コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斉藤一人さん 神様に助けてもらう方法

スポンサーリンク

 

f:id:shiho196123:20190719231018j:plain

 

天之御中主様お助けいただきまして有り難う御座います。
この言霊をいつどんな時でも唱えているだけで良いのです。

 

 

 

 

 

 

神様に上手に助けてもらう方法

斎藤一人さんはこれであらゆる困難から守ってもらいました。

 

はじめに今回のテーマは神様に上手に助けてもらう方法です。


しかもものすごく簡単で効果が絶大な方法です。

この事を知っているだけで、あなたが知っている心配や不安はあっという間に消えてしまうかもしれません。
どんな時でも神様から守ってもらえるので、恐れがなくなり、心がぶれなくなるのです。
もちろん信じられない人は信じなくても良いんですよ。

とても信じられないような話だと思いますけれども、この話を知っているだけで、これからの時代、何が起きても大船に乗ったつもり、よかったら読んでくださいね。
この記事には神様という言葉がよく出てきますが、何かの宗教とは全く関係がありません。

安心して読んで下さいね。

もちろん宗教を否定するものではありませんから、貴方が宗教をしているのなら、楽しくやっていってください。

 

 

内神様

それからここに出てくる神様は、貴方の中に神様がいるということで、内なる神様のことです。
この内なる神様は、すごく便利で、お賽銭も全然入りません。

内神様にお礼がしたいという時は、貴方自身が美味しいものを食べるとか、素敵なものを買うとか、貴方が楽しくなることをすれば、内なる神様に対するお礼となります。
安心して気軽な気持ちで読んでください。

今回のテーマに入る前に、神様のことにおさらいをしておきたいと思います。
斎藤一人さんの話には、よく神様という言葉が出てきますが、基本的な考えとして神様には2種類あります。

 

f:id:shiho196123:20190719231334j:plain

 

外神様

一人目が外神様、外神様はこの世を想像してくださった大本の神様で、宇宙の中心になっている神様です。
これを天の中心に存在する絶対神ということで、日本的に言うと天之御中主様と呼びます。

天之御中主様のことは、大元のでっかい霊ということで、大霊とも言います。
またヤハウェ呼ぶ人もいるし、大日如来とか盧遮那仏と呼ぶ人もいます。
呼び方は色々ですが、どれも大元の神様のことを言っているのです。

さて二人目の神様ですが貴方の中にいます。
貴方の中にいる神様のことを内神様と言います。

天之御中主様は我々人間一人一人に分け御霊というものをくださっています。
この分け御霊ことを真我とか超意識とか呼ぶこともあります。

この分け御霊のことを内なる神様として内神様と呼んでいるんです。
内神様は言ってみれば、電話機の子機のようなものなのです。

私たちは自分の中にいる内神様を通じて、宇宙の中心にいる神様と通じているのです。
ですから貴方はいつでも神様と一緒にいるんです。

この事を抑えた上で、いよいよ本題に入りましょう。
人生がうまくいってる人は、神様に助けてもらうのが上手な人、突然ですが、神様から助けてもらっていると感じたことはありますか?

 

 

 

助けて貰うのが上手かどうか

人生でうまくいってる人や何かで成功した人、うれしい奇跡を体験した人は、私は神様に助けてもらっていると実感していることでしょう。
その反対に人生がなぜかうまくいかない人や、お金や人間関係でトラブルが絶えない人、病気がなかなか治らない人は、私は神様に見放されているのではないかと思っているのではないのでしょうか?
最初に言っておきますが、神様はどんな人の事も見放したりはしません。

神様は貴方の事を絶え間なく愛しています。
貴方の人生を心から応援し、ますます幸せになることをいつも願っているのです。

ではなぜ、私は助けてもらっていると実感できる人と私は見捨てられているんじゃないかと疑ってしまう人がいるのでしょうか?
との違いは貴方が神様に助けてもらうのが、上手かどうかにかかっているのです。

神様はどんな人にも愛や豊かさを降り注いでいます。

助けてもらうのが上手な人は、それをたっぷりと受け取ることが出来ます。
しかし助けてもらうのが下手な人は、神様の愛や豊かさを受け取ることが出来ずに、ほとんど通過して流れてしまうのです。
たとえてみればこんな感じでしょうか。

恵みの雨が降り注いできた時、スプーンを出せばその雨を受け取ることが出来ます。

お玉を出せばもっと多くの雨を受け取ることができます。
斎藤一人さんの場合は、いつも洗面器みたいな大きな器を出して、たっぷりと受け取っている感じでしょうか。
しかし助けてもらうのが下手な人は、出しているものがザルのようなもの、恵みの雨が降るのに通過して全部下に落ちてしまうのです。
これってすごくもったいないことですよね。

どんな人にも平等に惜しみなく降り注いでいる恵みの雨なのに、貴方が運勢を良くして、ますます幸せになりたいと思ったならば、神様から助けてもらうのが上手な人になることです。
しかもものすごく簡単な方法でそうなれるのです。

斎藤一人さんがもう何年も言ってきた上手に助けてもらう方法、貴方にしっかり教えますから、是非覚えてくださいね。

 

f:id:shiho196123:20190719231713j:plain

 

お守りの言霊

神様が助けてくれる言葉がある。

神様に上手に助けてもらう人になるには、ある言葉を言っていれば良いのです。
これは強烈な光の波動を放つお守りの言霊です。

お守りの言霊はとにかくたくさんいうことがポイントとなります。
それは、天之御中主様お助けいただきまして有り難う御座います。
この言霊をいつどんな時でも唱えているだけで良いのです。

この言霊を唱えていると貴方の中にいる内神様がその言葉を聞き入れます。
そして宇宙の中心に入る神様である天之御中主様に連絡を取ってくれるのです。

ここから貴方の事をどうやって助けようかと内神様と天之御中主様との相談が始まります。
そして助ける方法を決めると最高のタイミングで貴方の所に助け舟を出してくれるのです。

斎藤一人さんもずっ~とこの言霊を言っていたおかげで、何度も何度も神様に助けてもらってきました。
常識では考えられないようなことや、想像も出来ないようなうれしい奇跡も、何度も何度も起こしてきました。
そして気がつけば、生涯納税額日本一と言う信じられないような大きな栄光までいただいていたのです。
とても信じられないような話ですが、全ては事実なのです。

ちなみにお守りの言霊を言う時は、いくつかコツがありますのでそれをお話ししていきましょう。

 

過去形

過去形で言うことが最大のポイント、先ほど記述した天之御中主様お助けいただきまして有り難う御座いますという言霊は、過去形になっていますよね。
この言霊を聞いてみなさんは、なぜお助けくださいではないのですかと私はまだ助かってもいないのにと思うかもしれません。
しかし過去形で言うことが最大のポイントなのです。

神様にお願い事をする時は、人間界にいる人にお願いをするときとは、ちょっと違うのです。
人間界の人に私、困っていますから、助けてくださいとお願いをしたら、分かった良いよと貴方を助けてくれる人もいるでしょう。
しかし神様にお助け下さいと言ってしまうと、私は困っているんですという思いだけが発信されます。
神様が貴方の願いをかなえる時、貴方の発信さした思いを増長させて、叶えてくれるのです。
ですからこの場合叶うのは困ったことが多くなるという状態です。

せっかくお願いしたにも関わらず、貴方が全く望まない状態になってしまうのです。
ですから助けてもらいたい場合は、お助けいただきましてありがとうございますとお願いするのが正しいのです。
そしてちょっとでも状態が良くなれば、神様に感謝する。

また少し良くなれば感謝する。

この繰り返しをしていると、貴方の悩みやトラブルは消えていってしまうのです。

そういうふうに斎藤一人さんは思っています。

 

f:id:shiho196123:20190719232200j:plain

 

確信

お守りの言霊を何度も言っていれば、確信が生まれます。

このお守りの言霊は何度も何度も言っていることがポイントです。
朝起きた時、散歩をしながら、トイレに行く時、夜寝る前、何時でも良いので暇さえあれば言っていると良いでしょう。
この言霊を何度も何度も言っているうちに、ある回数を超えたあたりで、貴方の心に変化が起きてきます。
どういうことかといえば、私はきっと助かるという確信が生まれてくるのです。

ちなみにこの時点で現実は全く変わってなくても構いません。
トラブルの真っ最中にいようと、悩みのどん底にいようと、起きていることとは関係なく、貴方の心は助かった気持ちを先取り出来るのです。
この気持ちの先取りがポイントなのです。

魂の世界で自分の心に確信が生まれたものは、それが現実となるルールがあります。
私は神様に助けていただけると貴方の心に確信が生まれれば、それは必ず現実となるのです。

そういうふうに斎藤一人さんは思ってるそうです。
心配や不安に邪魔されると確信を持つことが難しいんです。

私は神様に助けていただけると確信が生まれれば、それは現実になるのですが、ここからがポイントです。
この確信を持つということが実はなかなか難しいんです。

私たちの心の中に常に助けてもらえなかったらどうしよう。

このひどい状態をがいつまで続くのかとか、不安や心配がボコボコ湧き上がってくるようになっているからです。

 

不要残留本能

ここで不安や心配について少し説明しておきましょう。

元々恐れや不安や心配という感情は悪いものではありませんでした。
むしろ自分を助けるための防衛本能だったのです。

はるか昔私達が外で暮らしていた頃、ちょっと物音がすれば、猛獣に襲われないようにと慌てて逃げていた時代があったのです。
また寒くなれば、凍え死なないように、着るものや食べるものを慌てて集めたりしていた時代があったのです。
そういう身を守るための本能が、恐れや不安や心配といった能力として、私たちの中に残っているのです。

 

トラウマ

ですから恐れは悪いものではないのですが、さてここでポイントになるのは、必要以上に恐れを持つのが癖になってしまった人がいてるんです。
過剰な不安症ということです。

これから貴方が望む現実を心の中で作って行く時に、過剰な不安症の癖がついていると、恐れを抑えることで心のエネルギーを消耗してしまうのです。
大切な心のエネルギーを確信を生むことに向けることが出来ないのです。

架空の出来事を恐れていれば、それを引き寄せてしまうんです。
人は誰でも恐れがあります。

特に人にはそれぞれ、ものすごくこうなることが嫌だというトラウマ的な恐れがあります。
後で話しますが、斎藤一人さんにだって、トラウマ的な恐れはあります。

貴方はそのトラウマ的な恐れを抱えながら、出来るだけそれに近寄らないようにして、日々生きているのです。
貴方がトラウマ的なそれを持つようになったのは、小さい時に経験した恐怖から来ているのかもしれません。
もしくは前世、前の人生で経験した恐怖から来ているのかもしれません。

とにかく人には誰でも、絶対にこうなれば嫌だ。

こうなることが怖くてたまらないというトラウマ的な恐れがあるのです。
さてここでポイントなのですが、人にはこうなったら嫌だという思いが強ければ強いほど、そのことを何度も考えるようになります。
心の中でちょこっと考えてるうちは良いのですが、実は人の思いというものにはとんでもない仕組みがあるのです。
どういうことかと言うと、貴方が頻繁に考えていることは、現実に引き寄せてしまうというルールがあるのです。
このルールは良いことにも悪いことにも作用します。

例えばこうなったら良いなと思うことを何度も何度も考えていれば、そのうちにその思いにエンジンがかかります。
そして実際に貴方に現実に引き寄せるのです。
その反対にこうなれば嫌だなと何度も何度も考えていれば、そのうちにその思いにもエンジンがかかってしまうんです。
貴方が絶対にこうなったら嫌だと思っていることが現実になってしまうのです。

貴方にとってこれほど恐ろしいことはありませんよね。
ですからトラウマ的なそれは、出来るだけ考えない方が良いのですが、これがなかなか出来ません。
普通のそれとは違って何十年も、場合によっては何世代にも渡って、貴方の魂に染み込んでいる恐れなので、なかなか手放すことが出来ないのです。
それどころかトラウマ的恐れに関連することは、ちょっとしたことでも、自分の中にで拡大して悪く考えてしまうのです。
実際に起きた恐れに関する出来事が、1だとすれば100ぐらいに拡大して考えてしまうんです。

しかも現実に起きてもいない架空な出来事にも関わらず、まだ起きてもいないことに対して何日も何日も、ずっと心配し体が震えるほど怖がっているんです。
よく考えてみれば、おかしなことですが、何代も何代も生まれ変わってる人には、誰でもそういうトラウマ的な恐れがあるのです。
トラウマ的な恐れが心にゆずいて来たら、すかさずお守りの言霊を何度も何度も言ってください。
天之御中主様お助けいただきまして有り難う御座います。
この言葉を言っているうちに、貴方の中にある不安や心配がスッ~と消えていきます。

どんなにしつこいトラウマ的な恐れでも、このお守りの言霊を何度も何度も言う事で、それを打ち切るだけのパワーを持っているのです。
このお守りの言霊は強烈な光の波動を放っているので、心の中にどんなに闇、不安や心配が広がっても、この言葉を言ってるうちに、心の中にみるみる光が広がっていきます。
どんなに暗い闇が広がっていても、太陽が昇れば一瞬で朝になるように、闇は光が出てくると一瞬で消えてしまうのです。
どんなにし心配や不安があっても、この言霊を何度も何度も言っているだけで、心の中に光が広がっていくので、安心してくださいね。

 

追記

 

「天之御中主様」

「神様から助けてもらっているな」と感じたことはありますか?


斎藤一人さん

人生がうまくいってる人や、何かで成功した人、うれしい奇跡を体験した人は、「ああ、私は神様に助けてもらっている!」と実感していることでしょう。

その反対に、人生がなぜかうまくいかない人や、お金人間関係でトラブルが絶えない人、病気がなかなか治らない人は、「私って、神様に見放されているんじゃないかしら......」と思っているのではないでしょうか?

言っておきますが、神様は、どんな人のことも、見放したりしません。

神様は、あなたのことを、絶え間なく愛しています。

あなたの人生を、心から応援し、いつも願っているのです。


では、なぜ、「私は助けてもらっている」と実感できる人と、「私は見捨てられているんじゃないのかしら.......」と疑ってしまう人がいるのでしょうか?


その違いは、あなたが「神様に助けてもらうのが上手かどうか」にかかっているのです。

神様は、どんな人にも惜しみなく「愛」や「豊かさ」を降り注いでいます。

「助けてもらうのが上手な人」は、それをたっぷりと受け取ることができます。

でも、「助けてもらうのが下手な人」は、神様の愛や豊かさを受け取ることができずに、ほとんど通過して流れてしまうのです。

例えてみると、こんな感じでしょうか。

空から、「恵みの雨」が降り注いだ時、スプーンを出せば、その雨を受け取ることができます。

おたまを出せば、もっと多くの雨を受け取ることができます。

斎藤一人さんの場合は、いつも洗面器みたいに大きな器を出して、たっぷりと受け取っている感じでしょうか。

しかし、「助けてもらうのが下手な人」は、多分出しているのが「ザル」のようなもの。

恵みの雨が猿を通過して全部下に落ちてしまうのです。

これって、すごくもったいないことですよね。

どんな人にも、平等に、惜しみなく降り注いでいる恵みの雨なのに.........。


あなたが運勢を良くして、ますます幸せになりたいと思ったら、「神様から助けてもらうのが上手な人」になることです。

しかも、ものすごく簡単な方法で、そうなれるのです。

斎藤一人さんがもう何年も行ってきた「上手に助けてもらう方法」を、あなたにしっかり教えますから、ぜひ覚えてくださいね。

神様が助けてくれる言葉がある!

「神様に上手に助けてもらう人」になるには、”ある言葉”を言っていればいいのです。

これは強烈な光の波動を放つ「お守りの言霊」です。

「お守りの言霊」は、とにかく、たくさん言うことがポイントとなります。

それは.......

「天之御中主様 おたすけいただきまして ありがとうございます」


この言霊を、いつ、どんな時でも、唱えているだけでいいのです。

 

 

www.shiho196123.net

 

 

f:id:shiho196123:20190719232616j:plain

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。 

 

本年はお世話になりました。良いお年をお迎え下さいませ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して下さい。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村