人のために働きなさい」と言われて育ちました。

だから「自分を愛すること」よりまず、「他人を愛すること」の方が先じゃないかなと思ったのです。

でもこれは、実践してみるとすぐよくわかります。

「自分を愛する」とは、「自分のことを大切にする」ことであり、「自分には価値があるんだ」ということに気づくことです。

自分を大切にして、自分の価値に気づくと、相手のこともさらに大切にでき、相手の良さにもっと気づくことができます。

さらに言えば、自分を愛することで「自己重要感」が高まります。

愛されるほうも「自己重要感」が低い人に愛されるより、高い人に愛された方が嬉しいのです。

「自己重要感」が低かったり、「自分には価値がないんだ」と思っている人が相手を愛そうとすると、自分を必要以上に卑下したり、卑屈になったりします。

でも自己重要感が高く、自分の価値に気付いている人は、謙遜はしても自分を必要以上に卑下しませんし、卑屈にもなりません。

それに、「自分を愛する」ことは上気元の道への第一歩です。

自分を愛することで自己重要感が高まり、他人に言われたことで、いちいち自分の機嫌を損ねることがなくなります。

さらに自分の価値が分かれば人に機嫌を取ってもらう必要もなくなり、自分の機嫌を自分で取れるようになるのです。

そうして上気元になってから相手を愛せば、その愛もさらに大きくなって相手に伝わるのです。


「やさしさと笑顔を絶やさず、
人の悪口は決して言いません」を実践してみた


「白光の誓い」の中で、私が最初に実践したのが「やさしさと笑顔を絶やさず」にいることでした。

これは簡単なようで、やってみると意外に難しかったのです。

特に四六時中、ずっと「やさしさと笑顔を絶やさず」にいることはなかなかできません。

最初のうちはすごく真顔になったり、後になって「今のは少し、やさしさが足りなかったな」と反省したりしていました。

でもこれを根気よくやり続けていると、すぐに結果が出ました。

まず会う人、会う人が「恵美ちゃんっていつもニコニコしているね」とか「やさしいね」と言ってくれるようになったのです。

そうなると嬉しくて「もっと、やさしさと笑顔を絶やさず」にいようと思うようになりました。

次に「人の悪口は決して言いません」です。
これも結構、簡単なようで難しいことでした。

特に「これからは絶対に、人の悪口は言わないぞ!」と決意すると、まるでその決意を試すかのように悪口を言いたくなるような人が現れるのです。

そこで自分なりに、なぜ悪口を言いたくなるのかを考えてみました。

悪口を言いたくなるような人は大抵「不機嫌な人」です。

それで悪口を言いたくなる時には、その不機嫌に影響されて、自分も不機嫌になっていると気づきました。

そこでもし私が悪口を言うと、私までその人と同じ不機嫌な人になって、悪いものを引き寄せてしまいます。

だから悪口を言いそうになったら「ダメ! 言ったら悪いものを引き寄せちゃう!」と言い聞かせて、自分の機嫌をとるようにしました。

ちなみに最後の「南無白光観世音」の意味にも触れておきます。

「南無」とは「信じます」という意味で、白光観世音とは、宇宙の中心にいる、全てを創造した神様を指します。

この神様は「愛と光」の塊のような存在で、その神様から私たちは「分霊(わけみたま)」をもらっています。

この分霊が、私たちの命なのです。

だから「白光観世音」とは「私は愛と光の塊である神様を信じます。そして、その愛と光を頂いている自分のことも信じます」という意味になるのです。

自分の命は神様から頂いた分霊であり、常に神様が自分の中から見ていてくださると思うと「がんばろう!」と思いますし、「悪いことはできないな」とも思いますよね。


人の長所を褒めると
周りが大好きな人ばかりになる


「白光の誓い」の中で一番効果が高かったのが「長所を褒めるように努めます」でした。

その当時、指圧治療院をやっていた私は「〇〇さん、今日も素敵ですね」とか「いつもいい感じですね」と来る人来る人を褒めるようにしたのです。

すると「恵美ちゃんに会うと元気になるんだよ」とか「恵美ちゃんに会う日がいつも楽しみなんだよと言って、私に会いたがってくれる人がだんだん増えていきました。
それが私にはとても嬉しくて、「次に会ったらなんて褒めてあげよう」と考えるだけでワクワクし、上気元になるのでした。

人のことを褒めよう、褒めようとしていると、だんだん人に対する見方が変わってきました。

今までは人の欠点とか、悪い所がすごく気になっていたのに、「長所を褒めるように努めます」を実践しだすと、それが全く気になりました。

さらに「人の悪口は決して言いません」という言葉と相まって、その人の良いところばかりが見えるようになっていきました。

そして気づいたら、自分の形が大好きな人ばかりになっていたのです。


この「長所を褒めるように努めます」という視点は人間関係だけではなく、経営にもすごく役に立ちます。

まず人を指導する時も、悪いところを指摘してた出すことよりも、いいところを褒めて伸ばすことに重点を置くようにします。

そうすると人は生き生きと働きだし、自分から悪いところも積極的に改めるようになるのです。

さらに、仕事のアイデアの質も変わってきます。

それまでは「この商品はココが悪いから売れない」とか、「このお店は立地が悪いからお客さんが来ない」と言ったように、悪いところばかりが気になって、否定的な発想ばかりしていました。

それが「この商品はここがいいから、こういう風にしたら売れる」とか、「このお店は入ってもらえると良さが分かるから、中に入りやすい工夫をしよう」といったように、前向きで発展的なアイデアが出るようになったのです。

結局、人も物も場所も、みんな役に立つことを願っています。

だから、褒められるといいところが引き出されて、さらに活躍することができるのです。


「国」「物」「命」を褒める「三褒め」で最高の毎日を送る


「長所を褒めるように努めます」を実践して大成功した私は、さらにその範囲を「目の前の人」だけにとどまらず、「三褒め」と称して三つのことを褒めるように努めました。

その一つ目は「国褒め」です。

「国褒め」とは、自分の住んでいるところに感謝し、褒めるということです。

私たちは日本に住んでいるので「日本は平和で治安も良く、いい国だなぁ」とか、思いつくことを声に出して言います。

また、自分の出身地や住んでいるところも褒めます。

さらに旅行や出張で訪れた地も、必ず褒めるようにしています。

私は仕事で日本全国に行きますが、最近では海外での仕事も増えました。

その時に訪れた国を必ず褒めるようにしています。

するとその地の神様が味方してくれて、仕事がスムーズに行ったり、人との良い出会いに恵まれたりするのです。


次は「物褒め」です。

活躍しているスポーツ選手は必ずと言っていいほど、道具を大切にします。

その手入れの他人任せにするのではなく、自分でします。

一見、専門の業者に頼んだほうが効率的で良さそうですが、一流の選手は皆、道具を愛して大切に接すれば、必ずそれに応えてくれることを知っているのです。

それと同じで自分の周りの「物褒め」をしだすと、物の大切さが分かるだけではなく、その物も活かされ、最大限の力を発揮してくれるようになります。

カミソリなら「いつもよく切れて偉いね」と褒めながら使うと、通常よりも3倍ぐらい長持ちしますし、車なら「よく走って偉いね」と褒めていると故障もなく、快適なドライブをすることができるのです。


最後に「命褒め」です。

私たちが食べているのは全て命です。

動物や食物などの命をいただいて、私たちは自分たちの命を繋げているのです。

そう考えれば、食事をするときに自然と「いただきます」という言葉が出ますし、せっかく頂いた命を「美味しいね」っとを言って食べれば、その命も喜びます。

犬や猫に「可愛いね」といえば、その気持ちを感じて喜びますし、食物に「綺麗だね」と言えば伝わります。

大きなクジラから目に見えない小さな微生物まで、全ての命がつながって、この地球は成り立っています。

そして私も尊い命を持ったこの地球の一部であり、相手も同じく尊い命を持ったこの地球の一部なのです。

そう考えれば、自然と感謝の念や尊敬の気持ちが湧いてきますよね。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村