20191229105200

斎藤一人さん 鏡を見ると、たいがい自分の顔が映るんだよ

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20201201121534j:plain

 

 


この人が、あなたの神様なの。

自分のために、こんなにがんばってくれる人って、いないんだよ。

 

 

鏡に映っている人が、あなたの神様なの

「私、出世したいんです」

っていう人が、皆さんの中にもいると思います。

でも、あなたを出世させるかどうかは、会社の上役とか社長が決めるんだよ、って、私は言うのね。

それから、商売をやってる人なら、あなたのお店で物を買うかどうかって、人様が決めるんだよ。

世の中って、ほとんど他人が決めるんだよ。

だから、他人が見たらどう思うかを考えなきゃいけない。

「私は、『ツイてる』を一日一万回言ってるんです」

って、言っても、シャツの襟首なんかが、垢だらけになってて、汚いんだとしたら「ツイてる」を言うのは1000回にして、残りの時間を洗濯した方がいいよ。

人間には心、魂がある。

ここに、神様がいるんだ。

神社へ行くと、お社の中にね、鏡がある。

神社の御神体って鏡だから。

それで、うちの「ついてる神社」にも、一応、ちっちゃい鏡が置いてあるんだけど、それを見るとね、大概自分の顔が映るんだよ。

別の顔が映ったら怖いからね。

大体、自分の顔が映るの。

そうすると、鏡に映ってる人が、あなたの神様なの。

だって、自分のためにこんなにがんばって、自分のためにこんなに行ってくれる人って、いないんだよ。

時々、自分に手を合わせた方がいいよ。

それで、自分に、

「ありがとう」

って、言った方がいいよ。

「僕、自分が嫌いです」

とかって、言う人もいるんだけど、そんなことを言ってないで、自分のこと、好きになりなさい。

「隣の人が嫌いだ」

っていうのは、構わないよ。

相性っていうのがあるからね。

でも、自分のことが嫌いでも、引っ越すわけにはいかないんだから。

自分からは引っ越せないんだよ。

自分を好きになるしかないの。

それで、自分の神様は自分なんだよ。

自分が神様だとしたら、その頭はお宮の屋根と同じなの。

だから、これをぐちゃぐちゃにしてちゃいけないよ。

「私、玉の輿に乗りたいんですけど」

って言ってても、顔がね、埴輪みたく、無表情になっちゃってて、髪の毛がワカメみたく、顔にべたっとくっついていたら、あなたの存在は光らないんだよ。

もうちょっと、自分が傍から見て、どう見られるかを、ちゃんと考えたほうがいいよ。

それで、そんなことが、ちゃんとわかってる人が精神論者なんだよ。

自分のことが分かったら、人の気持ちも少しは分かるじゃない。

それが、精神論者なの。

「ちょっとくらいかな」
と思ったら、ちょっと髪の毛染めるとかね。

ヘアースタイル変えるとかした方がいいよ。

頭っってね、神社の屋根なの。

それが、ぐじゃぐじゃになってる人がいると、私、

「クシでとかしたらいいよ」って、いうんだけど、

「いいのよ、うちはお金ないから」って言い返されちゃうことがあるんだよね。

でも、お金でとかすんじゃないでしょ、って。

櫛ぐらい、あるでしょ。

顔だって、服装だってそうなんだよ。

インドの奥地とかで、難行苦行してる修行僧じゃないからね。

時々、テレビとかでやっている番組を見たりしない?

「すごい修行僧ですよ」

とかって、紹介されて、どんな人が出てくるのかと思ったら、髪の毛こんなんなっちゃって、褌一丁で。

修行僧がいいんですよ、人の幸せのために使用してくれている人だから。

私たちは世俗の人間だからね。

だから、たった1%。外見。

外から見たらどう思われるか、ぐらいは気にしないと駄目なの。

自分は、花として生きているだろうか。

花のような顔をしてるだろうか。

そういう目で、鏡見ないとだめだよ。

人間界の花で、振り向いちゃうようじゃなきゃだめなの。

だって、他人は、まず、外見から入るんだもん。

「人間は中身ですよ」って言うけど、中身って他人には分かんないもん。

裸になっても、分かんないんだよ。

洋服着なくても、あなたの心の中は誰にもわかんないんだよ。

それなのに、

「中身は勝負です」

って、言ってる人もいるけれど、中身で勝負する前に、包装紙とか、色々あるでしょ、って。

デザインとか、色々あって初めて選んでもらえるんじゃない?

それでもって、

「素敵な人ですね」

って、言われるんでしょ。

人と話をしている時、肯定的なことを言ったりね。

否定的なことは言わないで、

「私は胴長だけど、座ると人より目立っちゃって、ツイてるんです」って言ってる人がいたら、私は、その人にほれぼれするよ。

だけど、順番ってあるじゃない?

相手は、外から中へ入ってくるんだよ。

その外をしっかりしないとだめだよ。

ブランドものを買え、とか言ってるんじゃないんだよ。

高価なものを買えって、言ってるんじゃないの。

あなたは、花んなんだよ、って。

私のお弟子さんたちも、ピンクの服を着たり、いろんな綺麗な色の服を着るの。

それで、女性はどんどん綺麗になる。

男性は、どんどん魅力的になるの。

そしたら、ここが天国なの。

だって、男が魅力的で、女がキレイだったら、天国でしょ。

ますます死にたくなくなっちゃいますよ。

ここが天国なんだよね。


済んだことは、変えられるの

今から、すごいこと言いますからね。

一生忘れられないようなこと、言いますよ。

いいですか?

「過去は変えられるけど、未来は変えられない」の。

一瞬、驚いた人、手を挙げて。

ね、驚いたでしょ。

もう一回言いますよ。

済んだ事は変えられない、あっ、違う、済んだ事は変えられる、間違えちゃいけない、俺が間違えちゃったよ。

しょうがない人だね、だから、こういう講演会は向かないって言ってるの。

そんなことは変えられるの。

でも、これから先のことは変えられないよ。

過去は変えられるけど、未来は変えられない。

これを覚えとくと、すごくいいことがあるの。

では、今からお話しますよよ。

みんな、よく言うじゃない?

「済んだ事は変えられないけど、これから先のことはあんたの自由になるよ」って。

でも、そうはならないんです。

残念だけど、変えられるのは過去なんです。

もちろん、過去にあった出来事を、もう一度やり直したで、消したりっていうことはできないよ。

でも、心出過ぎたことを思うときは、それは思い出じゃない。

思い出って、どんなふうにでも変えられるの。

例えば、自分は小さいからも病気ばかりして、辛い思いをしていた、と。

そういう人がお医者さんになったりすると、患者の気持ちがよく分かる、良いお医者さんになったりするんだよ。

その時、

「自分は、病気だったんだ。

でも、その経験があるから人に対して、病人に対して優しくなれたんだ。

病気してよかったな」

とか思える。

どんなに辛い過去、嫌な思い出も、幸せと思えば思えるんです。

それをオセロゲームみたく、ポンポンと、幸せに変えて行く。

私もね、学生時代は、勉強とか、嫌いだったんですよ。

なんで、嫌いだったかっていうと、成績が悪かったからなんですね。

だけど、それがために早く社会に出て、今みたく生まれたんだ、とか、勝手に済んだことですね、

「だから、幸せなんだ」

って、変えるんです。

それで、

「だから、今、幸せなんだ」

って、思えると、そこから先の未来は、全部しあわせなんです。

ところが、ずぅーっと不幸な人に、

「今日から幸せなりなさい」

って、言っても、なれないんです。

どうしてかというと、不幸な癖がついてるから。

何でもかんでも不幸とおもちゃう癖がついてるから、これから先に起こる出来事も不幸に見えちゃう。

この世の中のことって言うのはね、起きる事っていうのは、幸せにとろうと思うと、とれるんです。

辛いと思うと、「辛い」と思えるんです。

日本で働いて、やれ、給料が安いだところ、仕事がきついとかって言っていても、世界中から、「日本に入りたい」っていう人がいるんだよ。

日本に来れればいいからって、密航する人だっているんだよ。

だから、日本がしあわせか、しあわせじゃないか、って、その人の思い方なんだよ。

「〇〇だから、自分が幸せだ」

と、思えるか、

「〇〇だから、大変だ」

と、思うかでね、、人生、全然違っちゃうんだよ。

病気にかかっていても、

「幸せだな。

俺は病気だけど、まだ生きてるんだ。

病気じゃなくても、二十歳で死ぬ人もいるのに、病気なのにまだ生きてるんだ。

ツイてるな」

とかって、強気なことを言ってると、免疫力が上がって治っちゃうんです。

不思議ななもんだけど。

病気でも元気になれ、とかって、言ってるんじゃないんだよ。

大概のことは、済んだこと、今、現在、幸せだと思える人は、こっから先、ずっと、幸せなの。

この話は、いい話になんだけど、次行きますね。

本当に、この話は覚えとくと、いい話で。


過去、ずっと不幸せだった人がいるの。

それで、幸せな人が、そのまま、幸せになろうと思っても、不幸癖がついてる。

なんでも不幸に考える人っているの。

辛いの、そういう人って。

その本人が、辛いんじゃないんだよ。周りが辛いの。

本人は気が付いていないけど、なんでもかんでも、

「私は不幸だ」

って、言ってるのって、ごめんね、意外と楽なんだよ。

なんでかって言うとね、幸せってね、努力がいるの。

だって、困難にあっても、こう考えたら幸せ、こう考えたら幸せって、考え直すんだよ。

でも、何もしないで、

「不幸せだ、不幸せだ」

って、言ってるのは、自分より幸せな人見つけてさ、

「あの人は幸せそうなのに、自分はこんなにも不幸せだ」

って、言っていればいいんだもん。

そうやって楽している人と、幸せを感じるための努力をしている人が会うと、必ず努力している人が負けちゃうの。

相手の迫力に押されて、不幸に見えてきちゃう。

本を一冊でも読んでいる人と、本も読まない人とがね、話し合ってると、必ず勝つのは本を読まないで何もしてない人。

やる気のない人の方が、強いんだから。

やらない人に理屈を言わせるとね、すごい筋の通ったこと言うの。

世界中どこへ出しても恥ずかしくないような、筋の通った話を、ずっとしてるんだよね。

あれ聞いてるとね、申し訳ないんだけど、辛くなっちゃう。

だからね、幸せになろうって、がんばってるよき仲間は、集まった方がいいよ。

それで、覚えといてね。

過去はね、済んだ事って変えられるんだよ。

お菓子、ろくでもない男に引っかかったから、男を見る目ができたんだとか、ね。

皆さん、自分でいろいろ考え直してください、ってことです。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

www.youtube.com

 お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

 

我が儘勝手で申し開きも御座いません。

 上記の赤色のボタンを押してくださいね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村