20191229105200

斉藤一人さん お金に愛されるコツ

スポンサーリンク

 

f:id:shiho196123:20191225222504j:plain



 

「この人には、やっぱりお金を持たせない方がいい........」と思われないような行動をとっていくことが、ずっとお金に愛されるコツなのです。

 

 

質問1 お金に愛されるコツ

 

欲とはどういうものでしょうか?

金銭欲以外にどんなものがありますでしょうか?

お教えいただければ幸いです。

 

斎藤一人さん

 

それでは、「悪魔の欲」について話しましょう。

「悪魔の欲」とは、「人を押しのけてでもお金が欲しい」という自分本位の気持ちでもつ欲です。

また、「たくさんの人からすごい!と言われたい」とか、「人から、ちやほやされたい!」という「名誉欲」のことでもあります。

この「悪魔の欲」を持った途端、その人のところからお金はだんだんとなくなっていきます。

だって、よく考えてみてください。

いくらすごい偉業を成し遂げたとしても、「人を押しのけてでも幸せになりたい」と思っている人のことを、周りの人は応援するでしょうか?

成功とは「人から押し上げられるもの」です。

周りの人から、「あの人だったら、自分の全てをかけても応援したい」と思われる人に、人も、お金も集まるようになっているのです。

さらに「人から、すごいと思われたい!」という「名誉欲」に、実に多くの人が引っかかってしまいます。

例えばお金持ちになって、長者番付にのるようになると、今まで来なかったような「お誘い」が、いろいろ来るようになります。

それは、「ゴルフの会員権を買いませんか?」というものであったり、「自社ビルを建てませんか?」というものであったりします。

こういう「お誘い」に、引っかかってはいけません。

人は「名誉」というものを目の前にちらつかせられたとき、名誉が欲しくて、必要のないものまで買ってしまうのです。

要するに、「見栄」なのです。

「自分を、すごいものだと思ってほしい」という思いが、それをさせるのです。

「お金持ち」というのは、お金を持っている人のことを言うのです。

それなのに、だんだんお金が手に入るようになると、「名誉も欲しい!」「お金も、もっと欲しい!」という風に、心が傾き出します。

せっかくお金を手に入れたのに、自分に必要もないような土地を買ったり、ビルを建てたりするから、お金がなくなってしまうのです。

さらに、「地位」や「名誉」を欲しがって、選挙に出たりすると、いいようにやられてしまいます。

「地位」や「名誉」が欲しければ、政治家になればいいのです。

その代わり、政治家がお金を求めたら、逮捕されるのです。

そのことを、よく心得てください。

人間には、一人ひとり、「立場」というものがあります。

その自分の「立場」を貫きとおせるかどうかで、本当の成功を掴めるかどうかがかかっているのです。

斎藤一人さん、商人です。

商人というのは、ひたすらお客様に喜ばれるものを売るのが仕事です。

商人が、必要もないビルのオーナーになることはありません。

ゴルフがしたければ、その都度、お金を払ってプレイをすればいいのであって、名誉のために、わざわざ高い「会員権」など買うこともないのです。

また、「テレビに出ませんか?」なんて言われて、いい気になっているうちに、本業の方がおろそかになってしまうでしょう。

自分の「立場」を忘れてしまって、「地位」や「名誉」を求めたとき、その様子を神様はじっと見ています。

そのことを忘れてはいけません。

「この人には、やっぱりお金を持たせない方がいい........」と思われないような行動をとっていくことが、ずっとお金に愛されるコツなのです。

「地位」や「名誉」のために使うと、お金はその人のところから離れていくんです。.

 

 

 

質問2 愛情とユーモア

 

仕事を成功させるためには何が必要ですか?

 

斎藤一人さん

 

仕事を成功させようと思ったら、「お金」ではなくて、「知恵を出さなくてはいけません。

この「知恵」にも、ちょっぴり「ひねり」必要です。

愛とユーモアを込めた「知恵」を使うことです。

「いい人」は、真面目な人が多いものです。

真面目で一生懸命やっていれば、仕事が成功するかといえば、実はそうではありません。

なぜなら仕事で成功するには「人から、応援される」「人から、絶対的に愛される」という要素がなければ難しいのです。

例えば、「いい人」の真面目さは、貼り紙1枚にも現れます。

昔、斎藤一人さんがお好み焼き屋さんに入ったら、鉄板のガス管のところにこのような貼り紙が貼ってありました。

「ガス管には、触らないでください」

実に、真面目な貼り紙です。

ところが、この貼り紙を、このような文言の貼り紙に変えたらどうでしょうか?

「ガス管をひねりたいときは、ぜひ一声おかけください。あなたの安全のために、飛んでまいります!」

どうでしょう、わかりますか?

お客さんに対する愛情と、お店を好きになってもらいたいという意気込みを感じますよね。

また、あるお店の前を通ったら、玄関の電気が消えていて、こんな貼り紙を見かけました。

「只今、改装中にて電気が消えておりますが、営業はしております」

実に真面目な貼り紙です。

これがもし、斎藤一人さんの店だったら、こんな貼り紙をすることでしょう。

「ただいま改装中にて電気が消えておりますが、店の中では元気でやっております。店の電気は暗くとも、私たちの笑顔は100ワットで待っております」

どうでしょう?

お客さんに対しての愛情と、ユーモアを感じますよね。

このように、貼り紙1枚にも、愛情とユーモアをこめることです。

これからの時代、「面白さ」がないと成功はできません。

例えば講演会で、いい話をする人がいても、それが「面白い話」でなければ、人はすぐに飽きてしまうのです。

学校の先生や教官など、人に何かを教えたり、指導する立場の人でも、「いいことを教える」だけではだめなのです。

「いいことを、面白く教える」

これができることが、これからの時代で成功するコツなのです。

面白くやることを研究してごらん。

そしたら、きっと、うまくいくよ。

 

 

 

質問3 想像力

 

私の上司は、いつも機嫌が悪いのに、どうして出世するのでしょうか?

斎藤一人さんの忌憚のないご意見をお聞かせいただければ、幸いです。

 

斎藤一人さん

 

いつも機嫌が悪い上司っているよね。

こういう人は、「機嫌を悪くしていないと、部下になめられるから成功できない」と思っているんです。

ただし、いつも機嫌の悪い人でも、成功してる人はいます。

だけどそれは「機嫌が悪いから成功した」のではなくて、「成功を想像したから」成功したんです。

でもどうせ成功するなら、機嫌が良くて、楽しくしていた方が、自分にも周りにもいいんだよね。

それに、周りに迷惑をかけながら自分が成功しても、その人は幸せになれないんだよね。

幸せでなくても、お金持ちはいてるんです。

お金を持っていても、不幸な人はいくらでもいてるんです。

お金だけ持ちたいのなら、それでもいいんだよ。

でもそこまで願うなら、もっと人に好かれて、自分も楽しくなった方がいいよね。

同じ成功するなら、機嫌が良くて、楽しく成功する人になりましょう。

お金持ちでも幸せでない人はいてるんです。

せっかくなら人に好かれながら、楽しく成功しましょう。

 

質問4 絶対になくならない法則

 

世の中は生存競争だと思っています。

生存競争に打ち勝つにはどうすれば良いですか?

斎藤一人さんのお知恵をいただければ幸いです。

 

斎藤一人さん

 

「世の中は競争だ」と思っている人がいます。

そういう人は「人と打ち勝って、その競争に勝った人が成功する」って思ってるんです。

でもそうではないんですよ。

有限なものを取り合う時には、競争が必要なんです。

でも、この世の富というのは無限なんです。

ダイヤモンドでも、金でも、毎年掘り出されているよね。

そのダイヤモンドや金を、あの世に持って行った人は一人もいません。

ということは、年々増え続けているんです。

だからこの地球は、年々豊かになっています。

それも無尽蔵に。

「お金は一部のお金持ちが握ってる」って言うけど、その人は自分のお金を銀行に預けてるんです。

そして、預かったお金を他の人に貸したりして、使ってるんです。

この世の中には、「絶対になくならない」っていう法則があるんです。

だから、「この世の中に豊かさはいくらでもあるんだ」とか「この世は豊かさに満ち溢れているんだ」と思っている人は、豊かな考えだから、豊かな知恵が出てくるんだよ。

「人を蹴落として」って、考え方が貧しいんです。

昔は中国でも餓死者が出るくらい貧しかったんです。

それが今はものすごく豊かなんだよね。

13億の人口のうち、1億人くらい富裕層がいるって言われてるんです。

つまり、日本の人口に近いくらいのお金持ちがいるんです。

だからといって、それで誰かが困るわけではないです。

富はいくらでもあるんです。

神様にしてみれば、「たんぽぽを一つ作る」のも「一人の人間を大金持ちにする」のも変わりがないんです。

どちらも神様にしてみれば「すごいこと」ではありません。

神様にしてみれば、たんぽぽを作るのも、桜を作るのも、お金持ちを作るのも同じなんです。

その逆に「私の畑は実らないんだ」とか、愚痴や泣き言を言っている人には、その通りに服を出すのも簡単なんです。

それだけのことです。

神様のすることは、決して難しいことではないんです。

愚痴や泣き言を止めて、豊かな考え方をすると豊かになれるんです。

富はいくらでもあるんです。

みんなが豊かな考え方をすれば、みんなが豊かになれるんです。

 

 

 

質問5 ツイテル人間


T・Kさん25歳女性

犯罪や被害者はどういう目的で今世、生まれてくるんでしょうか?

また自分が被害者にならないための防御策があれば教えて下さい

 

斎藤一人さん

 

人が何をするかというのは、人のことはわかりません。

人はいろんな因果を背負ってくるんですが、神様しか知りません。

携わってはいけません。

被害に遭わない方法がありますかということですが、唯一あるとすれば、貴方が明るく楽しくしているんです。

明るく楽しくしていて、ツイテル人間にはそういうことは起きません。

貴方がツイテイル人間でしたら、ツイテルと言っていればいいんです。

右に行こうが、左に行こうがツイテル人間は、どこに行ってもツイテルんです。

ツイテル人間はそういう目に遭いません。

地震が来ても斎藤一人さんは死にません。

もし死ねばどうするんですか?

死ねばそれは寿命なんです。

だから大げさに考えないでください。

日本中でいろんな事件がありますね。

それとあなたを一緒にしてはいけません。

宝くじ当たる確率よりも低いぐらいです。

宝くじはあなたは当たりますか?

あなたは当たらないです。

それと同じように殺されません。

 

質問6 不平不満の波動


ママさん女性42歳

こんにちは、私は友達を作るのが苦手です。

一人でいるのが楽なのですが、時々寂しくなります。

大人になった今から、友達を作るのは難しいと思います。

どうすれば長続きする友情ができるのでしょうか?

 

斎藤一人さん

 

友達がいない人はいない方が良いんです。

友達がいないから時々寂しくなるといいますが、友達がいれば時々、煩わしなります。

いない時はいない方が良いと思える人が、友達が出来るんです。

何でも煩わしいもんなんです。

なぜかというのは人間は、魂の成長のために生まれてきているんです。

友達がいた方が成長する人は成長するんです。

一人でいた方が成長する人は、一人でいた方が良いんです。

友達のいない人は、いないことを喜べばいいんです。

一人でいる環境なのに、一人でいるから寂しくてとか言っていますが、不平不満の波動を出しているんです。

それが嫌で友達が出来ないんです。

一人は楽しいですよといえば、楽しい波動が出るんです。

楽しい人には人が集まってきます。

そういう人は逆に言えば、友達が多いと煩わしくなってきます。

否定的なことを言うのではなくて、楽しい方に目を向けないと楽しい人生にはなりません。

楽しいは楽しい方に自分のハンドルを切らないとダメなんです。

美味しいもの食べると幸せなんですが、でも太っちゃう、美味しいもん食べてる時は幸せだねと言ってればいいんです。
これで太ると思うと嫌になると言われると、楽しく食べている人は滅入りますね。
人を滅入らしてしてどうするんですか。

自分の機嫌は自分で取って、楽しい方法を考えてください。

 

 

 

質問7 大袈裟

 

N・Hさん女性27歳

何度も付き合って離れても、付き合いを戻してしまいます。

一緒にいて楽しいし、私は彼のことを好きなのですが、彼は私と付き合う気がなさそうです。

ですが離れられません。

この関係を断ち切った方がいいのか、それとも離れられないのは何かの縁、因縁と思ってこのままの関係で入るべきなのか、お教えいただければ幸いです。

 

斎藤一人さん

 

これも大げさに考えすぎなんです。

もっと大げさに考えない、大げさに考えないの言霊を言っていると、別れようという気がする時もあるし、このまま付き合いたいから付き合っていこうという気もする時もあります。

あまり物事を大げさに考えないで、本当はこの人は何をすればいいかを知っているんです。

大げさに考えすぎて、分からなくなってるだけです。

本当は何をすればいいかを知っています。

斎藤一人さんが答えを教えてくれるそうです。

この人はこのままズルズルと行きたいんです。

飽きるまでズルズル行けばいいんです。

その間に学ぶことが山ほどあります。

ズルズル行くとどうなるかを学びたいんですね。

ズルズル行かしてあげるのが愛なんです。

 

質問8 上機嫌

 

T・Kさん40歳女性

感謝しています。

職場などで一緒に勤める人たちとのご縁についての質問です。

毎日のように、人のお悩み相談で悪口を聞いています。

私自身も相手との関係をこじらせたくなくて、これではいけないなと思いつつも、話を聞いてしまいます。

しかしその後は後味の悪い気持ちが残ってしまいます。

こんな状況から抜け出し、いつも上機嫌で生きるにはどうしたらいいでしょうか?

 

斎藤一人さん

 

相手が悪口を言っていて、つい自分も参加すると言ってますが、鼻歌でも歌っといてください。

要するに自分が楽しい方にハンドルを切ればいいんです。

相手は絶対に変わりませんから、貴方が何かを変えればいいんです。

心の中で歌を歌っているとか、何か対策を練って考えればいいんです。

これもそうなんですが、大げさに考えなければ、答えは知っているんです。

なぜかといえば、悩んでる人はどうしても自分を被害者に持ち込みたいんです。

自分は正しいんだけど周りが悪くてと、被害者に持ち込もうとしているんです。

被害者ではなくて、あなたの人生をあなたがどうするかなんです。

だから自分をもっと楽しい方向に持っていく方法とか、何かを考えるべきなんです。

簡単な何かがありますから、とりあえず鼻歌から行ってください。

それか大げさに考えない、大げさに考えないという言霊を言ってください。

 

 

 


 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 



 

 



 

 



 

 


 

 

 



 

 



 

 



 

 



 

 



 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村