20191229105200

斉藤一人さん 神の陽

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200316105328j:plain


 

 

 

だから、心が第一。

「心が第一」の時代が来て、その時代こそが、陽のあたる時代。

神の陽が当たる時代です。

 

 

 


大切なのは言葉です


次は何をすればいいですか?

中国に文句を言って、政府に文句を言っているうちは救われますね。


あんまり、人の事は言いたくないのだけれど・・・・・・。

一流商社に勤めていたけれど会社を辞めて、タクシーの運転手になった人がテレビに出ていました。

もちろん、顔を隠された状態で、ですよ。

その人が、「会社を辞めたら、収入がこれだけ減っちゃったんだ」って。

もちろん、顔を隠された状態で、ですよ。

それで、自分が辞めた会社の景気が悪いと聞いた時、「ざまあみろって思いますよね」と言っていたのです。

何を言うか、何を思うかはその人の自由ですが、せめて、テレビに出る時ぐらいは、

「私も一時お世話になった会社だから、景気が悪いと聞けば景気が悪いと聞けば、そりゃ、心配ですよ。

仲間だっているんだから」

と言ってもらった方が、ね。

その方が、テレビを見ている側は気持ちいいですからね。


それから、今は、経営者の方も苦しいと思うのです。

自動車メーカーに雇われていたのが、突然、解雇されて困っている人もいます。

本当に、大変な思いをされていると思います。

だけど、「私、トヨタさんに感謝してます」とか。

「いすゞさんに感謝してるんです」とか。

そう言ったら、社長さんたちだって、どんなにかね。

がんばって、「もう1回、この人たちを戻そう」という気にもなりますよ。

「6年間も勤めていたのに解雇されてとかいうけれど、その6年間、ホームレスにならなかったのは、その間、使ってくれたトヨタさんがいたからであり、いすゞさんがいたからなんですよね。

それを「ありがとう」ともいわないのだとしたら。

さらに苦しい時代が来るんですよ。


今、喋っている言葉に愛はありますか?

 

私は別に「会社に要求してはいけない」「辛いといってはいけない」と言っているのではありません。

私がいっているのは、

「あなたの言葉に、愛があるだろうか。

しゃべっている言葉に、心の豊かさがあるだろうか。

心が豊かにならないと、実際に豊かになれない時代が来たんですよ」

ということです。

愛のある言葉をいって、心の豊かさがある人だったら、他の会社の経営者だって、

「そんなに感謝している人だったら、うちの会社に来てほしい」

そう思うもの何です。

人にはいろんな事情があって、事情を知らない私がこんなことを言う資格はないのかもしれないけれど。

「昨日、辞めさせられて、今、500円しかないんです」って。

5年も6年も勤めていて、社宅みたいのに入っていて、やめてから1日目で「今、500円しかないんです」というのは寂しいです。

アリ、昆虫のアリさんだって冬に備えて一生懸命蓄えるのです。

だから、きっと、その人はそういうのがわかった方が、幸せになれるしね。

もちろん、炊き出しをしている人もご苦労さんだし、いろんな人が愛でやってくれているんですよ。

だけど、これからは自分にも人に対する愛とか、感謝とかをね。


心は言葉です


今まで、アメリカががんばってくれていたから、日本もちょっと前までは景気が良かったです。

アメリカが転んだら、こんな風になったということは、日本の実力って、こんなものなのです。

もちろん、中国も、がんばってくれていました。

そのことが分かった時、文句を言ってる前に、

「今度は自分たちががんばる番だ」

という気になりますね。

それが、普通だよ、と言ってくれてる人がこれから増えてきます。


世の中人が、ジュワーッと分かってくるのに、あと、5、6年もかかるんですけれど。

だけど、もう、分かってしまった人を、神様は「わからせよう」とはしません。

それを証拠に、さっき話した旦那さん、たった一人、

「会社に感謝してます」

といったその従業員はお給料が倍になって、次の会社に採用されたのです。

文句をいうのはその人の勝手だけど、みんなが、もし自分が社長だったら、

文句ばっかり言っている人と、「この会社に感謝してます」という人と、どちらを雇いますか。

答えは、言わなくても分かりますよね。

そういう時代が来たのです。

本当に良い時代です。

だって、お給料倍にして採用されたその人は、心でもって教育係にされたのですよ。

学歴で採用されたのではないのです。

持っている技術とか、じゃないですよ。

会社が技術で人を雇うのなら、技術を持っている人は誰も辞めさせてないですよ。


これ以上、苦しまなくていいですよ


もちろん、技術がいらないのではありません。

学校で勉強する事も大切なんです。

だけど、他にもう一つ、大事にされるものは、心です。

心の豊かさ、話している言葉です。

そういうものが重視される時代が来たんですよ、って。


だから、体のことも、そのうち、

「自分の考え方とか、食事とか、生活が悪いからなったんだよ。自分も尚さなきゃ」

と思うなかったら、自分が苦しいですよ。

今、医者が足りないのではないのです。

患者が多いのです。

お医者さんは次々誕生して増えているのです。

自分のことはひとつも直そうとしないで、

「医療が悪い」

「救急車が来るのが遅い」

文句ばっかり、ずっと言ってるけど、文句ばかり言っている人ほど、苦しむ時代が来ちゃったんですよ、って。

こういう時代は悪い時代ですか、いい時代ですか、といったら、「いい時代になった。やっと心の時代が来たんだ」ということです。

 

あなたに、陽が当たります!


人は誰でも、心は豊かになれます。

学歴だったら、子供に上の学校へ行かせられない親もいるじゃない?

今、お金がない人もいるじゃない?

だけど、心は誰でも豊かになれるものです。

そのことが、みんな、分かってくる。


皆さんも、感謝をしている人と一緒に働きたいでしょ?

もちろん、私もそうです。

仕事って、そんなに難しいことではないのです。

だいたい毎日、同じことしてるんだから。

特殊な能力がいるのは、ごく一部の会社だけです。

ほとんどの人は、同じことをやっているのです。

こんな言い方するのはおかしいけれど、別に誰でもできるんだよ、その職場に慣れちゃえばね。

となったら、後は人間。

その人が、どういう人間か、ということが問われるのです。

職場を辞めていくのだって人間です。

人間関係。

みんな、いい人だったらやめないですよ。

でも、会社に意地悪な人がいたり、心が豊かでない人がいるのです。

今までは、心が豊かでない人、意地悪な人でも、いい学校出ていたら出世できました。

だから、泣く人がいっぱいいたのです。

でも、今からは、そんな時代ではありません。
そのうち、学校の成績がいくら良くても、通信簿なんかに「この人意地悪だ」とか、「弱い者いじめをします」とか書かれるようになったり。

こんな意地の悪い奴に学歴をつけさせたら、ろくなことをしないから、進学させないとか。

ま、学校は、そんなことはしないでしょうけれど。

でも、意地の悪い人間を出世させたら、下のやつがたまらないとか、そういう当たり前のことを、みんなで話し合える時代が来るの。

性格が悪いのはだめだよ、って。

本当にそうなんです。

性格の悪い人が学問をつけると、その学問を利用して悪いことするんだから。

だから、心が第一。

「心が第一」の時代が来て、その時代こそが、陽のあたる時代。

神の陽が当たる時代です。

だと、私が勝手に思っています。


私はひとりでもやります!


私の話に賛同するかしないかは、皆さん、自分で考えてください。

ただ、私はこのことを信じて、今年もどんどん大宇宙エネルギー療法を広げます。

いい本ならば、自分が書いた本だろうが、まるかんに何のメリットもなかろうが、その本を読んで人を救えるならどんどん勧めていきます。

そして、私が教えられることは、どんどん教えていきます。

それで、私は健康に関する仕事をしているから、はっきり言いますが、あなたの病気はあなたが作ったものです。

もちろん、私たちはお手伝いをするし、お医者さんだって手伝うことはできるけれど、100%まかせっきりはいけませんよ。

そんなことは許されないよ、ということが、すごくよくわかる時代が来たと思います。


ということで、私の話はこれで終わります。

皆さん、ありがとうございました。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村