コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斉藤一人さん 仕事で成功する口ぐせ

スポンサーリンク

 

f:id:shiho196123:20210323220306p:plain

 

 

 

逆境の時に」学んだことは、実は「順調な時」に、大きく役立つんだよね。

 

 

 

面白いことが起きたぞ

お金持ちになるために何をすればいいのか?

それは一生懸命働くことなんだよ。

だけど、一日の大半の時間を仕事に費やしていると、トラブルが起こったときのストレスは並大抵のものではないよね。

仕事で困った事が起きた時、「困ったな~」「大変なことになった」と嘆いても、いい方向には進みませんよ。

幸せなお金持ちに愚痴や泣き言は似合いません。

こんな時こそ、


面白いことが起きたぞ


と言ってみてください。


成功の階段をひょいっと飛び上がることができるから。

「面白い」と言った時点で、世間にも神様にも「こんなことで困ってないよ」という勝利宣言になるんです。

この一言で「あなたの勝ち」が決定するんです。

困った事が起きた時、それは魂を成長させるチャンスなんです。

だから、慌ててはいけませんよ。

困った時どうするかで、成長するか、しないかが決まるんです。

逆境の時こそ、いろんなことを学んでください。

その道に詳しい人の話を聞いたり、講演会へ行ったりね。

また、解決のヒントとなるような本を10冊ほど読んでみてください。

本はあくまで「入門書」を探すこと。

商売で困っているなら商売繁盛のコツを書いた入門書を、子供のいじめに悩んでいるなら基本的な子育て本を探すんです。

あくまで世の中を渡っていくために必要な「基本」を覚えることです。

こうした「逆境のとき」は一時的なもので、やがて「順調な時」に戻ります。

「逆境の時に」学んだことは、実は「順調な時」に、大きく役立つんだよね。

「逆境のとき」に、「運が悪かった」「政府の政策が悪かったから」「流行りが変わったから」と、愚痴を言ってふてくされていては、逆境をはねのけて上に上がることはできません。

「これは学び直すチャンスなんだ。

人間として大きくしやすくする時なんだ」と謙虚な気持ちで学び直すのです。


面白いことが起きたぞ


と言って、腐らず、基本を学びなおす。

そんな人には神様は大きく味方をしてくれますよ。

f:id:shiho196123:20210325144623p:plain


楽しい、ワクワクする


仕事で成果をあげるために努力しているのに、うまくいかない事ってあるものです。

そんな時は、「これはおかしい」って思うこと。

うまくいかないのは、何かが間違っているということなんです。

仕事は「苦労に苦労を重ねて、成功するもの」ではないんです。

そう、成功するのに、苦労なんか必要ない。

現に、一人さんは苦労しないでここまでの成果を上げているのですから。


皆さんは、成功者の苦労話を聞いたことがありますか?

よく「夜中の2時まで働いていたよ」なんて、話になりますよね。

でも、これは実は苦労話なんかではないんです。

「好きなことに熱中していたから、時間を忘れて仕事していた」

「これで夢に一歩近づけると思うと、ワクワクして仕事を辞められなくなった」

ということで、夜中まで無理やり働かされていたのではないのです。

気分が乗っている時は、お腹が空いていることさえ忘れてしまうものなんです。


今の仕事、楽しくてワクワクするな

こんな風に思えるならば、あなたは必ず成功します。

もちろん、やりがいのない仕事をしていて、少しも楽しくないという人も多いでしょう。

そんな人は面白くない仕事の中で、楽しいを見つけるといい。

例えば、一分一秒でも早くこの仕事を終わらそうとか、部長に「馬鹿野郎」と何回言われるかアテッコしてみるとか。

そんなゲームをしても面白いものです。


また、社長のメニューは楽しみにするとか、綺麗な受付嬢に会うのが楽しみにするとか、何でもいいんです。

とにかく、楽しくなることを見つけて、


楽しい、ワクワクする


と言って仕事をしてみるんです。

いやいややっているのと比べたら、断然やる気が変わって、成果も上がってくるものですよ。


ちょっといい話があるからおいで!!
仕事をする上で、ミスはつきものです。

部下を注意したり、アドバイスをする時、どんな声をかけますか?

「その方法はまずいでしょ?」

「何やってるんだ、だめじゃないか」

こんな風に、否定的な言葉を使われると、言われた方は余計卑屈になっちゃう。

一人さんの場合はね、


ちょっといい話があるからおいで!!


と言って、注意したい人を呼び出します。

誰でもこう言われると、どんなことがあるんだろうと思ってわくわくする。

それにその人のためになる話をするんだから、悪い話じゃなくいい話だよね。

やり方を知らなくて間違ったことをしている人がいたら、ちゃんとやり方を教えるべき。

教えているのだから、相手にとってはいい話だよね。

それに、怒らないのと、教えないのは別だよ。

何かを教えるのに感情的になる必要はないんです。

我慢せずに、


俺は君にとって損だからやめときな


ってただ伝えるだけ。

注意する時こそ、感情を表さず冷静にアドバイスする。

それが上に立つ人のマナーなんです。

子供を叱る時も同じですよ。

何がダメなのかだけを伝えればいいの。

「赤信号の時は、渡っちゃいけないよ」

「ゴミは道路に捨てちゃ、みんなが迷惑だよね」ってね。

「そんなことしちゃだめだよ」

「何度言ってもわからないんだから」とか、初めに怒ってしまっては、肝心なことが相手に伝わらないよ。

まずね、注意する前の一言が肝心だね。

子供の場合は、いつも「健」と呼び捨てにしていたとしても、「健ちゃん」と優しく読んであげるといいよ。

そして、やってはいけないことを論理的に説明してあげる。

怒られているのではなく、アドバイスされているんだとわかるようにね。


君ならできる!!

いい仕事が巡ってきた時、大きな商談に行かなければならない時など、人には勝負に出なくてはならないときがあるものです。

そんな部下をを目の前にして、どんな言葉をかけたらいいと思いますか?

人を奮起させる言葉って、意外に難しいものだよね。

人間は、誰もがいい「素材」を持って生まれてきます。

その素材を生かすとびきりの言葉があります。

それが、


君ならできる!!


です。

「この人は、本当にできるんだ」と信じていうことが大切だよ。

「この人大丈夫かな?」と疑っていたら、応援にも熱が入らなくなるからね。

その人は本当にできるからこそ、神様が自分の前に連れてきているのです。

本当にできると信じて、声をかけてあげることがポイントです。

吉田松陰は私塾をやっていた時に、下級武士の子や農民の子に学問を教えていたのを知っていますか?

その時代、上級武士の子供は「藩校」という学校に通えたのに、下級武士の子供は貧しい農民の子供は学校へ行けなかった。

吉田松陰は、下級武士や農民の子供も私塾に受け入れて、勉強を教えていたんだね。

どんな子供にも、

「君ならできる!!」

そう思って、教育したんです。

弟子たちはその言葉を信じて、どんどん成長していきました。

明治維新で革命を起こしたのは、下級武士で、その中には吉田松陰が育てた子供たちも多くいたんだね。

その時代、どんなに努力しても、どんなに才能があっても、上に上がれなかった国の制度を変えたくて、「ふざけんな」という思いで革命を起こしたんだよね。

素晴らしい弟子をたくさん育てたということで、吉田松陰自身も有名になったのです。

一人さんも、


君ならできる!!


をお弟子さん達に言い続けている。

だから、お弟子さん達は勝手にどんどん成長していくんだよね。

いい上司になるためには、部下を信じて、この言葉で成長させてあげることです。

 

 

f:id:shiho196123:20210401144020p:plain

威張っちゃいけない、なめられちゃいけない


心が優しい人って、最大の欠点が他人から「なめられやすい」ということなんです。

特に、会社で舐められると、仕事自体が嫌になってしまいます。

上司に舐められて毎日罵声を浴びせられる、部下になめられて余計な仕事をさせられる、取引先の相手に商品の価格を下げられる。

舐められると、いい事って起こらないんです。


もちろん、仕事だけじゃない。

例えば、旦那さんになめられて、ことあるごとに殴られる奥さんがいます。

また、小学生のお子さんで、同級生に舐められて、いじめを受けているという場合もあるでしょう。


こうした様々なケースをいっぺんに救うことのできる魔法の口癖があるんです。


威張っちゃいけない、

なめられちゃいけない。


この言葉を自分に向かって、何度も言ってください。

1日100回でもいい、続けてみる。

すると、ある回数を超えた時、すごいことが起こります。

どうすればなめられないですか、具体的な方法が頭に浮かぶんです。

なぜかと言うとね、人間の脳は、発する言葉に対して、現実に合わせるような方法を見つけ出すようにできているからです。

「威張っちゃいけない、なめられちゃいけない」と言うたびに、脳の中がグルングルンと回転して、なめられない方法を探し出すんです。

上司に罵声を浴びせられている人は「実力をつける」という方法を思いつくかもしれない。

部下になめられている人は「部下に仕事を任せ、手伝わない」という方法を考えるかもしれない。

旦那さんに殴られていた奥さんは、「子供を連れて家を出る」という決意をするかもしれない。

とにかく、この魔法の口ぐせを言っていると、ベストな解決方法を思いつくんです。

そして、この「なめられちゃいけない」には、枕詞がついてます。

それが「威張っちゃいけない」です。

どんなに偉くなっても、いばらないでいること。

いばらなければ、人はついてきます。

部下を持ったり、教える立場になった時は、この言葉を忘れないことだよ。


威張っちゃいけない、
なめられちゃいけない


自分自身に言い聞かせていれば、仕事でも家庭でも、悩んでいた人間関係がうまく回りだすんです。

 

追記

質問1 威張っちゃいけない、なめられちゃいけない

上司に何もしていないのに怒鳴りつけられています。

その上司は、自分より役職が上の人にはペコペコしているのに、立場の弱い人や、つまり部下や、下請けの人には、意味もなく威張り散らしています。

対処する方法があれば、お教えいただければ幸いです。

 

斎藤一人さん

 

偉くなると、すぐに威張る人っているよね。

部下に命令口調で話をしたり、頭ごなしに怒鳴ったり。

斎藤一人さんは、そういう人と関わりたくないね。

いいかい。

本当に偉い人はね、絶対威張ったりしないんだよ。

部下や同僚にだけじゃない。

コンビニの店員さんにも、どんな人にも分け隔てなく、優しいの。


どんな立場の人にも平等に接していると、見ている人が見ているの。

「あの人は誰にでも同じように優しいね」って。

多くの人が評価してくれるんだよ。

偉くなっても、威張っちゃいけない。

もちろん、偉くない人も威張っちゃいけないよ。

人は誰でも平等で、尊いものだということを忘れないことです。

そして、もう一つ、伝えておきたいのは、どんなに立場が下であっても、相手からなめられちゃいけないということ。


下請けだから、新入社員だから、と泣き寝入りしちゃいけないんです。

優しい人って自分の気持ちを迎えてしまうんだけど、これじゃいけないんだよね。

あるとき、居酒屋さんに行ってね、こんな場面に出くわした。


「お前、何やってんだよ。橋が足りないんだよ」

「早く水、持って来いよ。とろいな」


と、立て続けに命令口調で文句を言う、中年のサラリーマンがいたの。

あまりに威張った言い方に、そのお店のアルバイトの子は頭にきたんだろうね。


「箸を持ってきてほしいということですね」

「水を持っていけばいいんですね」

と聞き返していた。

冷静だなって感心していたら、サラリーマンが、


「お前、馬鹿じゃないのか? 生意気だよ」

って大声で怒鳴った。

すると、アルバイトの子は、


「私は馬鹿じゃありません。謝ってください」


と静かに返したんだよね。

文句を言ったサラリーマンは、黙っちゃった。


自分のことをバカにされたら、怒ってもいいんです。

ただ、反論するにしても暴力や暴言ではなく、この子のように、感情的にならず言いたいことだけ伝える。

自分を守れるのは、自分しかいないんだから、こういうプライドを持つべきです。

威張っちゃいけない、なめられちゃいけない。

この気持ちを持っていれば、どんな相手でも、堂々と仕事ができる。

弱気になったら、この言葉を思い出すことだよ。


世の中、思った通りにならないこともある。

そういう時、「威張っちゃいけない、なめられちゃいけない」を踏まえて答えを出すと、不思議とうまくいくんだよ。

普段こう思ってると、だんだんとなめられないで対処できるようになる。

威張っちゃいけないと思っていれば、威張らない人になる。

練習なんだよね。

自分を守れるのは自分だけ。

馬鹿にされたら、時には怒ってもいいんだよ。

 

 

www.shiho196123.net

 

 

 

斎藤一人さんの話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとうございます。

www.youtube.com

https://youtu.be/xvYphwbWNEw

お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

Ck7_Iia-3Q?sub_confirmation=1">www.youtube.com

我が儘勝手で申し開きもございません。

上記の赤色のボタンを押してくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村