コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斎藤一人さん 神様からの退場

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20201127142550j:plain

 

 

進んで工夫したり、行動したりする人に、「退場」は絶対に起こらない

 

 

下町の小さな事務所で、スタッフはたったの5人だけ
一人さんはそれだけで、日本一になった!

ひとりさんは話を続けた。

「戦とは、自分の強いものを活かして勝つんだよ。

みっちゃんだったら、俺と早く知り合ったことが強みになるんだよ。

だから、みっちゃんは、他の人が知らないような俺のエピソードを、惜しみなく皆に教えてあげれば、そのことがみっちゃんの勝ちに繋がるんだよ。

そうやって、自分の有利な点を活かして戦うんだよ。

ところがみんな、自分の不利な点ばかりに目を向けて、ごちゃごちゃ言っているんだよね。

だから勝てないんだよ。

自分に与えられたものを、『ツイてる!』と思って存分に活かすか、『ツイてない・・・・・』と思って文句を言うか、そのことで勝ちの人生になるか、負けの人生になるか決まっちゃうんだよ。

だって、与えられる条件って、実はほとんど一緒なんだよ。

世の中の勝負なんて、みんな微差なんだ。

その微差をうんと大事にしていけば、いつのまにか大差になっているんだよ。

ハンドバッグだって、似たような形のものを持っていたって、シャネルのマークが一個ついているものを持っていくだけで、与える印象が違うよね。

それで、シャネルのハンドバッグを持ちながら、気さくで丁寧な対応するから、みんなイチコロで好きになっちゃう。

そこがギャップの魅力なんだね。

そこが押し出しの面白さなんだよ」


ひとりさんは一気に熱く語ってから、お茶を美味しそうに飲み干した。


私はこう思った。

「まるかん」の事務所は、下町の新小岩で営業していても、銀座の会社と勝負できるくらい売り上げがある。

創業以来、たった5人のスタッフで戦っていて、納税額日本一の売り上げが出せる。

そんな会社、他にない。

そんな会社、日本で唯一だ。

ひとりさんはそれを、さらっとやりこなしている。

苦労ばなしなどはしたことがないし、不機嫌なところも見たこともない。

いつも機嫌が良くてニコニコして、毎日が楽しくてしょうがないようだ。

これが、一人サンリオの行き方なんだ。

ひとりさんは、どこまで行ってもかっこいい人だ。


ひとりさんは話を続けた。

「俺の勝ち方を、みんなが真似しなくてもいいんだよ。

世の中には、いろんな勝ち方がある。

皆は皆で『うちの会社、ここが最高ですよ』って言えるようなものを見つければいいんだよ。

サラリーマンの人なら、『会社の中で、自分はこれは負けない』というモノを持てれば勝ちなんだよね。

OLさんだったら、『挨拶が一番元気がいい』とか、『電話の出方が一番いい』とか、何か一つ得意なことがあればいいんだよね。

それぞれが自分の勝ち方を見つけた時、皆にとって、この世の中は最高に面白くなるんで・・・・・。

神は俺だけが、幸せになる方法を教えてこないんだよ。

押し出しは、皆を幸せにする方法なんだよ。

皆が押し出した時、皆が幸せになれるんだよ」


そこまで話すと、一人さんはふっと立ち上がった。

「みっちゃん、ちょっと外に散歩に行かないかい? 気分転換に歩きながら話そうよ」

私は「はい、喜んで! 是非お供させて下さい」と立ち上がった。

ひとりさんは最近、1日に30分から1時間ぐらい歩くことを日課にしている。

人間というのは歩くと健康になるように作られているそうで、ひとりさんも新小岩の近辺をぐるぐる歩いている。

私は、ひとりさんが喉が渇いた時のために水を持って、一人さんの後ろをついて行った。

散歩の途中で、どんな話が聞けるんだろう。

それを思うと、ワクワクした。

ひとりさんの大きな背中を追う足取りが、スキップを踏むように軽くなっていた。


押し出ししないままでいると、退場が待っている!

一人さんは新小岩の住宅街を、すたすたと歩いて行った。

そして、繁華街に入る。

私はとにかく、ひとりさんの後を追っていった。

すると、繁華街に「餃子の王将」があった。

ひとりさんはその看板を指さして言った。

「みっちゃん、この看板、よく見てごらん」

私は「餃子の王将」の看板をじっと見て、「餃子の王将ですよね」と言った。

この看板から、ひとりさんは何を言いたいのか、さっぱり分からなかった。

「あのね、みっちゃん。

『餃子の王将』って、餃子も美味しいけれど、王将ラーメンとか、焼きそばとか、ニラレバ炒めも美味しいよね」

「はい、美味しいですね、ひとりさん・・・・・・」

ひとりさんが何を教えようとしているのか、ますますわからない。


「でも、看板には『餃子の王将』としか書いていないよね。

これって何でだと思う?」

「さあ、何ででしょう」私は突然の首をひねった。

そんなこと、考えてみたこともなかった。

「それはね・・・、その方が目立つし、お客さんに覚えやすいからだよ。

要は、これも押し出しなんだよ」


ひとりさんは私の持っていた水を飲みながら、こんな話を始めた。

「『餃子の王将』っていう看板を見て、お客さんは『そうだ、餃子食べたいな』と思ってお店に入るよね。

そうすると、お店のメニューには、いろんな料理の名前が書いてある。

それを見て、『あ、ラーメンも美味しそう』『あ、焼きそばも美味しそう』『うわあ、レバニラもあるんだね』となるんだよ。

それで『餃子と一緒に、他のメニューも頼んでみよう』という気持ちになる。

この流れがいいんだよ。

物を売る時は、売りになるもの、ひとつに絞って押し出すんだよ。

その方が、お客さんは覚えやすいし、わかりやすい。

わかりやすいことが、お客さんへの最高の親切なんだよ。

だから、売りになるものをひとつ選んで、でっかく目立つように看板に書く。

これも押し出しなんだよ」

「うわあ、そうだったんですね!

だから『餃子の王将』って書いてあるんですね」

私はようやく、一人さんの言いたいことを理解した。

今まで気がつかなかったけど、「王将」の看板にはそんな工夫がなされていたんだ。


ひとりさんは話を続けた。

「こうやって『餃子の王将』は押し出しているんだよ。

そうすると、お客さんの記憶に残るよな。

お客さんに、お店の存在を覚えてもらおう。

これが商いの第一歩だよね。

一番いけないのは、『あそこにお店があった気がするけど、なんだったけな・・・・』って、お客さんの記憶に残らないことなんだよ。

よく『お店がなくなっちゃったけど、何のお店か覚えていない』っていうのがあるよな。

あれ、すごく悲しいよな。

あれってね、実は『退場』って言って、神様に退場もらったんだよ」

「神様に退場をもらった?

それってどういうことですか、ひとりさん?」

聞きなれない言葉を耳にして、私は目を丸くして、思わず一人さんに問いかけた。

私は全身の力を耳に集中させて、一人さんの言葉を待った。


この世には3種類の人しかいない

「そうか、神様の退場の話、みっちゃんにはしていなかったような。

それはこういうことなんだよ・・・・・」ひとりさんは話を始めた。

「あのね、みっちゃん。
この世の中には、3種類の人しかいないんだよ。

一つは向上心をもって、喜んで仕事をする人。

お客さんにもっと喜んでもらいたいとか、もっとみんなを幸せにしたいとか、そういう気持ちで常に工夫したり、行動したりする人を、向上心があるって言うんだよ。

次にね、『このままだとお店が潰れちゃうから、仕事しようかな』っていう気持ちで仕事する人がいるの。

この人は恐怖を元にして動いてるよね。

神は恐怖で動く人が嫌いなの。

だから、神様は絶対この人の味方しないから、この人は自分の努力だけで仕事をしていくことになるんだよ。

最後に、『このままだとお店が潰れちゃうけど、それでもやる気が出ない』っていう人が居るよね。

切羽詰まっているのに、それでもやろうとしない人。

お客さんが来ないのに、『この味を守らなきゃ』とか言って、改良しない人。

そういう人に、神は『退場』をくれるの。

そうすると、いつのまにか店が無くなっていたりするんだよ」


「うわあ、そういうことだったんですね、ひとりさん!

やる気がないのはいけないことだと分かるけど、改良しないのも、実は罪なんですね」

「そうだよ、みっちゃん。

ちなみに改良するのに、お金はいらないんだよ。

仕事が下手な人ほど、お客さんが来ないと『内装を変えなきゃいけない』とかお金をかけようとするけれど・・・・・・。

お客さんに笑顔で接するとか、返事を良くするとか、料理の味を良くするとか、お金をかけないでできることっていっぱいあるんだよ。

お勤めしている人は、『いつもブスっとしている』とか『返事が悪くて、頼みづらい』とか、そういう態度をとっていると、その会社から退場をもらうことがあるよねね。

そういう人って、自分の態度を改めない限り、他の会社に行っても退場が待っているんだよ。

『この会社に、徳をさせよう!』と向上心を持って働けば、会社にとってはなくてはならない人間になるよね」


「退場って、そういうことだったんですね、一人さん」


商店街の近くで生まれた私は、数々のお店の「退場」を見てきた。

だんだんお店の活気がなくなって、お客さんが来なくなる。

そして、いつのまにかひっそりと消えてしまう。

そのお店のことを誰も覚えていないし、誰も話題にもしない。

「あそこに前あったの、何のお店だっけ・・・」と誰かがポツリというだけだ。

あれは「神様から退場」という修行をもらったんだ。

私はちょっとショックを受けた。


ひとりさんは話を続けた。

「退場といっても、それは神の愛なんだ。

だって、その人は退場もらわない限り、自分の思いや働き方を変えないよね。

だから、退場もらって、初めて自分のことを洗いざらい見直すんだよ。

その機会を神がくれているの。

『退場』って、人生にもあるんだよ。

俺たちは魂を向上させるために生まれてきたのに、いつまでも向上しないで、くだらないことを言ってると、神様に『帰ってこい』って言われるんだよ。

それが『人生の退場』なの。

退場させられない前に、向上心をもって、自分からやるの。

俺たちだったら、人を幸せにするとか、健康にするとか、持って生まれた使命があるんだよ。

この使命をもらったんだから、常に進んで工夫したり、行動したりするんだよ。
そういう人は、寿命が来るまで『退場』にはならないからね」


「はい、ひとりさん、私は進んで行動します!」私は力いっぱい答えた。

なんだか今日は、すごい話を聞かせてもらった。

新小岩の商店街に佇んで、ひとりさんと二人、夕日の中でオレンジ色に照らされている。

私は真っ赤になった空を見上げて、ふと思った。

私はご縁をもらって、一人さんの弟子にしてもらったけれど、経験とか、そういうものは何も持っていない。

こんな何もない私なのに、今日もひとりさんは全力で、何時間もぶっ続けてレクチャーしてくれた。

「ひとりさんは疲れませんか?」そう私が思わず聞くと、一人さん笑ってこう答える。

「俺は話すことが楽しいから、話しているんだよ。

俺もこうして話しながら、みっちゃんと一緒に楽しんでいるんだよ」って。

私にできる、たったひとつの恩返しは、ひとりさんから教わったことを、惜しみなく皆さんにお伝えしていくことだけか。

たぶんそれが私の「使命」で、それをやり続けることが、私にとっての「向上」なのだろう。

夕日の中で、にこやかに微笑んでいるひとりさんを見ながら、私は誓いを新たにした。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

www.youtube.com

https://youtu.be/qJ9nYuVxd60

 お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

 

我が儘勝手で申し開きも御座いません。

 上記の赤色のボタンを押してくださいね。

 



 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村