20191229105200

斉藤一人さん 焦りそうになったら、ゆっくり、お先にどうぞ

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200427113928j:plain

 

 

自分が焦りそうになったら、こう言うの。

「ゆっくり、ゆっくり、お先にどうぞ」って。

そうすると、気持ちに余裕ができて、ゆっくり行動できるから。

 

 

 


焦りそうになったら「ゆっくり、ゆっくり、お先にどうぞ」


ここんとこ、忠夫ちゃんが、「手足が冷たい、冷たい」って言うの。

忠夫ちゃんは、住んでいる福井県から、ずっと車を運転して東京まで来るんです。

「運転の途中で休憩したかい?」言って聞いたら、1回も休憩しなかったんだって。

そうやって、追い立てられるような気持ちで何時間も運転していると、ずっと前かがみでいるって事だよね。

そうなると呼吸が浅くなって、酸欠になるよね。

脳が酸欠になると、脳に血を送ろうとして、手足に血液がいかなくなって、手足が冷たくなっちゃう。

忠夫ちゃんは、誰からも「早く来なさい!」なんて、言われてないんですよ。

でも、勝手に自分で焦ってる。

焦る必要なんか、ないんです。

でも、焦っている人に「落ち着きなさい」って言っても、なかなか落ち着けません。

自分で意識して、動作をゆっくりにするしかないんです。

例えば歩く時、わざと、ゆっくりゆっくり歩くようにする。

それで背筋を伸ばすと、酸素がいっぱい吸える。

仕事中にトイレに行くときも、家でこたつから出るときも、ゆっくりゆっくり歩くようにする。

自分が焦りそうになったら、こう言うの。

「ゆっくり、ゆっくり、お先にどうぞ」って。

そうすると、気持ちに余裕ができて、ゆっくり行動できるから。

このことをやるとやらないでは、いくら体にいい食べ物を摂っても、サプリメントを摂っても、全然効き目が違うと思うんです。

「焦り」っていうのは、体の免疫力を下げるんです。

焦っていると自律神経の「交感神経」ばかりが過剰になります。
人間の体っていうのは、「交感神経」と「副交感神経」のバランスでできています。

「交感神経」というのは戦闘態勢になるから、神経を閉めるんです。

「副交感神経」は、神経を緩めるんです。

ところが今の人は、神経が常に高ぶっているので、みんな交感神経の方が過剰になっています。

だから心がけで、緩めないといけないんです。

ゆっくりゆっくり歩く。

大きく深呼吸する。

それだけで、神経が随分ゆるまるんです。

それに、どうせ焦って何かやったとしても、いいものはできません。

リラックスした気分で行った時に、いいアイデアもばんばん出て、いいものができるんです。

いいですか?

「上気元」でいたかったら、わざと動作を、ちょっとゆっくりするんですよ。

あなたにとって、気持ちが落ち着くスピードがあるんです。

焦りそうになったら、「ゆっくり、ゆっくり、お先にどうぞ」。

これが「上気元」でいるための魔法の言葉なんです。


歳を取ることで不機嫌になるのなら
自分で年齢を決めて「上気元」でいる


人間って、「上気元」で生きていると、一年がすぐ過ぎちゃいます。

毎日が楽しくて、一年が感覚的に「半年ぐらいで過ぎちゃったな」と思った時は、半年分しか年を取らないんです。

その逆に、不機嫌でいると、時間が長いんです。

そうすると、一年でもガクンと歳を取っちゃう。

白髪なんかも、シワなんかも、あっという間に増えちゃうんです。

いろんな人から、「一人さんの髪って真っ黒ですね」

「白髪が全然ありませんね」って驚かれるんですけれど、それって珍しいことだそうですね。

私は毎日、楽しく生きています。

今日は何曜日だとか、自分の誕生日も忘れちゃうくらい、毎日楽しく生きています。

すると・・・・・・、一年が3ヶ月ぐらいで過ぎちゃう感覚なんです。

だから一年で3ヶ月分ぐらいしか、歳を取らないんだと思います。

あと、年齢に関して言うと、自分で自分の年齢を決めているの。

どういうことかと言うと・・・・・・、「自分の年齢を勝手に決める会」というのをやっていて、自分の歳を自分で決めてるんです。

私は昔から「27歳」が好きなの。

なぜかと言うと、三十歳になると、分別があるようなことを言わなきゃいけないから。

あれが嫌なんです。

分別がないのが好きなの。

だから、今も私は27歳です。

皆さんもね、自分の歳って、自分で決めていいんですよ。

「私は十八歳」とか、「私は25歳」とか。

特に女の人は、歳をとることを気にしますよね。

「来年は、もう50歳だなぁ・・・・・・・」とか、「もう三十路になっちゃった・・・・・・」とか。

ため息混じりに年齢のことを考えて、不機嫌になるくらいなら、自分で自分の年齢を決めればいいんです。

27歳って決めたら、今年も、来年も、再来年も27歳。

死ぬまでに27歳なんです。

それって、最高でしょう?

誰かに「何歳ですか?」って聞かれても、答えちゃダメですよ。

「私、27歳で決めてます」って、それで通すんですよ。

その方がよほど、「上気元」で楽しく生きられるよね。

「上気元」でいるためなら、何をどう考えてもいいんです。

自分を不機嫌にする物事を、どうやったら楽しく乗り越えられるか工夫していく。

それが「上気元の修行」なんです。


「死ぬのとき」は、苦しくない


人を不安にさせるものに、「死」があります。

人は死ぬのが怖い。

死ぬ時が怖い。

だから、いろいろ心配するんですよね。

「死にたくないな・・・・・・」とか、「苦しかったら嫌だな・・・・・・」とか。

だけど、死ぬ時って、苦しくないんですよ。

車なんかにバンっとぶつかって、「う~」って苦しんでる人がいるとしますよね。

そういう人に怪我が治ってから、「ぶつかった時、どうでした?」って聞いても、全然覚えていないんです。

その時、いくら苦しんでいたって、当人は覚えていない。

意識がない。

死ぬときも、意識がありません。

苦しくないんですよ。

以前『タイタニック』っていう映画ありましたよね。

船がバーンとぶつかって、だんだん沈没していく話です。
あれ、傍で見てるから怖いんですよ。

沈んでいくほうは、船がグラングランと揺れていて、何も考えられない。

何も考えないまま、意識がなくなるんです。

だから人間っていうのは、死ぬときは何も考えられないの。

そのまま死んじゃうようになってるんですよ。

死ぬときは事故だろうが、病気だろうが、怖くないんですよ。

「死の恐怖」というのは、実は「想像の産物」なんです。

「どんなに苦しいだろう・・・・・・」と考えるから不安になるけれど、実際は苦しくありません。

だから安心してくださいね。


「上気元」の人は不況に関係なく
どこからも必要とされる


今、世の中が不況です。

「就職口がなかなかなくて、大変なんです大変」って言うけれど、どこの会社も不況に関係なく、いつも優秀な人材を欲しがっています。

優秀な人材というのは「上気元な人」のこと。

ちょっとぐらい大変なことがあっても、いつもニコニコして、楽しそうに働いて、「ここで働けて幸せです!」「うちの会社って最高です!」って言ってる人は、ひっぱりだこなんです。

バブルの時は、とにかく人材が欲しかったから、「不機嫌な人」でも就職することができました。

でも、今みたいに、採用される人数が絞られてきたら、「上気元」な人じゃないと採用されません。

働き出してからも、ずっと「上気元」でいられる人じゃないと、勤まらないんです。

会社の面接の時だけ、いくら「上気元」を気取っていても、いざ働き出した時に、皆に不機嫌な態度をとっていると、真っ先にリストラの対象になります。

これは、良い傾向なんです。

不機嫌な人が、簡単にうかっちゃいけない時代なんです。

仕事が欲しければ、とびきり「上気元」でいる。

そうすれば、必ずいい就職先が見つかります。

たとえ、就職先が見つからなくても、周りの人があなたを見ています。

「〇〇さんっていう人を、すごく感じがいいよ」「そういう人に家に来てもらいたいよね」と、人づてに働き口を紹介してもらえるかもしれません。

「上気元」でいると、あなたを押し上げてくれる人が、必ず出てきます。

どんなに不況になっても、「上気元」でいる限り、難しいことは何もないのです。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村