20191229105200

斉藤一人さん 神は悪を許さないけど、罰を与えないんだよ

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200321105455j:plain

 

 

そういう風に言うと、神が罰を与えているように思うんだけど。


神というのは、罰を与えないんだよ。

 

 

 


絶対、悪を許さない人がいるんだよ


人間ってさ。

神様は、あなたのやったことを絶対、見逃さないんだよ。

だから、何代か前に、あなたがろくでもないことをしたのを見逃さないから、今世、あなたに嫌なこと、悪いことが起きるんで。

だけど、今世、あなたが「いいこと」をしていると、来世は絶対あなたに「いいこと」が起きる。

じゃあ、どんな「いいこと」をするんですか?・・・・・・・って、今日はいつもよりワンランク上げて話をするからね。


会場:(拍手)


例えば、よく、一人さんは、こうやって言うんだよ。


「思ってなくてもいいから、プラスの言葉・・・・・・愛してます、ツイてる、嬉しい、楽しい、感謝してます、幸せ、ありがとう、許します・・・・・・天国言葉を、言いな」って。


それって、出来ない人に言ってるんで。

本当は、心の中でもを持って言った方がいいんだよ。

いや、本当だよ。

口から発することも、心に思うことも両方いっぺんだと、なかなかできないから、

「感謝してますって、口だけでもいいから、言ってごらん」

と言ってるの。

入りやすいほうから、やってごらん、って言ってるんだよね。

「心から入る」って、難しいんだよ。

だけど、本当は心も、思った方がいいんだよ。


ただ、人間って、面白いなぁ、と思うのは・・・・・・。

「感謝してます」って、思ってなくてもいいから、言ってごらん・・・・・・って、「感謝してます」という言葉を発してる時、脳はなぜか感謝しちゃう。

だから、事実上、プラスの言葉を言うことは「いいこと」なんだよ。

っていう、話なんだよね。


神は悪を許さないけど、罰を与えないんだよ


釈迦がね、2500年前からずーっとね、「因果の法則」を説いてるんだよね。


じゃあ、「因果の法則」って何ですか?・・・・・って言った時、あなたが前に行ったこと、あなたが蒔いた種をあなたが借りとるんだよ。


だから今世、自分が「いいこと」をしてれば、自分に「いいこと」が起きる。

悪いことをすると、生まれ変わった時、自分に悪いことが起きる。

そうすると、ま、残酷な例え話だけどさ。

自分が何台か前に誰かの手を切り落としちゃったとすると、今世、自分の体が自由に使えなくなっちゃったり、なくなっちゃったりすることがある。

わかるかな?

そういう風に言うと、神が罰を与えているように思うんだけど。


神というのは、罰を与えないんだよ。


あの、これも全然、信じなくていいよ。

うちは「信じてください」から始まらないんだから。

「信じなくていいよ」から始まるから。


信じるか、信じないかって、こっちからお願いするようなもんじゃないんだよ。
だって、信じられる人は聞けばすぐ、わかっちゃうんだもん。

だけど、分かんない人は、わかる必要なんかないんだよ。

だから、そういう人は「一人さんって、こういうことを言ってるんだ」程度に聞いてください。


それで、神様って、俺は「いる」と思ってる人間なんだよ。

みんなの中にも、「いる」と思っている人がいるよね。

ただ、みんなが思ってる「神様」と、ひとりさんが言う「神様」って全然違うの。


一人さんの知ってる「神様」は人間の形をしていない。

それで、神様は、天の中心にいて、、中心に一人しかいないの。

これをね、「天之御中主(アメノミナカヌシ)」と言う。

これって、日本的な言い方なの。


外国に行くと、「ヤハウェ」という人もいるの。

それから「アラー」と呼ぶ人もいるの。

仏教的に言うと、「大日如来」「盧遮那仏」と言う人もいるの。

呼び方は違うけど、どこも、天の中心に、一個の絶対なる神がいる、と言っているの。

その絶対なる神の、おつかいをした人たちがいるの。

お役に立ってる人が何人もいたの。

そういう人たちのことを、みんなは「神」と呼んでいるんだよ。

わかるかな?


例えば、たまにフランス料理、食べに行ったり、日本料理でも食べに行くとさ、お料理が美味しいと、嬉しいじゃん。

思わず、仲居さんにチップあげるじゃん。

「ありがとうね」って。

でも、仲居さんが作ったんじゃないよね、これ。

わかるよな。

いや、感謝してはいけないんじゃないよ。

お料理は、コックさんが作ったんだよな。

わかるかい?

テーブルの上に乗ってる料理、あなたのところへ運んできた人が作ったんじゃないよな、って。


だから、天の中心にいる絶対神と、その神のお役に立ってる人が違うんだよ。

神のお手伝いをするお使いは人間なんだよ、中井さんと料理人の関係みたいなもん、分かりやすく言うとね。


それで、天の中心にいる絶対神は、「愛と光」なんだよ。

「愛と光」でできてる。

この神から、人間は「分霊(わけみたま)」というのをもらってて、それが命なんだけど。

俺達も「愛と光」でできてる神の子なんだよ、本当は。

未熟ながらも神なんだよ、って。

にわかに言われても信じられないだろうけれども、あなたも神の子なんだよ。


だけど、俺たちは、まだ未熟だから、魂を成長させながら、「絶対なる神」に近づこうとしてるんだよ。

その魂の成長のために「因果の法則」があるんだよ。

だけどね。

はっきり言って、俺たちは今でも未熟なの。

今でも未熟な俺たちが、1000年ぐらい前はどのくらい未熟か。

それを考えると、因果の量って、えらいことになるんだよな。


人を嘲笑うと、
嘲笑っちゃいけないと
わかるようなことが自分に起きるから、
止めな


今日から俺、みんなに「因果の話」をしようと思ってたから。

さっきね、お弟子さんのはなゑちゃんの会社で部長をしてる大信田洋子ちゃんに、

「大信田ちゃん、なんで痩せられないか、知ってるかい」

って言ったら、彼女がこう言った。

「食べ過ぎちゃうからですかね」って。

もちろん、それもあるんだよ。


だけど、同じダイエット食品を摂っても、どんどん痩せて綺麗になっちゃう人と、痩せない人がいるよね。

この違いは、なんでだろう?・・・・・・って言うとね、一人ひとり、原因が違うの。

大信田ちゃんには大信田ちゃんの因果があるんだよ。

で、大信田ちゃんに、

「自分の因果、知りたいかい?」

って聞いたら、

「知りたい」

って言うから、教えたのね。


大信田ちゃんって、綺麗な顔してるんだよな。

顔が、ちっちゃいんだよ。

体はでかいんだよ。

だから、アンバランスなんだよな。


それで、「大信田ちゃんさ」って。

彼女は前世にね、自分がきれいだったとき、自分が痩せてた時に、太ってる人を見て、朝笑っちゃったんだよ。

わかるかい?


人を嘲笑うって、すごくいけないことなんだよ。

そういうことをすると、相手の心はどんなに傷つくか。

だけど、ほとんどの人は、そのことを知らなくて、ついうっかり、やっちゃうんだよ。

そうすると、自分が嘲笑われたら、どんな思いをするか、その思いを経験して魂が成長するために、次は自分が太った人になっちゃうの。

わかるかい?


簡単に言うとね、「美」とは才能なんだよ。

「美」という才能をもらったからって、威張って、人を傷つけちゃいけないの。

だから、そのことが分かればいいんだよ。

そしたら、魂が成長する。

因果も消えるんだよ。


今は「天才」と言われてるけど、
そういう人たちは
何代も前からずっと
努力してるんだよ


「才能」て言うと、たいがいの人は、今世限りのものだと思ってるけど、そうじゃないんだよね。

例えば、アメリカで野球やってる、イチロー選手っているだろ。

イチローって、「天才」って言われてるよな。

それから、バイオリンを弾く人たちの中にも、天才って、いるだろ。

そういう「天才」と呼ばれるような人達って、何回も生まれ変わりながら、10代も、20代も前から、ずっと同じ事をやってるんだよ。

わかるかな?


例えば、天才的なバイオリニストが、3歳からヴァイオリンを始めた、と。

そういう人って、始めた時からすでに天才なんだよ。

要するに、生まれた時から天才なんだよ。

それを、「うちの子も3歳からやらせれば天才になれるんじゃないか」って。

夢を持つのはいいけど、今世は天才になれない。

あなたの子供は、今やっと始めたばっかりなんだから、3歳から始めてもダメだよ。


だから、天才っていうのはね、はるか昔からやってるんだよ。

最初は、葦の笛とかね、ああいうの、ピーピー、ピーピー、吹いてて。

それがだんだん、だんだん、音楽の才能を磨いて行くんだよね。


「美」もね、あれは才能だからね。

今は発展途上的な美しさであったとしても、今から、せっせ、せっせと磨けばいいんだよね。

今世、足なんか太くて短くても、一生懸命マッサージしたりなんかしてると、来世はね、格好のいい足になってきちゃうんだよ。


会場:(拍手)


だから、今こうやって「美」に関心持って、こうやってきれいになることをやってると、来世はもっと綺麗になっちゃう。


会場:(拍手)

「美」にしろ何にしろ、「才能」というのは努力次第で伸びるの。

無駄な努力は一個もない。

ただ、もし自分がね、何かやってて、

「才能があまりないな」

と思ったら、止めるというのも一つの手なんだよ。

自分が止めたきゃ止めたって、別にいいんだよ、でも・・・・・・。


来世の再来世も、あと何代かやればうまくなる・・・・・・と思っていれば間違いない。


だから、天才を見て、羨ましがって。

「なんで、あいつは運が良くて、俺は運が悪いんだ」

って言うけど。

それは今世だけ見てるからそう思うんであって。

天才は前からずっと、何代もやってるの。

長い目で見ると、みんな、等しく努力してるんだよ。


神は正当なる努力を求めるの。

ただ、一代限りの努力では完成されないの。

才能も磨かなきゃ開花しないけど、俺達、因果も消さなきゃなんないから。

結構忙しいの(笑)。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村