20191229105200

斉藤一人さん お盆前に読む 神と霊と供養の話

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20190806003109j:plain





 

神様のお手伝いというのは、まず自分が幸せになって、人に幸せのなり方を教えるんです。

 

 

 

 

魂の集団

 

時々水晶に出るんですが、長い階段があるんです。

その階段を魂の集団が上がっていくんです。

一つの集団があるんです。
その集団の中からまれに下に落ちる奴がいてるんです。

魂の成長ではなく、後退していく奴が居てるんです。
階段から外れる奴もいてるんです。

浮遊霊になってる奴とか、道に外れた行為を起こすんです。
そうするとバチが当たってまた戻されるんです。

そんなことしながら上に上に上がっていくんですが、はるか上に見えないぐらいの上があるんです。

 

 

 

鳥居

下を見ればはるか下に階段があるんです。

所々に鳥居が立ってるんです。

魂の成長の目安なのか、何かよくわからないんです。
だけど鳥居が立ってるんです。

ただいつも言えることは、魂の成長にしたがって、鳥居をくぐっていくんですが、鳥居には門がないんです。
だからいつでも魂が成長すれば、上がっていけるんですね。

大きく集団的無意識の中で、20世紀と21世紀の違い、21世紀は何を学ぶべきかと言った時、あなたに悪いことが起きているのは、あなたがしたんです。


ご先祖様のせいには出来ません。

したければしても構いませんが、そんなことをいつまでもやっていると、20世紀までは通りますが、21世紀では因果作りです。


自分がしたことで悪いことが起きたり、いろんなことが起きているのに、ご先祖様、ご先祖様と言って、朝からずっと拝んでいますが、人のせいにするのもいい加減にしてください。


あなたのしたことがあなたに起きてるんです。

あなたが食べたものであなたが太ってるんです。

このことをしっかり覚えておいて、勉強しましょうと言うんですが、勉強する前にそのことを信じていただかなければいけないです。


神様は斎藤一人さんのことを納税日本一にしてくれたんです。

納税日本一の人が言ってるんですから、話を聞こうという人もいてるんです。


これだけではなくて、今はあちらこちらで奇跡を起こしているんです。

これぐらいの奇跡を起こす人達ならば、話を聞いてみようということになるんです。


あくまでもしっかりとした教えのために奇跡が起きるんです。

奇跡が必要なのは教えのためなんです。
そのことをしっかりと頭に入れておかないと、自分たちでやったことは自分たちに起きるんです。

悪い種を刈って、紺瀬はみんなで良い種をまくんです。
そうすればみんなが良い人になれば、ここが天国になるんです。

この地上を天国にした人たちが、天国に行ける人たちなんです。
神様のお手伝いというのは、まず自分が幸せになって、人に幸せのなり方を教えるんです。

神様がいつも願っていることは人の幸せなんです。

人の幸せになるお手伝いをすると考えていれば良いんです。

意外と簡単ですからしてみてください。

 

f:id:shiho196123:20190804160226j:plain

先祖供養

供養の話をします。

斎藤一人さんの話を聞いていると、うちの先祖はいっぱい地獄に入ってますよね。

地獄に行ってるよ。

どうしたらいいんでしょ?

どうにもなりません。
理由は勉強に行ってますから、勉強に行ってるんだから、それでいいんです。

供養するのはどうすればいいんですか?

仏壇を拝んだりするのは良いんです。
仏壇は拝めばいいんです。

だけど子供が懲役3年と言われれば、懲役3年ですよね。手を合わせて拝んでも3年です。

もし2年で出所すれば、拝んだからではありません。
中でその子が真面目に行ったからです。

拝んではいけないんですか?

そうではありません。

刑務所に入っても、面会に行ったり、たまにお手紙出したり、お母さんにも悪いから、次出てくれば、悪いことをしないでおこうという気になるんです。
それは良いことなんですが、一番の供養は自分が地獄に行かないことです。

家からもやっと地獄に行かないのか出たんだ。

 

f:id:shiho196123:20190804160834j:plain

 

騙される波動

私たちはずっと命をつないできたんだ。

やっと出てくれたんだ。

これが最高の供養なんです。

分かります供養塔を建てたい気持ち。

壺を買いたいのも分かります。

壺を買って天国に行けるならば、斎藤一人さんは買います。
でかいの買って入ります。

さよならをして自分で蓋を閉めて、だけどそんなことはダメなんです。

ここにいる人、波動を見ていれば分かりますが、気をつけてください。

騙される波動がムンムンしています。
ただろくでもない占いだとか、ああいう所に行って、一番最初に言われるのは、すごい家柄の出ですよ。

前世はお姫様でしたとか言うんです。
真に受けるんです。

自分の顔をよく見てください。

お姫様かどうか、男の人はあなたはインドのマハラジャだった。
必ずその後に、あなたがお姫様の時につけていた首飾りと同じものがあります。

喜んで買ってきてぶら下げてるんです。
はっきりと言います。

前世どんなに立派な人でも関係ないです。

私たちはリセットされて出てくるんです。

先祖の加護がどうあってこうあって、全く関係ありません。
紺瀬立派に生きれば立派な人なんです。

前世がどんな立派な人でも、紺瀬ろくでもない人なら、地獄行きなんです。

 

勘違い

死ぬと、ここで死ぬとすれば、みんなここにいますよね。

自分もいてるから生きてると勘違いするんです。

死ねば終わりだと思っていますから、生きていると勘違いするんです。
ただ違うのが一個だけあるんです。

ぐるっと見渡すと光の玉があるんです。

それで光の玉の方に行けばいいんです。

信じられなくても、死ねば斎藤一人さんが言ったことと同じことが起きます。
ともかく死ねば、光の玉の方に行くんです。

時々タクシーで後ろに乗せたら、死んだ人が乗っかっていてという話を聞いたことがありますが、死ねばどこにでも行けるんです。


魂ってどこにでも行けるんですが、自分が死んだって分かっていないですから、生きているつもりでいてますから、タクシーを止めるんですね。


タクシーを止めなくても、魂は行きたい所に行けるんです。

変なところで死ねば、家に帰ろうとするんです。

死んでることがわからないから、ヒッチハイクしてトラックに乗ったり、タクシーに乗ったりするんです。

幽霊がタクシーに乗ったりするんですが、幽霊は幽霊だと分かっていないんです。
幽霊だということが分かれば、魂って色んな所に行けるんです。

暇乞いと言って、普通に死ねば、魂が抜けます。
北海道のおばさんのところに行こうと思えば、寝てる間に北海道のおばさんのところに行けるんです。

想念の世界です。
男の人がおトイレから入ってきます。

トイレでカタカタという音がします。

女の人は台所から入ってくるんです。

台所でガタガタと音がしたとか気配がしたとか、あの時におばさんが死んだんだねということです。
私たちの魂が抜けるんです。

大した問題ではないんです。

私たちが死ぬということは向こうの世界に生まれるんです。
だから死んだ日はあの世の誕生日なんです。

あの世からまたこっちに戻ってくるんです。

これの繰り返しなんです。

 

f:id:shiho196123:20190804161301j:plain

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

www.youtube.com https://youtu.be/fyipjqirzuE

 お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

 

我が儘勝手で申し開きも御座いません。

 上記の赤色のボタンを押してくださいね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村