20191229105200

斉藤一人さん 人もお金も愛し愛される生き方

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200315101500j:plain

 

 

お金から愛される人間になりましょう。

人からも愛される人間になりましょう。

世間から愛される人間になりましょう。

 

 

 

人もお金も集まる
愛し愛される生き方

 

神様がつけてくれたものに間違いない


よく人から「一人さん、政治家にならないんですか?」って聞かれます。

私は、いま政治家になる気はありません。

昔は、天下を取ると大奥があった。

私だって、美女3000人をくれるっていうなら、総理大臣でも、なんでもやります。

でも、今は総理大臣になったって、愛人一人作ると、辞めさせられる時代です。

それなのに、誰がなりますか?

もちろん人に言う時は、「皆さん、立派に務めてらっしゃいますから。私の出る幕じゃございません」って断ります。

何も敵を作らなくてもいいからね。

でも私の本音は、そんなところなんです。

女の人の場合は、「あんたに総理大臣任せるけど、新しい洋服買ったらいけません」って言われたら、総理大臣になりますか?

なりませんよね。

そういう働き方は「神的」じゃないんです。

政治家がいないって言うけれど、ご褒美もあげないで、ろくな政治家が出てくるわけないんです。

明治、大正の頃は、立派な政治家も多かったけど、ちゃんと愛人が何人もいたんですよ。

何もご褒美あげないで、ただ頑張れって、食事しないで働かせるのと同じです。

「欲」って、生きていく上で大事なんですよ。

男の欲は、女に向くんです。

女の欲は、洋服とか宝石に向くんです。

それを無視して生きろっていうほうが、無茶な話なんです。

それは「神的」とは言わない。
宗教家とかは、「あなたの悪い癖を治しなさい」って言いますよね。

「悪い癖」って、「お金儲けたい」って気持ちだったり、男だったら「綺麗な女性を連れて歩きたい」って気持ちだったり、女性だったら「洋服や宝石が欲しい」って気持ちだったり。

そういうのを宗教家は「悪い癖」だって言います。

それって、本当に「悪い癖」でしょうか?

神に、いちゃもんつけているのと同じではないですか?

神がつけてくれたものに、間違いはありません。

みんな、お金が好きなんです。

小学生からお年寄りまで、お小遣いもらうと、喜びます。

お給料もらうと、喜びます。

人の心は、お金をもらったら、喜ぶようになっているんです。

それを、「欲を捨てなさい」って言うのって、それこそが欲ですよ。

宗教家は「お金は捨てなさい」って言って、その捨てさせたお金、どうするのでしょう?

自分のとこに、持って来なさいってことでしょう?

「捨てなさい」って言っている本人が、お金がほしいってことですよね。

「捨てなきゃいけない欲」っていうのはね、人を殺して金を盗るとか、働きもしないで金を欲しがるような気持ちのこと。

正当な努力して、お金持ちになることは、悪いことじゃありません。

生きていく上で、持ってなきゃいけない欲なんです。

「人生、金じゃない」って言う人がいます。

もちろん、人生、お金だけじゃありません。

他にも大切なことが、山ほどあります。

でも、今の世の中お金がなかったら、生きていけません。

それに、もしこの世にお金がなかったら、物々交換になっちゃうんですよ。
給料日にキャベツ1000個とか、もらうことになるんですよ。

えらいことになっちゃいます。

そのことを考えた時、お金のありがたみがわかります。

お金から愛される人間になりましょう。

人からも愛される人間になりましょう。

世間から愛される人間になりましょう。

愛されるには、「愛される行為」が必要なんですよ。

愛される生き方をするんです。

なかには、「金さえあれば、何でもいいんだ」って言う人もいます。

それ、無茶な生き方です。

そういう人間の人生って、苦しい。

ケチな人って、家族からも嫌われます。

ケチな人って、ケチな人からも嫌われます。

誰からも、愛されません。

誰からも愛されない生き方して、「孤独でもお金があればいいんだ」って、素敵じゃないですよ。

素敵に生きましょうよ。

お金からも、人からも、愛される人生を送りましょうよ。


人・もの・お金の循環
「考え方」ひとつで多くを得る


私はいつも「ヘッドピン」を探しています


ただ今から皆さんに、「一人さんのお弟子さんて、どういうことか?」っていうのをお教えます。

第1回の「愛弟子勉強会」だと思って読んで下さい。

世の中には「ヘッドピン」っていうのがあります。

「ヘッドピンって何ですか?」って言うと、ボーリングのピンの、ボールを投げる人から見て、一番手前にある「一番ピン」のこと。

三角形に並んでいるところの先頭に、一本のピンがありますね。

あれがヘッドピンです。

私はいつも、そのヘッドピンをを探しているんです。

私はいつも、そのヘッドピンを探しているんです。

ボーリングがとても上手い人がいて、そら行くをパーフェクトに出せる人がいるとします。

でも、この人にも、絶対に出来ない事が一つだけあるんです。

それは「ヘッドピン」だけを倒すこと。

ヘッドピンが倒れると、後ろのピンも倒れてしまうからです。

この仕組みを、私は活用しているんです。


「子供に家を建てても、
3億円までは無税です」
それで後ろのピンが倒れる


いま日本が、どうしてこんなに景気が良くならないかというと、政府は1番後ろのピンを一生懸命倒しているからです。

「子ども手当を始めます」とか言って、少し前に制度がありましたが、これは全て、お金がかかることです。

一つずつ狙ったって、全部のピンを倒しきれるわけがないんです。

そんなことを何十年もやってきているんです。

バブルが崩壊してから、日本の景気が全然良くならないのは、ヘッドピンを狙っていないからです。

経営者とか政治家というのは、ヘッドピンは狙わなきゃいけないんです。

日本の景気をよくしたかったら、今お金を持っている人、「ヘッドビンとなる人」を狙うんです。

日本の政府は、お金を持っている人に対して、年を取るまでずーっと使わせないようにしておいて、死んだら相続税として持って行こうとします。

そんなケチな考え方はやめて、もっと人間の心理を考えてみましょう。

例えば、政府が「親が、子供に家を建ててあげる場合、3億円までは無税とします」って決めるとしましょう。

子供に対する親の愛情って、すごいんですよ。

他人から電話がかかってきて、「オレだよ、オレ!」って言われただけで、お金を出しちゃう人がいるくらい、すごい愛情なんです。

これが親の思いです。

それなのに、自分の子供にお金をかけたら、とんでもない税金を取られます。

だから、子供にお金をかけたくてもかけられないのです。

よく考えてみてください。

「今年一年間、子供に家を建ててあげる場合、3億円までは無税とします」って言ったとしましょう。

これでも、国は1円もお金はかからないんですよ。

そうしたら、1000万円かけて子供に家を建てる人もいるし、1億円かけて家を建てる人もいるでしょう。

新しく家を建てれば、新しい家具だって必要になります。

カーテンやじゅうたんも必要になります。

家を新築することによって、大工さんや、家具屋さんや、カーテン屋さんなど、みんなにお金がまわるんです。

これが「後ろのピン」が倒れるということです。

それと同時に、政府が「今年一年間、領収書さえ持ってくれば、全部仕事上の経費として認めます」と言えば、さらに後ろのピンが何百、何千と倒れます。

例えば、男の人はキャバクラにいってお金を使いますよね。


後ろのピンがどんどん倒れていくんです。


いつもヘッドピンを狙う
世の中には数多くのピンがある


「どこを倒したら、たくさんの駒を倒せるか?」
指導者はこれを真剣に考える。


商人とか、社長業をやっている人は分かると思うけど、使ったお金に対して、「これは経費として認めます」とか、「これは経費として認めません」とか、国がいろんなことを言います。

今、「これは経費として認めます」って言われることのほうが少ないです。

だから、みんな、できるだけお金を使わないようにする。

そうすると、後ろのピンが倒れないんです。

ボーリングのピンは10本しかありませんが、世の中にピンの数は、千も万もあります。

一個の駒を倒したら、後ろの駒がドミノのはように倒れていくんです。

指導者や人の上に立つ人は、どうしたらたくさんのコマが倒れるかを真剣に考えなきゃいけません。

それも、「ただで倒すにはどうしたらいいか?」を真剣に考えるんです。

私は、いつもそれをじーっと考えているから、仕事が面白くてしょうがないんです。

「まるかん」の本社には、5人しかスタッフがいません。

でも、私は「どうしたらヘッドピンを倒せるか?」を真剣に考えたので、最少人数でピンが倒せたんです。

だから納税日本一になれたのです。

「一人さんのお弟子さんになる」って言うことは、ヘッドピンを狙うことなんです。

今の日本はバブルの時より、お金を持っています。

それなのに、なぜこんなに不況なのかというと、みんながヘッドピンを狙わないで、一番後ろのピンばかりを狙っているからなんです。
後ろのピンばかりを倒そうとしているんです。

一休で一本しか倒せないようなことをしていて、しかも球はそんなに持っていない。

だから、いつまでたっても、良くならないんです。

子供に家を建ててあげる。

家具やカーテンも新しく揃える。

いろんなものを新しく買うたびに、「消費税」っていうのがかかるんです。

国は、膨大な消費税も取れるし、みんなにもお金が回ってきて助かる。

こんなにいいことはありません。

政府が、「子ども手当」として一人当たり26000円を配布していましたが、その26000円の手当がみんなのところに配布されるまでに、配布する人のお給料がかかります。

役所の維持管理費なんかもかかります。

そういう必要経費を引くと、国のお金はわずかしか残りません。

それなのに、「私は、子ども手当を実行します!」って声高に言っている人に、票なんか入れちゃダメですよ。

以上が、日本を良くするための「ヘッドピンの話」です。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村