コンクラーベ

斉藤一人さん 地獄の沙汰も適度なお金

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20190822234230j:plain

 

お金に力があるということは実はないんです。だから適当でいいんです。適当で幸せになることを考えてください。

 

 

笑いたい

斎藤一人さんはテレビには出ませんから、漫画にして出したいという話があったんですが、ある人が漫画を書いて持ってきたのですが、すごくおじいさんなんです。


斎藤一人さんは目が点になったそうです。日本漢方の会長さんだということだと、老眼鏡をかけて杖をついてというイメージだったんです。


面白いことは色々とあります。面白くない人というのは、面白くないことを考えているんです。

よく性格の不一致とかというのがありますよね。本当はそうではなくて、面白くないんです。


面白くないだけで離婚して良いんですか、良いんです。テレビでもなんでも、面白くない番組もず~っと3年も見てはいられないんです。


やっぱり人間というのは面白くなければいけないんです。面白いことを考えれば、面白いんです。

斎藤一人さんの会社でも、スリムドカンとか、びっくりスタイルとかも考えて、斎藤一人さんがご自身が笑えないと嫌だそうです。


売れるか売れないかではなくて、笑えるか笑えないかなんです。

面白くないとダメなんです。面白くない人というのは、お金を持っても、面白くなさそうに使うんです。

 

経済学者の責任

面白い人というのは、常に面白いことを考えていて、斎藤一人さんがこの前経済の本を初めて書いたそうなんです。


経済の本を初めて読んだ人が、面白いと言うんですね。ということは経済が面白くないわけではないんです。

経済学者が面白くなかったんです。そのことがはっきりと判明されたんです。

みんなはどうすれば面白くなるだろうかと考えなければいけないんです。


私がこの世に何のために生まれてきたかといった時に、遊行と言って、ここに遊びに来たと考えてるんですね。


だから仕事も遊びなんです。全部遊びなんです。だから遊びなんですから、楽しそうにしていなければいけないんです。


納税トップになると決めた時に、株はやらない、土地の売買はしないと、ハンディをつけて難しくするんです。


なぜそんなことするんですかと言えば、サッカーでも足しか使ってはいけないから面白いんです。

女の人はこういうことをすれば邪魔が入るんですよとか、身内が邪魔したとか、邪魔があるから面白いんです。


サッカーでもゴールに好きなだけ入れてくださいでは、やってられないんです。

色々な人が反対したり邪魔したり、色々出てくれば、いよいよゲームは面白くなってくるんです。
ゲーム感覚でやってるんです。だからゲームのようにしていると楽しいですよね。

この前もお金の話になりますが、お金の話をしてくださいと言われたんですが、お金の苦しみについて話をしてくださいと言うんです。

 

f:id:shiho196123:20190822234539j:plain

 

お金に苦しみはない

斎藤一人さんは「お金に苦しみはないですよ」と答えたんです。必要以上のお金を持とうと思った時が苦しいんです。


後は必要なぶんだけないときが苦しいんです。それは個人的な問題であって、お金の苦しみではありません。


それから斎藤一人さんみたいにお金持ちになりたいんですと言う人がいますが、斎藤一人さんはよしなさいと言うんです。


魚屋さんだって、日本一の魚屋さんは、お魚がいっぱいありますよね。商人はお金がいるんですよ。

支払いも入りますし、本当にたくさんいるんですよ。
魚屋さんに行けば魚いっぱいあるでしょう。普通の家庭であれば、冷蔵庫にあるぐらいで良いんです。

それ以上の魚を求めるからおかしくなるんです。

「揚子江に住むカワウソは川の水を全部飲もうとうはしない」

あまり必要のないものを求めれば、苦しくなるんです。だから適当な量で、中国のことわざで、「揚子江に住むカワウソは川の水を全部飲もうとうはしない」。


揚子江のカワウソは自分のぶんだけ飲んでるんです。必死になって水を飲んでいれば、お腹が膨れて死んでしまいます。


だから必要程度で本当に良い良いんです。あとお金の力についても話してくださいと言われたんです。

お金って、たくさんあれば力があると思ってる人がいてるんです。

お金があれば幸せになると思ってる人がいますが、お金持ちでも不幸な人はいっぱいいます。


お金持ちになってはいけないと言ってるのではなくて、もしお金に力があるのならば、今、年金なんかを使って、何千億も使って、ホテルかなんかをどんどん作っていますが、何千億というのは全部赤字なんです。


膨大なお金をかければ、お金に力があるということは実はないんです。だから適当でいいんです。適当で幸せになることを考えてください。


人間は楽しい程度で止めなければ、体に悪いんです、もっと本書いてくださいとか、もっと講演会をやってくださいとか、斎藤一人さんは嫌だそうです。

畑とか田んぼを見ているのが好きなんだそうです。


それがハッピーなんです。人間は自分がハッピーな事ってあるんです。自分がハッピーなことをやっていないとダメなんですよ。

 

f:id:shiho196123:20190822234951j:plain

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村