20191229105200

斉藤一人さん 神の知恵

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200920152558j:plain

 

 

自分のためにもなってお客さんのためにもなって、地域のためにもなって、そして神様が「偉いね」って言ってくるような考えをしていると、知恵を引き寄せるんだよ。

 

 


お客さんの視点で改良すること


先日、あるお店に行った時の事です。

そのお店のメニューをそこの店主は立ってはったんだろうけど、お客さんは座って見るんです。

だから目線が合わないんだよね。

そこの店主は魚釣りが好きだって言うからこういったんだけど、魚を釣るのだってどの餌をくっつけよう、どの浮きを使おう、鮎を釣るんだったらどれくらいの深さにしようとか、決まりがあるんだよね。

それと同じで、お客さんの目線に立たないとダメなんだよ。

表の看板の文字も、自分の手元で見えるように書いたんだろうけど、走っている車から見えないとだめなの。

そんなことを研究していると面白くて、さらにお客さんがうんと入ってくれるようになるんです。

だからとにかく、いいと思ったことは全部やる。

なぜならば、この地球は行動の星だから。

それでやってみると、うまくいかないことが起きる。

そのうまくいかないことは改良するの。

それに落ち込んだり悩んでいる暇なんかないんです。

「これが最高だ」と思うのでも、出すと同時に「どこが悪いんだろう」ってじっと見て、改良点を探すの。

そうすると、「ここがダメだった」とか、「この味がきつすぎた」とか、「個性が無さすぎた」とか、「これじゃあ、お客さんが来てくれない」とかってわかるんです。

だから、失敗してから次を考えるようでは遅いんです。

「これが失敗するとしたら何が原因だ」ってじっと考えてないとだめなの。

それが社長業なんだよ。

いいと思ったことは全部やる。

自分が無だと思っていたのが、夢があった、体があった。

だから働けばいいんだ。

それで世の中には、ラーメンの作り方を教えてくれた上に、給料までくれるところがあるんだよ。

世の中ってバラ色なんです。

そしてお金を貯めながら、お金の値打ちも分かるようになる。

それと、「俺はラーメン屋で一生過ごすんだ」って思わないほうがいいよ。

それはラーメン屋で一生を過ごすことが夢の人が思うことなの。

でも私が話ししているのは、大実業家になる話をしてるんだよ。

ラーメン屋でも改良を積んでいくと、今度はチェーン店にしてみようとか、次の展開が見えてくるんです。

経験ができて、お金ができて、信用ができてくると、チャンスはいくらでも回ってくるんだよ。

だからとめどなく行けるんです。

これが第一。


「大我」に合わせれば失敗しない


失敗しない方法があるんですか? って聞かれるけど、

それは「大我」に合わせればいいんです。

自分にもよくて、お客さんにもいい。

そして周りの人達にも支持される。

なおかつ神様が〇をくれる。

これが一番最高なんだよな。

それで、「人はなぜ行動しないんですか?」って言うと、成功の反対側を向いている人が行動をすると、1000M行くと1000M分、成功から離れて不幸になるんです。

そのような、動いて努力して失敗してる人を山ほど見てるんです。

だから自分もああなるのが嫌だから動けなくなるんです。

ところが自分のためになって、お客さんのためになって、会社だったら同僚のためになって、会社のためになって、それで神様が〇をくれるような働き方をしていたら、失敗なんていうのは絶対にないんだよ。

よく、「がんばってるけど、周りから浮いちゃうんです」って言う人がいるんだけど、浮いちゃうということは人と違うことをしているんです。

自分の仕事が終わったら隣の人を手伝う。

そういうことをしてたら浮く事ってないんだよ。

自分がんばって、手伝える人がいたら手伝って、自分が偉くなったら周りの人が働きやすい環境を作って、会社のためになって、お得意先のためになることをしてたら間違いないんです。


神様はモノを出さない


大我で生きるということは舵なんです。

大我で生きて圧を上げる。

圧とは推進力なんだよ。

でも推進しても、「どこへ行くんですか?」っていう話になっちゃうの。

それがどんな仕事でも、自分のためにならないといけない。

お客さんの為にならないといけないし、周りの環境にも良くないといけない。

そして神様が〇をくれるような考えにならないといけないんだよ。

「俺だけがが儲かればいい」じゃなくて、お得意先にも喜んでもらって、仕入先に代金払って、税金も払わないとこの国ではやっていけないんだよ。

これはどの仕事でもそうなの。

この考え方が舵なんだよ。


これに圧をかけていれば、自分の所も潤って、お客さんも喜んで、近所にも「あのお店ができて良かったね」って言われればいいんだよ。

それで税金もちゃんと払って、みんなに喜ばれるお店を作って失敗するわけがないんだよ。

そういう正しい考えになると「神の知恵」を引き寄せるんです。

「税金なんて払いたくないよ」っていう人に神が味方するわけがないんだよ。

あなただけが良ければいいんじゃないんだよ。

みんなが良くないといけないんです。

国からもらう時は「わ~」っと取ることだけ考えるけど、1円でも税金が上がるとものすごい勢いで反対するんです。

でもそのお金は誰かが出さないとダメなんだよ。

それで、その「この国のためにがんばろう」っていう人に神は知恵を出すんです。

神様はモノは出さないんです。

だから「物質化現象」なんてあっちゃいけないんだよ。

俺たちには知恵というものをくれるんです。

自分のためにもなってお客さんのためにもなって、地域のためにもなって、そして神様が「偉いね」って言ってくるような考えをしていると、知恵を引き寄せるんだよ。


自分の器を育てること


だけど、いくら知恵が来ても行動しない人には、何の意味もないんです。

東大の試験が全部解けるとしても、何も書かずに出てきたら0点なんだよ。

「知ってる」じゃダメなんです。

書かなきゃダメなんだよ。

この星は行動の星何です。

そののつもりで行くと、もっと役に立ちたい、地域のためにも何かしたい、税金ももっと払いたいなってなった時、何をやっても成功する事業家になれるんだよ。

最初はまったくの無から始めてもいいんです。

そこに「事業家になりたい」という夢が無から生まれたんです。

お金も何もないと思っていたら、「お金を稼げる体があった、手があった、足があった。だから始めよう」なんだよ。

それで始めるとどうなるかと言うと、最初からはうまくいかないんだよ。

そこで改良するの。

そして、いいと思うことは全部やるんだよ。

それを「何がいいですか?」って私に聞いてもダメなんです。

私ができることとあなたができることは違うんだよ。

一人一人違うんです。

だから、あなたがいいと思ったことに果敢に挑戦する。

それが一発で当たるほど、この世の中は甘くないの。

それに一発で当てるようなことは当てても価値がない。

だから改良して、さらに改良するの。

この改良癖というのは、よく「親方からこう習ったから、その通りやってます」って言うけど、それでは事業家になれないんです。

改良癖がないんだよ。

もっと良く、もっと良くなるんです。

それと、私たちのためにお客さんがいるんじゃないの。

お客さんがもっと喜ぶ事って何だろう?

そうやって発展していくと人も使える、雇用も生み出し、税金も払えるんだよ。

自分の考えていることのスケールが大きいですか?

考えているスケールの小さい人に、大きいことはできないんだよ。

「おちょこ」にはバケツの水全部入らないんです。

でもあなたは自分の器を大きくしておけば、おちょこぐらいだったのがバケツになり、樽ぐらいになる。

自分を育てていけるんだよ。

だから自分を育てていかないといけないよ、っていうことなの。

「無から有を生む」ってたったこれだけのことなんです。

 

神様の知恵はタダ


それと、行動の星に来て行動しないのは間違いなの。

大我とは何ですかというと、どこから出発しても「目的が正しい」という舵があるんだよ。

この舵なくして走ると、とんでもないところに行っちゃうよ。

そんなとんでもないところに行って失敗している人を見てるから、恐れて行動できなくなるんだよな。

だけど一人さんは、仕事を始めてから一ヶ月も赤字を出したことがないんです。

成功し続けているんです。

そして、その方法でをタダで教えているんだよ。

何故かって言うと、私もタダで習ったからね。

お金を払って習ったんじゃないんだよ。

神様が知恵をくれる。

自分には何もないと思ってたけど、自分にも知恵がある。

自分によかれ、他人によかれって大我に合わせてると、大我から知恵が来る。

こんな凄い事をが私たちにはあるんです。

だから下駄屋から始めようが、八百屋から始めようが、何でも改良なの。

それで、大きい事業家になろうと思ったら、どんな仕事をしてもいいんです。

成功者って「元からその仕事ですか」って、そうじゃないよ。

いろんな仕事に移りながらこうやって、やってくるの。

だから何でもできるんです。

なんでも改良なの。

要するに、今より少しでもいいことを考えればいいんだよ。

お客さんにとってね。

私たち商人はお客さんに奉仕する生き物なんだよ。

それで喜ばれた量が売り上げになって返ってくるの。

だから、喜ばれないようなことをしていてはダメなんです。

ラーメン屋でまずくてお客さんが来ないのに「この味で行きます」って、あなたは良くてもお客さんが迷惑なんです。

だから、もう少し美味しいものを作ってください。

列なすほど美味しいものを作って下さい。

そしたら楽しいし、お客さんにも喜ばれるんです。

それで、「これを当てたから、これで一生行きます」って言うのも人生です。

だけど、いろんなことを改良できるのだとしたら、何をやっても成功します。

次のチャンス、次のチャンスって、必ず与えられるんです。


無から初めて成功する人っていっぱいいます。

すごいお金持ちになる人がいるんです。

そういう人達って大概、ひとつの仕事じゃなくて、次、次ってやってくるの。

これが神のチャンスなんです。

これこそが「無から有を生む」ということなんです。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村