20191229105200

斉藤一人さん 今までの時代と、この不況で損する人

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200318121902j:plain

 

 

でも、これからは、どういう人が大切になってくるかというと、心の豊かさを持っている人なのです。

この不況で、心の豊かさのない人は、時代から取り残されてしまいます。

 

 

 

はるか昔の暗黒時代


まず、時代の流れから話をします。

人類の進歩の歴史です。


はるか昔、人間は適当に群れていました。

適当な人数が集まって集落を作っていたのね。

そして、集落同士、隣の集落を襲ったりして、人間を捕まえ、捕まえた人を食べていたんです。

はるか昔の人間は、共食いをしていたのです。

曼荼羅を見ると、その様子が描いてあります。

曼荼羅というのは、人間の魂の成長過程を描いた絵です。

人間の魂は成長して最後に仏になるのですが、人間が人間を食べている姿が描いてあるのです。

こういう時代の後を、今度は喧嘩の強いやつが出てきて、集落を統合して行きました。

要するに、争いは争いで制したのね。

この時代はこうするしかなかったのです。

そうやって、次々、強い人が出てきて、一番強い人が出てきた時に一つの国になり、法律というものができて、大体治るんです。

日本の場合もそうですし、他の国もそうです。

そして、権力者は膨大な力を蓄えて、万里の長城を作ってみたり、ピラミッドを作ったり。

それが役に立つとかたたないとかではないのだけれど、みんな、てんでんバラバラになるからね。

だから、みんなの力を結集できる人間、これが人類にとって必要な時期があるんです。

田植えでも何でもそうだけど、みんなが一斉に、命令通りにやらないとダメなんです。

みんなが勝手に田植えの時期をずらして植えると、米ができないことがある。

飢え死にしちゃうんです。

人間がまだ動物をとって食べていた頃、狩りをしている時は、みんなバラバラでもいいのです。

だけど、一つのものをみんなで作ろうとなれば、この地方で何月何日から田植えだよとか、みんなで一斉にやるよとかいう、基準みたいなものがいるのです。

今でも、畑や田んぼの中に、桜の木が一本、ポンとあるところがありますよね。

あの櫻は標準木とかいって、「あの桜が咲いてから何日目かに種まきをする」とか、「桜が咲いたら田植えだ」とかって。

昔は「気象庁発表」何ていうものがないから、桜の花で田植えやなんか決めてたのね。

そういう基準を作るのに、一つの大きい力が必要だったのです。


何のための学歴か、何のためのエリートか・・・・・・・。
知るとがっかりします


これから先が、日本の話です。

徳川家康という人が出てきて、天下を統一した後の日本について話します。

家康が天下を統一した後、長いこと、戦争はなかったんです。

ただ、その間、鎖国という政策を取ってしまったのです。

鎖国をすると、文明は止まっちゃうのです。

決して、日本人の頭は止まっていません。

消して、日本人は頭が悪かったのではないのです。

でも、ヨーロッパと比べると、文明が全然違ってしまいました。

その結果、明治になった時に、外国の書物を読める人が必要だったのね。

だから、その時日本は、学歴を重視したのです。

ものすごく学歴重視で、国民の中から成績優秀な人を選びました。

要は、外国の本を翻訳できる人間を探したのです。

だから、日本の学校で教えている英語というのは、本当に使えない。

中学校でやって、高校でもやって、大概6年もやれば、喋れるようになるのに、日本の英語教育では喋れないのです。

じゃあ、なぜ、喋れないようなものを教えたのかというと、日本政府は国民を外国へやりたいとは思っていなかったのです。

外国の文明は取り入れたかったけれど、自由主義が持ち込まれたくなかったのです。

ともかく、明治の頃は、進んでいる文明を取り入れなきゃいけなかった。

だから、エリートという人に光を当てました。

一方、エリートでない人は、どうだったのか。

外国から取り入れた文献を元に、エリートの人が「こういうものを作ろう」「ああしよう」とかを決めて、後の人はマメに働けばよかったんです。

その時、絶対に出されて困るものものが個性だったのです。

だから、みんな髪型は坊主とか。

同じ制服を着せて、スカートの長さまで決めたり。

なぜかというと、同じものを大量に作らなきゃいけない時に、一人一人が個性を出して、てんでバラバラなことをしていたら、できた商品もバラバラになってしまうからです。

そうやって、日本人は「世界に追いつけ、追い越せ」って、やっていました。

その結果、おかげさまで、世界に追いついたのです。

それは、アメリカやなんかが、色々なことを教えてくれたからですよね。


「個性の時代」も終わりました


ちょっと前まで、アメリカとソ連の仲が悪かった、いわゆる冷戦状態でした。

その時、アメリカは日本を味方につけたのです。

ところが、その冷戦が終わると、アメリカは日本のことをライバルと見るようになりました。

パートナーと見なくなったのです。

日本はライバルだから、アメリカはいろんなことを教えてくれなくなりました。

それまで、アメリカは「うちで開発したこの技術はタダで使っていいよ」といってくれていたのが、「この技術を使うにはこれだけのお金がかかりますよ」って、お金をとるようになってきたのです。

そうなると、日本はアメリカから教わるのではなく、自分たちで考えなきゃいけなくなったのです。

それで、急に「個性の時代」といい出したの。

誤解しないで下さいね。

私は、「世の中には流れがあるんだよ」といっているだけで、「いけない」といっているのではないのです。

成長の過程には、そういう時期があるんだよ、って。

ピラミッドだって、一番下の段から作っていくのです。

土台を作ってる時もあれば、2段目、3段目の時もあるよね。

それと同じなんです。

それで、個性の時代には「個性、個性」と大騒ぎしていたのです。

それはなぜかというと、「新しいもの」って、個性的な人間にしか作れないから。

だって、みんなと同じことを考えていたら、同じものしかできないでしょ。

だから、今までは「個性の時代」だったのです。

今までは、なんでもかんでも「個性だ個性だ」といっていて。

『浪花恋しぐれ』という歌に「芸のためなら女房も泣かす」というフレーズがあるけれど、それみたいなことが許されてきたんです。

周りに「あの人、人間的に少しおかしいんじゃないか」とか思われていても、良いものを作ればよかった。

そういう時代があったのです。

だけど今、すでに次の時代が来ています。

それが、「魂の時代」です。

 

これからの時代


「魂の時代」とは、心の豊かさが重視される時代です。

もちろん、未だに「学歴、学歴」といっている人もいます。

いるけれど、本当はそんなに必要ないの。

なぜかというと、東大の試験でも、なんでも、答えが出ていないものは試験に絶対に出ない、という仕組みがあるの。

「問題を考えなさい」ではないのです。

試験では、必ず、すでに答えが出ているものをかくようになってるの。

どういうことかというと、例えば、今、電子辞書ってありますよね、電子百科事典みたいなやつ。

あれに、ほぼ東大生の頭ぐらいの知識が入っています。

だから、別に大学を出ていなくても、電子辞書があれば、ほぼ東大生10人ぐらいの情報が入っているから、ポンポンと押せば出てくるんです。

もちろん、大学に行きたい人は行けばいいんですよ。

でも、これからは、どういう人が大切になってくるかというと、心の豊かさを持っている人なのです。

この不況で、心の豊かさのない人は、時代から取り残されてしまいます。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村