20191229105200

斉藤一人さん 社会貢献について考える

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200425123915j:plain

 

 

本気で社会に貢献したいと思っているなら、最初から、「年収二千万にするぞ」って思った方がいい。

 

 

 

社会貢献について考える


あきんどは最低でも年収二千万を目標に・・・・・・というのは、店を出したりするのに資金がいるんだよ。

店を出しても何年かすると、借りてる店舗の契約を更新するのに金がいる。

長年、使ってるうちに、水回りが具合悪くなることもあるし、いろんなとこ、直さなきゃなんないこともあるの。

内装だって、ペンキの塗り替えをしなきゃならないしな。

だから、サラリーマンからしたら年収1000万って多いように思うけど、商売をやる人間は最低でも2000万を目標にしてないとだめなの。


でも、うちわ利益、出さなくていいんです・・・・・というところもあるよ。

利益を出さないのは、あなたの勝手な都合かもわかんないけど、でも道路を使ってるよね。

電気、使って、水道も使って、子供は中学まで教科書がタダなんだよ。

いや、NPO法人に因縁につけよう、っていう気はさらさらないの。

俺は、ここにいる人たちに、あなた達は年間1千万より2000円万稼いだ方が、より社会貢献してることになるよ、って言いたいだけなの。

第一、あなたが店をやって儲けが出た、ということは、あなたが感じいいか、何か、お客さんに喜ばれることをしてるんだよね。

そうやって倍稼ぐと、国は税金をたくさんとって行ってくれる。

うんとも受けてうんと税金を払い、その上に、雇用を作ったり、色々やって、世の中の金を回すのが俺たちの仕事。

さらに言うと、有給休暇もない、退職金もない、それも毎日、顔晴ってるんだから、年収二千万じゃなきゃ、割に合わないよ。

 


うちの会社は利益は少ないけど、お客さんのために尽くしてますからって、あなた、日本で生活してるよね。

だって税金払って、日本のためにも尽くさなきゃいけないよ。

それ以前に、日頃、お客さんに尽くしてて、お客さんが少ししか来ないって、おかしい。
もしかしたら、あなたが勝手に「尽くしてる」と思ってるだけじゃないの?

自分の店がたいして儲かっていないんだとしたら、あなたの社会貢献度もそれなりだよ。

だから、本気で社会に貢献したいと思っているなら、最初から、「年収二千万にするぞ」って思った方がいい。


ナメられちゃイケない


みんなの場合、俺よりまだ若いんだけど。

若いとさ、「若い」というだけで、下に見られて、相手にもされなかったりするんだよな。

だから、みんなは「ナメられちゃイケない」ということを学ばなきゃならない。


ナメられちゃイケないって、当たり前なんだよ。

自分がナメられて、馬鹿にされて、幸せになんか、なれこないの。

もちろん、威張って、他人をナメるのも良くないんだよ。

だけど、ナメめられる人はナメられるようなことをしてるんだよ。

例えば、おどおどびくびくしてるんだよ。

自分の魂がナメられるようなことをしちゃイケないんだよ。

だから・・・・・・。


いばっちゃイケない、ナメられちゃイケない・・・・・・。

この言葉を1に100回言うの。

簡単に言うと、脳にインプットしちゃうんだよ。

そうすると、脳は、あなたにナメられない行動をさせる。

オドオドビクビクしてるように見えなくなる。

だから人間、何よりも言葉が先なんだよ。


そういえば、この前、愛弟子の人たちに、自分の夢を発表してもらったんだけど。

ある男の人が、自分は今人に使われてる身なんだけど、将来は自分で仕事して、年収一千万になって、可愛い女の子を雇うんだ、って言うんだよな。

いや、何を夢見ようが、本人の自由だから、いいんだよ。

ただ、年収1千万っていうのはサラリーマンの発想なんだよ。

もし商売をするんだとしたら、商人が1千万を目標にしちゃだめなの。


お金持ちになるコツは最短距離を行く


「自分はお金持ちになりたいんだ」という若者と、この前、話したんだけど、みんなにも、教えるからな。


お金持ちになるコツはね、最短距離を行くことだよ。


最短距離というのは、みんなが思ってるのとは違って、何て言うのかな。

例えば、「大阪へ行こう」と思ったからって、いきなり大阪には行けないだろ。

思ったら叶う、っていう人がいるけど、確かに、あの世だったら、思っただけで叶うんだよ。

だけど、この世はそうじゃない。

この星は行動の星。

思って行動しないとダメなんだよな。


だから、「大阪に行くんだ」と思った時、新幹線で行くのか、飛行機で行くのか、車で行くのか、行き方はいろいろあるよね。

色々ある中で、新幹線で行くことに決めた、と。

だけど、大阪行きの新幹線って東京駅から出てるんだよ。

自宅にいながら、いきなり東京駅にワープするって、無理なんだよ。

家でじっと待ってたって、新幹線はあなたの家の前には来ないんだよ。

だから、自分が最寄り駅まで行くしかない。

そうすると、最寄り駅まで行く、俺の場合は新小岩という駅なんだけど、そこまで歩いて行くとする。

このまま歩いてたって、大阪にはなかなか着かないんだよ。

だけど、新小岩の駅から総武線快速という電車に乗って、東京駅に向かうんだ。

な、スピードが早くなっただろ。

東京駅に着いたら今度は、そこから新幹線に乗り換えて大阪まで行く。

この世には、「加速の法則」というのがあるの。

今すぐできることを一つ一つやる、新小岩の駅まで行けば快速に乗れるの。

東京駅からは新幹線。

そういうふうに加速がついて、すいすい目的地に着いちゃうんだよ。

ところが、中には、まだ一駅しか入ってないのに、「なんで大阪じゃないんだ」と、嘆いて途中下車して駅のホームにあるベンチに座って落ち込んだり、酔っ払って寝てたりする人がいるんだよな。

これだと永久に、大阪には着かない。。

最短距離というのは、途中下車しないで、目の前に来た電車でなんかにちゃんと乗って、一つ一つ乗り継いで行くことなんだよ。

わかりますか?


いきなり大阪が目の前に現れるんじゃないんだよ。

目の前の、今すぐできることを一つ一つやって行くと、いつのまにか到達するんだよ。

もしあなたが焼き鳥屋さんをやりたかったら、まずは焼き鳥屋に勤めに行く。
給料が安くたっていいから、とにかく勤めに出て、休みの日にはよその流行ってる焼き鳥屋の研究に行くんだよ。

それと、月1万円ずつしか貯金できなくてもいいから、貯金するの。

その時、月々1万円貯めてても、店を持てないような気になるんだけど、この世には「加速の法則」というのがあるんだよ。

そのうち加速がついて、2万円ずつ貯金できるようになる。

そうすると、前より早くお金が貯まるよな。

さらに次は「うちの店、空いてるから、使いなよ」とかって、協力してくれる人間が現れるものなんだよ。


だから、人は「自分はこうなりたい!」って、目指すところが明確になった時、その都度、その都度、自分が今できることが出てくるの。

目的をもって今やれることが出てくるから、それをやる。

それが最短距離を行く、ということなんだよ。

だから、今、仕事についてなかったら、仕事を探しに行けばいいんだよな。

貯金がないやつは、しっかり働いて貯金するの。

それが最短距離で、これ以上の最短距離って、ないんだよ。


ともかく、「これから戦だ」って時に、自分が石しか持ってなかったら、石をぶつけるの、今できることをやるの。

竹槍しかなきゃ、竹槍で戦う。

そのうち、戦ってるうちに、いろんなものが手に入ったり、するんだよ。

あなたの武器は、あなたが成功の道を歩き出した、その道すがらに落ちてる。

それを一個一個、拾って歩き、拾っては歩きしながら、人間は、だんだん、だんだん、成功して行くんだよ。


棒ほど願って針ほど叶う


例えば、あなたがラーメン屋をやってるとする。

黙って、ただラーメンを作ってると、普通のラーメン屋なんだよ。

だけど、本当言うと、ラーメン屋だって、四、五軒、店を出せば、ベンツぐらい乗れるんだよ。


一人さんは、何を言いたいかと言うとな、いいかい。

黙ってラーメンを作ってちゃいけないんだよ。

一儲けして、ベンツに乗るんだ!・・・・・・というつもりでラーメン屋をやるから、このままじゃ現地に乗れ来ないと思って、研究するんだよ。

わかるかい?

最初っからベンツに乗るつもりでラーメン屋を始めた人間と、ただ黙々とラーメンを作ってるやつじゃ、結果が違うんだよ、って、わかるかな?


黙々とやってて、運よくベンツに乗れるようになりました、なんて、そんなことはまずないよ。

富士山を登る時は、「富士山に登るんだ」と思って行くでしょ。

散歩のついでに、富士山のてっぺんまで登ったやつなんか、いない。

気がついたら富士山の上にいました、とか、そんなことは絶対ない。

最初っから富士山に登る木で用意していかないと、ダメなんだよ。

だから、ラーメン屋を始めるのでも、大体、このぐらいの時期に、売り上げは、いくら、いくらにするんだとか、店、何軒にするんだ、とかいう目標や計画がないとね、仕事はうまくいかないんだよ。

そういう用事が出来たって、嵐も来ればさ、いろんなことがあるの。

計画を見直したり、中止しなきゃいけない時もある。

だけど、「上に登るんだ」と思ってる人間は、今日登れなくても、明日は絶対登れるんだよ。

だって、「登るぞ」と思ってるんだから。


そんなことをやって、結果、自分がひとかどの者になった時、大概は「自分の成功は奇跡だ」と思うんだよ。

だけど、奇跡じゃないの。

あなたは自分の「自由意志」を使って、夢を描きながら楽しく、目的地に向かって歩いたんだよ。

あなたの力で勝ち取ったんだ、って言いたいの、俺は。

ここで誤解しないでもらいたいのは、目的を叶えたことが成功なんじゃないの。

夢を描きながら、楽しく人生の旅路を行く人が成功者。

そんな成功者の歩く道が、成功の道。

だから、成功の道はひとつじゃない、いくらでもあるの。


だけど、成功の道を歩く時は、お友達がいるんだよな。

お友達というのは、「正当なる欲」のことなんだよ。


人間は、なんでもできる。

あなたは、なんにでもなれる。

だとしたら、何になりたいんだろう。

安定したいんなら、サラリーマンになればいい。

俺たち商人にはボーナスもない、有給休暇もない、資本金もかかる。

店を10年やっても20年やっても、そこの店がなくなったら、通行人に「前にここにあった店、あれなんだっけ?」って。

忘れられちゃうんだよ、本当に。

わかるかい?

リスクが高いんだよ、俺たち商人は。

リスクの高いものは儲けが多くなきゃいけない。

だから、儲からなきゃいけないの。

棒ほど願って針ほど叶う、って言うんだよ。

儲けるためには、「うんと儲けるぞ」という気持ちがなきゃ、1円も儲からないの。

最近の商人が儲からないのは、儲けを出さないことを、立派だとか、何か、いいことのように思ってる。

あんただって道路を使ってんだから、道路代ぐらいの税金はちゃんと出しなよ。

儲けを出さなきゃいけないんだよ。

儲かんなくったっていいんです・・・・・・商人がそんなこと言ったら、漁師が「魚は取れなくっていいや」と言ってるのと同じだよ。

儲けなかったら、国も自分の生活も成り立たないんだよ、って。

わかるかい?


俺は皆に「企業家になれ」「商人になれ」と言ってるんじゃないの。

なりたい人がなればいい。

だけど、はっきり言うけど、最初からベンツ乗るつもりじゃなかったら、乗れないよ。

富士山に登るつもりじゃなきゃ、富士山には絶対、登れない。

サラリーマンだって、「出世して、会社の役に立つんだ」というつもりで働かなきゃやりがいがない。

俺は、そっちの方が絶対面白いんだ、と言ってる。


みんな、それぞれ自分の夢を描いて、成功の道を歩いていきましょう、ってことです。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村