コンクラーベ

斉藤一人さん 健康

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20191018092413j:plain

 

斎藤一人さんは一生懸命に講演をしているから、風邪でも引かせて、体にできた癌でも殺してくれよという神様の配慮なんです。

 

 

 

年を取らない方法

 

みんなの役に立つ話をします。

この前、美容師の方が「斎藤一人さんは髪の毛を染めてますか」と尋ねるんです。

斎藤一人さんは「染めてないよ」と答えたんです。

美容師さんは「珍しいですね。白髪はありますか」とまた尋ねるんですね。

斎藤一人さんは「何本かあるよ」と答えたんです。

珍しいらしいんです。

それで年を取らない方法を知りたいですか?

人間は楽しく生きるんです。

もちろん栄養はいるんです。

楽しくしていると、1年がすぐ過ぎるんです。

1年が楽しいと、感覚の話なんです。

実際は1年ですが、半年が過ぎたと思うと、半年分しか歳をとらないんです。

感覚の話ですよ。

苦労すると老けると言いますよね。

辛い時は、時間が長いんです。

1年でもガクンと歳を取るんです。

毎日斎藤一人さんみたいに楽しくしていると、1年が3ヶ月くらいで、そのぐらいの感覚なんです。

これからは普通です。

コツは何かと言うと、自分の年が思い出すと駄目ですね。

人間って3ヶ月だなと思っていても、自分の年齢を言うと、脳はカチンとスイッチが入るんです。

斎藤一人さんは、個人的に「自分の歳を勝手に決める会」というのを運営されているんです。


年齢は自己申告

 

自分の年齢は自分で決めて良いんです。

みんなも自分の年は何歳ですか?

二十歳がいいとか、誰が何と言っても二十歳なんです。

斎藤一人さんの場合は、昔から27歳が好きなんです。

なぜかと言うと、三十歳になれば、分別のあることを、言わなければいけないという気がするんです。

斎藤一人さんはそれが嫌なんです。

分別のないのが好きなんです。

みんなも自分の年は、自分で決めていいんですよ。

「何歳ですか」と聞かれても、答えては絶対にダメです。

私、27歳で決めてます。

柴村恵美子さんは「私は18歳です」

日本は、自分の好きで決めていいんです。

後は毎日を楽しく過ごすんです。

そうすると歳はとりません。

嘘だと思うのならば、やってみてください。

本当に苦労すると、しわだらけになるんです。

老けてしまうんです。

こんなに老けてしまって、どうしたの。

そういう時は苦労してるんです。

毎日楽しいことを考えていれば、楽しいです。

自分は27歳だと思うと、もうひと花か、ふた花咲かせたいと思うんです。

そういう風に考えると白髪はできません。
本当にしてみてください。

これは冗談ではありません。

フランスのマリー・アントワネットが、捕まって牢獄で、1日で髪の毛が白髪になったんです。

真っ白になったんです。

苦労というのは、あまりしない方が良いです。

ここにいる人は、苦労が似合いません。

似合わないからやめた方が良いです。

 

f:id:shiho196123:20191018093005j:plain

慢性病

 

斎藤一人さんは今、風邪をひいておられます。

この風邪ってすごく大切なんです。

後で風邪の話をします。

ここにも慢性病の人がいると思います。

慢性病は急性病が治らなかったものです。

最初はみんな急性病です。

それが長く治らないと慢性病という名前に変わります。

 

難病

 

中には難病の方がいてます。

難病についての話をします。

神様的な病気の話です。

信じても信じなくても良いです。

病気というのは、自分の反省するところが、出てきた時に病気になるんです。

例えば自分が難病だとします。

自分の周りに難病の人がいるとします。

難病の人は、この話は聞きづらいです。

聞かなくてもいいです。

こういうこともあるのかなということで、耳に入れて置いといてください。

例えば難病の人に会います。

すごい暗い顔をしています。

「私、難病なんです」

「ところで難病の意味を知ってますか」

難病というのは、なかなか治らないという意味です。

もっと言えば、その難病は誰に言われましたか。

お医者さんに言われてるんです。

お医者さんがあなた難病ですよということは、私たちには治せないということを言ってるんです。

だから治せれば難病とは言いません。

お医者さん達には治せないというのが、難病なんですね。

そういう意味ですよね。

それをずっ~とお医者さんに通っています。

「私はいろんなお医者さんに通ってるんです」

相手は治せないと言ってるんです。

何を改めるんですか?

 

f:id:shiho196123:20191018093250j:plain

 

 

命という字は、人は一度はたたかれると書くんです。

命というのは1回は叩かれるんです。

肉体的にも病気するもんなんです。

その時自分で反省しなければ、いけないことがあるんです。

まず絶対反省しなければいけないこと、良いですか。

 

被害者意識

 

病気の人は、自分は被害者だと思ってるんです。

被害者ということは、加害者がいるんですよね。

加害者は誰ですか。

奥さんですか。

隣の旦那ですか。

その隣の旦那ですか。

それは違いますね。

あなたが病気になった理由は、あなたですよね。

だって伝染病ではないんです。

伝染病だって、風邪の菌がいくら飛んでいたって、うつらない人はうつりません。

それを自分だけ病気になるんです。

そうすると考え方を変えよう。

考え方が8割です。

残りの2割はたいしたことありません。

普通に炊くご飯の中に、玄米を1割ぐらい入れて、普通に炊けばいいんです。

食事も変えないんです。

考え方も変えないんです。

それで自分は被害者だと言ってるんです。

暗い顔して当たり散らしていると、奥さんが被害者なんです。

あなたは被害者でありません。

斎藤一人さんがこういう風に言うと、こういう風に言う人が居てるんです。

私はすごい難病で、考え方を変えて、食事ぐらいで治るような病気ではないんだ。

そんな立派なことを言いますが、その病気になるためにあなたはどんな努力をしたんですか。

ただ食事をして、へんてこりんなことを考えていたんですよね。

病気になる人の特徴というのは、愚にもつかないことで悩むか、愚にもつかない事で怒り出すんです。

これが血を濁すんです。

食べ物といえば、肉ばかり食べているとか、甘いものばかり食べているとか、自分がバランスを崩して、勝手に病気になっていて、私は被害者ですという顔をしてるんです。

あなたが保険代やなんかを、いっぱい使うから、みんなが困るんです。

斎藤一人さん、お医者さんがいらないと言ってるのではないんです。

お医者さんは必要なんですよ。

薬も必要なんです。

お医者さんの数は年々増えているのに、寝る時間もないほど働いているのに、まだ病人がいてるんです。

自分が反省をすることをすればいいんです。

自分の食べ物を変えようとか、考え方を変えようとか、それでお医者さんに行くのなら良いです。

自分は何も変えないんです。

斎藤一人さんははっきり言いますが、お医者さんがあなたを病気にしたなら、お医者さんのところに行けば良いんです。

だってお医者さんが原因ないんでしょ。

その人が知ってるんでしょ。

お医者さんが原因ではありません。

人間というのは、自分の病気を自分で治せるんです。

 

f:id:shiho196123:20191119095330j:plain



 

免疫力

 

斎藤一人さんは今、風邪を引いてるんです。

風邪って、風邪をひくとまず足がだるくなるんです。

なぜかと言うと、うろうろ出歩かれると、治りが遅くなるんです。

ちゃんと足がだるくなるようになってるんです。

その次に寒気がするようになってるんです。
本当は寒くはないんです。

寒気がすると、寒いと体が勝手に思い込んで、熱を出すんです。

熱が出ると免疫力が上がるんです。

鼻水やなんかが出ますよね。

これは箘いやなんかを洗い流すんです。

免疫力が強くなってきて熱が出ると、今度は体の中のばい菌を殺すんです。

ばい菌を殺すと、今度は黄色い洟になって出てくるんです。

最後になってくると被害が出るんです。

それだけではないんです。

人間の体って、がん細胞なんかは、1日に何百と出るんです。

勝手に殺すんです。

殺しきれなくなると、風邪を引くんです。

風邪をひいて熱が出ると、がん細胞なんかを殺すんです。

うまくできてるんです。

人間の体って、切るでしょ。

雑菌を洗い流すために血が流れるんです。

雑菌を流し終わると、かさぶたができるんです。

それで遮断するんです。

その間に中で治すんです。

治し終わると今度はかさぶたが、剥がれて元に戻るんです。

 

神様の配慮

 

神様が作ったものは絶対なんです。

間違いができないんです。

偏頭痛なんかといいますが、頭痛が病気だと思ってるんです。

自分が勝手に緊張するんです。

首がこるんです。

その緊張がとれると、脳に血がいくんです。

その時に血管が広がるんです。

広がると痛いんです。

痛いからといって、痛み止めで血管を縮めるんです。

リュウマチですとかいって、腫れるんです。

腫れるとそこに血が行くんです。

血が行くと死骸を集めて排除するんです。

腫れてるとはそういう状態なんです。

痛みというのは血管が広がってるんです。

それを簡単に言うと、痛み止めやなんかで、血管を細くするんです。

だから病気が何年も続くんですというのは、本来いうと、考え方変えて食べ物を変えて、少しずつ良くなってくると、薬を減らして行かなければならないんです。

だって人間の体は、薬でできてるものはないんです。

だから本来は人間なんかは、病気なんか長く続くものではないんです。

斎藤一人さんの講演でいろんなところを回っているんです。

公園で風邪を引いて嫌になるではないんです。

斎藤一人さんは一生懸命に講演をしているから、風邪でも引かせて、体にできた癌でも殺してくれよという神様の配慮なんです。

 

f:id:shiho196123:20191119095051j:plain


 

勢い

 

一から始めるって、どういうことですか?

というと、ものは1、2、3,4から始まるんですよね。

言葉は「あいうえお」から始まる。

この宇宙がドーンと爆発したときに、一番最初に出た言葉、「あ」なんです。

その「あ」が凝縮してたまってるところが、頭なんですね。

だから、頭というのは無限の広がりを持っています。

ものごとが次から次へと生まれるんです。

1とは、今、自分がいる場所なんです。

今、自分がいる場所から始めなければならないんです。

それで、人間というのは、本来は幸せになるように出来ているんです。

それで、自分が今まで歩いてきた道というものがあるんです。

それで、こっからこっちに行く、要するに成功の道が、こっちだとしますね。

それが、こっちに向かって歩いてっちゃう。

歩けば歩くほど成功から遠ざかってしまうんです。

ところが、この時点から向きをこっちに変えたとしますよね。

どこからでも、その人が向いたところから、成功の道にいけるんですよ。

だから、今までどんな生活をしててもいいんです。

 

試練と困難

 

それで正しい方向に向いて成功のほうに向かって歩きだしてくると、どういう結果が起きるかというと、自分を高めてくれる試練があるんです。

困難ですね。

その困難を乗り越えると、ご褒美がもらえる。

報酬というものがもらえるんですよ。

困難はどこに行ってもあるんです。

 

困難と報い

 

ところが、成功じゃないほうへ向かった場合、困難が出てくるんです。

その困難を乗り越えるというと、どうなるかっていうと報いがあるんです。

報酬の報も報いも同じ字なんですよ。

だけど、大きな違いなんです。

なんでかというと、苦労するんです。

間違った道でも苦労はあるんです。

そこで、苦労を乗り越えたら、幸せになれるはずですよね?

ところが、間違った道で乗り越えると、「この道は間違ってますよ」というのを、
教えるために出てきた困難だから、それを乗り越えたらもっと困難が来るんです。

だから、努力しても努力しても、結果がいつも報われない人は、必ず成功じゃない道を行ってるんです。

成功の道に出てきたことは、ひとつ乗り越えればご褒美もらえる、またひとつ乗り越えればご褒美もらえるんです。

この前もこういうのがあったんですよね。

あんまりこういう一例だから、自分とは対象にはならないと思うんだけど、旦那が暴力ふるってどうしようもないと。

あんまり酷いんでね。

駆け込み寺まで行って、駆け込み寺へ行ったらば、そこで初めてお経を聞いたんです。

そのお経の素晴らしさ。

自分はすごい感銘した時に、こんな素晴らしい体験を、実はさしてくれたのは旦那さんなの。

だから私は旦那のもとへ帰んなきゃいけないって、帰った人がいるんですよ。

ダメです。

もう暴力だとか、おかしいんです。

わかりますか?

お経はお経で聞けばいいんです。

帰ったらろくなことない、またもっと酷い目あうんです。

わかりますか?

もうねそっちいっちゃ、常識はずれのやつとは付き合ってちゃダメなんです。

いつかこの人が立ち直って、立ち直るのは、そんなの構っちゃいけないんです。

わかりますか?

仕事でも何でも自分はどんどんどんどん努力して、どうしてもうまくいかない。

上手くいかなかったら必ず自分が間違っているのではないか。

 

 

その間違ってること、ず~っと押し通すの実は我なんです。

この前、「ツカサのウィークリーマンションの社長」が出てて、潰れたんですよね。

そしたら、最初はなかなか銀行が相手にしてくれなかったけど、バブルの終わりごろなんか、これいかがですか?

自分がやっと銀行に信用されたんだって、いろいろ買っちゃったら、最終的にクズみたいなの全部押し付けられちゃって、潰れてったんですよね。

その時その人が、昔の週刊誌やなんか全部読み直してみたり、いろんな新聞見たら、もうバブルが潰れるということはずーっと出ていたんです。

ところがそれを見る目がなかったんです。

お知らせはでてるのにずっと見てない。

それは自分の我が強いんですね。

そんなことなりっこないだとか、冷静さを欠いてるんです。

もしかしたら自分は間違っているのではないか。

成功の道を歩きながらも常に自分に出てきた困難を乗り越えた時、報酬、神様からのご褒美、幸せ感、もうホントに良かったなってこれを頂いてますか?

乗り越える度また次の困難が、ご褒美じゃなくて報いが来てんだ。

そのことをわからないで、ず~っと行くといけば行くほど大変なんです。

成功がこっちなのに、こっち向いて歩いてる人がいる。

成功からず~っと遠ざかっちゃうの。

幸せから遠ざかります。

幸せの道ではないんです。

勢い

そういう人ってのは、勝手に変な解釈してるんです。

駆け込み寺行くほど殴られたりなんかしてるのに、その人のおかげでお経が聞けたとか、こじつけです。

それは、うんそうだねって言う人もいるかもわかりません。

でも、斉藤一人さんは言いません。

あなたの今を見てるから。

あなたには困難が襲ってきませんか?

とんでもないことが起きませんか?

そういうことしてると、本当に泥棒にもあうし強盗にも会うし、殺されることもあります。
そっちではないです。

行く道が違うんです。

自分の今いる位置から、成功のことを考えましょう。

さっき言ったように、経済のこともそうです。

今から経済のことを考えれば、正しい道ってわかるんです。

仕事の方もそうです。

さっき言った仕事の話にも出てたように、自分が新規の客を取らなければいけない。

それもどうせ取るなら勢いをつけてやらなければいけないんです。

と言った時、仕事はうまくいきだすんです。

成功の道へ向かい出すんです。

だから成功する人も、成功しない人も、大した違いはないんです。

ニコニコしてやってるか、勢い良くやってるか、こんにちはと言いながらやってるか、イヤイヤやってるか。

それで違うんです。

成功の道へは必ず、神様からのご褒美があるんです。

それで失敗の道は行かしたくないから、そっちじゃないそっちじゃないっと言って、次々と困難が出るんです。

困難を乗り越えても、報いは来ることあっても報酬はないんです。

えーなんか摩訶不思議な話ですから、これは聞ける人だけが聞く。

あの特に「生きがいの創造」とか、そういうの読み終わった人が、これを見るのはすごくいいことだと思います。

 

 

f:id:shiho196123:20191018093751j:plain

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村