20191229105200

斉藤一人さん 最後の晩餐があるとすればあなたは何を食べますか

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200907134154j:plain

 

 

それで最終的に一番美味しいと感じたものがありました。

それは食べ物ではなくて、「水」でした。

 

 


最後の晩餐があるとすればあなたは何を食べますか


これは人それぞれ違うのでしょう。

テレビとか雑誌などでも有名人が同じような質問に答えていますよね。

例えば、あるテレビ番組でユーミンが奈良の田舎そばを食べて死にたいって喋っていました。なるほどね。

私なら、きっとマグロの赤身のお刺身かな。

その心は、ほっとするし、飽きないから。

それと納豆。

ご飯に納豆がかかっていて、お醤油があって、赤身のマグロがあれば、私はそれでいいのかもしれない。

ちょっと待ってください。

大切なものを忘れていました。

私はこれまで50数年間生きてきたわけですから、それなりに色々な経験をして、色々なものを食べてきました。

それで最終的に一番美味しいと感じたものがありました。

それは食べ物ではなくて、「水」でした。

それぞれ好みがあるのでしょうが、その水を飲むと安らぐ気にさせてくれる水って必ずあるはずです。

私はそれに出会えたのでした。

直接飲み水にするだけでなく、その水でお茶を入れたり、出汁を取ったりすると、本当に美味しいのですね。

あれは今から十数年前のことです。

新潟の北方文化博物館で飲んだコーヒーの味が忘れられません。

連れて行ってくれた一人さんがぽつんというのです。

「ここのコーヒー旨いんだよ」

コーヒー豆のせいでなく、明らかに地元の天然水の柔らかみがコーヒーを数倍おいしくさせていました。

もちろん、これほど味に出会ったことはありませんでした。

新潟のコシヒカリを現地のお水で炊いてもらうと、それはとびきり美味しい。

ご飯だけでおかわりできるほどです。

近頃東京の水道水が一段と塩素が強まってひどいものになってきたので、おいしい水のありがたさをしみじみと味わっております。


自分の健康には自分で責任を持つ


寿命を全うするためには、今後の自分の体に対する責任は自分にあることを、いかに自覚するかでしょう。

誰かが責任をとってくれるわけはなく、全て自分自身に降りかかってくることですから。

私ぐらいの歳になると、大抵両親は70代か80代ですよね。

そうするとどちらかがまず具合が悪いわけです。

夫婦元気でせっせと旅行に行っているところなんて滅多にありません。

最近多いのは、入院した旦那さんに付き添いで奥さんが看病に頑張り、その甲斐あって旦那さんが退院したら、今度は奥さんが倒れてしまうケース。

これを繰り返しているのです。

子供が少なくなっているので、代わって面倒を見てくれる人手が足りないという面もあるかもしれません。

いずれにしても、大変な世の中になったものです。

私たちの世代はなかなか若い世代をあてにできない時代に年老いていくことになっているので、それをそれで定めとして受け止めなければなりません。

ですから、若い世代には私たちにどんどん発破をかけて欲しいと思っています。

まあ、若者が私達は甘やかしてくれることはないでしょう。

ですから、私達の年代は、そう簡単に衰えちゃいられないし、ましてやボケちゃいられません。
息子たちには、「死ぬまで仕事をしていたいから、隠居進めるような真似は絶対にしないでよ」と宣言してありますし、彼らも分かってくれているみたいです。

それが結局私のためなのですから。

仕事を退くわけ、現役続行を諦めるわけ、年齢だけで判断するなんてとてもナンセンスです。

もしも引き際があるのならば、それは自分で決めたい。

そういう仕事を持っている自分のことを幸せに感じています。


一人さんが唱える120歳寿命説の真意


「普通にやれば120年は生きられるはずなんだよ」

神様から与えられた寿命は120年なのに、勝手に私たち日本人の寿命は80年って決めてしまっている、と一人さんはだいぶ前から言っていました。

誤解を招くといけないので申し添えますと、この一人さんの言う神様とは、私たちがよく「神のみぞ知る」とか「神様の思し召し」とか言って用いる類の神様で、特に意味はありません。

一人さん自身も、「私は宗教家でもなければ、何かの宗教に入っているわけでもありませんが、神様という言葉の響きが好きなのです」と告白しています。

前置きが長くなりました。

一人さんが不思議そうな顔をして、よく私にこういうのです。

「昔は人生50年が常識だったんだ。

でもさ、私の目の前で平均寿命が倍近くになっちまった。

それが今後、さらに倍になることだってありうると思わないかい。

それを信じたらおかしいかい」

世間には様々な意見が飛び交っています。

例えば専門家たちは、今、日本人が世界一長寿だけれども、それはカウントの仕方がそうしているのであって、食生活が欧米化したことや、環境汚染の影響によって、日本人の寿命は確実に縮むだろうとをまことしやかに語っています。

それが常識だろうと言わんばかりの口調で。

でも、それが正論か邪論かその時になるまで誰も知ることができないわけです。

それを語って専門家たちももうこの世にいないかもしれません。

どうも私たちは、世間の常識とやるに非常に弱く、左右されるようです。

常識を権威に置き換えてもいいのかもしれません。

一人さんは、きっと常識を気にして神様からもらった寿命を削るのはよそうよ、と言いたいのです。

要は心の持ちようですから。

平均寿命には意味がありません。

自分の寿命を削らないように生きましょうね。


少しずつから始めよう

 

よく皆様から、「普段、一人さんは何をしているんですか」と聞かれますが、最近の一人さんはこんなことをしているんです。

一つだけお教えしますね。

一人さんはいろんなところを旅しているんですが、行った先々で小冊子をポストの中に入れて帰ってくるんです。

それをこの後の部分に出てきますけれど、ある時一人さんが私に向かって、

「おかしなことがあるんだよ。

日本の人って遠い外国の戦争で人が死んでもあんなに大騒ぎするのに、日本の国の中で毎年3万人以上の人が自殺しているのに何もしようとしないって、おかしいよね。

もしかしたらほとんどの人が自殺する人や急に落ち込んだりする人のことを、精神的な闇だと思っているんじゃないかな。

自殺したりする理由の一つが、栄養のバランスが悪かったり、血の濁りだっていうことを知らない人が、たくさんいるんだよね。

だったら少しでも知らせたいから、俺一人でも頑張るよ」っていってこの冊子を配っているんです。

以上です。

ありがとうございました。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村