20191229105200

斉藤一人さん 100%の幸運をつかむ法則

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200728142923j:plain

 

 

「私は最高に運がいい人間だ」

これで、あなたの「成功者の人生」が始まりました。

 

 


「不満がある」のは「満足できる何かがある」ということなんです!


いきなりですが、問題です。

出掛けに、靴紐が切れてしまいました。

あなたなら、どう思いますか。

A出掛けに紐が切れるなんて、不吉だ。

B紐が切れたから、すぐ取り替えよう。

C出掛けでよかった。外出先で切れたら大変だった。今日はなんかラッキー!

答えはCです。

Aと答えた人、bと答えた人が間違っている、ということではありません。

どちらを選ぼうと、それはあなたの自由です。

でも、今日は何か嫌なことが起きそうな気がする、って思っていたら、元気な声で挨拶することができますか?

朝の挨拶って、重要です。

たった一言、

「おはよう!みんな、今日も元気でやっていこうね」

これだけで、何だか足元が軽くなります。

不吉なことが起きるんじゃないかって、重たい気分でいたら、こうはいきませんよね。

だから、Aとは答えたくない。

「紐が切れたから、すぐ取り替えよう」

だけじゃ、今日の楽しみがない。

今日の自分は、昨日の自分とは違います。

新しい一日が始まるんだもの、今日はどんな楽しいことが起こるのかって考えたほうが、嬉しくないですか?

だから、Bとは答えたくないんです。
Cと答えたいんです。

「正しい、正しくない」ではありません。

「何が正しいか」を考えれば、楽しく過ごす知恵は、自ずと出てくるはず。

どれが正しくて、正しくないのか、と考えるから、知恵が出てこなくなってしまう。

知恵のでないもの同士が集まって、「正しい、正しくない」とやるから、言い争いになってしまうのです。

喧嘩になったら、もう、正しいもなにもない。

相手がへこむまで、自分の主義主張を押し通そうとするだけです。

それで、人が傷ついて、あなたに何か得なことはありますか?

自分の魂が求めるままに生きる、ということは、真剣に努力する、という条件付き。

でも、それは代償ではなくて、それ自体、とっても楽しいこと。

私は、これで行きたほうが楽しいから、これを追求する。

あなたは、別のことの方が楽しいから、それをやる。

それだけのこと。

自分が楽しいと思うことを、他人にも行ってもらおうとするから、甘えが出て、不満が出る。

会社でミスった事を社長に叱られたのを、今朝、出掛けに切れた靴の紐のせいにして不満をぶつけたって、何も始まりません。

「今の自分の心はこんなに暗いのに、なんで空ばかり晴れやがる」

何て、悪態ついても、しょうがない。

空はただ、あなたの頭の上にあるだけ。

何も悪いことなんてしていません。

空に向かって唾を吐いたって、その唾は自分に降りかかるだけ。

あなたは、それで気分爽快ですか?

人のあげ足取りばかりやって、現実が変わったことがありますか?
現実が変わってきたのは、私が否定的な考え方を改めるようになってから。

「どうせ自分は頭が悪いから、商売なんてできないんだ」

と、言っていた時期は、周囲に対してイライラばかりしてました。

「一生懸命スタッフを育てようとしているのに、どうして、うちの社員は長く働き続けてくれないのかしら」

と、言っているうちは、すぐ仕事を辞めてしまう人もたくさんいました。

でも、両親がいてくれたおかげで、私は「働き者」という素晴らしいものをいただいたと感謝した時、私は両親のことがもっと大好きになれました。

やめていくスタッフは、自分が出していた以前の波動で呼び寄せた人だから、人は育ちたい人が自然と育つと考えたら、いつしかスタッフは一人増え、二人増え・・・・・・と大勢になりました。

何も、生きていくことは難しいことではないのです。

不満だ、と思っていることは、あなたが満足できる何かがあるということ。

だったら、不満を並べ立てるぐらいの元気とエネルギーがあるのなら、自分はどうしたらそこに近づけるのかを考えて、行動した方が効率がいいのが当たり前。

今を変えようと思ったら、まず、否定的な考えをした時、肯定的な考えをした時とでは、どっちが自分のエネルギーを高めてくれるかを、よく検討してみてください。

そうしたら、目標地点に最短距離で到達できるはず。


「見たもん勝ち」「食べたもん勝ち」
旅も人生も楽しみ方は同じ


私は、この世の中で、最高に運がいい人間だと思っています。

「私って、運がいい人間なのよ」

と言い続けています。

すると、本当にラッキーなことが起こるから、とっても楽しい人生です。

言葉には魂があります。

どんな言葉を発するかによって、見えてくるもので、出来上がってくるものが違ってきます。

「愚痴ってばかりいれば、愚痴の塊の人生」


以前の私なんて、日常会話の半分が愚痴。

自分の誕生日さえも「不幸な日」に見えたものです。

四十歳の誕生日を目前にしたある日、塾が終わった長男を迎えに行った時に、ポロッと出た言葉が、

「お母さんも、もう年だよね。

もう40になっちゃうんだよ。

どうしよう・・・・・・」

その時、長男にこう言われました。

「もう40と思うのか、まだ40と思うのかでは、全然違うだろう」

ドキッとしました。

塾を出る時には、友達や先生に笑顔で手を振っていた息子が、呆れ顔になっています。

愚痴を言っている人の人生が、愚痴の塊になるのは自業自得。

でも、聞かされている人はたまったもんじゃありません。

嫌な気分にされたら、せっかく出会った時間が面白くなくなってしまいます。

当然、その出会いも、愚痴の対象になってしまいます。

どんなたわいのないことでも、言葉はとても重要です。

「あなたに会えてよかったわ」と言われたら、嬉しくなります。

「あなたと会ったおかげで不幸だわ」と言われたら、悲しくなります。

旅の途中で雨に降られて、

「あらいやだ、雨が降ってきたんじゃない」

と言っていると、旅の楽しさが少なくなってしまいます。
でも、旅が楽しくなくなったのは、雨のせいではありません。

旅の主役は、旅人です。

雨が主役ではありません。

どうしても雨に左右されて旅をしなければならないの?

雨は、農家の人にとっては作物を育てるめぐみです。

雨が降れば、木々の緑はいっそう鮮やかで、美しい。

天気が良い時に訪れた旅人に見せなかった表情を、私たちに見せてくれているだけです。

旅の楽しみ方は、綺麗な景色を見たもん勝ち、美味しいものを食べたもん勝ち。

人生も同じです。


これで「あなたの成功者の人生」が始まります!


あなたの人生は、あなたが主役。

忙しくても、

「楽しいね、人生って、なんて素晴らしいんだろう」

雨が降っても、

「ありがたいね、恵みをお与えてもらっているんだよ」

と言ってみてください。

慣れないうちは、嫌なことがあっても「よかったね」なんて言えないかもしれない。

でも、ここが気合を入れるべきところです。

昨日の自分は、何か問題が起こると、

「嫌だな、もう・・・・・・」と言っていた。

でも、今日の自分は、

「今、自分の目の前にあるこの問題は、自分の魂のステージを一つ上に上げてくれるプレゼント。
チャンスが来たんだ」と言っている。


小さな一歩だけど、幸せに向かっての前進。

嬉しいね。

その「嬉しい」を積み重ねていくと、やがては自然と「嬉しい」を求めて、心が肯定的になってきます。

そうしたら、もうこっちのものです。

「あっ、こんなことで感謝できるんだ」

と気づいた時、小さな幸せが貴方のポケットに入ってきます。

その積み重ねで、人はもっともっと、永遠に幸せになり続けることができるのです。


目的地に着いた人が旅人ではなく、旅をしている人が旅人。

成功した人が成功者ではなく、成功に向かって歩いている人が成功者。


何か豪勢なことがないといけないとか、立身出世しないと感謝できない、幸せになれないなんて、本当なんでしょうか。

世界には、戦争で爆弾が落ちてくる国もあるというのに、三食ごはんが食べられて、お風呂に入って、あったかい布団があって、人と出会って、仕事もできる。

「明日のご飯はどうやって食べようか」

「寝ているうちに爆弾飛んできたらどうしよう」

とかって、考えなくていいんだもん。

それだけで、十分幸せ。

今、ここにいるあなたも、運が良い人間です。

だったら、一緒に言いましょう。

「私は最高に運がいい人間だ」

これで、あなたの「成功者の人生」が始まりました。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村