20191229105200

斉藤一人さん 幸せは願いではなく、思いなんだよね

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200414121747j:plain


 

 

「いいことがあったら幸せ」というのは”願い”なんです。

そうだとしたら、願ったことが実現しないと幸せになれないことよね。

でも私が言っているのは”思い”なんです。

いいことがあったら幸せ。

悪いことがあっても、それは幸せの一部。

そう思うと、全てが幸せになるんです。

 

 


幸せは”願い”ではなく”思い”なんだよね


とにかく幸せって、何があっても「100%幸せだ」と思えるかどうかなんです。

嫌なことがあっても「こんなのは幸せの一部です」からって言える人に、幸せがどんどん訪れます。

「ついてる人には悪いことは起きない」のではありません。

ついてる人にも悪いことはおきます。

ただ、起きても捉え方が違うんです。

いちいち起ることに左右されて駄目です、不機嫌になっていたら、本当の幸せにはなれないよね。

多くの人は幸せを過大評価し過ぎてるんです。

人生にはいろんなことが起きるし、いろんなことが起きないと人生はつまらないもの。

「いいことがあったら幸せ」というのは”願い”なんです。

そうだとしたら、願ったことが実現しないと幸せになれないことよね。

でも私が言っているのは”思い”なんです。

いいことがあったら幸せ。

悪いことがあっても、それは幸せの一部。

そう思うと、全てが幸せになるんです。

私はいつも機嫌がいいんです。

それを見てよく「ひとりさんは嫌なことがないんですね」って言われます。

みんなが思うような嫌なことは私にもあるけど、私はそんなことでいちいち不機嫌にはなりません。

だって、そんなことが起こるのは織り込み済みだし、それも幸せの一部なんだよね。

それで、「豊かだからそういう気持ちになれるんですか?」って言われるけど、そういう気持ちでいたから豊かになれたんだよ。


起きることに対する捉え方って、思い続けているうちには分かってくるからね。

大切なのは思い続けること。


「100%幸せだ」と思っても悪いことは起こる


幸せというのも結局、起きた出来事に対して「100%幸せだ」と思えるかどうかなんです。

それで、「私が100%幸せだ」と思っていても、浮気がバレる時もあります。

つまずく時もあるし、車を擦られる時もあるの。

先日もちょうど、みんなでドライブをしながら、この「100%の法則」の話をしていました。

どんなことが起きても幸せだと思えるかどうか・・・・・・そんな話で車中は盛り上がりました。

そして、途中でトイレ休憩をしようと思って、サービスエリアに車を寄せました。

ところが、車を降りてトイレに行こうと歩き始めた途端、突然「ぽとんっ」しましたねと鳥のフンが私の肩に落ちてきました。

一瞬びっくりしましたが、次の瞬間になんだか笑えてきてね。

累計納税額日本一の大金持ちで、「100%幸せだ」と思っている私でさえ、こういうことが起こるんです。

「100%幸せだって言っていると悪いことが起こらない」

決してそういうことじゃないの。

いろんなことが起こるけど、何が起きようとも、それらをひっくるめて「100%幸せだ」と思えるかどうかが大切なんだよ。

普通の人は悪いことが起こると不機嫌になったり「ついてない」って思ったりします。

起こる出来事を100%予測するのは不可能だから、そうすると、あなたの幸せは偶然の出来事に左右されることになるよね。

人を変えることはできませんし、起こる出来事自体を変えることもできません。

変えられるのは自分だけなんです。

何かをやって失敗しても、経験したらだけ得なんです。

それで、次はその経験を糧にして、うまくやればいいの。

先日もある人が「ちょっと嫌なことがあって、愚痴を言っちゃったんです。

こんな私はだめですよね」って言うけど、そうじゃないんです。

幸せな人でも、つい愚痴をこぼすことはあるの。

そんなことも含めて幸せだなと思えばいいんです。

いちいち何かにつけて不幸だと思う曲を止めないと、幸せにはなれないよ。

最初はね、頭ではわかっていても、なかなか「100%幸せだ」なんて思うのは無理って人もいるよね。

でも、思うの。

思い続けて物事を見つめていくと、なぜ起きたのかという原因も分かってくるからね。


幸せとは”探すもの”である


不幸な人って、幸せの探し方が下手なんです。

「アジの開き」だって作るのに大変な手間がかかっています。

そのことを思って食べると「幸せだなぁ」と思えるんです。

水道の蛇口をひねれば水が出るのだって「幸せ」だよね。

昔はわざわざ川まで水を汲みに行っていたんですから。

さらにいえば、世界には飢えで苦しんでいる人が約8億、慢性的な栄養失調の人が約20億人いるといわれています。

世界各地で未だに紛争が起こっていて、いつ銃撃戦に巻き込まれたり、爆弾を落とされたりするかも分かりません。

それに比べれば、私たちは世界の平和な日本に暮らせて幸せ、生きているだけで幸せだと思います。

幸せって、幸せと思える感度が高いか、低いかなんだよね。

そして「幸せ」とは、与えられるものではなく、”探すもの”なの。

些細な事がある度に「不幸だ、不幸だ」って言う人がいるけど、幸せな人にも不幸な人にも起こる事って、そんなに変わりはありません。

それでも、幸せと思える人のところに、幸せって引き寄せられて来ちゃうんです。

完全無欠の幸せが探してみたってどこにもないから。

神様だってね、「幸せ」というものをくれるわけではないんだよね。

「幸せ」に変わるものをみんなにくださるんだよ。

性格だって、この世の中に完璧な人なんていません。

誰にでも欠点の一つや二つはあるものなの。

細かいことを言わなければ誰だって「いい男」だし、「いい女」なんです。

それを、「こういうところが良くなってくれたら」とか「ああいうところを直してくれたら」とかって言っていると、いつまでたってもきりがありません。

幸せっていうのは、50点か60点でいいの。

完璧を求めすぎると、幸せになんかなれないよ。

サッカーが好きな人って、相手から邪魔されたりすることですら、面白さを感じます。

だから人生も邪魔する人が現れたら「これでもっと面白くなるぞ」って思えると、その人の人生はますます面白くなるんだよね。

人って誰でも、ものすごい可能性を秘めています。

それを”ちっちゃく”まとめようとするからダメなんです。

「ここがダメ」とか「あそこがダメ」とか言ってると、どんどんちっちゃくなっちゃうんだよ。

もっと大きく、おおらかに物事を捉えて行こうね。

繰り返すけど「何がないと幸せじゃない」ではないからね。

「幸せ」は、あなたの心の感性や感度によって決まってくるからね。


「仕事の成功論」と「心の幸せ論」は同じ


幸せを見つけるのが下手な人は、商売の成功の仕方を見つけるのが下手です。

うまくいってない人って、幸せも成功も、「見つけるもの」だと思ってないの。

「与えられる」か「偶然入ってくる」ものだと思っているんです。

要は、日頃から”見つけ癖”がないんだよ。

「ご飯が食べられて幸せ」とか「仕事ができて幸せ」とか、幸せを探す癖が日頃からあるかどうかなんです。

自分に嫌なことがあっただけで「最悪だ!」って言っている人生と、「今日も朝起きられて幸せ」っていう人生では違います。

「幸せのネタ」を見つけられる人って、「商売のタネ」を見つけるのも上手です。

幸せな人って、いいところを見つけるのが上手なんだよね。

そういう人が「売れているお店・人気のお店」に行ったら、その店のいいところをたくさん見つけます。

そしてその中で、自分で真似できることをするんです。

逆に不幸な人って、悪いところを見つけるのが上手なんです。

「売れているお店・人気のお店」に行っても「あそこが駄目だ」「ここがなってない」とか言って、いちいち”重箱の隅”をつつくようなことをするんです。

人を雇うのでも、幸せな人は、その人のいいところを見つけて、そこを褒めて伸ばそうとします。

でもうまくいってない人って、悪いところを見つけてはそこを指摘して、直させようとするんだよね。

「仕事の成功論」と「心の幸せ論」は同じなんです。

毎日の生活の中で「幸せの種」探しをしてごらん。

実は毎日、たくさんの種を頂けていることに気づくから。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村