20191229105200

斉藤一人さん 努力で得られる小金、神が与える大金

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200512154220j:plain

 

 

より多くの富を求めるのであれば、それに見合った考え方が必要になるのです。

その代表的なものは「常に四方よし」になるように考えるのです。

 

 

 

努力で得られる小金、神が与える大金


「小金は努力で得られるけど、大金は神が与える」という言葉があります。

より多くの富を求めるのであれば、それに見合った考え方が必要になるのです。

では、一人さんはどんな考え方を持っているかと言うと、その代表的なものは「常に四方よし」になるように考えるのです。

この「四方良し」のもとになる考え方は、その昔、近江商人が商いをする上で理念にしていた「三方良し」の精神にあります。

近江商人たちは、自分たちの国の中だけで商売をするのではなく、広く他国へのでかけて、色々な国の特産物を行商していました。

そうすると、普通は他国のよそ者が来たとなかなか信用してもらえません。

そこで自然と身についたのが「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」の精神なのです。

つまり、売り手ばかりが得をするのではなく、買った人も得をする。

さらには商いをさせてもらっている地域の人達にも喜んでもらえることを考えたのです。

そして、一人さんはさらに一つプラスして「自分によくて、相手にも良くて、世間にも良くて、そのことで神様が〇をくれること」を常に考えて、その結果、累計納税額日本一の大金持ちになったのです。

新商品を開発する時なら「お客さんのためになって、それで世間も喜んでくれる商品で、自分の会社もしっかりと利益を出す」ことを考えます。

そして神様が〇をくれる商品だったら、絶対に失敗しません。

実際、商品開発は「千三つ」と言って、「千個考えて、その中から三つ売れる商品が出たらいい方」と言われている中で、一人さんが開発した商品は全て「ヒット」か「大ヒット」しかないのです。

この「四方よし」の考え方は商売だけではなく、人間関係や様々なトラブル解決にも役立ちます。
何か悩み事があったり、問題やトラブルが起こったら「まず自分によくて、相手にもよくて、世間にも良くて、神様にも〇をくれる答え」って何かなと考えるのです。

「自分だけ良ければ」も、「自分はいいから」も駄目です。

幸せや豊かさは、何かを分け合うことではありません。

考え方や見方を変えれば、いくらでも幸せや豊かさは見つかるのです。


お札の匂いを嗅ぐとお金が引き寄せられる


「お金をもっと引き寄せたい!」という方にオススメなのは「お札の匂いを嗅ぐ」ということです。

一万円札には1万円の波動が出ていて、その匂いを嗅ぐことで脳が刺激を受けて、「もっと波動を感じたい」という意識が湧きます。

実際、私もこんな経験をしたことがあります。

昔、北海道で治療院をしていた時の事です。

治療院仕事に加え、新たに一人さんが作った健康食品の取り扱いを始めるとそれが評判になって、ものすごく忙しくなりました。

朝から晩まで休みなく働き、家に帰り着くのはかなり遅い時間です。

その日の売上を銀行に預けに行く時間もないので、毎日、自宅のタンスにしまっていました。

その時にタンスにある全てのお金を取り出して合計を数え直すのですが、そうするとその日の疲れが吹き飛んで「また明日もがんばるぞ!」という気になるのです。

これは、私だけの体験ではありません。

ある方は病気で入院した時に「家にある現金を全部、持ってきてくれ」と頼んで、病室でそのお金を数えているうちに元気になって、病気もいつのまにか治ってしまったそうです。


自分自身が豊かな波動を出していないと、お金を引き寄せることはできません。

手っ取り早く豊かな波動を出すためには現金を持ち歩くのが一番です。

どういうことかと言うと、1万円からは1万円の波動が出ますし、10万円からは10万円の波動が出ます。
つまり、多く持てば持つほど豊かな波動を出すことができるのです。


お金を持てない人は、入ってきたお金を全て使ってしまうから残らないのです。

だから、入ってきたお金に対して、その1割を残す習慣を身につけてください。

20万円の貯金をもらっているなら月に2万円ずつでもためます。

すると1年経てば24万円貯まっています。

「たった24万円か」と思うかもしれませんが、お金を全く持ってない人と、24万円持っている人とでは出す波動が違いますし、引き寄せるものもおのずと変わってきます。

さらには「加速の法則」も加わって、より多くのお金を貯められるようになるのです。


器量の大きい人のところにお金は集まる

 

「たくさんの現金を持ち歩くと豊かな波動が出ますよ」と言いましたが、「多くの現金を持ち歩くと襲われないかが心配」とか「落とすと困る」と思う方にお勧めはできません。

そういう方は逆に不安や心配の波動を出してしまうので、なくても生活に困らない範囲の額を持ち歩くことをお勧めします。

大切なのは、その人の治療によって豊かさの波動も変わるということです。

だから「多くの現金を持ち歩くはないと隆の波動は出ない」ということでは決してありません。

それとクレジットカードですが、300万円使えるクレジットカードだからといっても、そこから300万円の波動は出ていません。

プラスチックの波動が出ているだけです。

更にクレジットカードの使い方にも注意が必要です。

預金の範囲内で使用するのはいいのですが、最近では「リボ払い」など、支払いを分割したり、ボーナス払いのようなよ9月以降に支払いを伸ばせるサービスがありますが、私はあまりお勧めしません。

なぜなら借金をすると「借金の波動」が出るからです。

住宅ローンのような資産価値のあるものに対して借金ならまだ良いのですが、趣味は見栄のために限度を超えてカードを使うのは良くないのです。

お金や物を大切にすることと、ケチは違います。

お金や物を大切にする人は、人のことも大切にします。

だから他人にも好かれるのです。

でもケチな人は自分のことしか考えないので、他人に嫌われます。

それに、やっぱりお金や物を大切にする人からは「大切にする波動」が出ますが、ケチな人からは「ケチな波動」が出るのです。

ケチの波動はケチなものしか引き寄せられません。

それと「楽して金儲けをしたい」とか、「働かないで、遊んで暮らせる方法はないかな」などと考えていると、そこからは「おかしなの波動」が出ます。

そのおかしな波動に引き寄せられてくるのは「この方法なら、楽して金儲けできますよ」とか、「これに投資したら、金利だけで一生遊んで暮らせますよ」と言ったおかしな波動を持ってくる人なのです。

そもそもそんなうまい話があるのなら、その話を持ってきた人は大金持ちになっているでしょうし、大手の銀行が投資しています。

だからまず、豊かにりたいのなら自分の心を豊かにして、豊かな波動を出すしかないのです。


「お金は汚い」という偏見を捨てる


よく「お金儲けは汚い」とか「何か特別なことをしないとお金持ちにはなれない」といったようなことを言う人がいます。

こういう人は、自分にはお金が引き寄せられるのを自ら拒んでいるのと同じです。

確かに世の中にはあくどい事をしてお金を儲けしている人もいますが、そんな人は一部ですし、悪いことは長く続きません。

お金を引き寄せられない一番の原因は、こうしたメンタルブロックが邪魔をして無意識にお金を遠ざけようとしていることなのです。

だからまず、お金に対する偏見を無くすようにしましょう。


お金は「神様の最高のアイデア」です。

昔はものを手に入れる手段として、「物々交換」をしていました。

でもこれだと米とか野菜などを持ち歩かないと駄目ですし、長く貯めておくこともできません。

そこで神様はお金という「知恵」を人間に授けてくださり、今ではたくさんのお金も持ち運ばずに、カードや電子マネーで決済できるようになりました。

それとお金は、周りの人からどれだけ喜ばれたかの尺度にもなります。

一日十杯売れるラーメンよりも、1日200杯売れるラーメンの方が、10倍人に喜ばれたことになります。

そして、入ってくるお金もそのぶんだけ多くなります。

つまり、お金とは人の役に立ったり、喜ばれたりした数に比例するのです。

そうやって考えれば「お金は汚いものではない」ということがよくわかりますよね。

お金そのものに「綺麗」や「汚い」と言った区別はありません。

ただ、その儲け方や使い方に「綺麗」や「汚い」があるだけなのです。

それと「お金の量は限られているから、金儲けはそのお金を奪い合うようなものだ」と思っている人がいます。

でも実際は、お金は際限なくあるのです。

例えば何十億というお金を持っている人がいますが、それをいちいち持ち歩いているわけではありません。

そのお金は銀行に預けてあるのでしょうし、それも全部、銀行の金庫にあるわけではないでしょう。

銀行は預金者から預かったお金をまた誰かに貸して、その金利で利益を得ます。

そして銀行からお金を借りた人はそのお金で投資をしたり、設備を買って事業をします。

そうやって、お金は世の中をグルグルと回っているのです。


「お金の流れる川」に手を入れて、その流れを引き寄せる


一人さんは出会って間もない私に、こんなことを言いました。

「あのね、世の中にはお金の流れる川があるんだよ。

その代わりちょっと手を入れると、川の流れがスーッと変わってくるの。

どうだい、その川に手を入れて、流れを変えてみないかい?」

そしてそれから数年後に、私は一人さんから言われた通り、その「お金の流れる川」に手を入れました。

その結果、一人さんはご存知の通り累計納税額日本一の大金持ちになり、私も高額納税者番付に名を連ねることができました。

さらに私は、5億円のタワーマンションのペントハウスをポケットマネーで買えるくらい、お金を持つことができました。

それでは実際に、一人さんや私はどのようにして「お金の流れる川」の流れを変え、自分たちの方に引き寄せたのか。

もちろん「お金の流れる川」というものが実在するわけではありません。

「お金の流れる川」とは「経済の流れ」のことです。

例えば、1990年度の国民医療費は20兆円で、2013年度には40兆円と、倍に増えました。

これに市販の薬代や健康食品、健康保険適用外の費用など入れると、60兆円以上のお金が毎年、「日本人が健康にかけるお金の流れる川」に流れていることになります。

一人さんはまさに「銀座日本漢方研究所」という会社を創設して、健康食品やサプリメントを作ることで「日本人が健康にかけるお金の流れる川」に手を入れ、その流れを変えたのです。

日本には「健康にかけるお金の流れる川」以外にも、たくさんの「お金の流れる川」があります。

さらにはその「お金の流れる川」は世界にも通じているので、さらに多くの川が流れているのです。

日本の2014年度のGDP(国内総生産)を見ると、日本人は490円ものお金が流れていることがわかります。

さらにGDP世界一のアメリカには2040兆円ものお金が、2位の中国には1200円ものお金が流れているのです。

兆というたあまりにも単位が大きいのでピンと来ないかもしれませんが、億の一万倍が兆なので、例えばあなたが1億円を手にしたいのなら、その490万倍のお金があなたの目の前(日本)を流れているということになります。
そしてその流れを自分のところに引き寄せるためには、一人さんのような「流れが分かる人」になるか、私のように「流れが分かる人についていく人」になればいいのです。

お金の流れを見極めて、お金持ちになるんです。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村