20191229105200

斉藤一人さん 忍耐

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200321132854j:plain

 

 

神の領域、愛と光というものに、いつも心を、忍耐強く置くんだよ。

忍耐とは、苦しいこと、悲しいことに耐えろ・・・・・・と言ってるんじゃないんだよ。


忍耐の「忍」という字は、刀の下に心を置くんだよ。

 

 


だから、カルマがダルマに変わる


いいかい。

魂が向上してくると、今度は、神様が試験を出すの。

で、こういうことしてても問題が起きるんですか?・・・・・・って、起きるよ。

でも、慣れてくると、「そろそろ神様の試験があるぞ」って分かるようになる。

否定的なことを言いたくなるような試験が出されるんだよ。

その時に、否定的なことを言わずに、「この問題は愛と光と忍耐で答えたら」って考えたら、全部、答えは正解なんだよ。


で、出し方の問題じゃないんだよ。


一番の問題は、心構えなんだ。


要するに、


「愛と光と忍耐としたら・・・・・・」

っていうことなんだよ。


OK?

それで、やれば全部がうまくいくって、因果は解消するんだよ。

要するに、カルマがダルマに変わるんだよ。

OKかい?


いいかい。

この世の中には対極というのがある。

例えば、男がいて、女がいるよな。

闇があって、光がある。

それで、いいか、よく覚えててよ。


神とは、愛と光、なんだよ。

愛と光、というのは、簡単に言うと。


「愛」とは、優しさなんだよ。

それで、「光」とは、明るさなの。

心が優しくて明るいんだよ。


もう1回言うよ。

心が優しくて明るいの。

この、「愛と光」の世界は、全てがうまくいく神の領域なんだよ。


その「愛と光」の反対側・対極にあるのが、闇と恐れなんだ。

この世界は、何をやっても最後には不幸になる、悪魔の領域なんだよ。

例えば、1Mの棒で、神の領域と悪魔の力を表すとする。

それで、真ん中から右へ行くほど、「愛と光」が強いんだ。

真ん中から左へ行くほど、暗くて恐れが強いんだ。

例えば、心配というのは真ん中より少し左。


だから、心配が高じたものが恐れなんだ。

要するに、恐れが、ちょっと軽くなったようなものが心配ごとなんだよ。

だから俺が、「心配だ、心配だ」「子供が、心配で心配だ」とかって、天国に行けないぞ、って言うのは、心配は悪魔の領域だからなんだよ。

わかるかい?

よく、子供を心配するのは当たり前、って言うけど、子供は一個の魂で、あなたの所有物ではないんだよ。

あなたの子供の魂は、川が流れるが如く何度も生まれ変わって今世、あなたの体を通して出てきたけど、魂は一個の、別物なんだよ。

あなたと同等の魂なんだよ。

だから、この魂は、自分でやることを背負ってきてるんだよ。

だから、どんなことでも修行してカルマを解消しようとするんだよ。

だけど、親は、苦労をさせたくないんだよ。

だけど、片一方は、経験して、因果を解消したいんだよ。

だから、そこにぶつかり合いが生じるんだよ。


この子はこの子の、魂で、自分で背負えるものを持ってきた。

あなたは、それを超えられる立派な人なんだ。

お母さんは信じてるよ・・・・・・っていうのが、「信じてる」って事なんだよ。


それと、お母さんにはお母さんの魂の成長があるんだよ。


わかるかい?


子供を信じて、自分を信じて、神を信じてる人間に、心配なんかないんだよ。

わかるかい?

それで、1Mの棒の真ん中の棒の真ん中から、神の領域。

いいかい。

神の領域、愛と光というものに、いつも心を、忍耐強く置くんだよ。

忍耐とは、苦しいこと、悲しいことに耐えろ・・・・・・と言ってるんじゃないんだよ。


俺、仕事をしてても、そんなに「忍耐強く」とか「辛抱して」とか、やったことないんだよ。

その代わり、気持ちを暗い方とかに絶対持ってったりしないんだよ。

俺のお弟子さんで、俺の機嫌を取った人、「いない」っていうぐらいなんだよ。

何十年間も、これは自分で心を「愛と光」に置いてるんだ。

要は、優しくして、機嫌が良くて明るい所にいつもいるんだよ。

わかるかい?


みんなが否定的なのは、実は、習慣なんだよ。

みんなが暗い、っていうのは、習慣なんだよ。

で、あなたの習慣、じゃないんだよ。

あなたの考えは、あなただと思ってるけど、実は親の考えとか。

その親はおじいちゃんの考え。

先祖代々、そういう考えで。

後は世間の言うことを聞いてるだけで。

あなたの本当の考えなんか、何パーセントもないんだよ。

あなたが、あなただと思ってるのは実は本当の、あなたではないんだよ。

わかるかい?


本当の自分でいるには、自分がいつも、神の領域にいることなんだよ。

愛と光にとめておくことなんだ。

だけど、みんなすぐ、戻っちゃうんだ。

よく、「タバコがやめられない」っていう人がいるじゃん。

で、誰かが、刀みたいの持ってきて、「タバコ吸ったら、刺しますよ」と言ったら、タバコやめるよな(笑)。

わかるかい?

それと同じように、自分で自分の心に刃物を置くんだよ。

愛と光から心がぶれないように刃物を置くんだよ。

いいかい。

忍耐の「忍」という字は、刀の下に心を置くんだよ。

例えば、歯磨きでも、左から磨いちゃう人が、

「右からの方が正しいんだ」

と言われたら、一週間ぐらいが我慢して、意識的に右から磨くようにすればいいんだ。

要するに、反対側からこうやってやる癖をつければ、自然と右から磨くようになっちゃうんだよ。


だから、クセをつけるまでは、、心に刃物の「押忍!」という気持ちがないとできないんだよ。

わかるかい?

グッと忍ばないとダメなんだよ。

それで、心を、愛と光のところに置いておかないとダメなんだよ。

OKかい?


覚えといてよ、神の声の聞き方


だから、「忍耐」とは、嫌な亭主でも我慢しましょう、とか、どんなことでも我慢しましょう、とか、そういうことを、言ってるんじゃないんだよ。


忍耐とは、辛抱強く、心を明るい方に置くことなんだよ。


そうすると、どういう現象が起きるか、というと。

いいかい。

人はワクワクすることをすると、成功する・・・・・・・って本が、随分出たんだよ。

それを、はなゑちゃんやなんかが、二十何年前に、

「これ、一人さん、本当なの?」

と言ったとき。

それ、すごい危険な考えだよ、って。


なぜかと言うと、人間の心が愛と光にいるときは、神の領域だから、神のひらめきなんだよ。

ところが、「心配だ」って思っている人もいるよね。

例えば、「老後が心配だ」って。

「このままで、あたしたち、やっていけるのかしら」

って、思ってる時に、投資の話が出てきて、月1割くれる、とかって言うと、その人も、ワクワクするんだよ。

問題は、成功者にだけアンケートをとったら、「ワクワクしました」って言ったんだよ。

わかるかい?

失敗者もワクワクはしてるんだよ。

だから、神の領域にいるときにワクワクしたんですか?

悪魔の領域にいるときに、ワクワクしたんですか?って。


たくまの領域でワクワクした場合は、よく考えなきゃいけないんだよ。

考えると、「そんな、投資話なんか、あるわけない」って。

テレビやなんかでも、聞いてんだよ。

それで、「考える」というのは、知識の賜物なんだよ。

わかるかい?

知識だから、もしかすると、オレオレ詐欺で、

「おかあちゃん、俺だよ」

と言ってても、そういうの、テレビでやってたな、とか。

「本当にお前、あれだったら、なんつう名前なの?」とか。

「生年月日、言ってごらん」とか。


悪魔の領域の人は、よく考えなきゃいけないんだよ。

で、神の領域の人は、ひらめきで行動しなきゃいけないんだよ。

要は、「愛と光」でやってりゃいいの。

わかるかい?

悪魔の領域で浮かんだことにワクワクしたからって、やったら、えらいことになっちゃうんだよ。

だから、友達に聞くとか、な。

人に聞けば、人の知識までもらえるんだよ。

ところが、神の領域でひらめいたものは、行動した方がいいんだよ。

「愛と光」の領域の時にひらめいたものは、神のひらめきだから、やっても間違いがないんだよ。

だから、成功者は必ず、愛と光の、神の領域に、心を置いてるんだ。

わかるかい?


周りが闇・・・・・・が、神がくれる
最初のプレゼントなんだよ


心を神の領域に置いてる、そこに辛抱強く、忍耐強く心をとどめる癖をつけるんだよ。
そうすると。

俺なんかの場合、「いろんなものが、よく、ひらめきますね」って言われるけど。

「愛と光」のところに忍耐強く心を置いとくと、いろんなひらめきがくるようになるんだよ。

だから、これは誰でもできるんだよ。


で、こういうことを聞くと、

「あぁ、人は愛と光なんだ。言ってみよう、やってみよう」

ってやりだすと、心の中に灯がともるんだよ。

で、こういう話を聞かない時は、無明の世界といって、闇の中をライトも付けずに車を運転しているようなもんだから、やたら事故ったり、ぶつかったりするんだよ。


ところが闇の中で、あなたの心に、灯がともりました。

そうすると、何がわかるんですか?

周りが闇だ、ということが分かるんだよ。

これが神のプレゼントで、まず第一の気づきなんだよ。


どういうことですか?・・・・・・・って、自分が天国言葉を言ったり、「私は愛と光と忍耐です」とかって、言ってても、周りに暗い人ばっかりいるとか、地獄言葉を言う人ばっかり、だとか言うんだよ。

それって実はやっと気がついたんだ。

あんたもそれを言ってたんだよ。


そういうことなら、辛抱強くやり続ければいいんだ。

忍耐強く「愛と光で」って、やってればいいんだよ。

そうすると、あなたの光が大きくなるんだよ。

そうすると、周りも照らし出されて、変わってくるんだよ。

で、俺たちは、人生という時間。

今、こうして喋ってても、1分、1分、時間が過ぎるように、旅路を歩いてるんだよ。

それで、心に灯をともしながら、「愛と光と忍耐」ということで答えを出して歩いていると、類友の法則で、類は友を呼ぶ・・・・・・・といって、同じような仲間が集まってくるんだよ。

そこで人生が変わりだすんだよ。


わかるかい?


だから、これを淡々とやり続けなきゃいけないのに、

「周りが暗いからヤんなっちゃう」

って、地獄言葉を吐いちゃいけないんだよ。

周りが暗いから電気がいるんだよ。

電気の球で「闇夜うがヤんなっちゃう」とかってないんだよ。

闇夜を照らすために光はあるんだよ。

だから、俺たちはそのために灯をともすんだよ。

で、天国言葉、「私は愛と光と忍耐です」を言い続けるんだよ。


誰でもこの言葉を言うと、状態は良くなるけど、心に引っ掛かりができて、

「次はもうちょっと、いいことを言おう」

「もうちょっと、いいこと言おう」

って、魂が成長する。

そうすると、それでも、神様が地獄言葉を言いたくなるような、試験をくれる。

で、その試験をくれても、相も変わらず、愛と光で、忍耐強く、これで答えを出すんだよ。

そうすると、その闇のような問題が消えてなくなるんだよ。

わかるかい?

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村