20191229105200

斉藤一人さん 占い師

スポンサーリンク

 

f:id:shiho196123:20200112124824j:plain

 

 

世の中には、「人を幸せに導きたい!」という思いを元に、愛を持って「占い師」という仕事をしている人がいらっしゃいます。

 

 


質問1 神的経営


小さいながらも商売をしています。

経営と商売のコツについて教えていただければ幸いです。

 


斎藤一人さん

 


経営と商売のコツについて話をします。

「神的経営」っていうのがあるんです。

仕事ってね、あたりか大当たりしかないんだよ。

はずれっていうのはないんだよ。

よく「七転び八起き」とかっていうけど、日本っていう国は、「一転びアウト」なの。

何でも話しって例外はあるんだよ。

だけど日本っていう国は、概ね、七転び八起きもするほど許してくれないんだ。

大体会社って、潰れる時って借金まみれになっちゃうからね。

日本って国は。

株式会社ってのは、本来は、株を買い合って、なんとかなるものなんだよな。

ところが日本の株式会社だけが、世界で唯一、借金するのに、社長が、その保証人をしなきゃいけないっていう。

こんな制度があるのは、日本だけなんだよ。

本来は、株式会社っていうのは、「出し合ったお金がなくなった時点で終わり」っていう、決まりがあるんだよ。

ところが世界で日本だけが、「社長が個人保証をしないと銀行がお金は貸さない」っていう、不思議な現実があるんだよ。

言ってる意味わかるかな。

だから、日本の会社の社長は、会社が潰れた時はしさんまでみんな取られちゃうんだよ。

わかる?
それだと、本来の意味での寒ブリ式会社ではないんだけど、日本だけおかしな制度があるんだよ。

だから、日本っていう国は、七転び八起きでなんとかなるような世界ではないんだよ。

サラリーマンなら、「ここの会社が潰れても、よその会社に行ける」とかって言えるけど、経営者は、潰れた時には膨大な借金を背負い、信用がなくなっちゃうんだよ。

だから、全てを失うから、そこから立ち直って七転び八起きなんて、簡単なこと言える世界ではないんだっていうこと。

これは経営者にしか分からないことなんだよね。

いいか悪いかじゃないんだよ。

そういう特殊な世界にいるんだよなって。

それで、斎藤一人さんは失敗をしない経営を心がけてるんだよ。

斎藤一人さんのやってる経営っていうのは当たりか大当たりしかないんだよ。

外れるから潰れるんだよなって、それを言いたいんだよ。

外れなきゃいいんだよな。

で、絶対外れない経営を、斎藤一人さん的には、「神的経営」っていうんだよ。

 


質問2 人間的魅力

 


私は会社員をしております。

生きがいですか、出世を求めるべきですか?

お教えいただければ幸いです。

 


斎藤一人さん

 


普通、生きがいだと思うよな、そうじゃないよ、会社は出世しなきゃ生きがいができないような仕組みになってるんだよ。

出世っていうと、「人の足を引っ張るようで、おべっかを使うようで嫌だ」って言う人がいる。

やらなきゃいいんだよ、そんなことは。

自分の仕事をさっさと終えて隣の人を手伝ってやればいいんだよ。

そしたらみんなが、あの人が出世するのは当たり前だって言って、応援してくれるんだよな。

21世紀に邪道は通らないんだ。

正道しか通らない。

その正道のひとつが、お世話になった人のことは忘れないっていう、筋道なんだよ。

だから当然なんだ。

それから、のぶちゃんは居酒屋だとしたら、味の事ばっかり言ってるだけじゃうまくいかない。

だから当然なんだ。

今は、戦後のもののない時代じゃないんだ。

一億総デブの時代に、味だ味だって、怠けたことを言ってんな。

編集者やライターさんなら、この人をお願いって指名されるくらいの愛想になるんだ。

わかるかい?

正直言って、斎藤一人さんところは、いろんな話が来てるんだよ。

だけど、いつも「ゆほびか」さんをっていうのは、みんなの笑顔がいいから来てるんだよ。

それだけなの。

そしたら、こっちも世話になってるから。

それに私、のぶちゃんに世話になってるんだ。

運転してもらったり。

日本中行く時運転してもらったりしてる。

世話になってるんだ。

だから、のぶちゃんが取材を受けるってなった時は、じゃあ私にもお役に立てることあるんだろうかってことになるんだよな。

大変じゃないですかって。

大変じゃないよ。

素敵な人生なんだよ。

だから、「筋道通すのは、なんで」って言ったら、素敵な人生になる。

で、素敵な人生生きてると、素敵な人が出てくるんだよ。

で、そこに素敵な物語が起きるんだよ。

自分が素敵でもないのに、素敵な人現れないかって。

現れるわけないだろって、類友の法則っていうのがあるんだよ。

類は友を呼ぶんだよ。

だから、自分が義理も人情も解さないやつの前に出てくるのは、義理も人情も解さないやつばっかりなんだよ。

だから、嫌な世界が出来上がるんだよ。

自分がひとたび変わっちゃうと、相手も変わっちゃう。

それだけのことだよ。

筋道通すってのは、素敵に生きるって事の一つなんだよ。

だから、それだけじゃないんだよ。

仕事だったら、自分も得してお客さんも得することを考える。

その方が素敵だろ?

それを、「自分はもう赤字でも頑張ってます」って、そんなの潰れるぞって。

潰れるか、嘘ついてる。

潰れないってことは嘘ついてんだ、本当は儲かってるんだ。

わかるかい?

嘘つくか、本当に潰れるかしかなくなっちゃうんだよ。

そんなの素敵じゃないよ。

うちもいいもの作るけど、ちゃんと適正な利益もらわないと、維持できないんだよ。

だから正当なことをちゃんと言っても、「斎藤一人さんのところから買いたい」って言われて、初めて魅力が出るんだよ。

それって何ですかって言うと、人間的魅力なんだよ。

で、私たちは人間的魅力を高めるためにここに来たんだっていうのが、斎藤一人さんの考え方だから、素敵に生きるんだよ。

 


質問3 占い師

 


お金がかからず、誰かに依存しないで出来る事ってありますか?

お教えいただければ幸いです。

 


斎藤一人さん

 


「お守りの言霊」を言うことに1円もかかりません。

そして、「助けてほしい!」と思ったら、誰かに頼ったりしなくても、自分でそれをすることができます。

こういうものを、神様は望んでいるのです。

その理由をお話ししていきましょうね。

心が揺れたり、不安になった時・・・・・・、世の中には、「占い」というものに頼る人がいます。

知っておいて頂きたいのは、「占いというものは、人の心を安心させるもの」だということです。

世の中には、「人を幸せに導きたい!」という思いを元に、愛を持って「占い師」という仕事をしている人がいらっしゃいます。

しかし、中庭・・・・・・、少数ではありますが、「占い」というものを武器にして、人を不安にさせたり、脅かしたりする人もいるのです。

「私のアドバイスを定期的に受けないと、あなたの人生は悪い方向へ行きますよ」とか。

「あなたには悪い霊がついているので、この商品を買わないと、あなたの家族は不幸になりますよ」とか。

こういう風に、人を脅かしたり、不安を煽ったりする人は、「ニセモノ」です。

そういうニセモノの言葉を真に受けてしまって・・・・・・、安心を得るために、たくさんのお金を払ってしまう人がいます。

あなたが一生懸命働いて、何年もかかって助けた大切なお金を、「ニセの安心料」として払ってしまうのです。

「ニセモノ」のところに通っている人でも、最初のうちだけ、「心の安泰」が得られるかもしれません。

しかし、それは、ほんのわずかな期間です。

自分の心を制御することを、誰かに頼っていると・・・・・、実は「運勢」というものは、だんだん坂道を転がるように悪くなっていくのです。

これは、「占い」に限ったことではありません。

「霊視」や「拝み屋」、そして「宗教」・・・・・・。

そういうものの中にも、「ホンモノ」と「ニセモノ」があります。

「ニセモノ」の人達は、人を恐怖でコントロールするパターンを、ちゃんと知っているのです。

相手に強く言って、相手の無価値感を煽り、自分に依存させる。

特に、「神の名」を語って、人を脅かしたり、不安を煽ったりする人がいます。

こういう状態を、神様はとても残念に思っているのです。


ちなみに、「ホンモノ」か「ニセモノ」かを判断するポイントだけ教えておきますね。

あなたがそこに通うようになってから、気分がいつも安定して、実生活がうまくいくようになって、経済面でも豊かになった。

こういう状態になったら、それは「ホンモノ」です。
その反対に・・・・・・、「なんか行きたくないな・・・・・・」とか、「これって、ちょっとおかしいかも・・・・・・」という気分が、ことあるごとに湧いてくる。

そして、通っている割には実生活がうまくいかなくて、お金もどんどんなくなっていく・・・・・・。

こういう状態になっていたら・・・・・・、残念ながら、それは「ニセモノ」です。


斎藤一人さんの場合は、高いお金を払ったり、誰かに依存したりするのではなく・・・・・・、自分で心を安定させる方法をオススメしたいと思っています。


「天之御中主様 おたすけいただきまして ありがとうございます」。


この言葉を何度も何度も言っているだけで・・・・・・、あなたは何が起こっても、あなたは自分自身で「大安心」を得ることができるのです。

 


質問4 神我

 


人はなぜ眠るのですか?

何のために眠る必要があるのですが?

斎藤一人先生のお知恵を拝借できれば幸いです。

 


斎藤一人さん

 


「人人がなぜ眠るのか」というのは多くの学者が研究していて、いまだにはっきりした理由が分かってないんだそうです。

よく「脳や臓器を休めるためだ」っていうけど、脳や臓器の動きが止まると人は死んでしまうから、活動してもうちゃんと休む時は休むようになってるんだよね。

でも一つ、はっきりしていることがあります。

それは、「寝ている間は何も考えてない」ということです。

人が寝ている間、魂の大元である親神様から、人の内なる神様である神我に対して、様々な指示が出るんです。

だから、寝てくれないとその人がいろんなことを考えちゃって、親神様の声をちゃんと受け取れないんだよね。

寝てる時の方が「神我」が働きやすいの。

だから病気でも寝てる間に治るんだよ。

それで、「寝る前に何を思うかが大事」ってよく言うんだけど、私はそれより「起きている時に何を思うか」の方がもっと大事だと思うの。

だって、起きている時に思ってないことを、夜寝る前に思ったってしょうがないよね。

結局「神我」は愛でできてるの。

だから「人に幸あれ」とか「自分にも幸あれ」とか愛あることを思っていると、より「神我」との一体感を感じることができるんだよ。

でも逆に、否定的な事を考えたり「あいつは嫌な野郎だ」とか愛のないことを考えていると、「神我」がちゃんと働けなくなるんです。

それと「神我」という自分の中にいる神は最善を知っているんです。

でも私たちは最善を知らないんです。

だからあなたは自分で「どうなるんだろう?」とか「どうすれば幸せになれるんだろう?」って考えない方がいいの。

最善とは、あなたが考える以上のことなんです。

つまり、「神我」は想像もできない方法であなたの問題を解決してくれるんだよ。

いつまでもくよくよ考えているよりも、昼間は自分にも良くて、周りにも良くなるように、愛を持って一生懸命に過ごす。

そして、夜は疲れて寝ればいいの。

そうすれば、すべてうまくいくようになっているんです。

「自分に幸あれ」

「人にも幸あれ」で、

神我に存分に働いてもらう。

 


質問5 祝詞

 


参拝時に唱えている言葉について、神社を参拝される際に斎藤一人さんがよく唱える言葉や祝詞がありましたら、お教えいただければ幸いです。


斎藤一人さん


鹿島様お助けいただきましてありがとうございます。

必ず行ってる神社のお名前を付けてありがとうございます。

こればかりです。

 


質問6 お賽銭

 


お参りの際のお賽銭について、神社参拝の際にお賽銭を入れます。

例えば御縁に通じる5円とか、45円などが知られてるように思います。

お賽銭で神様のために社殿を整理したり、参道をきれいにしたり、そういうことがなされると思われますが、斎藤一人さんはお賽銭をどれぐらいの額されるものなのでしょうか?

単純に疑問に思いましたので質問させていただきました。

ご回答いただければ幸いです。

 


斎藤一人さん

 


斎藤一人さんの場合はポケットに入れて掴んだお金をあげるということになっていますから、10円の時もあれば、100円の時もあれば、500円の時もあれば、小銭がない場合は1000円あげる時もあるし、いくらあげれば一番いいんですかと言うけれども、あなたの懐具合によって、全然違います。

もしお財布を忘れてきた場合に、罰を与えるということは絶対にありません。

そんなことは気にしないで、5円をあげるとご縁があると思ってる人はそれが一番いいんじゃないでしょうか?

神様は細かいことは言いません。

 


質問7 観音参り


斉藤一人さんのお気に入りの神社、全国の神社、そして観音様をお参りしている斉藤一人さんにとって、定期的に参拝したくなるお気に入りの神社、そして観音様はどこでしょうか?

教えていただきましたら幸いです。


斎藤一人さん


観音様は日本中行くんですが、秩父の観音参りが好きですね。

それから神社で言うと鹿島様とか香取様とか、それと気多大社、元一宮の気多大社なんかがすごくいいと思いますが、行けば全部いいです。

本当にいいとこだらけです。

私たちは神様と一緒に住んでるんだなと言うぐらい良い神社がいっぱいありますから、とにかく自分の周りから行ってみてください。

それが一番いいですよ。


質問8 感謝の言葉


斎藤一人さんが神頼みすることとは、当代随一の成功者である一人さんが、いったいどのようなことをお願いしているのか、興味津々です。

よろしければお教えいただければ幸いです。

 

斎藤一人さん

 

これは鹿島様お助けいただきましてありがとうございます。

多い時で3回ぐらい言うんですが、それ以上のことは言ったことはないです。

常日頃から神様には助けられているんです。

それのお礼に行くだけで、そうするとまた助けられて、またお礼を言ってまた助けられて、それの繰り返しです。

それ以上に個別のお願いというのはないんです。

だから皆さんに斎藤一人さんと同じことをしろと言ってるんではないです。

斎藤一人さんがそうだと言ってるだけです。

 

 

質問9 心配性


H・Kさん男性47歳

いつも斉藤先生の書籍で勉強させていただき、非常に感謝しています。

私は今契約社員なのですが、先日、正社員採用のお話をいただき、これからは面接があるのですが、年収が少し下がりそうな雰囲気が感じ取れます。

しばらく働けば上がるようなのですが、わずかな心の引っかかりがあります。

私が今契約社員なのは30代に、勤め先が立て続けに倒産したからです。

その経験がトラウマで、給料が簡単に上がるとは思えず、様々な根拠のない心配事が浮かんできます。

しかし今回声をかけて頂いた会社はなぜか出会った時から懐かしく、ここに入れたらいいな、正社員になれればいいな、と思っていました。

しかし自分でどう判断すべきか答えが出ておりません。

面接の際に収入の面で納得のいく金額でなければ、お断りすべきか、思い切って交渉すべきか、勇気を出して思い切って、紹介所に飛び込んで、ジャンジャンバリバリ稼ぐ方法を選択するか、どうしたらよいでしょうか?


斎藤一人さん


この人もそうなんですが、物事を大げさに考えすぎなんです。

もっと気楽に考えてください、大げさに考えない、大げさに考えないと言っていると実は本当は自分が何をするか答えはもう知ってるんですね。

大げさに考えるから答えがずれるんです。

自分は何をするかを知っているんです。

大げさにものを考えすぎますから、連続に思うんですね。

大げさに考えないと言っていると何をしていいかわかります。

自分の人生ですから、自分で答えを知っているんです。

心配性の人の特徴なんですね。

暇な時に、大げさに考えないとずっと言ってると一週間から10日もすると見えてきます。

言えば本当に効きます、良い言霊です。

 

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村