コンクラーベ

斉藤一人さん 夢のなり方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

f:id:shiho196123:20190710165752j:plain

 

人生で一番大変なのは竹の節と同じで、一番下の節が一番硬いんです。これをコツコツやっているとこれが穴が空くんです。

 

 

 

 

 

 

今から夢の話をします、夢の実現の仕方を教えます。これから夢は実現します、斎藤一人さんの夢を話します。
この話は一番評判が悪いんです、この話はやめてくれという話がたくさん来てます、斎藤一人さんは絶対に止めないそうです。
夢がなくなると人は寂しいです、だから斎藤一人さんはみんなに夢を持ってもらいたいんです。斎藤一人さんはみんなの夢を聞いてると嫌になるんです。
苦しいんです、夢らしくないんです、斎藤一人さんの夢は広い牧場を買います、そこに裸の女性を放し飼いにします。朝起きると運動がわりに、追っかけて行って、誰かを手篭めにします。それを妻がベランダで揺り椅子で編み物をしながら、温かい目で見守っています。
それで斎藤一人さんがいない時は、みんなが集まって、斎藤一人さんのことを褒めます。これが斎藤一人さんの夢なんです。
そうするとこの前、斎藤一人さんの夢がくだらないとかどうのこうのとか言ったんです。それではお前は遊びに来ないのか、行きますとその人は答えました。
なぜそんなことを言うんですか、なぜ斎藤一人さんはそんなことを言い続けるんですか、だって夢というのは叶わないから夢なんです。
斎藤一人さんが月まで行って、月からおしっこをして、家の庭の池におしっこをするんです、それって出来ないですよね、出来ないことを夢と言うんです。

 

f:id:shiho196123:20190710165845j:plain

 

目標

僕の夢は小さくてもいいから一件お店を出したいんです、今フランス料理を一生懸命に習っていて、フランス料理のお店を場末でも良いんです、田舎でも良いんです、一見店を持ちたいんです。
それが僕の夢なんです、それは夢ではないんです、目標とか目的と言うんです。目標とか目的なんですから、月1万円ずつでも貯金すればいいんです。
フランス料理を一生懸命していると目標と言うのは、早く達成するんです。みんな計画通りに行かないと言いますが、行かないんです。
なぜかと言うともっと早くなりますから、だから夢として語っているから、いつまでも出来ないんです。
斎藤一人さんの牧場も、未だに完成しないんです。だけど目標にすれば何とかなります、それは嘘なんです。
ちゃんとした目標にすればいいんです、目標にすれば行動するんです、計画を練るんです。夢と言ってるだけで気が済んでるんです。
そうじゃなくて、夢ではなくて目標にすれば、店はこうしてするとか、すれば経理が必要だから少しは覚えておこうとか、お金貯金しようとかやっていると大概は早くなるんです。

 

 

 

 

 

最初の節

人生で一番大変なのは竹の節と同じで、一番下の節が一番硬いんです。これをコツコツやっているとこれが穴が空くんです。
これが穴が開くと、途中は楽ですから、誰でも1回壁を超えると出世するんです。また壁があるんです、ところがこの壁が薄いんです、最初の節よりはずっと薄いんです。
ところが人間界というのは、嘘ばっかりついているんです。
自然界とは違うんです、小学校より中学校の方が難しい、中学校より高校の方が難しい、高校より大学の方が難しい、そういう風に思ってるんです。
しかし自然界にはだんだん厚くなるということはないです、上に行けば行くほど薄くなるんです、ところが下から壁を見るとすごく厚く見えるんです。
本当は薄いんです、だからスコンと抜いちゃうとすぐに行けるんです。だからいくらでも抜けちゃうんです、ところが一個出てくるたびに、次は難しい、難しくて、難しくて、次は簡単なんです。
だから出世する人はどんどん出世するんです、なぜかと言うと簡単だからです。一番最初が一番難しいんです。
みんなが夢という言葉を使いたいのならば、使っても良いんです。みんなの顔を立てて夢としましょう。夢を実現させる方法は、夢は小さく努力は大きくするんです。それはうまくいかない人は、でかい夢を見るんです。それで努力が小さいんです。うまくいくわけがないんです。

 

f:id:shiho196123:20190710165952j:plain

 

主任

小さい場末で小さいお店でも持ってれば良い。会社で主任が一番下だとすれば、主任になるための努力をいっぱいするんです。
たかだか主任になるぐらいにこれほど努力をした人は見たことがないという努力をするんです、そうすると主任になるんです。
ここから先なんですが、人はここから上を目指すんですね、上を目指してはいけないんです。自分が主任になれば、下に主任にもなれない人がいてるんです。
その人にやり方を教えるんです、場末で小さい店でも持てば、店とはこういう風にして持つんだよと人に教えることが出来るんです。
こんな小さい店でも、こうしてすれば繁盛する事が出来るんだよと一生懸命に人に教えるんです。神の配慮でどうしようもないわからずやがやってくるんです。
わからない人だから、何度も説明しなければいけないんですが、そのうちに説明が上手になってくると自分の考えが整理できるようになるんです。

 

 

ピラミッド

例えばピラミッドだと思ってください、自分が三角の頭だとすると下が出来るんですね。一段上がるんですね、その下の人たちにまた教えるんですね。
手の込んでも何でも下から伸びてくるんです、自然界のものは下から伸びてくるんです、それを上ばっかり見てるんです、だから転ぶんです。
下を見て歩いてください、上を見て歩いているからひっくり返るんです、夢は小さく努力はでかくそれで上手くいけば惜しみなく下に教えるんです。そうすると何故かもう一つ上に行くんです。
そうすればそうなった方法をまた教えるんです、するとまた上に行くんです。競争も何もいらないんです。
斎藤一人さんは偉い人とかすごい人とか一人も知らないそうです、会ったことがないそうです、それよりも人間というのは、自分の知りたい事を求めて上を見るんです。
自分の知っていることですら、求めている人が下にいてるんです。その人に教えればいいんです。たったそれだけなんです。今日この話を知った人は、知らない人のために教えなければいけないんです。
教えてみれば、いかに自分の説明がまずいかというのがわかります。それでも下に下に向かってやっていれば良いんです。

 

f:id:shiho196123:20190710170032j:plain

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村