20191229105200

斉藤一人さん アカシックレコード

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200212141010j:plain

 

 

「天からひらめきを得る」っていうことは、閃くもとがあるんだよね。

それを外国では、「アカシックレコード」って言うの。

要するに知恵が貯められている場所というか、データベースのような場所なんです。

 

 

 ワクワクの法則

 

本来、人はみんな幸せになれるし、それぞれの成功を手に入れることができるの。

自分の中の「神我」に従って生きていれば、必ずがうまくいくんです。

でもね、その「神我」の声を聞こえなくさせたり、見えなくさせるものがあると、途端に迷ってしまうんです。

それって心に闇ができてるようなもの。

その闇の正体は、あなたの畑に蒔かれた「悪い種子」が原因なんです。

「悪い種子」は、過去の失敗の時に巻いてしまったのかもしれないし、親や世間から植え付けられた先入観や間違った概念が原因かもしれないし、あるいは前世でまいてしまったのかもしれない。

でも、いちいちそうした「悪いたね」のことを気にしなくても、自分の人生をスカッと生きる方法があります。

それが「ワクワク」なの。

「ワクワク」とは光です。

どんなに深い闇も、光には勝てません。

まさに瞬殺です。

いわば、「ワクワク」は、神我に従って生きていくための「道しるべ」みたいなものなんです。

アカシックレコード

 


「天からひらめきを得る」っていうことは、閃くもとがあるんだよね。

それを外国では、「アカシックレコード」って言うの。

要するに知恵が貯められている場所というか、データベースのような場所なんです。

天の閃きはそこから来るんだけど、それを受け取れる人と、受け取れない人がいるの。

アカシックレコードというのは、元々「アカーシャ」という仏教用語から来てるんです。

それを日本的に言うと「空」と言うことなんだよ。

「虚空蔵」とも言われているの。

「虚空蔵菩薩は智慧の神様だ」っていうのは、そこには「知恵は空から来る」っていう意味が込められているからなんだよね。

日本に密教を伝えた弘法大師が、なぜ空海という名前をつけたのかというと、「洞窟の中から覗いていた時に、空と海が見えたから空海と名付けられた」っていう話があるけど、そんな単純な理由じゃないの。

「空」というのは、知恵を表すんだよ。

「宇宙の空間の中には膨大な知識が海の如くある」。

そういう意味から空海って名づけたの。

ではどうすれば、その「アカシックレコード」に繋がれるかと言うと、「ワクワクして、楽しいこと」をしてればいいの。

「眠れる予言者」と呼ばれて、相談者の病気や問題をリーディングという方法で解決したエドガー・ケイシーは、アカシックレコードにあるその人の過去世につながって、そのデータを持ってきたんです。

でもそれは特殊なケースで、私たちは自分に必要な情報だけわき上がればいいんだよね。

一人一人違うんだから。

つまり、人は楽しいこと、ワクワクすることをしていればアカシックレコードに繋がって、「天からのひらめき」を得られるようになっているの。

何故かっていうと、神は「愛と光」だから。

神が人を苦しめたり、苦労させるようなことをするわけがないんだよ。

世の中には苦労の後に幸せが来ると思っている人がいるけど、苦労の後には苦労しか来ません。

でも、たとえどんな苦労するようなことでも楽しくできるんだよ。

だから楽しくやっていると、アカシックレコードから知恵が湧いてくる。

虚空蔵の知恵が湧いてくるんだよ。

それで、うまくいくよっていう話。

それとね、知恵の神様は神道でいうと、鹿島様(武甕槌大神(タケミカヅチノオオカミ)・鹿島神宮の御祭神)と香取様(経津主大神(ふつぬしのおおかみ)・香取神宮の御祭神)なんです。

通常、この二神は「武人の神」って言われていてその通りなんだけど、それだけじゃなくて、「知恵の神様」でもあるの。

何故かっていうと、鹿島様は雷の神様なの。

要するに閃きの神様なの。

香取様は経津主大神といって、経津とは、「知恵がふつふつと湧き上がる」っていうことなんだよね。

だから、私はこの二神を自分の守り神だと思ってるんです。

 

f:id:shiho196123:20200214160729j:plain


 

 

いい言葉がいい人生を創る

 


神社に行くと、穢れが祓われまず。

知らない間にため込んでしまった心の汚れや闇を祓うためにも、たまに神社に行くのはいいことです。

神社はその土地の一番良い気の場所に建てられていて、常にに祓い清められているので、行くだけで気持ちが晴れるのです。

神社でお祓いをしてもらう時、神社の神職が特別な「祓詞」でお祓いをしてくれますが、何も特別な「祓詞」を使わないと汚れや闇が祓えないわけではありません。

何も特別な祓詞を使わないと汚れが闇が祓えないわけではありません。

私たちが使う言葉自体に神が宿るのです。

それが「言霊」です。

いい言葉を使っていれば、自然と闇はは祓われます。

つまり、いい言葉そのものが祓詞になるのです。

だから、普段から「愛してます」「ツイてる」「嬉しい」「楽しい」「感謝してます」「幸せ」「ありがとう」「許します」といった天国言葉を使うようにして、

「恐れている」「ツイてない」「不平不満」「愚痴・泣き言」「悪口・文句」「心配」「許せない」などの地獄言葉は使わないようにすることです。

さらに最高の「祓詞」を伝授します。

これです。

「白光の誓い」

自分を愛して 他人を愛します

優しさと笑顔をたやさず

人の悪口は決していいません

長所を褒めるように努めます。

これは闇を祓う最高の言葉です。

毎日、口に出して唱えるようにしましょう。

 


「お祓い」よりも強力な「笑い」

 

 

「お祓い」は、日本の文化そのものです。

祓うことで自分の中にある全ての失敗も、過ちも、釣りも因果も消すことができます。

過去や起きたことを反省するのではなく、祓ってしまえば元の、綺麗な魂が出ると考えられているのです。

だから、神社には「教え」がありません。

例えば他の宗教なら怒りに対して「怒ってはいけない」とか「許しなさい」と教えます。

しかし、神道の場合はとにかく「祓いなさい」なのです。

だから、怒りなどの嫌な気持ちやモヤモヤが湧いたら、ただ祓えばいいのです。

つまり、お祓いは「心の大そうじ」なのです。

それを「怒ってはいけない」と自分の気持ちを無理やり抑え込むと、モヤモヤが別の悪い種をまいてしまい、さらに悪いことにつながってしまう。

つまり、余計に自分の心が穢れ、悪いものを引き寄せてしまうのです。

日本は神道の国であり、お祓いの国です。

ですから、何かあればとにかく「お祓い」。

これが大事ですね。

お祓いよりも上があるよ。

それはお笑いだよ。

心の底から笑えた瞬間、その明るい波動がワクワクに通じ、祓われているか、それ以上の効果があるのです。


一秒たりとも、嫌な思いや考えにとらわれない

 


一人さんはいつも、自分がワクワクすることを考えています。

自分が落ち込んだり、嫌な気分になることに、一分一秒でも自分の頭を使わないのです。

例えば、車で目的地に向かう途中に渋滞にあったとします。

そんな時も、決してイライラすることはありません。

なぜなら、イライラしてしまったら、別のイライラをオーダーしてしまうことを知っているからです。

また一人さんが人前で話す時は、聞いた人がクスッと笑ったり、聞いている人が自然とワクワクするようなことを意識して話します。

ですから、あなたも、何があっても落ち込んだり、イライラしたり、怒ったりするのではなく、ワクワクするようなことに意識を向けられるようになってください。

ただ、多くの人が間違えてしまうのは、湧き上がってくるネガティブな気持ちを戻したり、押さえ込んだりすること。

例えば、嫌な人がいたとします。

それを「ムカついちゃいけない」と自分の気持ちを抑えつけないことです。

それでは、自分の心に溜め込んでしまうだけです。

ではどうすればいいかというと、「こいつ、むかつくな! でも、こんな奴のために私は自分の機嫌を悪くしないぞ!」と思うことです。

ずっとむかつきが治らない人は、自分がむかついていることを自分で認めていないのです。

「そう思っちゃいけない」と思うから、ずっとそれを自分の中に溜め込んでしまっているのです。

例えていうなら、生活で出た生ゴミをずっと、自分の家に溜め込んでいるようなものですね。

ではどうすればいいかというと、やっぱり「祓う」ことです。

キリスト教なら、自分の罪を懺悔して神に対して許しを請いますが、神道は違います。

ただ、祓うのです。

人の犯した罪は悪い因果は祓えば魂の穢れが落ちて、そこから綺麗な魂が出てくると考えるのです。

その綺麗な魂とは何かというと、「愛と光」です。

その「愛と光」とは、楽しくて、面白くて、ワクワクするものなんです。


ムカついた時は、「私の魂は傷つかないけど、私の心はムカつきます」

 

「むかつく」とか「苦しい」というネガティブな感情は、それ自体が悪いわけではありません。

ムカつくのにも、苦しいにも、そう思う理由があるからです。

それをちゃんと、自分の中で理解し、変えることができることは改善し、いらないものはとっとと捨てる。

ちょっと汚い話ですが、吐きそうな時は吐いた方が楽になりますよね。

それをずっと我慢したり、飲み込んだりすると、さらに気分が悪くなります。

それと一緒です。

世間には、嫌な人っています。

それを「ムカついちゃ駄目」ってやると、自分が苦しくなってしまいます。

ムカついたらその気持ちをポイポイ捨てて、いい人のことを考える。

例えばこれは、ある人気ブロガーさんの話です。

その方のブログはすごく人気があるのですが、中にはその人の事を非難したり、中傷したりする人がいるそうです。

その形があるインタビューで、「いろんなことを言われて傷つきませんか?」と聞かれました。
それに対してその方は、「私の魂は傷つかないけど、私の心はムカつきます」と言ったそうです。

これって、とてもいいと思います。

これが、「自分に素直になる」ということです。

嫌な奴は、嫌な奴でいいのです。

ムカついたら、それをためずにポイッと捨てる。

そうやっていつも自分の中に嫌な感情を溜め込まず、常に祓っていれば、、心は自然とワクワクに向かっていくのです。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村