20191229105200

斉藤一人さん 成功する人と、途中でやめる人との違い

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200424163152j:plain

 

 

上に行けば行くほど、「この程度でいいや」みたいな感覚に陥る人が増えてくるの。

まだまだ上に上がれるのに、ゴールにたどり着いたんだと、勘違いしちゃってるみたいなんだよ。

 

 


成功する人と、途中でやめる人との違い


仕事はね、みんなが思うほど難しくない。

本当だよ、世間をよく見てごらん。

大抵の人は、特別、本を読んで勉強するとか、そんなに努力していないよ。

学生時代、さんざん勉強してた人間だって、社会に出るとなぜかピタッと勉強をやめちゃうんだよ。

そういう人でも、社長をやってたり、管理職だったりする。

いや、全員が勉強しないんじゃないんだよ。

でもね、ほとんどの人がやらないから、社会に出てからも勉強してるとゴボウ抜きなんだよ。


それで、お楽しみはこれからなんだよ。

君がゴボウ抜きしちゃった、と。

すると、今度は勝ち組同士の競争に入っていく。

この勝ち組というのが、成功するとすぐゴルフにはまったり、女性にのめり込んで、仕事をしなくなるんだよ。

上に行けば行くほど、「この程度でいいや」みたいな感覚に陥る人が増えてくるの。

まだまだ上に上がれるのに、ゴールにたどり着いたんだと、勘違いしちゃってるみたいなんだよ。

俺が何を言わんとしてるか、わかるかい?

そうだ、ゴボウ抜きした後も勉強を続けてれば、君らはスーッと、もう一つ上に行けちゃうんだよ。

そうすると、次の、もう一つ上の、成功者同士の競争になる。

ところが、人間というのは、一つの目標をクリアした後新しい目標を見出せないと、だんだん、だんだん、やる気がなくなってくるんだよ。

な、勉強を続けてる奴にとっては、お得な、いい話じゃないか。

成功に向かって一歩踏み出したばかりの君らは、先を行く人たちと比べてまだまだ未熟かもわかんないけど、未熟さゆえの強さというのかな、「まだまだ、もっと上へ、もっと上」と思ってると、意外と、勝てちゃうんだよ。

一人さんもね、昔はライバルがいたことはいたの。

けど、俺の知らない間に、みんな、勝手にいなくなっちゃって。

だから、ライバルなんて、本当はいないんだよな。

ただ問題は「やるぞ!」っていう気持ちいいな。

これをどうやって、持ち続けられるか。


俺が大好きなものは、一番は仕事。

2番目は酒で、3番目が女性。

いやぁ。

これが大切なんだよ。

うちのお弟子さんの、まるかんの社長たちやなんかも、似たようなものなんだけれど、うちのはなゑちゃんの好きなものがね、すごいんだよ。

はなゑちゃんが一番好きなのは、仕事。

2番目がね、酒とおしゃれと、猫だ、って言うのね。

だけど、はなゑちゃんに言わせると、「どれも、譲れない!」って言うのね。

ちなみに、はなゑちゃん、年々、仕事が増えて収入も増えてるよ。


運命の分かれ道、成功率5%!?


昔から、一人さんは、言ってるんだけど。

何を思うかで、人生って、全然変わっちゃうんだよ。

いつも、つまらないことを考えてると、「世の中、つまんないよな」と言っちゃうようなことが起きるしね。

逆に、楽しい人生の人は、いつも楽しいことを考えてる。

不幸な人は、全力を挙げて不幸な考えをしてるんだよ。

成功者は、実に成功者らしい考えをしてる。

じゃあ、成功者らしい考えって、どういう考えですか?


これは人から聞いた話なんだけれど。

例えば、新しい店が1年間で100軒、できるとする。

そのうち、10年後も残っているのはいくつかというと、5軒ぐらいらしいんだ。

「厳しいですね」という人の目から見ると、確かに厳しい世界だよ。

だけど、成功する人は、それを聞いてもワクワクしてるんだよ、血湧き肉躍る、というか。


ちなみに、一人さんの場合はどうかと言うと。

納税額日本一というのは、1億2000万の中の、たった一人。

この確率の低さに比べると、100軒のうち5軒って、すごい成功率が高い。

だから、嬉しくてしょうがないんだよ。


「100のうち、ハズレが95個もあるなんて!」と思っている人はうまくいかない、それ以前に商売はできないんです。

成功者は「外れ馬券が多くなればなるほど、当たった時の儲けはでかいんだぞ」とか思ってワクワクしてる。

わかりますか?

仕事がうまくいく人というのは、「100に5つしか残れない]と言われたぐらいで参ったしないんだよ。

「一発当てて家を買うぞ!」とか、「儲かったら外車を買って、いい女を隣に乗せて」とか、欲を燃やしながら、タッタ、タッタと行動する。

だけど、その間も、自分の知らないうちに、脳はぐるぐる、ぐるぐる勝手に働いてるんです。

そして、やりながら、ある日、「ポン!」とアイデアが出る。

そうすると、思いついたアイデアをやって、思った通りにいかないことも、当然あるんだよ。

だけど、うまくいかないことがあった時は、「このやり方では成功しないことが分かってよかった、ツイてるな、次は、他の方法を試してみよう」と考えるんだよ。

そうすると、必ず成功する答えが見つかる、そういう風になってる。


自分には、どうしたって、答えを出せないような気がするんです・・・・・・あなたが出せなくたっていい。

脳に任せておけば勝手にやってくれるから、いいんです。

知ってる人もいると思うけど、「牽引の法則」というのがあるんだよ。

人間の脳には、コンピューターを凌駕する、ものすごい力がある。

自分が思ってることを引き寄せる力を持っている。

いいことでも、良くないことでも、思ってることは何でも実現しちゃうんだよ。

だから、「自分にはできないけど、脳にはできる!」。

そうやって、自分の脳に言い聞かせるの。

そしたら、本当に脳にはできる。

だからアイデアが出たら、とっとと、それが正しいかどうか試す。


成功というのは、これの繰り返しをしていればいい、それだけなの。


好きなものは我慢しない


生きてると自分でも気づかないうちに、だんだん、だんだん、好きなことを減らしたり、やりたいことも我慢しちゃう人がいるでしょ。

好きなものとか、やりたいことは減らす必要はないよ。

逆に、だんだん、増やしていくの。

だって、「自分の好きなこと、やっちゃいけないんだ」とか、「我慢しなきゃ」と思っただけでもね、人って、元気なくしちゃうんだよ。


この前も、しょんぼりした感じの男の人が、俺のところへ来て、「一人さん、私は悪い人間です」って言うの。

理由を聞いたら、「家内の他に、付き合ってる女性が一人いるんです」って。

俺、その人に、「あと、2、3人彼女を作って、全員、幸せにしてあげればいいよ」って言ったのね。

そしたら、その男の人の顔がふぁっと、一瞬のうちに明るくなって、軽やかな足取りで帰って行ったよ。


男の人って、そんなものなんだ・・・・・・ってそうだよ、そんなものだよ。

だけど、女の人だって、男のこと、とやかく言えないよ。

コートを一着しか持っちゃいけない、と思ってみたところ、「あともう2、3着コート買いなよ」って言われたら、あなた、飛び上がって喜ぶでしょ。

それと同じだよ。

コートが彼女に変わっただけの話。

でも、奥さんにバレても、俺のせいにはしちゃだめだよ。

ともかく、趣味でも何でもいいから、好きなもの、どんどん増やしていくんだよ。

好きなものに囲まれて、やりたいことをやっていたら、人って、幸せなの。

人間なんて、そんなもの。

幸せって、その程度のことだよ。


ただし、好きなこ、やりたいことをやるには、お金がいるよ。
いくら「女性が好きだ」「ゴルフが好きだ」と言ったって、ただでできるものは一個もないからね。

女の人がいくら「綺麗になりたい」と思ったって、ただで綺麗でいられるのは18歳までだよ。

18過ぎたら、相当、お金かけないと、維持できない。

それからあとは、年々歳々、綺麗でいるために、お金がかかるんだよ。

そうすると、しっかり働いて、金、稼がなきゃならない。

当たり前のことだけど、これって大事なことだよな。


全ての仕事はお金儲けである


今日は真面目に仕事のこと、話そうかと思うんだ。

すっごい基本的な、「仕事って何ですか?」という話。

いいかい、仕事とは。

全ての仕事は、例外なくお金儲けなんだよ。

ここが大事だから、もう1回、言うよ。

サラリーマンだろうが、学校の先生だろうが、医者だろうが、全員、仕事とはお金儲け。

ただ、1人ひとり手段が違うんだよ。


君は公務員やってるよ。

てことは、お金儲けの手段が公務員なんだよ。

大工は家を建てたり、直したりする、それがお金儲けの手段。

ダンサーの仕事もお金儲けで、手段が踊ることなの。

だから、仕事というのは業種・職種が違ってても、全員等しくお金儲けが仕事。

サラリーマンは時間を売ってるんです。

1日いくらで働きに行って、一か月で合計いくら。

同じ会社の中に、営業もいれば、経理の人もいれば、事務の人もいて、みんなお金を儲ける手段が人それぞれなんだ。

だけど、全員、お金儲けが仕事。

仕事がお金儲けじゃなかったら、みんな食べていけないんだぞ。

いいかい、食べていけないものは仕事とは言わない。

道楽か趣味か、そうでもなかったら、ボランティアと言うんだよ。


この前、「プロのサーファーです」という男の人がいてさ。

「プロ」って言うから、こっちは「サーフィンで食べていけるんだ」と思うじゃない。

でも、食べていけないんだって。

「何で食べてるの?」って聞いたら、「アルバイトです」って言う。

だったら、最初から「アルバイトだ」って言えばいいのに。

アルバイトで食べてたって、自分の食い扶持をちゃんと稼いでいるんだよね。

それって、恥ずかしいことじゃないよな。


だから、食べていけないものは、仕事じゃないの。

趣味だよ、趣味。

だから、もし、あなたが陶芸をやっていて食べていけないのなら、それは趣味をやってるんだよな。

いや、趣味がいけない、って言ってるんじゃないの。

俺が言いたいのは、趣味より仕事の方が優先なんだから、ちゃんと働きに行きなよ、って。


ともかく、仕事というのは、全員、お金儲けが仕事。

それから、お客さんとは、お金をくれる人。

だから、サラリーマンだったら、一番のお客さんは社長。

その社長が本当に喜ぶことを考えて行動すれば、そこの職場でかけがえのない存在になり、必ず出世する。

もちろん、おべっかやお世辞を言え、と言ってるんじゃないよ。

社長は本当に会社が発展することを望んでるんだよ。

その辺を勘違いしちゃだめだよ。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村