20191229105200

斎藤一人さん 親方の一時働き

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20201110211736j:plain

 

 

 

一時だけ、一生懸命体を使って働くの。

もし、従業員が足りなかったら、店に行って働けばいいんだよ。

それ以外は頭脳労働なんだよ。

 

 


どうせやるなら日本一

「えっ、難しくないんですか?

繁盛してた店が、お客さんが来なくなって、潰れたなんて話、ザラにありますよね」

私がそう言うと、一人さんは、

「そういうのはな、『また』を考えてなかったからなんだよ」

「また?」

ひとりさんは頷くと、実に楽しそうに、

「商売というのは、常に『また』なんだよ。

それと、芝居なんだよ。

これがもうね、面白くて、面白くて、たまらないの」

「何ですか、それ。詳しく教えてください」

どんな仕事でも、儲かるコツは同じなんだよ。

いいかい、よく聞きなよ。

例えば、お金がないから、繁華街から一番外れたところに店を出すとする。

そうすると、人が来ないから、儲からないっていう予想がつくんだよ。

誰だって、そんなの最初っから、わかりきってるの。

だから、大概の人は、いい場所に店を出したがるんだけど、一人さんは変わってるからな。

俺は、繁華街から一番外れたところに店を出すんだよ。

その時、俺は「自分の店は、この町で一番人気のある店だ」と思って、始めるの。

一番人気のある店を目指しますって言うんじゃないんだよ。

すでに一番人気なの、俺の頭の中では。

要は、芝居なの、芝居。

自分が主役で、自分が町で一番人気のある店をやってる役なんだって思う。

そうすると、「いらっしゃい」の挨拶は明るく元気にしようとか。

返事も「はい!」と見事な返事をしようとか。

きちんと掃除をして店をきれいにしようとか。

要するに、人間っていうのは、心に浮かぶこと、何を思うかで行動が変わってきちゃうんだよ。

だから、従業員にも、こういうの。

「あなた達は全員役者で、一人一人主役だよ。

自分は、この町で一番人気のある店で働いてて、自分は、一番、お客さんに人気のある店員の役なんだ。

そう思って仕事してみてごらん」

そしたら、従業員は、一番人気の店員らしい笑顔をし、見事な返事をし、お客さんに親切にし、一番人気の店員らしくお客さんに接するようになるの。

そうやって、みんなでお芝居してると、本当に一番の人気店になっちゃうんだよ。

ちょっと暇だと、普通の人は、今、自分の目の前にいるお客さんのことを忘れて、よそからお客を呼ぼうとするんだよ。

でも、それやっちゃ、まずいんだよ。

よそからお客を呼ぼうとする前に、今いるお客さんが「また」来てくれるのにはどうしたらいいか、それをじっと考えるんだよ。

そしたら、一番お金のかからないところで、もう1回映画を見直して笑顔に磨きをかけようとか。

いらっしゃいませを見直そうとか。

繁盛してる店をちょっと見てこようとか。

味付けを変えようとか味付けを変えようとか。

なんでもいいから思いついたことを、一個ずつでもいいから、行動に移すんだよ。

そうすると、1ヶ月に一回しか来なかったお客さんが週に1回来るようになったり。

それから、友達まで連れてくるようになるんだよ。

それで、常に「また」を考えぬくんだよ。

自分とこの店をぐるっと見て、この店は、「また」来たくなる店だろうか。

ここの料理は、「また」食べたくなるだろうか。

ここで働いている人たちの笑顔は、「また」会いたくなる笑顔だろうか。

なんでも「また」をつけて、お客さんが「また」来たくなる事って何だろう。

お金をかけずに「また」来たくなる事って、できないだろうか。

って考えて、思いついたことをすぐ試してみる。

そして、また「また」を考えて行動し、って、やって行く。

その繰り返しなの。

だから、常に「また」を考えてれば、必ず商売はうまくいくんだよ。

この「また」を考え抜くということを、一度やりだすと、面白くてたまらないんだよ。

行動するのも面白い、考えることも面白いんだよね。

だから、成功することは苦労ではないんだよ。

楽しいんだよ。

ワクワクするんだよ。

朝から晩までやってても、楽しくてしょうがない。

それが、もし、苦しくなってきたんだとしたら、何かが間違ってるんだ。

本来、仕事というのは、年々、楽しくて楽しくて、年々、楽になってくるもんなの。

だって、経験を積んできてるんだよ。

10年前と比べたら、10年分の経験積んで知恵もつくんだよ。

同じ仕事してたら、楽になるはずなんだよ。

それが、「今、苦しいんですよ」って言うんだとしたら、必ず、間違いがある。

「俺は、基本的に間違ってるんじゃないんだろうか」とか、「どっかに我が出てないだろうか」とか考えて、間違いを直せばいいだけなの。

たったこれだけで、仕事はうまくいく。

儲け続けられるんだよ。


気合い

「ひとりさん、何か、俺、やれそうな気がしてきました」

私がそう言うと、ひとりさんは笑って、

「何、控えめなこと言ってんだい。

気合を入れて、やるんだよ。

商人にとって、お金は血なんだよ。

そのお金を使って、血を流してまで、わざわざ北海道から俺の話を聞きに来た以上、やんなきゃしょうがないんだよ。

じゃなかったら、従業員に対して申し訳が立たないだろ。

従業員は店のため、自分たちのためになると思って、おがちゃんを東京に出してくれてるんだから」

私は気合を入れて、「はい、やります」

「そうだ、その調子だ。

人生、商売でもなんでもない、最終的に、自分の心構えなんだよ。

絶対、家はどこよりもお客さんを楽しませるんだ!

お客さんが、また来たいという店を作るんだという覚悟なんだよ。

そうやって、腹が決まれば成功するもんさ」

「一人さんの話を聞いて、覚悟が決まりました。

俺、商人のプロになります」

すると、ひとりさんは、急に、真面目な顔をして、

「プロ意識があれば成功できたのは20世紀までなんだよ」


21世紀は「プロ中のプロ」

「えっ、これからはプロ意識が通用しないということですか?」

私がそう言うと、一人さんは頷いて、

「世の中、見てみな。
潰れてるラーメン屋の社長もプロなんだよ。

21世紀がプロだけじゃ、食えないんだよ。

20世紀はプロ意識があれば良かったんだよ。

でも、時代は変わる、時の流れは変わるんだよ」

「じゃあ、21世紀は何が必要なんでしょう」

「プロ中のプロにならないと成功できない。

プロ中のプロとは、プロが目にくるような店をやってるやつ。

ラーメン屋だったら、ラーメン屋のプロが見学に来るような店を作ろうとしてるやつ」

「プロになるのだって大変なことなのに、プロ中のプロって、難しそうですね」

ところが、ひとりさんは「いや、難しくはないよ。

プロ中のプロになりたかったら、毎日、『プロ中のプロ』って、言えばいい」

私は、一瞬、自分の耳を疑いました。

けれど、ひとりさんは、「嘘みたいだけど、『プロ中のプロ』と言ってると、なぜかプロ中のプロになってくるもんなんだよ」

「マジっすか? 本気で、それ言ってるんですかそれ?」

「本気に決まってるじゃないか。

本当にそうなの。

富士山に登るのだって、いつも「富士山のてっぺんに登るんだ」って言ってると、なぜか、登る機会が来るんだよ。

散歩してたら、偶然、富士山の上にたどり着いちゃった、は絶対にないから」

「確かにその通りですね」

「だから、『富士山のてっぺんに登るんだ』っていってたら、富士山に登るのには靴は何がいいだろう、何日かかるだろう、お金はいくらかかるだろうってことがだんだん、だんだん、分かってくるし。

自分より先に富士山に登ったやつも出てくるんだよ。

行ってみると、なぜか、必ずそういうやつが出てきて、いろんなことを教えてくれるの」

「商人のプロ中のプロになるのも同じなんですか?」

ひとりさんは頷いて、次のように語りました。


経営者はいかにして無駄を省くか

商人の仕事はお金儲けなんだよ。

そのプロ中のプロになるんだって言ってると、「赤字は恥だ」と考えだす。

そうすると、例えば、店を出す時に、撤退も頭に入れて店を作るんだよ。

絶対うまく行かせるつもりはあるんだよ。

そのつもりで全力を尽くすんだよ。

でも、戦争でもそうなんだけど、商売って、始める時は撤退するときのことを考えておかなきゃいけないの。

だって、世間では、商売って、八割方は外れるんだよ。

あたりは2割だよな。

大概の人は「自分は8割の方に入らない」って甘く考えて、失敗するんだよ。

でも、プロ中のプロの頭の中には撤退する時のことがあるんだよ。

だから、店にお金をかけすぎない。

いつ引き上げるか、わかんないものに、お金かけないだろ。

「店の内装にお金をかけなくていいですか?」っていう人がいるんだけど、最高の内装ってのは、お客さんなの。

店が混んでることが最高の内装。

これに勝るもんはないんだよ。

それとさ、従業員に対して、「いついつまで黒字にできるよう、自分も全力をあげるけど、そこまで行かなかったら、自分には店を出す器量がなかったんだ。

だから、一旦、撤退して、もう一度、器量を磨いて出直すから、そのつもりでいてくれ」っていったりするんだよな。

そうやって言うと、ものすごく、みんな、気合が入るものなの。

「そこまで行かせよう」っていう気にもなる上に、店にお金もかけてないから、すぐ黒字になったりするんだよね。

あとね、「プロ中のプロ」って言ってみると、「無駄がないだろうか」っていう目でも物を見出すんだよね。

剣術の達人っているだろ。

達人になると、大きな声とか出さないの。

なぜかと言うと、大きい声を出しても相手は死なないの。

だから、相手をバサッと切って終わり。

あまり動かない、無駄がない。

ところが、何でもそうだけどね、「忙しい、忙しい」って言ってるやつをずっと見てると、無駄な動きが多いの。

この無駄をどうやって、うまく省いて、お客さんを喜ばすかなんだよ。

だから、無駄な人件費を使わないで利益を出し、自分自身も無駄な動きを減らして、儲けるために頭を使うんだよ。

頭を使ってる間、体は動かないから、働いていないように見えるけど、頭脳労働をしてるんだよ。

社長が頭脳労働をやってるから、従業員が安心して働けて、お客さんに感じよくできるんだよ。

従業員より体を動かしてる社長の事を言い社長と思っている人がいるけど、そうじゃない。

従業員と同じ仕事をやってる社長は、頭を使ってないの。

「親方の一時働き」と言ってな、親方は、一時だけ、一生懸命体を使って働くの。

もし、従業員が足りなかったら、店に行って働けばいいんだよ。

それ以外は頭脳労働なんだよ。

他にもね、「プロ中のプロ」と言ってるうちに、いろんなことが分かってきて、だんだん、だんだん、商人のプロ中のプロになっちゃうんだよ。


「人間って、面白いですね。

言葉で考え方が変わり、行動が変わっちゃうんだ」

私がそう言うと、ひとりさんは、

「そうだよ。

実に面白いんだよ。

言葉の力も面白いの。

プロ中のプロを目指して行った時、そこで出会う人、そこで起きる人生、そこに起きるドラマがあるの。

それも、楽しくて、面白いの。

苦労するんじゃないんだよ。

苦労するのはプロ中のプロの時代にプロ中のプロを目指さない人なんだよ。

わかるかい」

www.youtube.com

 お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

 

我が儘勝手で申し開きも御座いません。

 上記の赤色のボタンを押してくださいね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村