20191229105200

斉藤一人さん 悪人

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200315113740j:plain

 

 

悪に合わせちゃだめだよ。

悪人に合わせたら、あなたが悪人になるよ。

 

 

親との関係


質問 親の事を許せない時どうすれば?


大人になって、親のありがたみや、親への感謝を、しみじみ感じられるようになりました。

それでも、小さな頃からのことで、どうしても、親のことを、許せないという感情を持って

ってしまうことがあります。

そんな自分が嫌なのですが、どうすればいいでしょうか


斎藤一人さん


「自分が幸せになる考え方、幸せになる努力をする」


それは、この質問自体が、少しめちゃくちゃなんです。

何故かっていうと、親に、感謝をしみじみ感じてると言うんだけど、感じてないから、そういうことを言ってるんです。

しみじみ感じてたら、子供の時のこととか思い出してぶつぶつ言わないです。

しみじみ感じてるような気がしてるだけです。

それで、ズバリ言いますけど、親に文句をいう人の特徴は、今、自分が不幸せなんです。

人間って、自分が幸せだなぁとか、花があって幸せだなぁとか、息ができて幸せだなぁ、空気があって幸せだなぁとかって、本当に幸せだと思うと、必ず親に感謝するんです。

親に文句を言ってる人は、自分が不幸なんです。

「私幸せじゃないもん」って言うけど、人間って、大病なんかしたりすると、生き返っただけで幸せ。

普通に生きてくだけで幸せ。

普通のことにすら、感謝できるんです、

人間っていうのは。

それが大人っていうものなんですけど、歳だけとってて大人になりきれない人がいるんです。

そういう人って、何かにつけて、不幸だとか不安だとか、不幸なことばかり考える癖がある。

で、不幸だ、不幸だといってるうちに、また親の事を思い出したりするんです。

だから、あなたは自分が幸せになる考え方、幸せになる努力をもっとしなきゃいけないんです。

そして、自分が本当に幸せになった時に、親ってありがたいなぁと思う。

それがバロメーターだと思ってください。

どこの親も完璧じゃないんです。

あなたもきっと親になればわかります。

あなたも完璧じゃないんです。


夫婦の関係


質問 時々爆発してしまう夫婦はどうすれば?


夫婦関係は、魂の修行なのだと、斎藤一人さんはおっしゃっています。

おかげさまで、そのことを知ってから、だいぶ楽になりました。

それでも、夫の言動が気に食わず、家事を僕に手伝いもしないくせに!

と、時に爆発してしまいます。

夫は夫で、俺だって頑張って稼いでいるんだ!

と言います。

こんな夫婦に、アドバイスを頂ければ幸いです。


斎藤一人さん


「神様がつけてくれた不満があると知っておく」


素晴らしいアドバイスがあります。

人間は不満な動物なんです。

不満が常にあるんです。

神様がつけてくれた不満というものがあって、そこが動物と違うところなんです。

ゴリラとか猿とかって、別にジャングルの中にいて不平とかなんとか持ってないんです。

例えば、雨が降ってても、大概の動物は濡れているんです。

ところが、人間だけは「屋根が欲しいな!」とかって、そうしたら「濡れずに済むな!」って、屋根を作ったりするんです。

屋根ができてしばらくすると、「壁もあった方がいいな。そうしたら風が避けられて」という風になるんです。

壁ができると、今度は「風通しが悪いから窓があった方がいいなあ」とか。

本当に屋根だけで喜んでるんです。

そのうち、壁ができて壁だけで喜んでいるんです。

今は、夏も涼しいほうがいいなあなんていって、扇風機が作って、しばらくは扇風機で喜んでいたんだけど。

人間って、慣れるのと、飽きるというのがあるんです。

飽きてきちゃうんです。

同じことに。

で、また不平不満を言い出す。

常に不満があるんです。

「家事もろくに手伝ってくれないで」って、ろくに手伝わないというのはいくらか手伝うんですよね。

最初のうちはいくらか手伝ってくれたことに満足しているんです。

ところが、また不満が起きるんです。
人間が歩いていたら・・・・・・、サルなんかは歩いているだけで喜んでるんだよね。

ところが人間って馬を捕まえて、もっと速く、人間が走る以上に走りたいとかって言って、馬を捕まえて馬に乗ってみたり、車作ってみたり、飛行機作ってみたり。

常に飽きるんです。

で、常に不満があるんです。

だから、あなたが旦那さんに不満を持つのは当然なんです。

旦那さんもあなたに不満を持っているんです。

それを適当なところで妥協するんです。

それを適当なところで妥協するんです。

話し合って、じゃあこうしようとかって、例えば妥協したとしますね。

そうすると、しばらく経つと、妥協してもまた不満が出るんです。

そうすると、また話し合ったり、妥協したりするんです。

そうすると、しばらくはいいんです。

で、またしばらくすると不満が出るんです。

人は不満が出る動物なんだ、不満が出る生き物なんだっていうことをまず、念頭に置いた方がいいんです。

そうすると、ああ、こういう生き物なんだって。

私だけが不満なんじゃないんです。

不満があるから今の文明があるし、人間の進歩もあるんです。。

そういうふうに思うと、いろんなことがよく見えてきます。

しっかり、そういう目で見ると楽しいですよ。


子供との関係


質問 子供が悩んでいる時は?


子供が、友達のことや、勉強のことや、人生のことで、悩んでいる時に、どうやって、声をかけ、勇気づけたらいいのでしょうか。

あまり干渉しない方がいいのか、どうか、悩んでしまいます。

アドバイスを頂けたら幸いです。


斎藤一人さん


「自分は愛されてるんだと、子供が分かるような、答えを出してあげる」


子供が悩んでいたら、「どんなことで悩んでいるんだい?」とか、「お母さん、絶対あなたの味方だよ」って。

自分は、お母さんとか、お父さんが絶対、味方してくれるんだって。

悩みのない子供はいないんです。

人生って、生きていけば必ず悩みにぶつかるんです。

その時に、あなたの味方なんだっていうことが、はっきり分かるような・・・・・・。

あなたの味方なんだっていうことが、子供にわかるようにしてあげてほしいんです。

それで、よく勘違いしている人がいるんだけど、子供と一緒になりきっちゃう人がいるんです。

親なんだから親らしくしてほしいんですけど、子供と一緒になっちゃって、子供が、ちょっと成績の良い親の場合ね、いつも100点取ってるのが、90点になるとすごいガッカリした顔をするんです。

「ああ、残念だったね」とかって言うんです。

それが、ものすごく子供を傷つけるんです。

それよりも、「何点だっていいよ、お母さんあんたのこと大好きだから」とか言ってあげてください。

子供が「お母さん、俺さ、今回の点数悪かったんだよ」と言った時に、「大丈夫よ。私あんたのこと大好きだから。点数はね、何点だって、あんたのこと大好きよ」って。

「野球でレギュラー落っこちちゃったんだ」とかって言うと、お父さんが「なんだよ、お前、もうちょっとだったなぁ」とか、それが愛だと思ってるけど、それ、子供と同じだよ。

子供は、自分でがっかりしてるのに、親にまでがっかりされたら、ものすごく辛いんだよ。

親なんだから親らしくしてほしい。

「レギュラーなんかなろうが、なんだろうが、俺にとってお前は最高のスターなんだよ。そんなこと気にすることないよ。お父さんはお前の味方だよ」って。

そう言って欲しいんです。

もっとひどいになってくると、子供に勉強させたくてしょうがなくって、子供がいじめられてるのに、勉強塾に行かせて、「勉強で見返してあげましょうね」とかって。

勉強なんかで見返したら、余計殴られるよ。

毎日殴られてるのに学校に行くのって、大変なんだよ。

「お母さんくっつい手であげるよ」とか、「じゃあお前、空手でも習いに行って、少林寺拳法でもやんな」とか、本当にこの子のためを思ってるんだって、子供が分かるようにしてください。

それから、そういう親だったら、「いや俺もさ、子供の頃、お前ぐらいの時にさ、時代が違うから悩みが違うけどさ、いろんなことで悩んだよ。

だけどさ、今になったらそんなこと、忘れちゃってるぐらいだから、人生の登竜門だな。

ただ、お父さん、お母さん、本当にお前のためだったら何でもするし、いつも味方だから、遠慮なく言ってくれよな」って。

子供が見てて、自分が愛されてるんだっていうね、答えを出してください。

愛されてるんだ、って答えが出れば、それだけで十分です。


職場での人間関係


質問 自分を敵視する人が職場に出現した時は?


もしも、職場に自分のことを敵視したり、足を引っ張ったりしてくるような人が出現した時、できれば、そんな人とも、力を合わせてやっていきたいのですが、どうすればいいでしょうか。

教えていただければ幸いです。


斎藤一人さん


「世間は、見てないようで見ています」


あなたのことを敵視してるんだよね、足を引っ張ったり、いろんなことをしてるんだよね。

そういう人とうまくやる方法とかって、ないよ。

もし、あるとしたらね、相手がやってきても、自分はやらないことだよね。

あなたは足を引っ張ったりしないことだよね。

相手にやられたから、俺もやり返すっていうと、二人だけの世の中、世界にいるように思うけど、実はどっちが正しいか決めるのは、周りにいる人だよ。

だから、明らかに嫌がらせをしたり、足を引っ張ったり、そういうことをする人というのは、周りから見てても、嫌な奴だと分かる。

あなたにだけやってるんじゃないよ。

誰にでもやるんだよ。

その中で、あなたはそういうことをしないとか、あなたは汚い真似をしなかったら、世間が決めるんだよ。

その時仕事やなんかで嫌なことをされて負けたとしても、人間って長い目で見たら、そういうことをしない人がいい。

それから、あなたが周りのいろんな人を助けたり、じゃない仕事の手伝いをしてたりしてたとするじゃない。

そうしたら、みんなあなたの味方をするよ。

世間って、見てないようで見てるよ。

だから、あなたがしないこと。

相手が、したきゃすればいいの。

汚い真似をしたきゃすればいいの。

でも、汚い真似を好きな人って少ないよ。

ほとんどの人は汚い真似は嫌だよ。

だから、その人は、バカなことしてるんだよね。

腹立てたり、自分もやり返してやろうとかって思ったら、同じ汚い人間だよ。

そういう人の機嫌取る必要ないよ。

悪に合わせちゃだめだよ。

悪人に合わせたら、あなたが悪人になるよ。

ただ淡々と、正しきことを行ってください。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村