20191229105200

斉藤一人さん 問題解決の方法教えます

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20201013153338j:plain

 

 

問題解決の方法といった、具体的な目的に対する方法論です。

 

 


私たちは悩むために生まれてきたんじゃないの


何か自分に問題が起こった時に、「ひとりさんだったらどうやって解決するか」って考えるのは、一人さんの考え方を参考にしながらも、自分にできる範囲で考えるから、その人にとって、一番良い答えが出るんだよね。

それを、「私に直接聞いたほうが、良い答えがもらえると思う人がいる」けど、人の魂を成長させるために問題が出てきたんだからね。

私から答えを聞くために出てきたんじゃないんだよ。

占いでも参考にするのはいいけど、「占いでこう出たから」といって、自分の思考を停止させる人がいますが、それは良くありません。

「すごく当たる」と評判の占い師に占ってもらったとしても、出た結果に依存して、自分の判断を占い師に任せちゃうと、その人の運勢はいつまで経っても良くならないんです。

私たちはこの世に、問題に悩んだり、振り回されたりするために生まれてきたのではありません。

問題を解決するために生まれてきたんです。

さらに言えば、問題解決を通して魂を成長させるために生まれてきました。

だから神様は、あなたが解決できる問題しか、あなたに出しません。

一見、「こんな難しい問題、自分には解けない」と思うこともあるかもしれないけれど、答えは自分の中に必ずあります。

その答えを導き出すのが、魂の成長にも繋がるんです。

だから答えが「正しいか、正しくないか」よりも、その答えを導き出す「過程」が重要なんだよね。

例えば、足し算と引き算を習っている最中の小学1年生に出た問題を、私が方程式を使って答えたらそれは間違いなんです。

商売を始めて1年目の人には1年目の人のための答えがあります。

それをベテランが答えてもダメなんだよね。

商人としての基礎体力が違うんです。


「弟子になる」とはその人の考え方を身につけることだよ

成功したかったら、「ひとりさんに、その方法を教えてもらおう」じゃなくて、「ひとりさんだったらどうするんだろう」って考えることです。

「ひとりさんがサラリーマンだったらどうする」だろうとか、「ひとりさんが主婦だったらどうするんだろう」ってとにかく考える理由。

今の自分の抱えてる問題を「ひとりさんだったら・・・・・・」と考える。

それが弟子になるっていう事なんです。

「ひとりさんだったらどうするだろう」という種を自分で蒔かないと、それが実ることはありません。

松下幸之助さんの勉強をするのなら、「松下幸之助さんなら、どうするだろか・・・・・・」って考えるんです。

稲盛和夫さんのことなら「稲盛和夫さんなら、どうするだろうか・・・・・」なんです。

もし、そうじゃないんだとしたら、弟子になる必要はありません。

誰かの弟子になるというのはそういうことだからね。

「あの人ならどうするか・・・・・・」って考えないで行動するのは、結局、自分の考えで行動していることになります。

それで、今まで成功してない自分の考えで行動しても、成功するはずないんです。


世の中の不況とあなたの不況は別問題!

この世の中は豊かさに溢れています。

神様は気前がいいんです。

このことを頭に入れておかないで、「世の中が不況だ」って言うと、不安の波動を出すことになります。

人間というのは出したものが返ってくるからね。

「世の中は厳しい」と言っている人には厳しいことが起こります。

だから厳しいような気がするの。

この世には「因果の法則」というのがあって、起きた結果には必ず原因があります。

「お金がない」っていう人は、お金を使うことが好きなんです。

それで、ある分だけ使うからお金が残らないの。
貯金が好きな人には必ず貯まったお金があります。

世の中が不況なのと、あなたが不況なのは別問題なんです。

それでお金のない理由を「世の中が不況だから・・・・・・」って言い出すと、「不況だからしょうがない」ってなって、自分で努力をしなくなります。

それがいけないんだよ。

私たちに起きた問題は、どんな問題でも必ず解決できます。

学校で出るテストには答えがあるのと同じように、神様は私たちに解けない問題は出さないんです。


親子それぞれの成長があるんだよ

先日ある人から「娘が受験でナーバスになって、荒れています。

どうすればいいでしょうか?」っていう相談がありました。

実はこういう相談ってすごく多いのですが、人はいくら自分の子供でも、「してあげること」と「してあげられないこと」があるんです。

自分以外の人に対して、屋根のある家に暮らさせてあげるとか、三食食べさせてあげることはできても、その人が幸せになる考え方ができるかどうかまでは、責任を持つことができません。

だから私は、「娘さんには娘さんの魂の成長があるんだから、あなたはあなたの魂が成長することを考えな」って言ったんだけど、多くの人はそれができないんだよね。

多くの親は、「子供を構うのが愛」だと思ってるの。

でもそうではないんです。

家族というグループは、誰か一人でも魂が向上して波動が変わると、同じように変わるようになっています。

それを、自分を変えようとしないで子供を変えようとするから、「それは間違いですよ」ということを知らせるために、辛いことが続くんだよね。

娘は娘で学んでいるんです。

そういう時期なんです。

だから、親は娘の事を信じてあげて、自分の魂を向上させることに務めるの。

釈迦は人類の中で、まずは自分一人だけでも悟ろうとしました。
その結果、多くの人を救うことができたんです。

でもこれが、悟る前に人のことを構っていたら、自分の悟りには到達できず、「近所のうるさいおじさん」で終わっていたかもしれません。

いくら家族だからといっても、娘には娘の魂の成長があります。

そして、親には親の、魂の成長があるんです。

共に考えることはとても大事です。

共に考えることで、その人たちの魂は同時に上がります。

でも多くの人は、自分を変えずに相手を変えようとします。

これは「神の法則」に反するからうまくいかないんです。

だからみんなで「この問題で魂が成長して、その問題が二度と起きないようにするにはどうすればいいか」を、そこにいる全員で考えるんです。

そうすれば、全員の魂が上がるんです。


人のことを優先すると幸せになれないよ

私達は幸せになるために生まれてきました。

その「幸せになる」というのは権利ではなく、義務なんです。

それなのに、幸せになれない人がいます。

なぜ、幸せになれないのかと言うと、自分の魂を成長させるために生まれてきたのに、人の事を優先してしまうからです。

それは一見、正しいことのように思えるけど、実はサボっているんだよね。

私たちはそれぞれ、自分の魂を成長させるんです。

それで、「魂の成長って何ですか?」って言うと、「愛」なんです。

それで、「愛とは何ですか?」って言うと、愛とは「許し」なの。

だから、「だらしない自分」を許すの。

「自分に意地悪した人」を許すの。

そうやって許していくと、だんだん垢のようなものが取れて行くからね。

だから「愛するって何ですか?」というと、自分を許す、許せない人を許す、自分の生き方と違う人を許す、考え方の違う人を許すんです。

それでまた、許せない人が出てきたら、その許せない自分を許すの。

そうやって、許して、許して、許していると、だんだん魂が成長していって、人間は神様に近づいていくんです。

 

なぜかよく怪我をしたり、事故に遭う人へ

なぜかよく怪我をする人とか、事故に遭う人に言ってもらいたい言葉があります。

それはこれです。


「もっと自分を許します」


この言葉を言ってみて、何も感じない人は、それはただの不注意です。

でも、言ってみて何か気になるとしたら、それはあなた自身が自分に罪悪感を持っていたり、自分をどこか「許せない」と思っているからなのかもしれませんね。


ただ、その人がそうなったのには、そうなった長い歴史があって、その考え方で自分を守ってきたんだよね。

だから、「自分を許します」って言うの。

それで、「もっと自分を許します」を1日10回言うと決めて、それを習慣にして長くやっていると、「こんなことを自分は許せてなかったんだ」とか、自分の許せていないところに気づいて、すごく気持ちが楽になるからね。


世間の目を気にしすぎていたりとか、必要のないことで自分を追い詰めていたりとか、いろんなことで自分を縛っていたものが「もっと自分を許します」という言葉で解き放たれて、楽になるんだよ。


この言葉以外にも、たくさん言葉が載っているけど、自分に合うのはをやればいいんです。

自分が「ピン!」とくる言葉を言って、気持ちがぱっと明るくなったり、心が軽くなったりしたなら、それはあなたに会った言葉なんだよね。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村