コンクラーベ

斉藤一人さん 英才教育

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20190825210102j:plain


 

 

 

 

英才教育というのは、なんの脈絡もなく、突然に1万円をあげたりするんです。

それが誕生日とか、お正月とかでは駄目なんです。なんで今日お金をくれるんだ。突然お金をもらうんです。

 

 

 

英才教育

この前、うちの子供の教育をどうすれば良いかという人がいて、斎藤一人さんは「英才教育をしなさい」と言ったんです。

英才教育とはどういうことかといえば、お金に対する英才教育です。斎藤一人さんは、英才教育をされて育ったんです。

お金って、子供の時に三つの使い方があるんです。昔は、家の手伝いが当たり前で、ただで働かされていたんです。

その時は一番日本が貧しかったんです。そのうちに、段々と、例えば下駄箱を掃除すれば、100円あげるとかです。

これをやるとどうなるかといえば、働けば、お金になると思うんです。

それは良いんです。これは続けなければいけないんです。働けば、お金になるということが分かるんです。

それでは英才教育にならないんです。

それでは英才教育にならないんです。英才教育というのは、なんの脈絡もなく、突然に1万円をあげたりするんです。

それが誕生日とか、お正月とかでは駄目なんです。なんで今日お金をくれるんだ。突然お金をもらうんです。

そうすると脳は、ここの家に生まれただけで、お金がもらえると理解するんです。

 

f:id:shiho196123:20190825211107j:plain

 

臨時収入

 

脳が臨時収入を受け入れるようになるんです。時々、何の労働もなく、不労所得が入ってこないと、人を妬むようになるんです。

うまくやってる人を妬むようになるんです。これは、代々お金に苦労する家の特徴なんです。

一子相伝のようにず~っと続いているんです。本当なんです。斎藤一人さんのところは、おかげさまで、外からお客さんが来れば、「僕ちゃん」とか言ってお金をくれるんです。

やたらお金をもらえる家なんです。非常に臨時収入があるのが当たり前なんです。人にもそういうことがあるものだと思っているんですが、自分がそれを許されないで、一回も許されないと、臨時収入がなくなるんです。

うまくお金が入り込んで来なくなるんです。なぜこないんだといえば、そういう人を許せないから、そういう事を許さない波動を出しているんです。

ここにいる人も、私もらっていないんですと、今から言っても駄目です。

今から言っても仕方ないんですが、誕生日にお小遣いをあげれば、誕生日にお小遣いをもらえると思うんです。

関係がない日でないとダメなんです。そうすると、人はウキウキするんです。人を妬まなくなるんです。

あの人にも、良い事があったんだねと思うようになるんです。自分にも良いことがあるんです。

臨時収入だけでは生きていけないですから、ちゃんとした収入があるのはいいんです。

時々臨時収入があれば、ものすごくハッピーになるんです。自分は臨時収入が少ないんです。

 

距離に比例

 

どうも仕事がうまくいかないんです。お金回りが悪いんですという人は、どこかで人のことを恨んだり、妬んだりしているんです。

お金に偏見はないんです。人に偏見があるんです。妬みというのは距離に比例するんです。

アメリカで誰かが、100億円の遺産をもらっても、そんなに腹が立たないんです。隣の人が1000万もらった方が、腹が立つんです。

距離に比例するんです。どの距離に近づいてきた時に、友達に良いことがあったとか、兄弟に良いことがあったとか、良い事があった時に、「良かったね」と言える人は、こちらももらう準備はできています。

空に向かって、いつでもOKですよ、妬んで心を閉じている人は、それが出来ないんです。

へんてこりんな教育じゃなくて、たまにお小遣いを1万円あげたりするんです。

これが英才教育なんです。

 

f:id:shiho196123:20190825211402j:plain

 

経済観念

 

お金の事って簡単なんです。この前、みっちゃん先生の子供が、水泳教室に行ってるんですが、友達と遊んでいるほうが楽しいので、サボって行かないらしいんです。

斎藤一人さんは「魚ではないんだから、泳げなくてもいいんじゃないの」と言ったんです。

でも、みっちゃん先生は、月謝を払っているから、サボっていれば、もったいない気がすると言うんです。

月謝は7000円です。子供は行かないんですから、子供に1000円あげて、お母さんは6000円の得なんです。

行きたくないとこ行かない上に、子供は1000円もらえて、お母さんは6000円の得なんです。

この当たり前の計算が、さらさらっとできれば、経済とはこういうものですから、経済観念が働くようになるんです。

周りの人が泳げれば、自分も泳げないとという気持ちがするんです。斎藤一人さんはちなみに金槌です。

泳げない人は溺れません。水の所に近づきません。水に入るときは救命具を必ずつけています。

泳げる人が危ないんです。そんな簡単なことをちょっと覚えておいて、たまにお小遣いをあげるといいんです。

 

 

不労所得

 

斎藤一人さんがだいぶ前に、シンガポールに行ったんです。街の中をおじさんが自転車を漕いでいるんです。

そのおじさんはとても痩せていて、そのおじさんが1台の自転車を抜いたんです。斎藤一人さんはそのおじさんに、お金をあげたんです。

そのおじさんは、なぜお金をもらえたか分からないんです。またもう一台抜いたんですね。

だから斎藤一人さんは、またお金をあげたんです。そうすれば、そのおじさんは、自転車を抜けば、お金をもらえるんだということを、理解したんです。

どんどん抜くんですね。だから不労所得というのは、元気が出るんです。

ほとんどの人は、労働以外でお金が入ってくることが、いけないことだと思っているんです。

そうすると労働だけになるんです。斎藤一人さんは小さい時から、お金をいっぱいもらえたんです。

なぜかといえば、本当に可愛かったんです。

親が子供を愛していないわけではないんです。自分達は働いても、お小遣いももらえなかったんです。

その頃の日本は豊かでしたか? 貧しいんです。

豊かになれば、働いたぶんだけ、お小遣いをくれるようになったんです。でも、そうではなくて、ロックフェラーの息子でも、大学の時に、みんなアルバイトをするんです。

外国では大金持ちでもするんです。だけど親はアルバイトの金で生きるとは言わないんです。

大体働けば、1日どれくらいかを、教えるために働すんです。だけど大学の授業料とかはちゃんと払うんです。

お金持ちの家はダブルで知っているんです。これが偏るとダメなんです。簡単に言えば、働かないで、お小遣いばかりもらってる人は、社会で通用しないんです。

働いたぶんだけしか収入がなければ、貧しくなるんです。逆にいえば、うまく収入を入ってくる人を見れば、腹を立てるようになるんです。

腹を立てれば、天に向かっても、世間に向かっても、許せない波動を出すんです。

許せない結果、お金の入っている人は何の問題もないんです。許せないあなたにだけ入らないんです。

許せないのはあなたなんです、もらっている方は全然許しているんです。もっともらいたいと思ってるぐらいなんです。

要するに人の幸せを願うことから始めなさい。人に良かったことがあれば、「良かったね」と言えるようになってください。

まずこれをやらないと出来ません。仕事が成功したからです。仕事が成功したからといって、お金の苦労をしている人は、山ほど居てるんです。

サラリーマンとかで、臨時収入がやたら入ってくる人が居てるんです。親から財産を貰う人とかいろんなのがいてるんです。

おしなべて、人の良かったことを「良かったね」言える人です。覚えなければいけないことは一個だけです。

人に良いことがあれば、「良かったね」。

たったこれだけなんです。だから斎藤一人さんのお弟子さんも、一番最初に習ったことが、実はそれなんです。

 

f:id:shiho196123:20190825211636j:plain

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村