コンクラーベ

斉藤一人さん 脳は言葉に従う

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20190416172152j:plain

脳にオカシイとインプットして下さい

 

 

脳に指令

仕事は本来楽しいですし
楽しくすれば上手く
なるように出来ています。

頑張るのではなくて
楽しく仕事をするんです。

晴れ晴れとした顔で
仕事をするんです。

自分の点数が20.点 で
不幸だとすると
平均が50点だとして
自分の望みが50点だとすると
50点までしか行きません。

どうせ脳に命令するのならば
若い時に私たちは
こんなに苦労したんだから
普通の人と同じでは嫌ですね。

冗談じゃないですね、
そうすると脳はそのように動きます。

人間の体の中には
元気という気があります。

元気が弱まってきて
弱気になると病気になります。

強い気が流れている人は元気なんです。

強い気が流れれば良いという話です。

病は気からといいますか
一人さんはお医者さんが
一人さんが死ぬと言っても
死なないんですね。

強気になると生き返るので
死なないんですね。

潜在意識

昔、胃潰瘍がめちゃくちゃ多かったんです、
今はすごく減ってるんですね。

胃潰瘍は神経が原因であると
分かったのですごく減りました。

ストレスで胃潰瘍に
なるということが分かったんです。

胃潰瘍の代わりに腰痛が増えたんです。

腰をレントゲンで撮ると
椎間板が飛び出してるとか
原因があるんですね。

原因がありますから
ストレスではないと思いますね。

骨に異常があるのならば
「今日は調子がいいんです」と
言うのはおかしい話ですね。

骨がずっと曲がっているのに
「今日は調子がいい」と
言うのはおかしいですね。

アメリカでデータをとると
痛くない人も同じぐらい
曲がっているんですよね。

腰が痛いのと
骨が曲がっているのは
関係性がないということが
分かってきたんですね。

コラーゲンやカルシウムが
必要だから
しかし摂取しても
治らない人がいてるんですね。

水の中に氷を入れると
上の方に向いている
氷が人間の顕在意識です。

その下に潜在意識がありますよね 。

例えば子供の時、親に怒られたとか
自分が悪くないのに人に何か言われたとか
怒りというものがあるんですが
怒りを出してはいけないように
育てられていますから
怒りを押さえつけてるんですね。

押さえつけた怒りが
時々出てくるんですね。

怒りが出てくると
脳がその怒りを
押さえつけないといけませんね。

そうすると痛みという形で
出すということが分かってきたんです。

脳 は 脳自身を守るために
痛みを出すということが
分かってきたんですね。

もし腰が痛い時に
自分は腰は何ともないんです、
これは脳がやってるイタズラなんですね。

私は脳がやってるということ
知っているから
脳にやめろと指令を出すと
だいたい良くなりますね。

早い人で1日か2日
遅い人でも3ヶ月で治ります。

ところが脳は3ヶ月と言ったのを
聞いていますから
4ヶ月痛みを出せばやめると
脳自身が考えるんですね。

腰が痛いのが治ってくると
今度は膝が痛くなるんですね。

 

f:id:shiho196123:20190416172237j:plain

痛み

脳はストレスを
痛みによって
発散しようとしていますね。

花粉が飛んでいても
花粉でひどくなるのではなくて
花粉でストレスを紛らわすんです。

病は気からというのが
だんだん証明されるように
なってきたんです。

病は気からなるのではなくて
マイナス的思考が出てくると
脳はそれを紛らわすために
アトピーを出したり、
子供の喘息にして出したりします。

ストレスに弱いと
ストレスを紛らわすために
痛みを出すんですね。

ストレスに強くなると
痛みを出す必要がなくなります。

人間の体は明日学校に行きたくないとか
会社に行きたくないとか思えば
ちゃんと熱が出るようにできています。

これは脳はしていることですから
病気を味方にすると
一生病気になるんですね。

その病気から
ストレスを紛らわそうとするんです。

嫌なことがあれば紛らわそうとする、
脳の働きがあるんですね。

私たちの主役は
真我という魂なんです。

脳は道具なんですね。

ところがこの脳は
怠け者なんですね。

何かにつけ病気を作ったり
怠けようとするんですね。

人間は脳を道具として
使いこなせるか
脳の仕組みを知っていないと
脳にやられてしまいます。

病気を作ってもいいけど
脳にいい加減にやめろよ
とっくに見抜いているから
これをしないと
脳はいうことを聞かないんですね。

中には手が痺れてとか
全く原因がないんですね。

原因がなくても
「しびれている」と言うんですね。

脳はストレスが出てくると
自律神経で 血管を締めるんですね。

その場所だけ血液が
行かなくなるんですね。

酸欠状態になると
痛みを出すという
簡単な仕組みなんですね。

 

f:id:shiho196123:20190416172333j:plain

ストレス

弱気になるとストレスに負けるんですね。

ストレスがなければいいと
いう人もいますが
ストレスのない
世の中はありません。

潜水艦を海に沈めても
あまり深く沈めると
潜水艦は潰れてしまうんですね。

深い海には圧があります、
深海に乗れる潜水艦には
一人ぐらいしか乗れないんですね。

小さい子で家で優しく育てると
幼稚園に行けば圧が違いますね。

ストレスという圧がかかるんですね。

その圧に負けると
幼稚園に行けない子とか
幼稚園までは大丈夫だったけど
小学校に行けない子がいます。

大学までは行けるんですが
大学というのはお客さんですから
お金を払って行ってるんですね。

ところが大学を卒業して
社会人になると
もっと仕事を
取ってこいとか
言われるんですね。

体育会系は意外と強く、
それは圧に慣れていますね。

普通に優しく育った子は
その圧に負けるんですね。

一番いいのは
自分が圧を上げればいいんですね。

深海の中に行くと
カニとかエビがたくさんいます。

エビの中は水みたいなんですね。

ビニール袋の中に水を入れて
海底に沈めても潰れません。

中の圧と外の圧が同じです。

要するにお互いに水なんですね。

会社に行っても主任になったり
課長になったりしますね。

すると圧がかかります、
人間はその圧に耐えるだけの
強さが必要ですね。

運,鈍、根

出世するには運、 鈍、根が
必要なんですね。

運がないとどうしようもないですね。

最後に根気がいるというのも理解できます。

鈍というのは鈍感でないとダメなんですね。

秀吉が天下取ると言っても
突撃と言っただけで
人が2000人ぐらい死にますね。

何をするにしても
上に立てば立つほど
大変な状態が出てきます。

みんなが飢え死にしているからといって
殿様が「ご飯を食べれない」と言ったら
殿様をやってられないんですね。

嫁さんが来なくてどうしようと
言ってるのではなくて
秦の始皇帝みたいに
3000人ぐらい女性を集めるんですね 。

みんなと同じ神経で
殿様をしていたら
神経がおかしくなりますよね。

上に行けば行くほど
いろんな重圧がかかってくるんですね。

それに耐えられないといけないんですね。

人というのは社長になれば
社長の重圧がかかりますね。

斎藤一人さんも下の方から順調に
上に上がってくると
圧が変わってくるんですね。
昔は一人さんが
雲の上の人だと言われると
一人さんは雲の上に
登った覚えもないし
みんなと同じような
生活をしてるんですね。

ところがそうではないんですね。

今度の地震が来ても
東北の方には
一人さんの会社が
たくさんあるんですね。

ところが全国で
何万人という人が
一人さんの会社で
生活をしてるんですね。

上から見ないと見えないですね。

東北の方で大変な人もいますが
九州ではパーティーをしてるんですね。

パーティーはパーティーで
やるのがいいですね。

元気なところまで打ちひしがれると
日本の経済はどうしようもなくなりますからね。

関西から向こうは無傷なんですね
無傷な人は普通の生活をしてください。

普通ではダメなんですね、
倍働いて倍使わないと
日本の経済は回りません。

斎藤一人さんの場合は
関西は元気を出して下さいと
指示を出さないといけないんですね。

日本全国を見ていると
東北ばかりを見ているわけにはいきません。

そうする重圧がかかってきますから
自分の立場を考えて
少しずつ鈍くなっていかないと
もたないんですね。

鈍でなければいけないのは
病気になって死んでしまいます。

大成する前に病気になります。

むち打ちで2年も3年もオカシイのは
オカシイんです、
骨を折っても3ヶ月で治るんですね。

ところがその人は
ムチウチに逃げればいいんですね。

f:id:shiho196123:20190416172419j:plain

血液

具合が悪いというと

ストレスが来ると
そこに行くようになっています。

目下の人と揉め事を起こすと
腰が痛くなるんですね。

目上の人と喧嘩をすると
上司の人とか親とか
そうすると頭が痛くなるんですね。

その思うものによって
血液の行かなくなる場所があるんですね。

つまり脳に止めろと命令すればいいんです。

潜在意識には前世の記憶まで入っています。

何がストレスの原因かは
分からないんです。

前世のことまで
調べないといけないんです。

調べてもすることは同じです。

やめろと脳に指令を出せばいいんです。

人間は顕在意識で
生きているようだけど
膨大なる潜在意識なんですね。

過去の経験の積み重ねが
今があるんですね。

オカシイ

出世できなくて
お金を持てなくて
女性にモテなくて
分かりやすく言えば
彼氏がいないとすると
彼氏がいなくても
仕事が出来なくても
潜在意識にオカシイと
インプットすればいいんですね。

一人さんのお姉さんは
一人さんと比べると
全然、お金を持ってません。

同じ血が流れていて
同じ兄弟なんですよね。

一人さんより先に生まれてる
わけですから
一人さんよりお金持ってていいわけですね。

お金がないことを
不思議だと思わないからですね。

潜在意識が変わると
とんでもないことが出来ますね。

私たちみたいに美しいのに
彼氏がいないのは
オカシイとインプットすればいいんですね。

オカシイと思わない人は
オカシイと思わない人と付き合っています。

例えばクラス会をする時に
費用が1万5000円だとすると
1万5000円が大変だと思うと
大変なような気がするんです。

しかしこの歳になって
1万5000円を持ってないのが
オカシイと思うのが正当な考えです。

オカシイということになると
脳は変えようとします。

同じ製品を売っても
月に5万円しか売れない人と
500万円売る人がいます。

同じものを売っていて
5万円しか売れない人は
私は絶対にオカシイんだと思うと
自分のオカシイところが見えてきます。

5万円しか売れない人は
5万円の人と付き合ってるんですね。

オカシイとは思ってないんですね。

オカシイと思えばいいんです。

思えば脳は勝手に思い出します。

斎藤一人さんが20いくつの時に
一人さんの奥さんに
あなたはその年で
家を持ってないのは
オカシイと言われたんですね。

一人さんはオカシイとは
思わなかったんですね、
一人さんの友達は
誰も家を持ってませんでした。

奥さんがあなた、いい年をして
家の一軒も持ってないのは
オカシクないと言ったんですね。

奥さんの実家は金持ちなんですね。

ここが違うんですね。

奥さんはあるのが
当然だと思ってるんです。

一人さんはないのが
当然だと思っているんですね。

義理のお父さんに会うと
「斉藤くん、若い時はね
事業で成功してる人が
たくさんいるから
そういう人とお付き合いをして
はい、はいと言って
お話を聞かせてもらって
お勘定だけ払えばいいんです、
パッと入ってお勘定だけ払いなさい」と
教えて貰ったんですね。

義理のお父さんは
お金がないとは思ってないんですね。

お金があるのが
当然だと思ってるんですね。

ここが違うんですね、
考えてることが違うんですね。

その時から一人さんは
自分がオカシイと
思うようになったんですね。

この人たちがオカシナことを
言ってるというのは駄目ですね。

成功者が言ってることが正しいんです。

それからじっと観察していると
一人さんの方がオカシイと
感じるようになったんですね。

成功者と成功してない人は
観察していると違いがありますね。

それを正しい方向に
持っていく方法は
オカシイとインプットすればいいんですね。

一人さんの姉さんも
斎藤一人の姉さんが
お金を持っていないのが
オカシイとインプットすればいいんですね。

潜在意識というのは
とんでもない能力があって
牽引の法則というのがあります。

引っ張ってくるんですね。

私たちは兄弟はこんなに可愛い上に
小さい時からこんなに苦労をして
普通の人と同じぐらいの
幸せではオカシイんですよね。

そういう風に思わないと
今の現状が続くような
男が出てくるんですね。

ところがオカシイぞとなると
違うものを呼び寄せてきます。
この世の中で変えることが
出来るのは自分だけなんです。

ある女性が腰が痛い痛いと言って
筋肉が足らないんじゃないかと言って
その女性が一人さんより
運動をしているんですね。

健康食品も飲んでるんですね。

健康食品も飲んでいて
運動もしていて
腰が痛いのはオカシイんですね。

絶対に何かがオカシイんですね。

 

f:id:shiho196123:20190416172518j:plain

なんとか行かない時は
自分がオカシイんですね。

運動もして
栄養調整もしているのに
それ以外に何かがあるんですね。

理屈通りにやって、うまくいかないのは
必ず理屈が間違ってるんです。

理論が正しいものは
現実にも正しいですね。

現実にうまくいかないのは
絶対に何かがあるんです。

最近最大の間違いが
分かったの
脳というのは体を守るために
あると考えられていたのですが
脳は脳自身を守るために
痛みを出すということが分かったんです。

この脳いう道具を
使いこなさないと大変なことになります。

その代わり自分の潜在意識や脳を
自分の思いのままに使いこなせるようになると
とんでもないことが起きますね。

つまり脳はごまかして
怠けようとするんですね。

斎藤一人さんは16歳の時から
商人をしているんですが
その自分がお金を持っていないのは
オカシイとインプットするんですね。

確かにそうなんですね
お金儲けのプロなんですから。

相撲取りもボクサーもプロですね、
プロがその辺でのばされていたら
オカシイですよね。

それと同じで
商人というのは
お金儲けのプロですから
プロの斎藤一人さんが
サラリーマンの人がボーナスもらえて
いいなといえばそれはオカシイんですね。

オカシイなと自分が気がつかないと
絶対に無理なんですね。

商人の人はお金を持っていないのは
オカシイと思ってくださいね。

オカシイと思わないと
永久にお金を持てませんね。

お金をもてないような状態を持ってくるんですね。

人間の体は空という意味です。

胃が痛いというのは
胃のある場所が
分かる自体が
オカシイんですよね。

腰を意識するというのは
腰が痛いからなんです。

本当に健康な状態になってくると
空なんですね。

重さすら感じないんですね。

空の体が重いというのが
オカシイんですね。

 

f:id:shiho196123:20190416172606j:plain

怠ける


怠けようとしてるものがあるんです。

脳は何かにつけて怠けようとするんです

脳を怠けさせてはいけません。

オカシクないと思わせようとします。

周りにもそんな人を置いて
こんなもんでいいんじゃないかとか
人生は諦めるような
頑張らなければいいようなことを言います。

ところではそうではなくて
頑張っているほうが楽しいんです。

高校野球でも
頑張っているからこそ
応援が出るんですね。

頑張らないと
応援なんか出ません。

脳と潜在意識を使うと
起きる現象が違ってきます。

弱気、弱気と言っていると
本当に弱気になってくるんですね。

強気、強気と言っていると
暇に任せて3ヶ月も言っていると
本当に強気になってきます。

人間って完全に強気になるんですね。

弱気の人間は何かをして
自信をつけようとするんです。

何も出来ないから
ピアノをしたり
英語をしたりして
自信をつけようとするんですね。

それで強気になりますかというと
さらに英語の上手い人がいて
弱気になるんですね。

弱気の人は何を
しても弱気なんです。

英語を習いたければ
英語を習えばいいんです。

英語は上手くなりますね。

英語を習うことによって
自分を強気にすることはできません。

強気になりたければ
強気になる訓練をすればいいんです。

強気、強気と言ってればいいんです。

自分の人生がうまくいかなければ
世の中が悪いとか
あいつが悪いとか
自分がオカシイと思ってください。

例えばニキビが出ると
気になりますね、
それは潜在意識がしてるんです。

ニキビを出して神経を
そっちに行かせるんですね。

オカシイと言えばいいんです
こんなの絶対にオカシイと言えばいいんです。

顔というのは
人と一番に接するところなんですね。

誰かに不平不満を持ってるんですね。

そうするとニキビが出てくるんですね。

膨れるから膨れが出るんです。

大体、人がどう思おうが関係ないんです。

自分が幸せになればいいんです。

ところが脳はストレスから逃れられると
思うとそれがなくなってもやり続けるんです。

見抜かないと駄目なんですね。

全ての主役は心の中にある
魂が主役なんです。

体も心も脳も全部
魂に従わなければいけないですね。

指導者が間違ってるんですね。

脳はそういうものなんです。

親がこーで身内がこーで
だから自分はこんな風になっているんだ。

だから自分は幸せにならなければ
いけないんだと自分に言い聞かせるんですね。

苦労した上に不幸が待っているんでは
たまったもんじゃないですね。

だけど不幸になる人がほとんどなんですね。

家にお金がないとか
親が横暴でとか
こういうことで自分を
納得させるんですね。

そうすると不幸がやってくるんですね。

家が貧乏ならば
私は貧乏が嫌なので
親の代で十分だと言えばいいんです。

オカシイんだと言えばいいんです
何で3代も4代も貧乏しなければ
ならなくてならないのはオカシイんですね。

病気が続くのもオカシイですね。

同じ息を吸っていて
同じものを食べていて
なぜ自分だけ病気にならなければ
いけないのか
それはオカシイですね。

いつもオカシイ、オカシイと言っていると
オカシイということが見えてきます。

人間は幸せになるために生まれてきているんです。

幸せになることを
徹底的に考えるんですね。

 

f:id:shiho196123:20190416172648j:plain

道具

頭も道具、心も道具、体も道具、
この全てを使って
人が幸せになるんです。
病気だからといって
不幸になるのは駄目ですね。

一人さんは病気になって
入院しても執筆活動をしています。

たまに入院すると
仕事をするから
収入が増えるんですね。

ともかくマイッタはしないでくださいね。

マイッタと言った時が
負けなんですね。

病気でも喧嘩でも
マイラナイと言った人の勝ちです。

自分はこれぐらいではマイラナイですよ。

潜在的無意識というものがあるんですが
人間というのはみんなが知ったものは
過去には戻れません。

復興

三陸の方がどれだけ破壊されようが
一度、水洗トイレを使った人は
水洗トイレを作るんですね。

一旦、車を知った人間は
どんなことをしてでも
車を作るんですね。

どんなに瓦礫になろうが
絶対に復興します。

復興できないように思いますけど
そんなことは絶対にありません。

何が復興するかと言うと
脳が復興するんです。

十年一昔というのは
もう昔の話なんですね。

今は3年なんですね。

復興に10年かかるといえば
3年で出来ます。

3倍の速度なんですね。

すごい速度で治ります。

堤防のあった所の人が
死んでしまったんですね。

堤防があるから見えないんですね。

今度そういうところには
10階建てのマンションを立てればいいんです。

みんなでマンションに住んでいて
上に逃げればいいんです。

堤防を作るより安いですね。

堤防作るよりもマンションを作っていて
20階建てぐらいのマンションを
作っていて警報がなれば
上に上がればいいんですね。

避難場所に住んでればいいんですね。

一人さんがこの前、神様に
この地震から何を学ぶべきなのか
尋ねたんですね。

神様は感謝だとおっしゃったそうです。

水が出るのが当たり前、
食事が出るのが当たり前 、
私達は本当に感謝のない生活をしてたんですね。

脳と心

地球を掘るといろんなものが出てくるように
自分たちの脳と心は
潜在意識を掘り起こせば何でも出てきます。

この世は全員が幸せになることが出来るんです。

豊かな考えになれば豊かになります。

配られた手

豊かな考えは中卒だからというのは
貧乏くさいですね。

早く社会に出たと、
ものの考え方ひとつですね。

どっちにとるかです。

病気をしていれば寝ていられるんですから。

本でも読んで得したと思えばいいんです。

一人さんは小さい時から病気がちで
薬が効かなくて治らないんですね。

漢方薬をしても治らないんですね。

だからといって諦めるわけにはいかないので
食事療法をしてたんですね。

そうすると銀座まるかんが出来たんです。

だから一人さんにとってハンディでもなく
神様が病をくれたおかげで
日本一の金持ちになったんですね。

ポーカーでもなんでも
配られた手に
文句言ってる人に
勝てる奴はいません。

この手で勝つ
これで努力するようになってるんです。
この手で結構と言った人間が
強気なんですね。

一人さんが若い時に
手相見せてくれと言われて
有名な占い師が来ていて
その日本一の占い師は
斎藤一人さんに
あなたは一生お金を持てません。

斎藤一人さんは
自分はこの手で十分です
手相ってシワですから
どんなシワでも構いません。

神様がこれをくれたんだから
この手で幸せになるんです。

これではなれないのではなくて
その占い師ならなれないんです。

この手じゃ無理ですね、
あなたがそう思ってるだけです。

大体、人に不利なことを言われて
信じる方がおかしいんですね。

寝ないで言ってればいいんです
こっちはそんなことを信じません。

手相とか人相とかよりも
脳とか心の方が上なんです。

これを使えばいいんです。

占い師はシワしか見えませんが
一人さんの心の中は見えません

そこが違うんですね。

 

 

f:id:shiho196123:20190416172722j:plain

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村