20191229105200

斉藤一人さん 健康を呼び込む奇跡の言葉

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200916140847j:plain

 

 

今から教わった奇跡を起こす言葉を教えます。


「今日はいい日だ」です。

 

 


今は虎に会うことはめったにないんだけどね・・・・・・


今は、例えば、小さいときから学校で競争させられたりしますよね。

それから、道路には車がブーブー走っていて、横断歩道なんかを渡るときは「車にひかれたら死んじゃうよな」とか思いながら歩かなきゃいけないんです。

昔は、そんなこと、なかったんですよ。

昔の人は、大概、ちっちゃい村で生まれて、病気一つしないで死んでいったんです。

本当ですよ。

医者にかかる時って、最後の臨終の時で、それぐらいしか一緒にかからないぐらい、みんな健康だったの。

それで、その頃って、食事のバランスなんかも意外に取れてたんです。

自然のものを食べていて、それしかなかったんですから。

今、みんなが心配している、農薬なんてものもなかった。

ニュースは村の話題しかなくて、村で人殺しが起きるのは数百年に1回で、本当に平和だったの。

今は、テレビをつけると毎日のように「どこの誰さんが誘拐されました」とか、「殺されました」とかって、日本中に悪いニュースばかり流されているから、「いつか自分も殺されるんじゃないか」「娘が、さらわれるんじゃないか」とか不安になっちゃう。

自分が勝手に想像して、不安な状態になるの。

不安になると、ほぼ毎日、いつも虎に会っているのと同じ状態が続くんです。

現実に起きていなくてもなるんです。

本当に娘がさらわれていなくても、「もし、娘がさらわれたらどうしよう」って思っていると、さらわれた時と同じ状態に体はなるんです。

それが証拠に今、目の前にどんぶり一杯の酸っぱそうな梅干しがここに出たとしたら、それを想像しただけで唾が出ましたよね。

ということは、想像すると、見たのと同じような現象が起きるんです。

体の中で血を固める物質とか、血圧を上げるホルモンとかをどんどん、作ります。

体の中に、たまってくるんです。

その状態が続くと、ある日、血が固まっちゃうの。

血管が塞がっちゃう。

脳の血管が塞がっちゃうと、ひっくり返って倒れちゃったりする。

それから、血圧も上がっちゃう。

血圧が上がったまま、ずっといると、ある日、血管が切れちゃう。

脳の血管が切れると、脳溢血になるよね。

そういうのが腎臓で起こると「腎臓が悪い」だとか、肝臓で起これば「肝臓が悪い」だとかいうことになるんです。

だけど、そういう物質とか、ホルモンが出るのが一時的なもので、ちゃんとストップできれば、なんてことはないんです。

ストップしちゃえば、今溜まっているものって、おしっこから出たり、汗から出たり、便から排出されたり、自然に分解してくれたり、大した問題ではないんです。

いけないのはストップできないで、物質が出続けてしてしまって体内のバランスが崩れて、自分で自分の病気を作ってしまう。

これが今すごく、一番多いと私は思っているんです。


自然食、無農薬はいいんですけど、心配性じゃありませんか?


玄米菜食だったり、無農薬にこだわる人がいます。

天然のものしか食べない、無農薬のものしか食べない。

すごく、いいことなんです。

だけど、そういう人って、意外と「娘が喘息なんです」とか、「私、ここが悪いんです」とか、具合の悪い人が結構いるんです。

食べているものはすごくよくて、毒性がない。

だとしたら、病気になってる最大の問題は何ですか、って言った時、実は心配性なんです。

農薬はちょっとでも使っていたら「気になる」という人は、元々が心配症なんです。
だから、農薬以外にも、子供の事も心配だし、将来のことも心配だし、「ある日、交通事故に遭うんじゃないか」って心配します。

そうすると、食べるものはよくても、体の中で余計な物質をどんどん、どんどん作っちゃう。

簡単に言うと、自家製の中毒みたくなっちゃって、病気が多いということになっちゃうんです。

だから、心配はをやめたほうがいいよね。

ところが、周りの人が「あなた、そんなこと考えちゃダメよ。もっと、いいこと考えなさい」と言っても、なかなか心配はやめられません。

自分も「心配するのはやめよう」と思っていても、なかなか心配はやめられません。

自分も「心配するのをやめよう」と思っていても、心はどうにもならないんです。

「思い」を何とかすることはできない。

そして、体は「思い」に従ってしまう・・・・・・。

でも、「思い」というのは、実は言葉に従うんです。

そこで、私が光の玉、神様から教わった奇跡を起こす言葉を皆さんに伝授します。

一瞬のうちにして、その出過ぎた物質やなんかを作るのを止めて、休止命令を出してくれる奇跡の言葉です。

本当に、こんな簡単なことで効くのかと思うでしょうが、効くんです。

例えば「開けゴマ」っていう言葉が鍵だとすると、たった一個の鍵がガチャンとあえば、その扉って開きますよね。

鍵って、どんなにちっちゃい鍵でも、その鍵じゃなきゃ開かない。

何を言いたいんですかって、似たような言葉をなんぼ並べても、ダメなんです。

では、今から教わった奇跡を起こす言葉を教えます。


「今日はいい日だ」です。


はじめに「奇跡の言葉」ありき、です

 

声に出さなくてもいいです、出してもいいです。

「今日はいい日だ」と何回も言ってみてください。

1日最低40回は、言った方がいいですよ。

あなたの体に奇跡が起きます。

キリストが言ったように「はじめに言葉ありき」です。

どういうことかと言うと、自分が「いい日だ」と思っていなくてもいいから、先に「今日はいい日だ」というのです。

そうすると、この言葉に脳が従い、そして、体が従います。

「いい日だ」っていうのは、娘はさらわれない日です。

さらわれた日を、「いい日だ」という人はいません。

交通事故にあう日でもありません。

もちろん、虎にも会いません。

そういう嫌なことがない日が「いい日」です。

「今日はいい日だ、今日はいい日だ」と言うと、脳は「そうか、いい日なんだ」と判断して、体に休止命令を出します。

そうすると、ふぁ~っと筋肉が緩みます。

戦闘態勢で、アドレナリンなどの物質を出そうとか、血圧あげなきゃとかいう状態ではなくなります。

だから、心配な時に、何かありそうな予感がする時、「あっ、今、自分は余計な物質を作ってるんじゃないか」と思ったら、「今日はいい日だ」、「今日はいい日だ」と言ってください。

これをやりながら、「青汁酢」でも飲んでください。

これで食事のバランスは、私は充分だと思っています。

それと同時に、「今日はいい日だ」って。

両方やることが大切なんです。

そうすると、健康を呼び込むだけじゃありません。

いいことがもう一つあります。

昔から「日本は言霊の国」と言うんです。

言霊というのは、言った言葉が現実になる。

それを言霊の作用といって、「今日はいい日だ、今日はいい日だ」と言っていると、健康を呼び込むだけじゃなくて、幸せを呼び込んじゃうんです。

今日が本当に、いい日になっちゃうんです。

こんな簡単なことで本当によくなるのかと思うでしょうが、騙されたと思って一か月続けてみてください。

そして、病院で検査を受けてみてください。

その結果に、あなたはびっくりすると思います。

どんな病気で苦しんでいる人も、一度は挑戦する価値があると思いますし、今健康な人はますます活力がみなぎってくると思いますよ。

 

 

人間の体は「宇宙エネルギー」でできています


今まで話してきたことは「病は気持ちからなるんだよ」という話です。

これからする話は、別に信じなくてもいいですよ、の話です。

何ですかって言うと、もう一つの「気」、エネルギーの話をします。

エネルギーとは、天気の「気」、要は「宇宙エネルギー」です。

人間の体、麦や米、魚、花、土、石、地球上にあるもの全て、この地球という星自体、宇宙エネルギーでできています。

つまり、元気とは「体のもとに宇宙エネルギーが満ちている」ということです

全てのものは、宇宙エネルギーが固まってできたものだからね。

金だって、銀だって、分解して分解していくと、最後にはエネルギーになっちゃうんだよ。

本当だよ。

だから、それぞれのエネルギーの状態によって固有の波動が出ているんです。

金は金の波動、銀は銀の波動、鉄には鉄の波動、地球上に存在するものは、すべて独自の波動を持っています。

普通、各々の波動は変えられません。

ところが、人間だけは、波動を変えることができるんです。

波動を変えることができるから、人間のことを「万物の霊長」と言うんです。

なんで、こんな話をするのかと言うと、同じ人間でも、いつも悲しいことを考えてる人と、「今日はいい日だ」と言っている人とでは動画全然違うの。

わかりづらい? じゃあね、よく「あの人はオーラがあるね」とか言いますよね。

人間の体から、オーラというエネルギーが出てるの。

いつも「悲しいな」とか、言ってる人で、「あの人はオーラが大きいね」と言われてる人は、まずいない。

先々のことを考えて、「もう、いいことないな」とか、「病気になるんじゃないか」とか、「医療費はどうなるんだ」とか悩んでる人と、どんなときも「今日はいい日だ」と言ってる人とではオーラが違うんです。
それで、このオーラによって呼び込むものが違ってきます。

何をしても、幸せになっちゃう人と、不幸ばっかりくる人がいるの。

それは何ですかって、出してるオーラの違い、波動の違いなんです。

だけど、人間は「万物の霊長」だから、言葉でオーラは変えられる。

波動は変えられるんだよ、ということなんです。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村